お客様に選ばれる店づくり!店舗活性コンサルタント

このブログは、
『目先の利益ではなく、10年先も継続できる店づくり』
を目指したい、小売・サービスの方向けの内容です。

お客様に選ばれる“店づくり”をしませんか?

http://www.k-murakoshi.com


テーマ:
外が急に晴れてきました♪
こんにちは!
店舗活性コンサルタント村越和子です。
 
本日のテーマは、
【研修会社の失敗と経験】

 
「なぜそんなに研修について詳しいのですか?
よくおひとりでこんなたくさんのコンテンツ
お持ちですね」と言われます。
 
本日は、少しだけわたしの話をしますね。
 
実はわたし、
これまで2社の人財教育会社に勤務していました。
それまでなんの知識も、勉強もせず、
自分の経験と本で学んだ知識だけで、
当時働いていた職場で研修実施していたのです。
振り返れば、「研修風」「研修もどき」いいえ、
とてもじゃないけど「研修」とは言えないレベル(笑)
 
そんなレベルですから当然受講者の
不満の声が次々と耳に入るようになりました。
 
「もっと自分自身が研修を受講したい」
「もっと研修のつくり方を勉強したい」
 
それがこの業界に入ったきっかけの
ひとつでもあります。

入社してすぐ実感したことがあります。
それは取り扱い“商品”がモノではなく、
「研修」「講師」「コンテンツ」であるということです。
 
中途採用でしたので、
即戦力が求められたのはいうまでもありあせん。
 
初めて学ぶ「商品知識」は、どれをとっても
キャパをはるかに越え、深く、難しいものでした。
 
・コンテンツの種類
・コンテンツのつくり方
・専門講師陣
・資料の探し方、引用の仕方
・業界知識
・業界ルール、マナー、タブー
 
そんな私の業務のひとつに講師へ
「コンテンツ提供」「講師オリエン」
「新人講師育成」「講師オーディション審査」
があります。
 
なかでいちばん苦しかったのは
「コンテンツ提供」「講師オリエン」です。
 
なにせ私はこの業界の
知識も経験も何にもないのに
これをしなければならないのです・・・。
 
講師オリエンは、
新人だけではありません。
ベテラン講師にもオリエンしなければなりません。
 
「なんでそんなことも知らないの?」
「あなた以外に他に教えられる人はいないの?」
「知識も経験もないのによくこの業界の
 管理職務まるわね?」
 
と毎日叱られ、いやみを言われ、落ち込む日々。
 
そりゃ、そうですよ。
事実ですから・・・・・。
 
改めて振り返って、
会社は業界ど素人のこんなわたしを
よくぞ採用してくれたものだ・・・・と(笑)
 
研修会社には、
取り扱っている定型、基礎コンテンツが
豊富に揃っています。
 
コンテンツ作成は、
それら定番のコンテンツ理解をした上で、
クライアントのニーズに合わせ、
ねらい、ゴール設定、カリキュラム構成、
求める成果、ワーク、引用事例、
進め方、アイスブレイク、
受講者のフォローの仕方、タイムマネジメントなど、
コンテンツを組み換え、差し込み、肉付けを
しながらアレンジします。
 
まず、これを理解せずして、
講師とは話もできない訳です。
 
できたコンテンツはその後、
講師へオリエン、
指導しなければなりません。
指導が終わると、
自身が提供した研修が当日
どのように実施されるのか
講師のオブザーブとフィードバック、
自身の作成した研修の
改善・修正をします。
 
これまで本当にたくさん研修講師の
オブザーブとフィードバックを
させて頂きました。
おかげでリピート受注とれる講師、
企業別マッチする講師など分かります。
 
みなさんもご存じのとおり、
「研修」って正直安くないですよね?(笑)

それには理由があります。

コンテンツ作成料にいちばんコストが時間が費やされます。
コンテンツ開発する人が限られており、
なおかつ作成するのに膨大な資料や情報など集め、調べ、カリキュラムを構成しているのです。
 
それ以外に研修会社は、
クライアントの現状、課題、要望の
ヒアリング→コンテンツ作成→提供
→実施→フィードバック
というように、次への受注へ繋がるよう
とても「非効率」なフローを経ていくので、手間隙時間がかかっています。
 
当時私が勤務していた会社は、
自社作成したコンテンツを講師に預け、
登壇してもらうことが多かったですが、
最近では、講師が直接持ち込みした
コンテンツを実施することの方が
いかもしれません。
 
そんな仕事に慣れた頃、
講師の持ち込んだコンテンツの
取扱い方で大目玉をくらった失敗があります。
 
データ、コピー、保管、管理・・・・など
慎重に取り扱いには十分注意し、
保管まで気を配らなければならない
という業務を怠っていたのです。
 
冒頭にもお話したとおり、
この業界の商品は「研修」「講師」「コンテンツ」です。
それをすっかり忘れてしまっていたのですね。
自社の商品はどの会社にとっても大切な『宝』です。
 
たくさんの講師に怒られながら、
汗をかきながら、謝罪しながら、
その後は2度と同じ失敗がないよう
気を配るようになりました。
 
こうして「研修」をさんざん知った現在、
わたしは「研修」ではなく「セミナー」をしています。
 
セミナー講師は、
自らの体験、経験、知識をノウハウに変えそれを体系化してコンテンツ作成します。
とにかくコンテンツです。
「話し方」「パフォーマンス」「立ち居振る舞い」
多少不足していてもコンテンツさえ良ければ人気講師、リピート講師になることは可能です。

コンテンツが薄いのに、登壇スキルやパフォーマンスを重視し、パワポ資料づくりに頼っている講師もいます。
残念ですが、売れない、リピートできない講師になっているケースが多い様に感じます。
 
あなたが訪れた飲食店が提供する商品(コンテンツ)がマズければ、
どんなに素晴らしい接客をしてくれたとしても、2度と行くことはありませんよね?
それと同じことです。

セミナー講師は、コンテンツを磨き続け、時流に合わせチューニングしていくことは必須です。
 
次に研修講師ですが、
研修会社がしっかりヒアリングし、コンテンツ提供や作成支援していることが多いため、コンテンツは安定しており、
そんなに大きな失敗することはありません。
さらにに「話し方」「アイスブレイクの仕方」
「立ち居振る舞い」も大切な要素です。
なぜならそれがクライアントや受講者にとって「信頼」「安心感」を与えるからです。
 さらに、知識はもちろん、登壇スキル、テクニックもあった方がいいです。
これは、研修終了後のアンケートに響いてくるためです。
このアンケート結果は、次の登壇指名がもらえるか決まってきます。
 
このように研修講師は、スキルを磨き続ける=選ばれ続けるへ繋がるため、その努力は半端ないです。
 
講師についてちょっと余談でしたが、
このように研修会社時代の失敗と経験を繰り返したおかげで、現在は大切なネタ(コンテンツ)としてお話させて頂いております(笑)
 
講師の失敗と経験は
受講者にとって共感できる学び。
 
とくに失敗は、若いうちにたくさんしておいた方がいいです(笑)
 
現在わたしは、
“セミナー”実施をすることが圧倒的に増えました。
業界や関わりが長くなり、
失敗も含め経験も増えたため、
そこから生まれたリアルな事例を元に
生まれたたくさんの
ノウハウを伝えたいという理由からです。
 
研修では少し物足りなくなったのかな?
 
でも研修会社時代にベースをしっかり
学んだからこそ、
現在のようなセミナーづくりができているの
かもしれません。
 
何ごとも基礎も大切ですね。
 
とはいえ、
以下のようなテーマの依頼があれば、
もちろん研修も実施してます。
 
・マネジメント
・チームビルディング
・モチベーション
・コミュニケーション
・コーチング
・プレゼンテーション
・リーダーシップ
・ロジカルシンキング
・営業、販売(接客)
・マーケティング
・ブランディング
・クレーム
・ビジネスマナー
・人材育成       ・・・etc
 
でも本音はやっぱりセミナーをやりたい(笑)
 
ふうぅぅ・・・っっ。
本日は久し振りに
長い長いブログを書いてしました。
読んでくださった方、
ありがとうございます!
 

 
株式会社ファンクリエイション
 店舗活性コンサルタント 村越和子
  http://www.fun-fan-creation.com
 ※HPは、まもなくUPします!  
  旧HPはコチラ↓ ↓ ↓
  http://www.k-murakoshi.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。