銀座2丁目の美容外科皮膚科クリニック。鼻、目の下、輪郭の若返りの匠。。

2015年。美容外科医として15年目の節目に独立。美容医療のスペシャリストとして、情報配信していきたいと思います。

バッカルファットの問い合わせが多いので、記事にしてみます。

バッカルファットの適応は意外と難しいです。

ヤセ型の顔の方や頬骨の下に凹み傾向のある方などは

シワの予防効果があっても、オススメできません。

正面から見て、口角から目尻にいたるカーブが膨らんで

頬骨から下顎角へいたるカーブが膨らみ過ぎと思えばオススメします。

今回のお客様のケースならばボトックス注射も一緒に行います。

 

治療前。

 

治療後1ヶ月。

輪郭がかなり細めの卵型に近づきました。

バッカルファットの除去で変わるのは口角の外側から耳の穴に

いたるカーブの膨らみが減るということです。

正面から見た下顎角付近の変化は咬筋のボトックスの効果が

より発揮します。

バッカルファットの変化は赤い色で囲んだ範囲が顔の中心に

向かって痩せていきます。そして青い矢印方向にコケます。

つまり青い矢印方向に痩せてほしくない方は、

バッカル向いていません。

裏ワザは脂肪注入を併用することになります。

 

咬筋のボトックスはあと2回位受けていただけると、

より細いお顔になれそうですね。

 

クリニックのホームページはこちら↴

http://snova-ginza.com/

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

 

メーラーファットとはなんぞや、、からいきましょう。

うちのクリニックにお越しいただく方のヒアルロン酸の人気注入部位は

いわゆる法令線が多いわけですが、法令線に単純にヒアルロン酸を

入れてしまうと綺麗なお顔のバランスにならないことがございます。

その際たる例こそが、メーラーファットが法令線の上に乗っかっている

ケースなのです。膨らんでいるメーラーファットにあわせるべく

ヒアルロン酸を入れれば、入れるほどに不自然さが増す。

 

そんなわけで、ご理解いただいてVST-SHAPEなる頬骨にヒアルロン酸

を差し込むような注入法でこのメーラーファットさんを引き上げるという

そんな技術を駆使して法令線を浅くすることもありますが、、

 

今回は超音波を使ってメーラーファットを溶かしてシェイプアップしました。

 

 

上図のようにたるみがある場合には溶かすだけの治療はお勧めせず

糸など使いまして、引っ張ったりしています。

 

 

 

 

治療前。今回のお客様は20代前半ですので、たるみ対策などせず、

メーラーファットを溶かし中顔面の通称「たこ焼き」をできるだけ

小さく仕上げます。

 

治療後1ヶ月で写真撮影。

ちょうど目隠しから口元に向かっての頬のカーブのふくらみが減っています。

 

 

反対側の治療前。

頬骨のふくらみに注目。

 

いかがでしょうか?

令線も浅くなっています。お顔のたまご型形成では頬骨の下に沿って

注入することが多いのですが、この方のように頬骨周囲に

ボリューム感があれば、それを減らす治療で小顔になれます。

 

何年か前にいけだクリニックの池田先生がこのウルトラZを使って、

メーラーファットを溶かして法令線を浅くする発表をしていましたので

2番煎じですが、最近メーラーファットにBNLS入れても全然溶けず、

法令線が浅くならずBNLSの効きに不満を持っていたので、

低侵襲から少し外科治療に踏み込んで解決を得たという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

秋が深まってきました。昨日はお休みをいただきまして、他科のドクターと先進部門での交流に行って参りました。勉強になります。青い空が印象的な一日でした。


さて、今日の1例は、、ボトックス注射です。ホホの後ろ側にある咬筋という咀嚼筋に対して、働きを抑えることで痩せさせます。簡単な治療で意外と大きな変化が望めるので、人気の治療ですね。量に比例してその効果が変わってきます。量が多いほど変化が大きいと考えてくださいませ。



今回の例では咬筋の肥大たるや強いものがございます。このくらいの量であれば、3回ほど治療するとビックリするくらい変わります。








             ↓







もう周りの方には「痩せた?」などの反響があったようです。


でも、これからもっと治療を施すことで卵形のお顔を作り上げることが出来ます。








            ↓





もうかなり角が取れた印象になっています。









            ↓






すこし右側の咬筋発達が強いですね。骨格もありますが、すこし右に多く量を入れてあげることも今後考えてよいかと思います。





右の角を取りたいですね。。。




次回の治療は初回の注入から2か月後に予定しています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。