ついに最終回

テーマ:

昨日の記事で予想したとおり、『気になる部下』のテーマは今日で終了します


A子から、先程返信が来ました。


慌ただしくすみませんでした。ただ退職は実家の都合でこの時期になっただけな
のです。わりと急だったので本人も予想外でして。Murphyさんはよき上司として尊敬してます。本当にお世話になりありがとうございました。せまい業界なのでま
たどこかでお世話になるかもしれませんがどうかよろしくお願いします!

A子らしい真面目で一般的な返信である。もう、会わずにお別れですな。

昨日の晩、寝る前に色々と考えたが、

『結局、A子はベルリンの壁のように厚く、高い心の壁を築いていて、私のような小者にはそれを崩すことが出来なかった。』

と感じた。


残った以下の疑問は、今後の人生の楽しみとしてとっておきたい。


①A子は果たして、どんな男性と付き合い、結婚することになるのか?

②A子はMurphyのことををよき上司として尊敬しているというが、なぜそこまで会いたくなかったのか?


それから、昨日、今日の一連のことで思ったのは、多分現状では、A子とMurphyは若干、価値観が違っているということも分かった。


具体的には、例えば、Murphyにとって、

退職するときにお世話になった方々に事前に相談するとか、最終出勤日にご挨拶をすると言ったことは、最優先事項である。そうやって、たくさんの先輩、後輩、同輩、先生等に支えられ、助けられ、今があると痛感する。こういったことに価値を置く人なのである。


しかし、A子はこういうことを多少、軽視しているように思えた。今だから言うが、A子に対する引き継ぎのために、自発的に行ったことに掛かる時間は結構ある。それは結局、彼女が頑張って欲しいという期待をこめてのものだったが、そういったMurphyの行為(好意)が彼女のココロまでは響いてなかったようで、寂しかった。


昨日、メールしたH子からも、その後メールが来た。


私も経験ありますが価値観は人それぞれだから。気にしないで。そして相手も責
めないで。人の考えは色々だから。長い目で見てあげてください。

H子は29歳であり(A子は弱冠25歳)、少し大人だから、こんなこと言えるのか?彼女のこのコメントには惹かれた。良い事言うじゃない。。


でもね、じゃあ、何でA子に拘っていたかと言うと、彼女ならこういった不足している点も指導していけば、改善される余地が大きいことを知っていたから。今はパーフェクトでなくても良いけど、何か失敗したり、反省したときには、改善する努力をすることが出来ると思ったの。で、そういう姿を見るのも楽しみだったの。


因みに、A子はこれからは、お父さんと仕事をするという訳で、彼女に誰が教育的指導をして行くのだろうか?そんなことはもはや、私が気にすることではなさそうだ。

3月から9ヶ月に渡って、48回書いた『気になる部下』のテーマはこれにて、完了です。

他のテーマでBlog自体は続けていきますので、これからも気軽に読んで下さいね。

AD

昨日、A子に電話したら、また留守電だった。

takeuchi3


で、今日7時ごろにメールが来た。

----------------------------------------------

Murphyさん、

架電の件ですが、本ですよね。今日、社内メールで送ります。ありがとうございました。


という内容だった。すかさず、内線で電話した。


A「あっ、どうも。」

M「メールの件だけど、本もそうだけどさ。何も言わずに去るのはダメだよ。すこし、事情を教えてよ。」

A「ですから、家庭の事情ですから。」

M「でも、本当に時間ないの?少し位時間作ってよ。」

A「今日もこれから打ち上げですし、明日は忘年会で、明後日は最終日だから、仲間と送別会。」

M「そうっか、じゃ、年明けに時間があったら。また来るんでしょう。」

A「そうですね。パソコン返しに来ますけどね。それより、急いでいるんで、もう良いですか。」

M「わかった。いいよ。」


しかし、こんなに嫌がるってことには、よっぽどの理由があるはずでA子のことより、A子がMurphyと会いたくない理由の方が気になってきた。


で、前に飲み会で知り合って、たまにメールしていたH子さん とRさん にメールした。


お久しぶりです。突然すみません。最近、気になる前の部署の部下A子が突然退職することを知りました。で、事情を聞きたいから、少し話せないかと頼んでみた。しかし、拒否って感じである。結構、お世話したつもりだけど、私と会いたくないって、どういう気持ちだと思う?気が向いたら、返信下さい。相当、悩んでるんだけど。


こんなメールに返信してくれるのかと思いきや。


2人とも、親切だ。返信が来た。


先に送ってきたRは、


退職するとなかなか会えなくなるわけで、かつ今会おうとしないのはよっぽどの

理由があるんでしょうね。心配だから少しでいいからお話聞かせてとあまり会い

たい会いたいとしないように言ってみたらどうでしょう。退職後には会えなくなっちゃうから会わないとMurphyさんが後悔しますよ。


確かに、慎重にしないといかんな。
遅れて、Hは、
 
本当に好きだったのならその気持ちを伝えた方がよいのでは?
そうでもないなら気持ちをほのめかしてどういうつもりか聞いてみたら?
でもストレートに聞いた方がよいと思うけど。

Hのメールに少し心動かされた。確かに。ストレートに聞いた方が良いかも知れない。あ~、深夜になると危険だと思うな。だんだん、気分が盛り上がってくるし。でもでも、もうここまで来たら、ダメもとだと思い、A子にメールをすることとした。


で、A子へのメール:


Aサン、今日はバタバタ忙しい時に電話してゴメンナイ。もう会えないかもしれないから、メールで伝えますね。
私、君の事好きなんだよ。でも、それが言いたくて、会いたかったんじゃないんだよ。自分がかわいがってきた後輩が知らぬままに去ると思うと切なくなってきて、事情を知りたくなったの。仲間に去られる寂しさがよく分かった。かつ、気になる人だったら、益々。
年明けに、落ち着いたら、会ってくれない。私は4日からサンノゼだったりでバタバタですが、いくらでも時間作るから。退職しても良い関係で居たいしからさ。


A子からの返信がくるかは分かりません。もはや、良い返事が来なくても、彼女が僕にとっての「気になる存在」であったことが伝われば良いような気もします。



---------------------------------------------


AD

電話してみた。

テーマ:

昨日、Blogを書いてから、また色々なことを考えていた。早朝にちょっと、5時前にうっすら目を覚ましたら、またA子の退職の経緯を考えたりして、眠れなくなってしまった。


いつ決めたのか?

誰に相談したのか?

どれくらい悩んだのか?

本当に家業を継ぐのが主たる理由だったのか?

誰か、お婿さん候補が決まって、家業を継ぐのか?

社内で嫌な思いをしたのか?

Murphyから引き継いだ仕事が重かったのか?

Murphyには、このまま伝えないつもりだったのか?

等々。


昨日のメールに対してA子から返信は来なかった。

ある程度、それは想定の範囲内。A子の性格から考えて、あのメールに対して即答はしにくいかもしれない。


でも、今回はメールでは不十分であると思ったから、電話しないと。

一応、電話会議のように、話す内容を整理した。かつ、将棋のように、相手の返答を想定して、友好的な話し合いをして、何としてでも、退職前に一度メシを食べに行く約束を取り付けないといけないと思った。


A子とメールは何度もしたことあるし、会社のPHSで電話したことはあるが、携帯に電話するの初めてである。でも、こういうときのために番号も教えてもらっているし、電話した。

もしかして、送別会が立て続けに入っているんだろうなあ。と思いつつ。


案の定、伝言メモ

『ただいま電話に出ることが出来ません。ピーとなりましたら、20秒以内にメッセージを。』

と来た。

M『あっ、Murphyですけど、後で電話もらえませんか?』


20分後、A子から電話。

A『あっ、すみません。電話いただいて。』

M『今、大丈夫?』

A『今、仲間と会ってまして、これからもう少し行くんで。』

M『そっか。わかった。じゃ、落ち着いたら電話頂戴。明日で良いから。』

A『はい。すみません。では、また、失礼します』


A子、飲んでいたのか上機嫌だった。


てことで、今日は何も進展ありません。A子、明日も送別会かもしれないな。私は明日も忘年会。


ちなみに、明後日は、BMWの納車。A子に乗ってもらいたいなあ。でも、A子、車酔いするらしい。困った話だ。

AD

A子退職

テーマ:

今日、A子に譲った仕事の忘年会に参加したら、びっくりした。

昔の上司S氏より、

S「Aさん、今月いっぱいで退職するんだよ。」


takeuchi2

えぇ~~、ショック


少し落ち着いて考えたが、そう言えば、悪い予感はしていた。

というのも、どうも先日送られて来た仕事のメールからの感触で、彼女の後任らしき人がその仕事に入る感じもあった。


退職理由は、

A「父の仕事を継ぎます。」

だそうです。

A子の父は同じ仕事を個人開業でされている。


A子には昔から、

M『Aさん、家継げば良いじゃない』

と言っていた。すると決まって、

A『家は姉が継ぎますから。』

M『でも、Aさん向いていると思うよ。個人でやるの。』

A『そうですから、今後のことは検討中ですから。』


と言っていた。でも、お姉さんが結婚されるとかで、A子が継ぐらしい。

一瞬、A子が結婚退職かと思って、ビビッタが、違っていた。


しかし、A子相当水臭い人である。たまたま、今日行けたから良かったもの、今日行けなかったらどうしたんだろうね。このまま、立ち去るつもりだったのかな。


電話しようかと思ったが、夜も深いので、メールした。


退職とは何だかサプライズだよ。ビックリで、何も聞けなかったが、偉い人居な
いときに話聞かせてよ。寂しいけど疎遠になりそうだし。暇ないかな?
でも、君は一番良い選択したと思うが。

しかし、疎遠になりたくない。ここから、頑張らないと。逃げられてしまう可能性が高いな。

昨日の記事に貴重なコメントを下さったs48さんに感謝。


後段のコメントには納得した。確かに、まだ自分はA子に対して押してもないのに、引くも何もない気がした


やっぱり、A子のような固い子にはもっとじっくりと確実に押さないといけない気がする。


こないだ、親母と電話で話していたら、

母『あなた、押しが弱そうだからね。この子は良いと思ったら、やっぱり必死に押さないとだめなのよ。』

と厳しいことを言ってた。

M『そうだよね。なかなか、うまく行かないね。』

母『考えてばかりじゃ、ダメよ。行動しないと。』


何で、そんな話をしたのか?親母は、色々と話し始めた。


その話のきっかけは、兄の奥さん(姉)に起因しているようだ。Murphyの兄は去年結婚したのだが、それはお見合いパーティーで出会ったという話ししか聞いていなかった。でも、最近、親母と姉がよく話すようになってから、色々と出会った頃の話をしていたようだ。


要約すると、出会ったきっかけはそのパーティーかお見合いだったらしい。でもって、兄貴は結構、必死で口説こうとしたが、姉はあまり乗り気でなかった。しかし、そんなに必死になっている兄貴の姿を見て、魅かれて行った。


何だか、ちょっとドラマチック。でも、そうなんでしょうね。

takeuchi

電車男 なんか見て、笑っていたけど、Murphyもそれ見て、真剣に笑えないところもあるからね。

恋愛は苦手なんだよなあ。。


因みに、A子はエルメスさんほどではないが、お嬢様なのである。で、敷居は高いね。これでも、この一年間で相当、その壁を少しずつ崩してきたつもりだったんだけど。


やっぱり、14日の打ち上げには出来るだけ参加できるように努力して、仕事を早めに切り上げよう。

A子と会う機会が減ることは互いの距離が遠くなることはあっても、近づくことはなさそうである。


このままだと、きっと、せっかく貸した本もまた、社内メールで返却されそうだ

届いてた。

テーマ:

今朝、A子からメールが来た。

『本、届きました。ありがとうございます。それから、おみやげまで頂いてすみません。ちょうど、I君も居るので、一緒に頂きます。』

ito misaki

I君とは、私のかつての部下であり、今は彼女の部下の男の子である。このメールの内容がそっけないと思えるの事と合わせて、気になるのは、彼女のメールの送り方である。


私は携帯メールでメールするのだが、A子の返信は会社PCのメルアドに送ってくる。何か、私的に近づきたい私の意志に反して、どうも逃げ腰である。やっぱり、まだ遠いのかな?


でも、また夕方にメールが来た。

『今度、打ち上げをするので、来て下さい。』

と言った内容のものである。

『こないだ、やったからもう良いんだけど』って、思えた。


そこで、

『今回の仕事に関わっていないのに、呼んでもらえるのは何か引け目を感じるね。予定は分からないから、行けたら行くって事にしといて。』

と冷静な返信をした。

実際、海外出張の可能性もあり、予定は読めていない。


自分としては、

『むしろ遠ざけた方がA子はMurphyに興味をもっと持つのではないか』、何て思う。


って言うか、A子は自分に対して興味があるのかないのか、全く分かりません。冷静に考えたら、上司としては興味あるが、彼氏とかの対象ではなさそうだ。


誰か、こういう場合って、どうしたら良いか、教えて下さい。

どこに行った社内便

テーマ:

今朝、会議だったので8時に会社へ行って、自分の机の辺りを見たが、社内便が返却された様子もない。

困った。何処に言ったんだA子への社内便。


A子に『実はチョコレートが入っていて』って、言おうかとも思ったんだけど、本当にちっさいお菓子な訳で、伝えるほどのこともないと思っているのだ。でも、そこに僅かばかりの気持ちを込めているのではあるが。


どうも、中途半端な自分の行動とこの間の悪さに少々イライラしている。


時に、午前7時前のテレ朝の星座占いを見たりすると、おひつじ座の運勢は11位と来たから、今日はあまり期待して居なかったが、少々疲れが。でも、A子もおひつじ座な訳で我々の星座の運勢は一緒なのである。


明日きっと出てくるか、本当に誰かの下へ届いてしまったのかなあ。

本を貸す。

テーマ:

A子と一定の距離を保ちたいと思う日々である。


で、同じ仕事はないから、考えて本を貸すことに。前にも貸したことはあるし、A子は勉強熱心だから、何かためになる本を貸すことに。貸した本は、これ。


藤田 浩
M&Aドキュメント 事業売却

である。まあ、M&Aの舞台裏を書いた小説である。結構、読みやすいし、私の今の仕事にも関係あるから良いかなと思い。A子が興味あることを確認し、貸すことに。


さて、本を手渡しすれば良かったのに、部署も遠いし、つい、手を抜いて、先週末に「社内便」で送った。


しかし、今日、A子からメールが

『今日になっても届きませんが、、、』

と。


何処に行ったのか、Murphyの本は?


というか、困ったことに、実は、封筒の中にもう1つ入れているものがあった。それは、

シンガポールに行ったときに買ったチョコレートのお土産で、こないだ、ご飯ごちそうになっちゃたから、お返しにと思ったのに。


何処に行ったのか、チョコレートは?


誰か他の部署の人のところに行ったのかなあ。。。。別にラブレターを入れてた訳ではないから良いものの。何か気になる。もともと、社内便なんて、文書を送る術なのに、本を送ったのが拙かったかな。


手渡しすれば、会えたし。少し後悔です。

A子とのメール

テーマ:

A子とは会社ではほとんど会わないけど、何もしないと縁がきれてしまうため、何か自分なりに合理的な理由を作っては彼女にメールを送ったりしている。何もしないとすぐに糸が切れてしまうと思って。


例えば、引き継いだ仕事の件で、『そろそろ、~をする時期だけど、どう?』って非常にオープンな質問だったりする。他愛もない質問であるから、返信が来なくても良いのだが、返信が来ると嬉しいものである。逆に返信も来ないと、『まあ、返信が必要な訳でもないし、良いか。』と思いながら、若干寂しい気もする

最近、非常にレスポンスが良いので、良い感じと勘違いしてしまっている。


6月に異動するときに、『また、誘いますから。』と言う約束も遅ればせながら、果たしてくれた。因みに、今のところ、異動後に打ち上げとかに誘ってくれたのはA子だけである。他にも私にとって可愛い後輩はたくさん居るのだが。


ところで、メールって相手の感情を読み取りにくいツールだと思いませんか。もちろん、ハートマークいっぱいのメールが来たら、分かりやすいが、そうでもないプレインなメールは無感情に思えることもある。やはり、口から発せられる言葉の力は偉大である


女性を口説くときに、メールで口説いても、話し言葉ほど感情が伝わらないのではないであろうか?


さて、Murphyさん、数ヶ月経っても忘れられないA子さんに対して、メールで切れそうな糸を繋いでおいて、ここからより近くなるには何をしようかな?やっぱり、強引に誘ったほうが良いのかしら。電車男よろしく、ダメ男になってしまってます。

A子と再会

テーマ:

4,5月頃にMurphyのBlogを読んでくださった方にはA子のことでよく記事を読んで頂き、ありがとうございました。


ご存知の通り、7月以降はお互い別部署になり、疎遠となっていましたが、先日久々に再会しました。

私からA子へ引き継いだクライアントの仕事が一段落して、打ち上げをするので良かったら来てくださいとメールが来たので、その会へ参加した。


参加者は以前の仲間A子、I君、私の3名という同窓会のようなものだったが、

今回の仕事でA子が大変だったことや、私が異動してからどんな仕事をしているのかと言ったことについて、話した。


あっというまの3時間位で何を話したのか覚えていないが、妙な感覚を感じた。

というか、また、彼女が私のことをどう思っているのかとか気になりだした。というのも、会うとMurphyとしてはA子は良い子だなあとまた感じてしまうし、何だかんだ言って、気にかけているのだなあと思ったりした。


ただ、手前味噌ではありますが、『仕事の先輩(上司)としては尊敬している』ことは良くわかった。

あと、『仕事を含め、全般的に非常に信頼してくれている。』ということが分かった。


でも、何となく前のこともあるから、プライベートって違うんだろうなあ

7歳離れた上司って視線も感じたが。


帰りにメールした。

『ごちそうさまでした。呼んでくれてありがとう。今回は大変だったようですが、いつでも相談してください。くれぐれも頑張り過ぎないように。』


A子からの返信は

『とんでもないです。I君も私もいろんな話しが聞けてとてもよかったです。また、貴重な体験談でも聞かせてください。』


どうみても、先輩と後輩のメールだ


でも、また、ちかく会いたいです。どうにかできないかとまた、悩み始めた。