2017-08-07 17:00:41

8月7日(月)

テーマ:ムネオ日記
 江﨑鐵磨沖縄北方相が地元愛知県一宮市で記者団に対し「しっかりお役所の原稿を読ませていただく。立ち往生よりちゃんと答弁書を朗読かな」と話したことが各紙取り上げている。
 「国会軽視だ、閣僚としての説明責任を軽んじる発言だ」と野党が批判する可能性があると記事になっているが、思いもかけぬ大臣指名に遠慮や控え目な物言いが逆手に取られていしまったもので、謙虚すぎてあえて足を引っ張られることもあるものだと痛感しながら、それぞれ任に就いた人は言葉をよく考えて発言しないとどこで足をすくわれるか判らない。
 「俺が大臣だ」という気概を持って24時間国務大臣であるという緊張感を持っていれば何も心配ないことである。
 それにしても5日地元で、しかも事務所での支援者らの集まりの後のぶら下がりでの発言で、下から目線で控え目に言った話が裏返しで使われることにやはり言葉の重みをよくよく考えて今後に活かしてほしい。
 73歳での初入閣の江﨑大臣にはしっかり頑張ってほしいとエールを送りたい。
 午前中札幌で仕事をし、昼の便で上京。夏休みに入り今週末からはお盆に入る。千歳空港も人で賑わっていた。
 朝レストランで親子5人連れが子供をあやしたり、ハイハイしながら食事をする光景を見て、この子の将来に幸あれと思いながら、私は子供達を旅行や遊びに連れて行けなかったことを今になって申し訳なく思うものである。
よその家族の微笑ましい姿を見ながら、我が家は家内がしっかり家庭教育をしてくれたことに感謝したい。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

鈴木宗男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■おはようございます。

宗男さんの大臣への励ましの言葉★とても心強いと思います(^-^)

今や慣わしのように重箱の隅をつつくことに熱や快感を感じて何かしらの勝ち誇った気分になってるようにみえる報道や記事。
行間も状況もソフトな対応も読み取れない記者の能力と意識レベルが問われるところ。

この程度でまた発言の責任を…となると逆にその程度で任務を引き下がるのかとこれこそ国民の信頼を失ってしまうのでここは問題に値しないと強くでた方がよいと私は感じます。
もし、これを野党が取り上げるとするなら、逆に野党に対して不信感を強く抱くことになるでしょう。それは新体制が整って、これから頑張ろうとする皆の士気を下げるだけでなく、同じように頑張ろうとしている国民の気持ちをも踏みにじることになるから。。

主張したもん勝ちのような風潮、謙ると付け上がる、そして煽り潰しにかかる…そんな企てを賢さでかわすことも必要って感じます。

「お父さんは家族のために頑張って働いてくれてるんだよ。」子どものなぜ?にその時しっかりと答え、愛情も温もりも与えて宗男さんの留守を奥さまは守られてたんだろなぁ…と貴子さんの笑顔や父への優しい眼差しをみるとそう感じます(^-^)

怯えながら暮らすような未来はいらない。
この子たちに明るい未来を。

4 ■無題

あまり揚げ足取りばかりやるのはいかがなものかと思いますね。

地元の支援者からしたら、ようやく先生が初入閣。
みんな喜んでいたことでしょう。

それに対して威張ることなく控え目なコメントをした江崎先生の揚げ足取りをするのはちょっとコクな気がしますね。

3 ■無題

父としての宗男先生の姿に触れ、胸が熱くなります。

宗男先生が家庭を奥さまに託し、北方領土問題を始めとする国民の幸福の為にご尽力くださいました事は、同じく国会議員となった貴子先生はじめ、ご家族の皆さんがよくご存知かと思います。

宗男先生が国政から離れていた間の北方領土問題の停滞は誰の目にも明らかです。

どうか1日も早く国政にお戻りになって、国民の為にご尽力ください。

2 ■無題

鈴木先生、江崎大臣のこの発言は地元の親しい支援者の会合でのもので、感謝を込めてのへりくだった表現の仕方だったのではと思いますね、ただ文字通り一字一句本意だと受けとられると気の毒のような気がします。

謙虚で人柄のよい方が猶予もなくさっそく揚げ足取りの対象にされ、「政権の弱点見つけたり」では寂しい気持ちになります。

1 ■不安ばかり

私は長崎県で生まれ育ち原爆の悲惨さを見聞きしてまいりました。
戦争のない世界が良いに決まっています。
今の日本は国民の代表である方々の他党の揚げ足とり、国会での酷いヤジに罵倒、女性議員の方々の品のない言葉、党の代表でさえそうなのですから未来を担う子供たちへの影響は大きいと思います。
このごろは新聞もTVも信用出来ません。
北朝鮮の問題等を思いますとき、今の国会議員の方々は本当に国民の事を考えて頂いているのでしょうか。加計や森友や政権批判よりもいざというときのシェルターや介護離職の問題等話し合って頂きたいと思う、義母の介護の為離職した主婦です。
こういう思いを届けるにはどうしたらいいのでしょうか?
無力さを感じます。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース