銀座2丁目の美容外科皮膚科クリニック。鼻、目の下、輪郭の若返りの匠。。

2015年。美容外科医として15年目の節目に独立。美容医療のスペシャリストとして、情報配信していきたいと思います。


テーマ:

鼻翼縮小手術の傷跡を紀にされていましたが、再度の鼻翼溝に沿った切開は

どうしても選択する気になれません。

小鼻の傷跡は綺麗にならないというのが持論です。

今回の治療は鼻の穴の中から皮下組織ごと外の皮膚を鼻の内側

方向へと引っ張ってしまおうという方法です。

リッツ美容外科の広比先生がかなり前にアメリカの美容外科学会で

賞をいただいたというもので、銀座の勉強会で再度話しを伺う機会があり、

鼻の手術に組み合わせたという次第です。

 

 

綺麗な鼻の方なのですが、鼻尖部分の下方延長を希望されています。

人中を短く見せたいという希望がありました。

鼻翼縮小の傷跡を改善させて、小鼻の張り出しを内側に寄せられないかと

以前より聞いていたので、今回小鼻の治療をエーラーフラップという

方法で治療するよとして同日の施術でした。

 

 

鼻尖の下方延長は耳の軟骨を使って行えています。

シリコンの高さも少し調整しています。

鼻翼の張り出し、少し内側に入り、傷跡が目立ちにくくなっています。

ほうれい線が浅くなっているのが分かりますでしょうか。

 

↓

 

傷跡はかなり内側に引っ張られることで目立ちにくくなっています。

鼻尖部分は腫れているため、少し膨らんで見えますが、

時間経過でもう少しはほっそりとします。

 

 

↓

鼻尖部分の下方延長を同時に行っているため、

鼻先の腫れがあり、正面の鼻翼はより小さく見えていますが

小鼻の横幅は短くなったと思います。

 

鼻翼縮小術後の傷跡修整は意外と困難であり、

おいそれと引き受けるべきでないと考えていますが、

エーラーフラップ法で内側に引っ張ることで

傷跡を目立たなくさせる症例を経験しています。

最近であと2例ありましたので、また供覧の機会があると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

簡単な糸で縛るだけの鼻尖縮小です。

効果は数年と話しています。縛り方を工夫していて、

今回は糸を4本使っています。

右の鼻翼軟骨で1本。左の鼻翼軟骨で1本くくりつけ、

そして鼻尖の上部で左右を結んで、最後の1本で鼻尖の

下部をくくっています。

 

 

矢印

 

 

治療直後で縛られている感あります。

 

 

 

矢印

 

鼻尖の上部と下部とを分けて縛ることでまるで

軟部組織を取り除いたようなフォルムになってきます。

 

 

 

矢印

 

 

 

麻酔の入った影響は時間で吸収され、よりほっそりとします。

 

今回の治療は軟部組織を除去したり、軟骨自体を形を変えるような

切開による鼻尖手術とは異なります。

腫れなどは少ない一方で、効果は時間の経過、だいたい2年すると

少し戻りがあり、5年経つとかなり戻ったと言われます。

 

参考になさってくださいませ。

 

\(^o^)/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



症例報告になります。画像は手術直後のものしかございませんが、他クリニックでのL型シリコンプロテーゼの合併症の治療になります。




L型の脚の部分が拘縮を起こして、変形を生じていること、鼻尖にはシリコンが透けてきていることがその症状でした。もちろん、鼻尖の皮膚は薄く弱くなっています。






①美容外科医。村井高志。。



治療前です。




ご覧の様に、鼻柱のゆがみが生じています。これはL型プロテーゼの拘縮症状です。縮み上がって、Lの曲がり角が上方に挙がってしまってきています。さらにその曲がり角が皮膚に当たっているため、皮膚が薄くなってきているというわけです。






①美容外科医。村井高志。。



治療直後です。




鼻柱のゆがみ症状は改善しました。シリコンプロテーゼの脚の部分が左右の鼻翼軟骨間にはまっていて、そこに強い被膜を作っていました。




被膜はできる限り取り除き、さらに鼻翼軟骨の形を十分に露出させ、左右の軟骨の頭側部分切除を行い、鼻先に、ON LAY(重ねて高さを出す)そして、皮膚から軟骨形状を分からなくさせるために、脂肪組織を用いて被覆しました。








①美容外科医。村井高志。。



治療前です。




正面から見ると、シリコンプロテーゼが細く、斜めになっているのが理解できると思います。拘縮により縮み上がって、斜めに変形したものと思われます。




L型のプロテーゼの脚が鼻翼軟骨間にあり、左右の鼻翼軟骨をさらに離して、鼻先が太く感じられます。






①美容外科医。村井高志。。



治療直後です。




少し分かりづらいのですが、鼻先を少し下向きに伸ばしています。勿論、鼻先は軟骨を内側に引き寄せて、固定いたしました。




プロテーゼは太め(鼻骨幅に合致したサイズ)で、高さは鼻根部をしっかり出して、鼻先には入らないものを使用しています。非常に柔らかいソフトシリコンといたしました。鼻先は脂肪組織で置換しています。






①美容外科医。村井高志。。



治療前。






①美容外科医。村井高志。。



治療直後。




自然な範囲で高さ、鼻先の細さ、形状のイメージを整えました。




今回の鼻先に用いた脂肪組織は眼窩脂肪です。中顔面を全体的に整えたことになります。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。