今を抱き締めて

テーマ:
今のサンフレッチェ。

監督も、コーチも、キャプテンも、サンフレッチェでの経験豊かなリーダー級の選手達も。

道に迷っていますね。

うまくいくやり方を探して、みんな深く深く悩んでいるのだと思います。

あまりにそれぞれが思い悩み、結果、計らずも孤独になり、チームがバラバラにはなるようなことだけは避けなければなりません。

結果が出ないと、我々ファンも含めて、いろんなことを言うし、ネガティブな意見ほど耳目に触れてしまうと思うけれど...こんな時こそ、周囲の雑音に蓋をして、自分達を信じるしかないと...いや、信じて欲しいと思います。

周囲に流されると...バラバラになります。

なぜなら、周囲というものは、バラバラなものだからです。

監督、コーチ、キャプテン、選手の皆さん。

冷静に、目を閉じて、心落ち着かせて、サンフレッチェを見つめ直してみてください。

自分は、ミシャ~昨年までの、サンフレッチェサッカーしか見えません。

次節からどのようなサッカーが見られるのでしょうか。

監督、コーチ、キャプテン、選手の皆さんの心中を察すると泣きそうな気持ちになります。

あの誇らしいサッカーは、もう過ぎ去った過去の話なのでしょうか。

自分は、監督、コーチ、キャプテン、選手の皆さんが見せてくれたあのサッカーが忘れられません。

ここに至った今も...。

なかなか勝てなかったミシャ時代も含めて、自分は、勝敗よりもむしろ、サンフレッチェのサッカーを誇らしく思っていました。

その想いは、心の中にしまいます。

そして、今は、ひとり大事に抱き締めておきます。

クラブの将来を考えて、今、とるべき道は。

自分には、答えがありません。

もしかしたら、監督とて同じかもしれない。

重い決断。

そして、やはり、監督とは重い仕事です。

トンネルをいつ抜けることができるのか...。

そして、無事トンネルを抜けることができたならば、その先に何があるのか...。

次の試合から、サンフレッチェは新しい道を歩み始めるのでしょうか。



AD

残念

テーマ:

B1B2入れ替え戦。

残念ながら、広島は横浜に53-74で敗れ...。

B1昇格を果たせませんでした。

B1の壁は高かったのか...
...シュートやパスの精度等改善すべきところはありそうですね。

それにしても、バスケットは、
野球、サッカーに続く、プロスポーツとして発展しそうですね。
AD

なんで

テーマ:
少し後れ馳せながらですが...

大阪 5-2 サンフレッチェ。

「なんで」

素直な自分の気持ちです。

どこで歯車が狂ったんだろう。

...確かに、昨年はそこそこ勝ててはいたものの、
個人的には、サッカーの内容には不安がありました。

ウタカや柏、ミカ、塩谷の個人技に頼りすぎているような感覚。

サンフレッチェらしい連動性のある攻撃、粘り強いブロックができなくなったのは、
チームの意思統一ができてないからなのか、それとも相手に対策を打たれたのか...。

いろいろ言う人はいるけど、
自分は専門家では無いし、
監督以下チームを信じて応援するだけです。

残り試合を五分五分で乗りきらないと、残留が厳しくなるとのこと。

五分五分か〜。

五分五分という数字にビビることになるとは思わなかったな。

...まぁ、まず一勝だね。

流れを変えたい。

甲府に勝とう❗

今のところ、現地参戦しようと思っています。

シーズン終了後に、今回の甲府戦がターニングポイントになったね...と言えると信じて。
AD