モナリザでランチ

テーマ:

今日は午後半休し、丸ビル36階の「モナリザ」へ。音譜

http://www.monnalisa.co.jp/marunouchi/top.htm


白い空間の大きな窓からは皇居の上空を独り占めする眺望のよさ。

彩り美しいコースは野菜たっぷりで、フレンチなのに軽めの味なのが嬉しいドキドキ


それに、お皿の美しいことといったら・・・

前菜は透明の皿が2枚重なっており、その間には生花がはさまれ芸術品のよう。

ノリタケとのオリジナルでつくったという、クローバー柄の皿は、三つ葉の中にひとつだけ

四葉が混ざっているという遊び心まで・・・。クローバー






その上、話込んで最後の1組となってしまった私たちに、ハーブティーのサービスまで。

味よし、雰囲気よし、サーブスよし、値段よし。やっと出ていくと思ったのか、総出でお見送りも感じがいい。

ミシュラン☆獲得、納得の店である。ひらめき電球

---

N美ちゃんとオフィスが離れて半年。毎日のように会えなくなり淋しい。

いつも一緒にランチしていたのを知っている社長に、心配されてる始末汗

(だったら、同じビルにして欲しかったしょぼん なので、半休いただきます☆) 


フツー、美人系と可愛い系って分かれると思うのだが、

N美ちゃんは、「美しさ」と「可愛いさ」が高いレベルで拮抗している。


子育てしながらフルタイムで働いて、なんでこうも美しいんだろう。

10年以上のつきあいになるが、とにかく容量が大きい。


そして、何より黒目が大きい。瞳の中のほとんどが黒目なのである。

美しいのに可愛げがあるのは、人懐こい大きな黒目のせいかも・・・。


私に彼女の容姿があれば、もっと派手に人生楽みたいところだけど、

24歳で結婚した彼女は、若い頃から主婦業までカンペキ。


華やかなのに、堅実。 そしてちょっと間抜けなところも、またいいの。

最強のスーパーウーマンドキドキ

これからも、私の人生の指南役でいてね。


また一緒に海外旅行しようね。タイちゃんも一緒にね。べーっだ!




AD