ハッピーフライト

テーマ:

ひっさびさの映画。


ハッピーフライト見てきました。



製作年度: 2008年
別題:-
製作国・地域: 日本 上映時間: 103分


キャスト・スタッフ

監督 矢口史靖
製作総指揮 - 原作 -
音楽 ミッキー吉野 脚本 矢口史靖

田辺誠一(鈴木和博)
時任三郎(原田典嘉)
綾瀬はるか(斎藤悦子)
吹石一恵(田中真里)
田畑智子(木村菜採)
寺島しのぶ(山崎麗子)
岸部一徳(高橋昌治)
笹野高史(-)
菅原大吉(-)
田中哲司(-)
ベンガル(-)
田山涼成(-)
正名僕蔵(-)
藤本静(-)
平岩紙(-)
中村靖日(-)
肘井美佳(-)
森岡龍(-)
長谷川朝晴(-)
いとうあいこ(-)
森下能幸(-)
江口のりこ(-)
宮田早苗(-)
小日向文世(-)
竹中直人(-)
木野花(-)
柄本明(-)

解説:

『スウィングガールズ』の矢口史靖監督がメガホンを取った、
飛行機をテーマにしたコメディー。
航空機一機をスケジュール通り安全に離着陸させるために働く、
さまざまな役目を負ったスタッフたちの奮闘ぶりを生き生きと描く。
どこか頼りない副操縦士にふんするのは『ぐるりのこと。』の田辺誠一。
機長役に時任三郎、キャビンアテンダント役に綾瀬はるかや吹石一恵ら
豪華キャストが勢ぞろい。
よりリアルでドラマチックな航空業界の舞台裏に興奮させられる。

あらすじ:
副操縦士の鈴木(田辺誠一)は、
機長昇格の最終訓練である乗客を乗せて飛ぶ実地試験で
ホノルルに向けて飛び立つことになる。
彼は試験教官として同乗する威圧感たっぷりの機長の原田(時任三郎)を前に
緊張感を募らせていた。
そんな中、キャビンアテンダントの斎藤(綾瀬はるか)は
夢にまで見た国際線フライトに臨み、緊張感がピークに達していた。



綾瀬はるかの演技があんまり好きじゃないので

ちょっとどうかなと思ってたのですが


田畑智子が好きなので見たくて。


期待通り、田畑智子がとってもいい感じ。

てきぱきした中堅どころのスタッフというのが

とても似合ってて

田畑智子が見られただけでもこの映画観た甲斐があったと

思えるほど。



綾瀬はるかの演技はやっぱり少し気になったけど

意外なところで寺島しのぶのほうが目立って

しかもすごく素敵な女性だなぁと思えたのであまり気にならず。

寺島しのぶの演技は、

某ギャグ不倫映画をテレビ放送してるのを笑いながら見たことしかなく。

まともに演技見たのははじめてかも。

でもいい役者さんなんだね~。



飛行機を飛ばすために、いろんな人がいろんな仕事をして支えてる姿が

とてもかっこよくて、

やっぱり仕事にプライド持ってるのってかっこいいな、と

また改めて感じた映画でした。


そんな意味でも田畑智子がいちばんかっこよかった。

お客さんのために猛ダッシュして、豪快にコケても立ち上がって

またダッシュして。

私の青空

(私の大好きな朝ドラ)

以来、とっても大好きな田畑智子だけど

あの場面でまた惚れ直したほど、かっこよかったです。

AD