1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-08-30 17:58:50

8月30日(金)ムネオ日記

テーマ:ムネオ日記
 昨日は一票の格差に伴い、衆・参国会議員の大胆な定数削減をすべきと新党大地 鈴木宗男の考えを書いたが、常識的に3年は選挙がないと思われる。
こうした時間的余裕のある時に定数是正、ダイナミックな削減を国民から選ばれた国会議員は与野党問わずきちんと議論すべきでないか。
 個人の利害が必ず出てくるが、そんな狭い器量の国会議員は大きな政治家にはなれない。
単純に人口で割っていくと地方の声が届かないと言うが、それは政治家個々人の力量である。
 かつて田中角栄先生は「新潟は俺一人で十分だ。他の国会議員はいらん」と豪語した。私の師匠であった中川一郎先生も「北海道のことは俺に任せろ。俺一人ですべて責任を持つ」と良く言われた。
 人口が多く、数多くの国会議員を擁している東京・大阪から大政治家が何人出ただろうか。
国民の代表たる国会議員は特に自分のことに関することに関しては、大所(たいしょ)高所(こうしょ)に立って大きな広い心を持って議論してほしいものである。
与野党問わず国会議員のレベルアップのためにも大胆な定数削減の議論を進めてほしいものである。
 最近気になるのは選挙の投票率が上がらないことである。
 25日投開票された横浜市長選挙の投票率は29.05%だった。6月の東京都議会議員選挙は43.5%である。7月の参議院選挙は53.51%であった。
 横浜市長選挙の場合、現職を自民党・民主党・公明党が推薦し相手は共産党推薦候補で市民は最初から勝負が決まっていると判断したのだろうか。3割にも満たない投票率で当選した現職市長も待機児童0(ゼロ)など一生懸命政策を実行しているのにどうしてこんな投票率なのだろうかと思っていることだろう。
 東京都議選、参議院選挙で投票率が上がらなかった一つの要因として私はメディアのアナウンス効果が影響していると思う。
 与党圧勝の記事、テレビ報道により、それならば私は行かなくても大勢に変化はないと受け止めた人も少なくないのではないか。
 民主主義の一番身近な手続きが選挙である。積極的に参加して行く心構えを日頃から持ってもらいたいものである。
投票率の向上に向けての知恵、議論も国会、地方議会ともども積極的に行ってほしいものである。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース