2010-03-19 16:00:00

女袴の歴史

テーマ:ブログ

白紫花のブログ

女袴の歴史について

三越のパンフレットに書いてあったのを引用する。


「平安時代以来、

高い階級の女性たちが着用した袴ですが、

鎌倉時代には衰退して

宮中以外では見かけなくなり

明治時代になって

仕事をする女性たちや女学校の開設と共に

ポピュラーなものになりました。

とはいえ、明治から大正にかけて

女学校に通う女性といえば、

裕福で限られた階層でもありました。

ハイカラさんのイメージで、女袴が

大正時代の女学校というスタイルで

捉えられていますが、

本来は女学校の教官が着用したもの。

現在の女袴は明治18年に

華族女学校の校長下田歌子の発案とされていて、

宮中の未婚の色である濃き色から海老茶色を

袴に採用したそうです。以下略)


下田歌子先生は我が大学の創立者であるから

私が明日の卒業式で袴を着るのは

大いに意味があることなのだ。


同じテーマ 「ブログ」 の記事
PR

コメント

[コメントをする]

1 ■ご卒業おめでとう

明日なんですね。
白紫花さんの袴姿見てみたいわぁ~
きっとお似合いでしょうね。
私も卒業式に袴をはきたいと思ったんだけど、買うのもレンタルも一日のことでもったいないかなと思ってやめてしまいました。今考えるとそんな機会一生に一度しかないのに残念だったと思います。
春からはいよいよ社会人ですね。
大変なお仕事だと思いますが頑張ってくださいね。

2 ■チルチルさんへ

今日は
卒業式前日のガイダンスでした(*^.^*)
袴を格好よく着ようと筋トレをしたのですが
逆に少し太ってしまった私です(^_^;)
明日は
チルチルさんの分も笑顔で
素敵な晴れの日にします☆

3 ■晴れ姿・*:.。. .。.:*・゜゚

ご卒業なのですね。
学び、喜び、とまどい、いろんな想い出を生み出して
くれた学び舎をあとにして新しい旅立ちの日にむかって、、、白紫花さんのはかま姿きっと、凛と輝いて美しいことでしょうね。 雫

4 ■hosinosizuku ~☆さんへ

本当に大学生活は
実り多く楽しいものでした♪
憧れの袴を着ることが
できたので良かったです(*^.^*)
天気にも恵まれてよかったです☆

5 ■そうなんですよね

仕事(学歴)を持つ女性のためのステイタス というような歴史を読みました。考えてくださった校長先生に感謝です。皆さん一度は袴姿なってみたいようです。誇りですね。ご卒業本当におめでとうございます。ご活躍を祈ります。

6 ■小粋さんへ

時代は変わりましたが
乙女達のお洒落への気持ちは
変わらないものですね(*^.^*)
袴姿の大学は
本当に華やかでした♪
私は母の成人式のときの着物に
三越さんで借りた袴を着て
髪ははいからさん風に結びリボンをつけました。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み

携帯でチェック!