浜松の木造新築注文住宅「村木建築工房」のブログ

「地震に強く、夏涼しく、冬暖かい、快適な家造り」を永遠のテーマとし、地元天竜材を使い伝統の技と最新技術で建てる「板倉造りの家」、自然素材の家を良心的な価格で提供する「高品位住宅」など建てて良かったと心から思える家を提供しています。


テーマ:

補助金を有効に活用して、家づくりを進めませんか?

申請などの難しい手続きは、村木建築工房にお任せくだされば大丈夫です。

 

 

2017年度も引き続き、「地域型住宅グリーン化事業」という制度を利用できます。

この制度では、長期優良住宅やゼロエネルギー住宅を建てる場合、補助を受けられます

補助対象の棟数には限りがあり、必ず補助を受けられるわけではありませんが、村木建築工房の家なら補助申請が可能です。

 

「地域型住宅グリーン化事業」は国土交通省が推進する事業です。補助対象となる家づくりは、地元の工務店や木材・建材流通などの事業者でつくるグループが担うことになっています。村木建築工房が参加する一般社団法人「静岡木の家ネットワーク」は、このグループとして採択されています。

 

 

「地域型住宅グリーン化事業」の対象となる住宅には、大きくわけて「長寿命型」「高度省エネ型」の2つがあります。

 

「長寿命型」の補助を受けられるのは、長期間使用可能な住宅として国から「長期優良住宅」の認定を受ける新築木造住宅です。補助額は、1戸あたり上限100万円です。

 

「高度省エネ型」は、ゼロエネルギー住宅などが対象です。補助額は、ゼロエネルギー住宅(新築・改修)が1戸あたり上限150万円(※)。認定低炭素住宅(新築)、性能向上計画認定住宅(新築)は1戸あたり上限100万円となっています。

(※)ゼロエネルギー住宅の補助額は、これまでに4戸以上のゼロエネルギー住宅を供給した実績がある事業者の場合

 

さらに、「地域型住宅グリーン化事業」では、地元産の材木を主要構造材などの過半に使う場合、1戸当たり20万円の加算があります。

 

三世代同居対応工事に対しては、1戸あたり上限30万円まで加算されます。

 

補助金等の制度については、村木建築工房がわかりやすく丁寧にご説明いたします。

村木建築工房の大型ショールーム「ギャラリエ」までお気軽にどうぞ。

 

 

村木建築工房「ゼロエネルギーハウス」

http://www.muraki-k.jp/index/lineup/zero.html

 

村木建築工房ショールーム兼事務所「ギャラリエ」

《住所》浜松市東区豊西町444

《電話番号》053-431-3480

《営業時間》9:00-18:00

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村木建築工房 浜松の木造新築注文住宅さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります