ミュープロダクション オフィシャルブログ

『名もなき星たちのキラメキ』


このブログは

作曲・編曲・音源製作・配信の

ミュープロダクション オフィシャルブログです!



テーマ:
30年前、高知市内にあった行きつけの小料理屋の女将さんから託された1枚の年賀状。

「毎年、東京の知り合いの店から年賀状をもらうけんど、うちは行けんき、おまん代わりに行ってくれんか」

年賀状を握りしめて訪ねたゴールデン街、一見さんお断りと貼り紙のある扉を恐る恐る開けると私の顔を見るなり、事情を知らないはずの大将が「入れ、入れ」と歓迎してくれました。

あれから30年、ゴールデン街を我が物にせんがための度重なる放火をハネのけ、多くのサラリーマンや文化人たちに愛され続けた名店「わらじ」が明日、半世紀以上の歴史に幕を閉じます。

亡くなった大将、今も元気な女将さんに、人間として大切なことをどれだけ教わったかわかりません。

妻とも、息子たちとも、大切な友人たちとも、数えきれないほど通わせていただきました。

長い間お世話になり、ありがとうございました。

女将さん、これからはのんびりと、自分の時間を楽しんでください。

そして今度は湯河原で、私がお待ちしています。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「音楽」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
師走も中盤へ。

各地で第九交響曲の演奏会が花盛りですが、近所(以前の住所の練馬区)の友人が所属する合唱団の演奏会が池袋芸術劇場であり、1年ぶりに行ってきました。


友人は70代にして二度目の挑戦。

日本フィルの演奏をバックに2000人の聴衆を魅了した240人の、決して若くはないメンバーの合唱は、昨年にも増して迫力のあるものでし
た。


いくつになっても向上心とチャレンジ精神を持ち続ける人たちの生き様は清々しく、馴れ合いや淀みなど微塵も感じられません。

第九の前に演奏した曲は、フィンランド独立100周年を記念して「フィンランディア」。

人類最高の傑作と言われる第九とともに、他の国や人々を抑圧したり排除したり、最大のテロである戦争を起こすことの愚かさを問い、平和の尊さを世界中に呼びかける大作です。

その国の姿は、そこに暮らす人々のあり方そのもの。

いつまでも、清々しい人間でありたいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
所用で久しぶりに三島へ!

北に富士山を仰ぎ、いたる所に清水が湧き出す美しいせせらぎの街です。

駅前の楽寿園では菊祭りが開催されていましたが、紅葉のほうが映えていました。






園内に設けられた箱根関所の中と小田原城周辺も花盛り。



すぐそばの源兵衛川は、静かな家並みを縫うように清流が流れる生活用水路でもありますが、住民の長年にわたる並々ならぬ努力で絶滅したホタルを呼び戻した奇跡の川です。


川沿いの狭い遊歩道を行き交う人が、お互いに挨拶しつつ道を譲り合いながらすれ違います。

途中の休憩所になっているのは時の鐘の櫓。


市民と観光客の憩いの場所です。

5月になると、この清流でゲンジボタルの乱舞が観られます。

湯河原もそうですが、街中で、しかも新幹線の駅や高架から程近い場所でホタルが観られる全国でも貴重な街の一つです。

以前、一度経験していますが、湯河原からは近いので、今から来年の初夏が楽しみです。

清流と別れ平日でも参拝客で賑わう三島神社へ。


スマホのカメラでは捕らえきれませんでしたが、この鳥居の左手後方に雄大な富士山がデ~ンと居座っています。

神社から駅に向かう湧水路も見事な透明度、歩道のあちこちに三島を愛した文豪たちの句碑が建ち並んでいます。



その昔、病んだら清流のそばで暮らせと、どこかの著名な作家が言っていた記憶があります。

残念ながら海は見えませんが、この街を歩いていると、いつの間にか身体も心も軽くなったような気がしてきます。

別に病んでるわけでもありませんが…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。