• 13 Nov
    • 優しい笑顔

      メカクシ「キドつぼみ」こんな笑顔で過ごしているかな~子供たちが受け取っている言葉以外のメッセージ

      23
      テーマ:
  • 27 Oct
    • 断れない

      子供達から頼まれて描いてみたのですが完成した時の反応の凄さ!!その顔を見たくてまた描いてしまいます(;^ω^)

      7
      テーマ:
  • 01 Aug
    • 思いがけない贈り物

      昨年、10月。仕事を始めました。8月に突然、実母を亡くし、自分を見失っていました。もうすぐ1年。いまだに携帯が鳴るような気がしています。まだまだ、涙は枯れません。こんなに、涙が出るなんて母親って、・・・。母が仕事をしなさいと言っている気がしてとにかく必死で続けています。主人も子供達も、みんな元気です。何も変わっていないかのように日々を送っています。そんな、お盆前の今日青森から思いがけないお届け物段ボールを開けると美味しそうなメロン!送ってくださったのは、震災の時、避難所で出会った保健師さんもう3年もたつというのに忘れずにいてくださって温かな心を届けてくださいました。なぜ、こんなに優しくなれるのでしょう本当に、ありがたいことです。沢山の、優しさに、想いに支えられています。心に沁みています・・・。疲れも消えていくようです私の今の職場は、名取市市民活動支援センターです誰かを支援するなんて、私には難しいと思っていますでも、少しでも私が笑顔で頑張ることで誰かの役に立てるならと、支援力を磨き学んでいる最中です。今日は、この箱を見つめながらゆっくりと休めそうです。菊谷さん。ありがとうございました。

      3
      2
      テーマ:
  • 31 Dec
    • 2013.12.31 すべてに感謝を込めて

      もうすぐ今年も終わりますね~3度目の冬が来ます 日が経つほどに辛く感じることもありかと思えばしみじみ人の温かさに救われることも・・・。人生という時間の中で自分の今の在りようを考えるとまだまだ修行の連続です今年も皆様には大変お世話になりました来年も、今年にも勝る素敵な1年になりますように心よりお祈り申し上げます。/font

      14
      テーマ:
  • 20 Oct
    • 子ども達の文化祭~時の流れ~

      昨日は、娘の学習発表会 最前列に座っている私を見つけると 見せた事の無い様な笑顔! 実は、仕事が休みではないので 誰も見に行けないかも…というと 「良いよ…仕事休めないんでしょ」 なんていつものようにクールに応えてました 仕事は皆が休みの日に出勤する約束で 時間を作って貰いました~ やっぱり来て良かった そして、今日!朝掃除雨で延期から始まり 自衛消防訓練が1時間程で無事に終わり さて、息子の文化祭最終日! 去年、この文化祭でダンスのステージ発表を見て  この高校でダンスがしたい! と進路を決めた息子 1年越しの想いが叶う日でした。 プログラムでは11:00からダンス部ステージ発表 消防訓練の終了後片づけが10:30を回っていました 帰宅後家族3人で向かいましたが11:30を過ぎていました 娘を連れて体育館に直行しようと学校の昇降口を入ると 入学説明会でお会いした先と目が会い もう、ステージ発表は始まっていますよね~ すると・・・・ 雨の日タイムで30分遅れで間もなくですかね\(^o^)/ 初めはまばらだった体育館がみるみる人が集まり 真っ暗なステージに音楽が流れスクリーンには これまでの練習の様子が映し出されて 飛び出して来た子ども達!! オープニングからアンコールまで 1時間半のダンスの種類別に構成されたステージ 私の目に映った息子は 今までにはあり得ない程の 完成度の高いLOCKダンスパフォーマンス 総勢40人程のダンス集団はセンスの高さを それぞれの形で見せつけてくれた 3年生は後半涙に濡れながら満面の笑顔 最高のステージでした!! 天国に行った母は この姿を見てくれただろうか あんなに心配してくれたあなたの孫は 高校生活を満喫しているようですよ・・・ そして…私にこの姿を見せたかったかのように 雨と時間を操作してくれた? 幸せな今日に 繋がっている全てに 感謝。感謝です。

      4
      テーマ:
  • 06 Jul
    • 「笑顔塾」インストラクターに!!

      笑顔塾のお知らせ7月より、夜間のコースを設けます!!!笑顔塾受講の方、インストラクター養成講座~あなたもわたしも笑顔で明るく元気!!目指そう、笑顔塾インストラクター   受講生募集中~目的:笑顔の基礎を学びボランティア活動を通して地域に貢献できる人材を養成する講座の日程第1回  7月17日(水) 第2回  8月21日(水)第3回  9月25日(水)第4回 10月30日(水)第5回 11月20日(水)第6回 12月18日(水)時間:18:30~20:30一回/¥2,500全6回コース/¥12,500(第1回目は体験講座として無料に致します。)一括でお支払いの方に限り¥10,000とさせて頂きます。 お問合わせ:東日本カウンセリングセンター    TEL: 022-211-9234    mail:info@ccmind.jp

      テーマ:
    • NPO東日本カウンセリングセンター会員の皆様へ

      ルーム開設の希望者へのお知らせ(会員)  最近、「カウンセリングルームを開設したい!」という声を多く頂きまして、その方たちへの開設のご案内と勉強会を開くことにいたします。 詳細・その他につきましては後日お知らせしたいと思いますが、ご意見、ご質問は以下までご連絡ください。 多くの方のご意見をお待ちしております。 お問合わせ:東日本カウンセリングセンター    TEL:022-211-9234    mail:info@ccmind.jp

      テーマ:
  • 25 Jun
    • 臨時総会です。

      臨時総会の日程が決まりました。 以前から総会の必要性は感じていましたが 時期を迷っていました。 そんな時に持ちあがった住人の方々の声 「新築1号棟はエレベーターが付いていて オール電化!マンションみたいに立派なつくり その後は2,3年で2号棟が建て替えられるらしい」 と現場の作業員が教えてくれた。とのこと・・・。 私達は震災で3分の2から建物が折れて全壊になった 1号棟の強制退去決定の折、嘆願書活動や 市議、県議の有志の方々を頼っての県へ働きかけ 説明に来て下さった県の方々との協議で 色々な事を色々な思いを経験しました そうゆう経緯もあって 今後の自分達の住居対策についても うかつに噂話を真に受けて騒ぎたてる事もなく見守る事が 出来ていた所に、現場作業員の方のこの発言…。 エレベーター設置は発表の設計図で知っていました。 オール電化の定義を正確に定義付ければ 公営住宅では近い設備は出来ても実際は難しい。 建て替えの真実は現在の建設会社が知っている訳が無い。 が!1つ一つに対して県の回答を聞いて 応答するのが責任というもので・・・。 昨日は電話にかじりつき たらい回し風に 供給公社、県の担当部署、担当班の方々と話し合い 今後の自治会運営のところの新入居者手続きまで 何とか協議することができました。 今後、まだまだ会則の変更や公社への依頼など 作業は続きますが 対応して下さった方々が 丁寧にこちらの現状を聴いて下さったので ホッとしました…。 それにしても、悪気のない噂話?立ち話?も 話す相手の立場によって 問題も大きくなります そこの所は今年度、私も気を付けなければと思い 良い体験をさせて頂いていると感じました。 来年度、50世帯で滞りなくスタート出来る事を目標に 20世帯で協力し合い頑張って乗り切りたいと思います!

      テーマ:
  • 15 Jun
    • 大震災での感謝の炊き出し

      東日本大震災翌日。命の安全が疑われる中避難所に居た私達家族は 何よりも食糧難を心配していました。 せめて子ども達には1日に1度は何か食べさせ続けなければと・・・ 言いようの無い様々な不安に潰されそうになっていたそんな時でした 学校の校庭に何か動きが…。 テントや鍋釜??まさしく炊き出しの準備でした そこに居て下さったのがNPO団体と行動を共にしていた 山形鶴岡市の鷹乃巣2代目店主松浦雅也さんことまっちゃんでした。 まだ自衛隊の方々も到着していない 来て頂けるのかも分からない 自分達の被害状況も立場も把握できていないそんな中での松浦さんの明るい笑顔! 他県から駆けつけて来ていただいたと言う感動と感謝は忘れられません それから何度も避難所ではお会いしておりましたがその後 避難所は閉鎖しFBで繋がれるまで連絡も途絶えたままでしたが 今日は、家族全員で鷹乃巣ツアーへ行って来ました。 鶴岡インターから2分の所でしたので直ぐに分かりました。 まっちゃん元気そうで 顔見たらどうしても色々と思いだしていまい 平静を装うのが大変でした。 まっちゃん沢山気を遣ってくれてかえって恐縮してしまいましたが 会えて嬉しかったです!ラーメンもつけ麺も美味しかったですよ~\(^o^)/ 帰りには紹介頂いた加茂水族館へクラゲを見に立ち寄り娘が大喜び!! 楽しい1日を過ごす事が出来ました(*^^)v まっちゃんお土産までありがとう~ また行くからね~今度は気を遣わないでね行けなくなっちゃうしWWW

      テーマ:
  • 14 Jun
    • ハンド・アロマセラピーに行って来ました!

      今日は、名取が丘の仮設住宅にお邪魔して来ました!(^^)! 一緒に初参加されていた教会の宣教師若い女性4人と 入居されている方々にアロマハンドマッサージを行いました 専門の方にアロママッサージの仕方を教えて頂きました アロマの種類によって効果が違うんですね~ とても勉強になりました(*^^)v その後のカイロプラクチックが行われ 普段の運動不足や肩こり足のむくみ解消法など 体験した参りましたよ~ 主宰されていましたのが心の相談室フォレスト代表の方で 畠中耕三さん(心理カウンセラー)の方でした。 震災被災地支援団体として各地を回っておられ 明日は石巻、気仙沼だそうです。 名刺を拝見しますとなんと!東京都八王子の方で驚きました。 会は終始和やかに進み参加して下さった方の中に やはり同じ避難所で暮らした方がいて抱き合って 再会を喜べたこともあり今日は本当に素敵な時間を 過ごす事が出来ました。皆さんありがとうございました\(^o^)/

      テーマ:
  • 05 Jun
    • 自転車通学なのに~!!

      試験期間で早帰りの息子からメール 突然のメールは不吉な予感…。 「帰り遅れる。悪いね。チャリ鍵探して三千里いってくる」 ????仙台の高校から下校時 友達と一緒に帰りたくて仙台市中心部から南仙台駅まで 友達の自転車追いかけて走ったそうな(@_@;) 元気だわ~で、南仙台駅で飲みモノ買って名取まで 一駅乗車後 駐輪場で事件発覚…。これは~父出動!! 勤務中でも営業なので車に自転車積んで修理へ~ 通学で毎日フル活動の自転車なので明日から困るのです 息子の落ち込んでいる理由は 長年使っている自転車 いとこからのお下がりだが 気に入って愛着があったらしい 相棒を失くしてしまった気分なのだろう…。 顔が実に暗い黒い縦線が・・・。(失くしたのは鍵だけよ) そこへタイミング良く本当の同中の相棒「ただいま~」と登場 ラインで事件を知って何気に寄ってくれたんだと…。 ま~あっという間に部屋から笑い声 何故か妹も一緒!? 大した事件でもないけど 友達って良いよね~(●^o^●)/*

      テーマ:
  • 03 Jun
    • 3.11を思い出します。今日は引き渡し訓練です。

      午後から緊急時対応引き渡し訓練です! 配布プリント通りに全員徒歩で 緊急メール受信後出発します。 数年前から実施されていますが 町内の避難訓練の如く いつも同級生のママ達とおしゃべりしながら お散歩気分~で迎えに行っていましたが 3.11が本番になってしまいました。 あの日。訓練と違っていたのは 私が仙台で仕事をしていた為に 迎えに向かったのは中学1年の息子だったと言う事です。 息子だけが卒業式当日の為午前で下校し家に居ました。 恐ろしい揺れの後、信号も止まって車が暴走する中 妹(当時1年生)の小学校へ徒歩で40分掛る道を 自転車で向かってくれたのでした。 校庭で何故か靴下のまま座っていた妹を見つけ 担任に兄と伝え妹を引き取った訳ですが お兄ちゃんの姿を見つけるや否やワンワン泣き出していたと聞きました。 大人っぽい口調、家族の中でも泣く時は布団の中でなのに 親が仕事で誰も迎えに来ないと思っていただろう娘にとって その時のお兄ちゃんの存在はどんなにか嬉しく安心した事だろう 本番は、突然やってきます。 仕事でなくても自分がいつも居られるとは限りません 3.11の時も後日談で当日の事を時系列で息子に聞くと 大変助かったのは、我が家の子どもたちだけの姿を見かけた 沢山のご近所の方々が、声を掛けて下さりアドバイスをくれながら 共に行動して下さっていた事でした。 今日も訓練ではありますが色んな場合を想定して 家族で話し合う機会にしたいと思います。 3.11から我が家では どんな状況でも先ず 自分の命を守る事を最優先にする事! 家と反対方向でも安全ならそちらに逃げる事! 生きていれば必ずまた会えるからね!と言っています。

      テーマ:
  • 02 Jun
    • 先輩目線今年の中総体!

      おはようございます。日曜日の無い総体中です。 昨日は家でじっとしていられなくなって 卒業校の中総体テニス試合会場へ…。 試合経過は息子のメールで知っていましたが 団体戦なのに、こんなに暗い雰囲気だとは・・・。 何故か息子の応援する声ばかりが聞こえていました いつもの試合が出来なくて県大会の切符を 逃したメンバーは、昼食もとらないでコートに残りうつむいている 思わず一緒に応援していたOBの父兄が 「このまま泣いて終わるな!まだ試合は1つあるんだから 後悔しない様に 出来る事を思いっきりやってみなさい!」 と声を掛けると小さな声で「はい」 このOBのお母さん自分の息子の時の総体を 思い出していたそうです。ユニホームがその頃から 同じ物でそれだけでもこみ上げて来ると・・・。私も同じでした。 去年は団体優勝できましたが、個人戦での思わぬ敗退 やっぱり色んなドラマがありました。 3年生にとっては最後の団体戦!! 応援の声にも力が入りました・・・。 最後の試合で先ず1勝 子ども達の顔に笑顔が戻って来ました 2番手!勝利の笑顔が伝染しました 最後の3番手!みんなの笑顔に押され 全勝して終わる事が出来ました。 今年もあの笑顔に会えて良かった\(^o^)/ 本気で応援した部員と試合をしたメンバーが勝ち取ったもの だからこれから受験に向かっていく子ども達の 本気の底力と自信になってくれるはずです! 初勝利に湧く後輩を コートの外で見ながら 息子の目も潤んでいました。 気持ちよ~~く帰ろうとすると 息子に駆け寄って来た2人の父兄に 先輩の応援が嬉しかった~!とペットボトルを差し出され 「いやいや頂けません」なんて恐縮する姿)^o^( 今までどこにいらしたのでしょうか~? 思春期の子ども達は応援を拒んでいたようで 目立たない様に控え目に応援していたようです。 終わり佳ければすべてよし!! 今日は、全員参加の個人戦!! みんなぁ~頑張れよ~(#^^#)//*

      テーマ:
  • 05 May
    • 「石巻」へ

      やっと石巻に行く事が出来ました。 写真は日和山です。 普段は、何時行っても寂しげな神社 門脇小学校での写生会や お花見の時の賑わいは嘘のように 人気が少なかった印象がありましたが GWも手伝って あの頃よりは 賑わっていました。 景色を見ながら震災の様子を 語ってくれる人もいらして…。 故郷を失くすって こんな気持ちになるんですね~ 石巻は、何時も優しかったんですね~ 古き良き昭和の匂い。 育ててくれた祖母と歩いた道。 暗くなるまで遊んだひばりの海岸。 みんな、頭の中だけになってしまったけど 昨日の日和山は 寂しくはなさそうで安心しました これからは、また誰かの故郷になっていく 幼い私を見守って包んでくれたように 復興へと1歩1歩歩んで行って欲しいと思いました 私も大切な思い出と共に 応援していこうと思います。

      テーマ:
  • 30 Apr
    • 「教育」に賭ける想い

      2泊3日の盛岡マリノス・アイーナ会場教育カウンセラー集中養成講座!! 初体験してきました。 講師は、早稲田大学 教育・総合科学学術院 教授 河村茂雄先生 を中心に 同校 准教授 高橋あつ子先生、堀 正士(精神科医)先生でした。 先生方が凄いのは現場を10年以上経験しているからこそという言葉と内容の深さでした。 4月28日TBS 「心の扉」に出演されていた河村先生をはじめ 高橋先生のー特別支援を要する子どもの理解ーでは どんな時、どんな言葉で、どんな風に、理解し対応するのか など、子どもの個性の数だけ引き出しを持っていて 忘れたくない言葉だらけでペンが追い付けませんでした。 それは、河村先生も同じで テーマは深刻でも 聞き入ってる間にす~っとスライドして気が付くと お腹を抱えて笑ってる話しになっていました。 ICレコーダーが欲しいです。 そして、この先生方の5年後10年後を見据えた 「教育」とは 今の日本に、ここで育つ子ども達に 本当に必要なアプローチは何なのか?と 人生を掛けて向き合って説いている姿勢は 子ども達だけに向けられたものだけではなく これまでの流れの「教育」を受けて社会に出た 又は、社会に出る事が難しくなっている大人への 大切で必要な沢山のメッセージが詰まっていました。 人としての人格が象られていく「教育」 家庭、学校、社会、それぞれのステージで個人らしく 仲間と共に幸せに暮らす基本的な能力を育てる事 日本の学校教育、実践を支える学級経営の問題 学級集団の構造理論からQUを開発、実践されています。 学校教育を経て社会に出た時 良い仲間と繋がる良い体験をして来た子は また、人と繋がろうとするじゃないですか・・・。 これからの社会を良いものに変えていくのも より良い学校経営も、1つ1つの教室からだと思っています。 河村先生はにこやかにそう話していらっしゃいました。 その講義を3日間、真剣に聞き入っていたのは 約100名近い小、中、高の教職の皆さんでした。 中にお一人半導体企業の人事担当の方と 心理職関係の方々数名でした。 私は この活動が続く事で学校のシステムが変化し 先生方が今より少しでも負担が軽減され 本来の業務が出来、子ども達の心からの笑顔が どんどん増える事を心から願っています。

      4
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 「ここに 生きる」

      「ここに 生きる」~変わっていくこと そして忘れないでほしいこと~ NPO法人東日本カウンセリングセンター10周年記念誌。 宮城県仙台市。この被災地にある東日本カウンセリングセンターの会員(教員、臨床心理士、会社員、主婦等々)が、それぞれの立場から見た震災について形にして残したいという思いから記した本です。3月現在1000部ご協力頂き心より御礼申し上げます。この記念誌は当センターでカウンセリングを学んでいる者が、「3月11日」あの日とそしてそれからの事をどのように見つめたのかという寄稿による構成は、この本に独特の視点を与える事になるものと考えますので是非多くの皆様に読んで頂きたいと思います。1冊1,000円 NPOである私達の復興支援活動は皆様の温かい協力に支えられています。今後も沿岸部の復興支援を続けてまいります。宜しくお願い申し上げます。 (ご協力頂ける方は東日本カウンセリングセンターFacebookページにお名前、ご住所、冊数等メッセージ頂きたいと思います。)

      テーマ:
  • 12 Feb
    • 震災のこころのケアセンター10周年記念行事

      昨日、福祉プラザで東日本カウンセリングセンター 10周年記念行事が行われました。 今年のテーマは「ここに生きる」 ~変わっていくこと、そして忘れないでほしいこと~   参加して下さった中には福島、気仙沼、石巻、新潟、岩手からと言う事でそれぞれの今の思いを語り合いました。 五十風豊子先生の講演がオープニングだった事もあり とても深い想いを話せる貴重な場になりました。 「震災の時も大変だったけど2年がたつ今の方がもっと辛くなっている」と言う言葉の中に震災の大きさと問題の深さを感じました。 でも、ここで生きていかなければならない そこに希望や未来を見つけられるまで 世の中が変わっていっても 忘れることなんて出来ずに 一生抱えて共に生きていかなければと… 分かっているからこそ辛さも増すんですね 逃げても辛い 立ち向かっても辛い 永遠に続くダブルバインドで心が折れます 震災で抱えさせられた痛みが いつの日にかしみじみと見つめる 古傷の様になるまで 私達カウンセラーは しっかりと立って寄り添っていく 被災地にあるからこそ出来る事を 再確認出来た1日となりました。 それを続けていくことこそが、昨年10月に突然逝去された 楡木満生先生へのご恩返しになるのではと思っています。 夜の部の楡木先生、丹先生(当センター監事)を偲ぶ会に 参加頂きました沢山の方々の思い出話にセンターの歴史を 感じ繋がりに心が温かくなりました。 昨日は感謝、感謝、感動の1日でした。 五十風先生、実は連日の激務で体調が悪く 点滴治療中、3日絶食中という事で2K痩せられ 朝の打ち合わせでは、立っているのがやっとな感じ そちらも大変心配しておりましたが 参加者の皆さんのエネルギーと 天国へ旅立たれた2人の先生への想いで 偲ぶ会のラストまで笑顔で乗り切りました。 今日ぐらいは休んで居て欲しいところです。 この日に合わせて震災心のケア記念誌発行されました! 「ここに生きる」変わっていくこと、そして忘れないでほしいこと と題しました寄稿文による記念誌です。 このような活動も被災地沿岸部の復興に役立ててまいります。 被災地でのカウンセラーの想いが綴られており読んで頂いた皆様に これから生きていく何かのお役にたてればと思います。 (1冊1000円) お申し込みはメッセージ又は東日本カウンセリングセンターまで 頂きたいと思います。宜しくお願いします。

      2
      テーマ:
  • 01 Feb
    • 東日本大震災寄稿文出来ました!!

      「ここに 生きる] ~変わっていくこと そして忘れないでほしいこと~ NPO法人東日本カウンセリングセンター 10周年記念誌いよいよ完成します。 宮城県仙台市。この被災地にある 東日本カウンセリングセンターの会員 (教員、臨床心理士、会社員、主婦等々)が、 それぞれの立場から見た震災について 形にして残したいという思いから記した本です。 カウンセリングを学んでいる者が、 「3月11日」あの日とそしてそれからの事を どのように見つめたのかという寄稿による構成は、 この本に独特の視点を与える事になるものと考えますので 是非多くの皆様に読んで頂きたいと思います。 1冊1,000円 NPOである私達の復興支援活動は 皆様の温かい協力に支えられています。 これからが本当の復興へ向けての頑張りどころです 心のサポートを通して主に沿岸部の支援も継続して行きますので ご協力頂ける方は私のメッセージまでご連絡頂きたいと思います。 宜しくお願いします。

      テーマ:
  • 03 Jun
    • 念願の中総体優勝!

      昨年は震災の影響で練習も出来ずに臨んだ中総体でした。そして今年。震災が無くても思い入れのある総体で宿敵に勝つ事を心に決めて3年まで頑張って来た息子の最後の中総体です。どの子供達も良い顔をして戦って居ました。息子が入部してからは1度も優勝の無い部です。それでも息子の学年は1年の時から団体で優勝すると言いつづけていました。そして手が届きそうになる度に同じ相手に阻まれる…。息子の宿敵はいつしか部員みんなの宿敵になっていったようです。昨日の団体戦!!1回戦を勝ち上がり2回戦目に宿敵です。団体の出番を変えて来ました。こちらも変えた息子の所に宿敵が!今までもそうでした。新人戦の1回戦目に・・・。とか他の大会でもここで当るかと言う所で外れた事が無い位に当たります。そして始まったこの試合。1番手が最高のプレイで1つを取ってくれましたこの試合は2番手の息子がいよいよ・・・。ポイントを取って取られてなんとデュースだけでも10回はしたでしょうか結局ファイナルまでもつれ込み5対7で負けてしまいました。が・・・。この日は3番手が我が校の1番手なので難なく勝利!3試合目も危なげなくかちあがり蓋を開けてみれば全勝優勝していました。優勝を勝ち取った時の子供達の笑顔が最高で飛び跳ねて喜んでいました。2年前。まだあどけなく短パンTシャツ姿で遊びの様に日曜練習について来ていた子供達。今は、背も伸びてたくましくなり目の前で最高の笑顔を見せてくれているこれこそみんなで勝ち取った勝利。この勝利はこの先いつまでも宝物の様な思い出になってくれるだろうと思うとその同じ時間に立ち会えた私は幸せなんだろうと全てのものに出来事に感謝するばかりでした。そして今日は個人戦です。約束された様に準決勝まで進めればまた宿敵と当たります。何と嬉しい事でしょうこの相手は小学校時代からの友人です。この子がいてくれたからこんな素敵な経験が出来ているのです。学区制度でたまたま選んだ学校が違っただけなんですが。今でも部活を離れれば一緒に遊ぶ事もあります。どんどん未来を生きていく子供達震災を乗り越えて成長して行く姿はひたすら嬉しく感じます。応援に駆けつけてくれた昨年の部長も今年の優勝を心から喜んでくれたようです。

      1
      テーマ:
  • 05 May
    • 私にとっての「仕事」

      退院して間もなく 就職して一ヶ月です 入院が多いと いろんな事に臆病になり だんだん 入院しない様な生活を送るようになりました。 それは 皆に迷惑を掛けない為 子供達の世話。 入院費用。 元気で生きていたいから でも… 今回は…。入院仲間が次々完治しないまま退院して… また入院してるのを見ながら 私は 私が 今どこまでやれるのかを 知りたくなったのかも知れません 自分の生きている価値を実感したくなったんです。 元気で居て子供達の成長を 見守るのも大きな意味 価値がありますが…。 今 挑んでみたかった。 だから…。 何とか まだ 働けてる事が 嬉しいです 仕事場ではお決まりの愚痴 他人の批判が渦を巻いていますが 私は 上手く聞き流しています 私がどんな人間か知らない中で 私は私らしく生きてます 元々居残り好き仕事でとなればもっと好きで 残業も実は大歓迎…。 技工士時代もやってた事だし そんな時は病気を忘れています が…。来ちゃった 作業中に時々襲うめまい 3日の休日出勤は 半日で帰って来ました 悔しかったv(w健康な体が欲しいとつくづく思いました 頑張ってみようか?とも考えましたけど… また入院だけは避けたいから 無理はしませんでした ムーンフェイスの顔が当たり前の仕事場 普通の顔を知らない仲間が増えています 同期入社3人の何とも 素敵な 仲間です! 誰も私の病気も勿論 技工士や心理カウンセラーなんて事も知りません…。 ただの顔デカイおばちゃんです この感じがまた…心地良いです… もうみんな夜勤希望で移動してしまったけど 出退社時に会えばたちまち笑いが溢れ出します このキツイ職場環境を良くするのも自分次第なんですね 上司が「残業や休日出勤を半ば強制する! 出来ない人は要らないんです」 と、朝礼で話しても 一喜一憂せずに 自分の出来る事を淡々と熟すのです 分からない未来を心配しても 発言した上司や会社を批判しても 良い事はやって来ない どうせやるなら 楽しくなる工夫をです 仕事も生活も それが 人生になるのですから。

      4
      テーマ:

プロフィール

心理カウンセラー 木村ひろ子(まいん)

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
宮城県
自己紹介:
  ※講師:五十風豊子心理学講座です。     ※当センター理事でもありカウンセリング歴2...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。