ドライブにならない渋滞

テーマ:

さて、R子をクリスマス・イブにドライブに誘った訳だが、江ノ島で良いのか分からなかった。

R子の自宅の方向から考えて、妥当な線ではあるが、あまり早く着きすぎても何だし、江ノ島水族館へ行くか?鎌倉へ戻って、食事するか、など考えていた。


海外とのテレコンが終わり、会社を出た頃にR子からメールが来た。

『今、用事が終わって、自宅に居ますが、どうしましょう。』

すかさず、電話をした。

M『江ノ島に行ってみたいけど、どう思う。』

R『あっ、良いですね。』

M『で、今日夜ご飯一緒に大丈夫?』

R『え~。』

M『じゃ、どっか探しとくね。何でも良い?』

R『特に分からないから、お任せして良いですか?』


っていうか、クリスマス・イブ当日に夕食の店を予約しようとしても困難である。ゆえに、江ノ島であればあるだろうと思い、電話を掛けたら一件、オッケーだった。とりあえず、食事の場所は押さえたので、一安心。


ところが、会社からR子の家へ向かう途中から明らかに渋滞。さらに、R子の自宅付近は一通があったり、細い路地で、買ったばかりのBMWで入るには勇気がいる道がたくさんである。結局、R子に会えたのは、午後3時ごろ。まだ、ここまでは良かった。


ここから、カーナビの言うまま国道1号を藤沢方面へ向けて走るが、進まない。渋滞、渋滞、渋滞。対向車線も同様。お陰で、快適な車内で色々と話せて良かった。密室である分、我々の会話以外に聞こえるのはCDの音楽(ちなみに、この日は、中島美嘉、小田和正、柴咲コウを選曲していた。)、エンジン音くらいである。


M『本当は、スピードが出たときも快適でそれが体感できるといいんだけど。』

R『でも、十分快適です。』


なんて、話して江ノ島着いたの6時前。ていうか、川崎から江ノ島まで3時間近く掛かるのかよ?って感じだが、みんなそう思ったんでしょうね。江ノ島ではヨットにイルミネーションをしていて良い感じの雰囲気だった。花火もあったし。


で、江ノ島で食事して、帰りはスイスイだったので、飛ばして、彼女を送り届けて帰ってきました。


印象としては、R子とは色々な話をしたが、割と話しやすい、と思った。Murphyは控えめな子が好きだが、女性で本当におとなしい子って少ない気がする。女性同士になると、結構盛り上がったりするし。なので、控えめなR子がもっと、もっとお話すようになると打ち解けてくるんでしょうな

AD

新しいテーマ

テーマ:

R子とは、先日のA子の件で相談した子である。


もともとは、大学の後輩と私が幹事で催した合コンで知り合って、たまにメールしていたメル友である。

で、A子の件で相談したりしたので、昨日お礼に昼飯をご馳走した。というか、たまたまR子とMurphyの職場は通りを挟んで向かい同士なのである。なので、気楽に誘ってみた。


合コンのとき以来だったが、R子の方が簡単にMurphyに気づいたようだ。

でも、Murphyもイメージ通りだった。控えめで優しい感じの子だ。


昼食時は、A子の件も少しはしたが、主に関係ない話をした。


R『3連休ですよね、今週末どうするんですか?』

M『あっ、土曜は少し仕事で事務所来るけど、それ以外はドライブしようかな。掃除もしないと、部屋相当汚いし。Rさんは?』

R『私、今日からスノボー行くんですよ。と言っても日帰り。で、日曜は姉の家でクリスマスパーティー。甥っ子と。』

M『へぇ~、スノボーか。雪とか良いよね。』


あっ、R子土曜は暇なんだ。そうっか。と思った。


帰り際に、

M『あっ、Rさんどこかこの辺で行きたいところあったら、いつでも行ってよ。ドライブ行こうよ。』

R『そうですか。と言われても、どの辺まで行けるのか良くわかりませんが。』

M『じゃ、先週みたいに御殿場から箱根っての、いつか行ってみる?』

R『良いですね。』


M『いずれにしても、また連絡するね。』


で、夜メールした。

『土曜、暇だったらちょっと都内ドライブに行きません?仕事は昼には終わるし、普通の土曜の感覚で。』


とあまりクリスマス・イヴの感じを出さない誘いをした。


今日、返信が来て。

『午後からなら大丈夫です。』

とのこと。


わ~い。ということで、明日R子とドライブに行きます。


でも、場所を決めていない。さっき考えたのは、都内は混んでいるし、海を見たいので、都内~江ノ島とか鎌倉とか~横浜とかね、とにかく、クリスマスのイルミネーションがあるところが良さそうである。

でも、R子の希望を聞いてみますわ。


気楽にお話できれば良いですけどね。このテーマも続くし。

AD