加藤紀子 結婚

テーマ:

ニュースを見てびっくり。

加藤紀子が結婚するらしい。個人的に、数年前までファンだった。


kato


実は加藤紀子って、Murphyと同級生なんだけど、Murphyが社会人になるずっと前からタレントとしてテレビに出ていたので、偉いなあと思っていた。若い頃から、よく働いて。加藤紀子のことが気になったきっかけは、1996年ごろにMurphyが通っていた大学の学園祭でコンサートに登場したことから始まった。


当時、J-WAVEでDJをしていたので、番組にコンサートの感想を書いた葉書を出した。今なら、メールなんでしょうけど、当時はファックスか葉書だった。で、その葉書が番組の最後に読まれて、リクエスト曲まで掛かった。非常に喜んでしまった。同級生だし、何か縁を感じてね、これから応援していこうかなと思った。


ちなみに、その放送はテープに取っていたため、今も大事に保管している。


それ以来、そのラジオ番組は毎週聴いていた。2年間くらい。


でも、1998年春にその放送は終わり、加藤紀子はフランス語を習いにフランスに留学してから、テレビへの露出は急に減った。まあ、アイドルとかタレントの宿命かもしれないが、25歳を過ぎると急にテレビの出演が減ったりする。


今思っても、加藤紀子のほんわかしたイメージは素敵であった。

加藤 紀子
「ほんわかで行こう!」

でもさあ、結婚相手が43歳というのも何だか悔しいが、幸せになってもらいたいです。

AD

ドライブにならない渋滞

テーマ:

さて、R子をクリスマス・イブにドライブに誘った訳だが、江ノ島で良いのか分からなかった。

R子の自宅の方向から考えて、妥当な線ではあるが、あまり早く着きすぎても何だし、江ノ島水族館へ行くか?鎌倉へ戻って、食事するか、など考えていた。


海外とのテレコンが終わり、会社を出た頃にR子からメールが来た。

『今、用事が終わって、自宅に居ますが、どうしましょう。』

すかさず、電話をした。

M『江ノ島に行ってみたいけど、どう思う。』

R『あっ、良いですね。』

M『で、今日夜ご飯一緒に大丈夫?』

R『え~。』

M『じゃ、どっか探しとくね。何でも良い?』

R『特に分からないから、お任せして良いですか?』


っていうか、クリスマス・イブ当日に夕食の店を予約しようとしても困難である。ゆえに、江ノ島であればあるだろうと思い、電話を掛けたら一件、オッケーだった。とりあえず、食事の場所は押さえたので、一安心。


ところが、会社からR子の家へ向かう途中から明らかに渋滞。さらに、R子の自宅付近は一通があったり、細い路地で、買ったばかりのBMWで入るには勇気がいる道がたくさんである。結局、R子に会えたのは、午後3時ごろ。まだ、ここまでは良かった。


ここから、カーナビの言うまま国道1号を藤沢方面へ向けて走るが、進まない。渋滞、渋滞、渋滞。対向車線も同様。お陰で、快適な車内で色々と話せて良かった。密室である分、我々の会話以外に聞こえるのはCDの音楽(ちなみに、この日は、中島美嘉、小田和正、柴咲コウを選曲していた。)、エンジン音くらいである。


M『本当は、スピードが出たときも快適でそれが体感できるといいんだけど。』

R『でも、十分快適です。』


なんて、話して江ノ島着いたの6時前。ていうか、川崎から江ノ島まで3時間近く掛かるのかよ?って感じだが、みんなそう思ったんでしょうね。江ノ島ではヨットにイルミネーションをしていて良い感じの雰囲気だった。花火もあったし。


で、江ノ島で食事して、帰りはスイスイだったので、飛ばして、彼女を送り届けて帰ってきました。


印象としては、R子とは色々な話をしたが、割と話しやすい、と思った。Murphyは控えめな子が好きだが、女性で本当におとなしい子って少ない気がする。女性同士になると、結構盛り上がったりするし。なので、控えめなR子がもっと、もっとお話すようになると打ち解けてくるんでしょうな

AD

新しいテーマ

テーマ:

R子とは、先日のA子の件で相談した子である。


もともとは、大学の後輩と私が幹事で催した合コンで知り合って、たまにメールしていたメル友である。

で、A子の件で相談したりしたので、昨日お礼に昼飯をご馳走した。というか、たまたまR子とMurphyの職場は通りを挟んで向かい同士なのである。なので、気楽に誘ってみた。


合コンのとき以来だったが、R子の方が簡単にMurphyに気づいたようだ。

でも、Murphyもイメージ通りだった。控えめで優しい感じの子だ。


昼食時は、A子の件も少しはしたが、主に関係ない話をした。


R『3連休ですよね、今週末どうするんですか?』

M『あっ、土曜は少し仕事で事務所来るけど、それ以外はドライブしようかな。掃除もしないと、部屋相当汚いし。Rさんは?』

R『私、今日からスノボー行くんですよ。と言っても日帰り。で、日曜は姉の家でクリスマスパーティー。甥っ子と。』

M『へぇ~、スノボーか。雪とか良いよね。』


あっ、R子土曜は暇なんだ。そうっか。と思った。


帰り際に、

M『あっ、Rさんどこかこの辺で行きたいところあったら、いつでも行ってよ。ドライブ行こうよ。』

R『そうですか。と言われても、どの辺まで行けるのか良くわかりませんが。』

M『じゃ、先週みたいに御殿場から箱根っての、いつか行ってみる?』

R『良いですね。』


M『いずれにしても、また連絡するね。』


で、夜メールした。

『土曜、暇だったらちょっと都内ドライブに行きません?仕事は昼には終わるし、普通の土曜の感覚で。』


とあまりクリスマス・イヴの感じを出さない誘いをした。


今日、返信が来て。

『午後からなら大丈夫です。』

とのこと。


わ~い。ということで、明日R子とドライブに行きます。


でも、場所を決めていない。さっき考えたのは、都内は混んでいるし、海を見たいので、都内~江ノ島とか鎌倉とか~横浜とかね、とにかく、クリスマスのイルミネーションがあるところが良さそうである。

でも、R子の希望を聞いてみますわ。


気楽にお話できれば良いですけどね。このテーマも続くし。

AD

その後のBMW

テーマ:

さて、先週納車されたBMWであるが、なかなか良い。

今日も少し運転したが、ついつい高速に乗りたくなってしまう。何か、こういう車でノロノロ運転させてしまうとかわいそうな気がしてくる。


そんなBMWを駐車している駐車場で変化があった。先日まで何気なく2台の同色のBMWが止まっていたのが、今週からは1台にカバーがされていた。隣の方、何か嫌だったのかな?単にMurphyさん、自意識過剰かもしれないが。


人間で言えば、つい先日まで、Tシャツ、半ズボンだった奴が突然、コートで全身を覆うとは心境の変化と捉えられるように、BMWのオーナーも何か思ったに違いない。『こいつ、よりによって、同色の同タイプの車を買わなくて良いだろう』とか、。


まあ、どうでもいいや。その方にとっても、Murphyにとっても黒のBMWが欲しかったという偶然に過ぎないと考えるようにしよう。


ところで、現在2つの問題がある。

①カーナビを取り付けていない。

②CDがない。


①は中古ポータブルを買ったのだが、台の粘着力が落ちていて、ダッシュボードに張り付かない。そのため、助手席に座らせている。すなわち、運転中助手席を見ないといけなく、危険である。今、カーナビを置く台を探している。


②車には純正MDデッキが付いているが、CDがない。MDなんて、ここ数年使っていなかったのに、ここで再登場である。気に入ったCDを片っ端からMDへダビングしている。しかし、非常に面倒である。これも、デッキを変える必要がありそうだ。ついでに言うと、スピーカーとかも変えたいが、まあ優先順位は低い。


自分の理想の車内にするには、①、②を解決したりでもう少し時間が掛かりそうだ。

ついに最終回

テーマ:

昨日の記事で予想したとおり、『気になる部下』のテーマは今日で終了します


A子から、先程返信が来ました。


慌ただしくすみませんでした。ただ退職は実家の都合でこの時期になっただけな
のです。わりと急だったので本人も予想外でして。Murphyさんはよき上司として尊敬してます。本当にお世話になりありがとうございました。せまい業界なのでま
たどこかでお世話になるかもしれませんがどうかよろしくお願いします!

A子らしい真面目で一般的な返信である。もう、会わずにお別れですな。

昨日の晩、寝る前に色々と考えたが、

『結局、A子はベルリンの壁のように厚く、高い心の壁を築いていて、私のような小者にはそれを崩すことが出来なかった。』

と感じた。


残った以下の疑問は、今後の人生の楽しみとしてとっておきたい。


①A子は果たして、どんな男性と付き合い、結婚することになるのか?

②A子はMurphyのことををよき上司として尊敬しているというが、なぜそこまで会いたくなかったのか?


それから、昨日、今日の一連のことで思ったのは、多分現状では、A子とMurphyは若干、価値観が違っているということも分かった。


具体的には、例えば、Murphyにとって、

退職するときにお世話になった方々に事前に相談するとか、最終出勤日にご挨拶をすると言ったことは、最優先事項である。そうやって、たくさんの先輩、後輩、同輩、先生等に支えられ、助けられ、今があると痛感する。こういったことに価値を置く人なのである。


しかし、A子はこういうことを多少、軽視しているように思えた。今だから言うが、A子に対する引き継ぎのために、自発的に行ったことに掛かる時間は結構ある。それは結局、彼女が頑張って欲しいという期待をこめてのものだったが、そういったMurphyの行為(好意)が彼女のココロまでは響いてなかったようで、寂しかった。


昨日、メールしたH子からも、その後メールが来た。


私も経験ありますが価値観は人それぞれだから。気にしないで。そして相手も責
めないで。人の考えは色々だから。長い目で見てあげてください。

H子は29歳であり(A子は弱冠25歳)、少し大人だから、こんなこと言えるのか?彼女のこのコメントには惹かれた。良い事言うじゃない。。


でもね、じゃあ、何でA子に拘っていたかと言うと、彼女ならこういった不足している点も指導していけば、改善される余地が大きいことを知っていたから。今はパーフェクトでなくても良いけど、何か失敗したり、反省したときには、改善する努力をすることが出来ると思ったの。で、そういう姿を見るのも楽しみだったの。


因みに、A子はこれからは、お父さんと仕事をするという訳で、彼女に誰が教育的指導をして行くのだろうか?そんなことはもはや、私が気にすることではなさそうだ。

3月から9ヶ月に渡って、48回書いた『気になる部下』のテーマはこれにて、完了です。

他のテーマでBlog自体は続けていきますので、これからも気軽に読んで下さいね。

昨日、A子に電話したら、また留守電だった。

takeuchi3


で、今日7時ごろにメールが来た。

----------------------------------------------

Murphyさん、

架電の件ですが、本ですよね。今日、社内メールで送ります。ありがとうございました。


という内容だった。すかさず、内線で電話した。


A「あっ、どうも。」

M「メールの件だけど、本もそうだけどさ。何も言わずに去るのはダメだよ。すこし、事情を教えてよ。」

A「ですから、家庭の事情ですから。」

M「でも、本当に時間ないの?少し位時間作ってよ。」

A「今日もこれから打ち上げですし、明日は忘年会で、明後日は最終日だから、仲間と送別会。」

M「そうっか、じゃ、年明けに時間があったら。また来るんでしょう。」

A「そうですね。パソコン返しに来ますけどね。それより、急いでいるんで、もう良いですか。」

M「わかった。いいよ。」


しかし、こんなに嫌がるってことには、よっぽどの理由があるはずでA子のことより、A子がMurphyと会いたくない理由の方が気になってきた。


で、前に飲み会で知り合って、たまにメールしていたH子さん とRさん にメールした。


お久しぶりです。突然すみません。最近、気になる前の部署の部下A子が突然退職することを知りました。で、事情を聞きたいから、少し話せないかと頼んでみた。しかし、拒否って感じである。結構、お世話したつもりだけど、私と会いたくないって、どういう気持ちだと思う?気が向いたら、返信下さい。相当、悩んでるんだけど。


こんなメールに返信してくれるのかと思いきや。


2人とも、親切だ。返信が来た。


先に送ってきたRは、


退職するとなかなか会えなくなるわけで、かつ今会おうとしないのはよっぽどの

理由があるんでしょうね。心配だから少しでいいからお話聞かせてとあまり会い

たい会いたいとしないように言ってみたらどうでしょう。退職後には会えなくなっちゃうから会わないとMurphyさんが後悔しますよ。


確かに、慎重にしないといかんな。
遅れて、Hは、
 
本当に好きだったのならその気持ちを伝えた方がよいのでは?
そうでもないなら気持ちをほのめかしてどういうつもりか聞いてみたら?
でもストレートに聞いた方がよいと思うけど。

Hのメールに少し心動かされた。確かに。ストレートに聞いた方が良いかも知れない。あ~、深夜になると危険だと思うな。だんだん、気分が盛り上がってくるし。でもでも、もうここまで来たら、ダメもとだと思い、A子にメールをすることとした。


で、A子へのメール:


Aサン、今日はバタバタ忙しい時に電話してゴメンナイ。もう会えないかもしれないから、メールで伝えますね。
私、君の事好きなんだよ。でも、それが言いたくて、会いたかったんじゃないんだよ。自分がかわいがってきた後輩が知らぬままに去ると思うと切なくなってきて、事情を知りたくなったの。仲間に去られる寂しさがよく分かった。かつ、気になる人だったら、益々。
年明けに、落ち着いたら、会ってくれない。私は4日からサンノゼだったりでバタバタですが、いくらでも時間作るから。退職しても良い関係で居たいしからさ。


A子からの返信がくるかは分かりません。もはや、良い返事が来なくても、彼女が僕にとっての「気になる存在」であったことが伝われば良いような気もします。



---------------------------------------------


新車でドライブ

テーマ:

ついに、土曜納車されたBMWで本日ドライブに行ってきました。


御殿場まで東名で行って、箱根の温泉につかって、西湘バイパス~第3京浜で帰宅しました。

今回のメンバーは、ゴルフを譲った友人とその彼女および私の3人という変な組み合わせ。

最近、1人で居るとこういうときに不便だと本当に感じてしまう。


さて、車は本当に予想通り良い車でハッピーでした。


これで、週末の楽しみが増えました。


御殿場から望む富士山です。


gotemba1



仲間と忘年会

テーマ:

異動前の部署の仲間(後輩)と3人で忘年会をした。

何か半年振りなのに、もっと久しぶりな感じで懐かしさを感じた。


こういった仲間と過ごせる時間は楽しく、いいものである。異動部署では、仕事においても新しい出会いがあるわけで、それはそれで素晴らしいが、慣れた仲間と過ごせる時間に落ち着きを感じた。


部署によって、仕事の負担の違いがあり、Murphyが昔居た部署はA子を含め、退職者が多いため、今後も大変そうである。


でも、帰り際に後輩Kに言った。

M「辞めるときは早く言ってね。信頼していた後輩に黙って退職されるショックを感じたから。」

K「Aさんのことですか?」

M「そう。何にも言わずに去ることは格好良いと思っていたが、去られる側の気持ちが分かったよ。自分が異動するときでも、すこしエゴがあり、後輩や仲間の視点に目が行かなかったのは反省だね。」

K「でも、退職じゃないから良いですよね。」


確かに、異動は希望していったとしても、同じ会社組織の中での異動であり、いつでも会えるものである。しかし、退職は縁が切れて、今生の別れかもしれない。

電話してみた。

テーマ:

昨日、Blogを書いてから、また色々なことを考えていた。早朝にちょっと、5時前にうっすら目を覚ましたら、またA子の退職の経緯を考えたりして、眠れなくなってしまった。


いつ決めたのか?

誰に相談したのか?

どれくらい悩んだのか?

本当に家業を継ぐのが主たる理由だったのか?

誰か、お婿さん候補が決まって、家業を継ぐのか?

社内で嫌な思いをしたのか?

Murphyから引き継いだ仕事が重かったのか?

Murphyには、このまま伝えないつもりだったのか?

等々。


昨日のメールに対してA子から返信は来なかった。

ある程度、それは想定の範囲内。A子の性格から考えて、あのメールに対して即答はしにくいかもしれない。


でも、今回はメールでは不十分であると思ったから、電話しないと。

一応、電話会議のように、話す内容を整理した。かつ、将棋のように、相手の返答を想定して、友好的な話し合いをして、何としてでも、退職前に一度メシを食べに行く約束を取り付けないといけないと思った。


A子とメールは何度もしたことあるし、会社のPHSで電話したことはあるが、携帯に電話するの初めてである。でも、こういうときのために番号も教えてもらっているし、電話した。

もしかして、送別会が立て続けに入っているんだろうなあ。と思いつつ。


案の定、伝言メモ

『ただいま電話に出ることが出来ません。ピーとなりましたら、20秒以内にメッセージを。』

と来た。

M『あっ、Murphyですけど、後で電話もらえませんか?』


20分後、A子から電話。

A『あっ、すみません。電話いただいて。』

M『今、大丈夫?』

A『今、仲間と会ってまして、これからもう少し行くんで。』

M『そっか。わかった。じゃ、落ち着いたら電話頂戴。明日で良いから。』

A『はい。すみません。では、また、失礼します』


A子、飲んでいたのか上機嫌だった。


てことで、今日は何も進展ありません。A子、明日も送別会かもしれないな。私は明日も忘年会。


ちなみに、明後日は、BMWの納車。A子に乗ってもらいたいなあ。でも、A子、車酔いするらしい。困った話だ。

Triangle

テーマ:
SMAP, 市川喜康, 小西貴雄, 篠崎隆一, h-wonder
Triangle

Triangleを買った。CDシングルを買うのは相当久しぶりである。

先週、テレビでこの曲を聴いたら、気に入ってしまった。

最初の歌詞が良い。


都心を少し外れた 小さなこの部屋から

どんなに目を凝らせど 見えないものばかりだ


将に、自分の部屋のようだ。実家は都心を少し離れていたが、高層マンションの11階で今の時期は毎日、富士山が望めた。しかし、ホントに今の部屋は何も見えない、何か23区内でありながら、埋もれている感じである。


SMAPは最近、一年おきくらいに名曲ありますよね。

SMAP, 槇原敬之, 工藤哲雄, 都志見隆
世界に一つだけの花
SMAP, 野島伸司, 小森田実, 市川喜康, ZAKI
らいおんハート
SMAP, スガシカオ, CHOKKAKU
夜空ノムコウ

とか結構好きですけどね。

関係ないけど、中居クンとキムタクは同級生だし。