して頂いていること

テーマ:
こんにちは。高橋です。
 
昨日の中3ビジョンセッションの内容をお伝えします。
 
今回のテーマは「親子関係」です。
 

ワークシートに、今までに自分にいくらお金がかかっているか、
 
大学生になるとして、大学卒業時点でいくらお金がかかるのか
を計算してもらいました。
 
家賃も、食費も、学費やおこづかいなどなど、
全て書きだしていきます。
 
「こんなにお金がかかるのか!」とみんな驚いていました。
このブログをお読みになっている皆さんもぜひやってみてくださいね。
 
何百万かかるのか何千万かかるのか・・・。
 
ワークの後は金額を計算してみての感想や、
自分が今まで親にしてもらったことなどを共有しました。

親への感謝の言葉がたくさんでてきました。
 

ここで少し私個人のことを書きます。
 
高校生の時だったと思います。
 
実家を離れるか離れないかのタイミングで、
 
「やっぱり親には感謝しないと」といったようなことを私が言いました。
 
すると母は、
「感謝してくれなくても、私の趣味で育てているだけだからねぇ。」
と言ってくれました。
 
今でも強く印象に残っています。

感謝はもちろんしています。
 
ただ、今になって思うのは、与えるほうは感謝の見返りを求めてはいけないのだなということです。
 
私が子供たちに与える教育も、私が見返りを求めてしまってはいけないと肝に銘じています。
 

少し話が逸れましたが、
親御様や周りの人から普段どんなことをしてもらっているのか、
 
親御さんの場合も子供からどんな影響を受けているか。
 
考えてみるのもよいのではないでしょうか。
 
AD

テストのテスト

テーマ:

こんにちは。高橋です。

 

中学生の期末テスト目前!

 

テスト前は授業は一旦止めて、テスト対策をしていますが、

 

感じたことをひとつ。

 

それは、テストのテストは大事だということです。

 

 

テスト対策はただ自習をさせるだけでなく、

 

こちらから小テストを渡して、その直しが全てできたら自分の勉強をしていい、

 

というルールでやっています。

 

 

テストをやってみると、私も塾生も、何が身に付いていて、何がそうでないかがはっきりわかります。

 

わかっているつもり、できているつもり、が一番怖いですよね。

 

だから、現状の把握をしたうえで弱点を補強するのです。

 

するのと同じです。模擬試験を受けたり練習試合をするのと同じです。

 

インプットするだけでなく、何度もアウトプットをして定着を図っています。

塾生ができるようになっていく姿を見ることが嬉しいです。

 

さあもう一息!

 

 

塾生同士教え合って助けている姿も見えます。

AD

コミュニケーション上手のために

テーマ:

こんにちは。高橋です。

今日もビジョンセッションの中身を少し紹介します。

 

今回の中3ビジョンセッションは人間関係についてです。

 

友達とか先生とか親とか、日頃いろいろな人とコミュニケーションをとると思います。

 

うまくいかないことも多いですよね。それは大人も同じです。

 

そんなわけで今回は、人間関係構築のためのコミュニケーションについて扱いました。

 

 

ワークでは塾生に、「これまでに体験したコミュニケーション」を振り返ってもらいました。

 

嬉しかったコミュニケーションはなんだろう?

 

嫌な思いをしてしまったコミュニケーションはなんだろう?

 

 

そしてコミュニケーションのコツをいくつか紹介して、

 

うまくいかなかったコミュニケーションは、どうしたらよくできたのかを考えてもらいました。

 

 

友達に、気乗りしないのに誘われたこととか、

 

これから勉強しようと思っていたのに、

親に「勉強しなさい」と言われたこととか、

 

リアルでありがちな話がたくさん出てきました。

 

 

1つ、私も心がけているコミュニケーションのコツを紹介します。

 

それは、相手の気持ちを考えること、です。

 

 

相手の気持ちを考えてものが言えるのは、それは素晴らしいことです。

 

しかし、いつも相手の気持ちを考えながらコミュニケーションをとるのはなかなか難しいことですよね。

 

 

そんなときは、「あの時相手はどんな気持ちだったんだろう」と考えてみましょう。

 

「あの時はごめんね」とか、

 

「あの時自分はこんな気持ちで言ってしまったんだけど、○○な思いをさせてしまったよね」

 

などとコミュニケーションが取れるはずです。

 

 

かく言う私も、コミュニケーションでは後悔することばかりです。

 

相手の気持ちをもっとわかってあげればよかったと、常日頃思います。

 

言葉の表面だけでなく、その奥にある気持ちがわかると、素敵なコミュニケーションができるでしょう。

 

 

AD

環境も自分も隣人も愛せよ

テーマ:
こんにちは。高橋です。
 
中学生の2学期中間テストが終わりました。
 
テストの結果と反省は結果が全て出揃うのを待ちますが、
 
中3生はややその場で足踏み、
 
中2生は成績を伸ばす勉強法掴みかけた、
 
というのが全体観でしょうか。
 
 
さて、今回は昨日の中3ビジョンセッションの内容について書きます。

今回はゲストをお呼びしてお話を伺うゲストスピーカーの回でした。
 
幸せに生きている大人の話を聞いて、
 
自分が幸せに生きるヒントにしよう。というコンセプトです。

今回のゲストは、なんと皆さんご存知深松先生。
 
深松先生は自分の生い立ちを話してくださり、
 
いろいろ苦労をしながら育ってきた経験と、
 
人生の節目で関わった周りの人たちを紹介してくれました。
 
そこから、身の周りの環境を愛すること
 
それ以上に自分を愛すること
 
そして同じように他人を愛すること
 
そんなことを伝えてくれました。
 

塾生たちのアンケートを見ると、
 
「親にどれだけお世話になっているかを考えた。」
 
「自分がいかに恵まれているのかがわかった。」
 
「本当に死に物狂いで勉強しないといけないと感じた。」
 
「自分は思っていたよりも大切にされているのだと知った。」
 
などなどでした。
 

自分が置かれている環境を変えることはなかなか難しいでしょう。
 
ただ、苦しい環境だから『自分には無理だ』と決めるのか、
 
苦しい環境でも『自分はそこからがんばっていこう』と決断するか
はその人次第ですね。

周りの環境を言い訳にせず、感謝する人になって欲しいです。
 
咲心舎のライフスキルで定義するところでは、感謝力を高めて
 
【つながる力】を身に付けて欲しいと願っています。

夏の振り返りとタイムマネジメント

テーマ:
こんにちは。高橋です。
 
本日のブログは今週月曜に行った中3ビジョンセッションの内容に触れます。
 
今回のテーマは「タイムマネジメント」です。
 
夏休みと言えば宿題に追われる子供たちにとっても、
タイムリーなテーマにしました。

ビジョンセッションの中では、
 
夏休みの振り返りを皆で発表しお互いの変化を指摘し合い、
 
楽しい時間やつまらない時間はどんなものかをそれぞれ付箋に書いて、
 
MUST(やらねばならないこと)とWANT(やりたいこと)の理想の時間割を作成してみんなで意見交換しました。
 
 
お互いの変化を伝える場面では、「マイナス発言が減った」とか
「前よりも集中してガリガリ勉強している」
「先生に質問しに行く回数が増えた」など、
お互いの成長を自分たちで感じられていました。
 
ちなみに高橋は塾生から見ると、夏になって「以前より厳しくなった」そうです(笑)
そんなつもりはなかったのですが・・・
 
 
理想の時間割を考える場面では、やりたいことをめいっぱいやるために、
 
自分なりのコツを、ひとり5つ以上アイディアを出してもらい、
 
実行していくものを自分の掲げたビジョンに貼りました。
 
 
夏休みを終えて、朝から晩まで勉強環境にいた中3生は、
 
咲心舎の中でも他のどの学年よりも成長したはずです。
 
塾生の皆さん本当にお疲れ様でした。
 
ここから先は定期テストや模試、そして入試を迎え、より時間管理が大変になります。
 
「もっと時間があれば・・・」と思う場面がたくさん出てくるでしょう。
 
時は金なり。時間を大切に!