白いまんまるのお話

テーマ:
こんにちは。
つなぎびと雫です。


あれだけ体が痛く
思うように立ったり座ったり…
動けなかったのが

ようやく以前のように
動けるようになってきました。


体のそうした変化に伴うように
心にも新たな風が吹き込まれています。



本当にたくさんの氣づきを
頂いています。



一期一会




まずは
昨夜見た夢のお話をさせていただきます。




白くて先がとんがった物体が
色々なものにあたっていきます。



様々なものにあたり
どんどん先が丸くなっていきます。


あたったものたちは
全く壊れることなく
びくともしていませんでした。



白くて先のとんがった物体は
最後には
白いまんまるの玉になりました。



その後

その白いまんまるは
うれしそうに
飛び跳ねていました。





ここまでが夢のお話です。

とても象徴的な夢に感じました。





ここからは
私が感じたことを書かせていただきます。
(大変長いですが、どうぞおつきあいください)



私は悲しいニュースは苦手です。
いくつか見ていて切なくなるものも
ありました。



その一つとして
だいぶ前のニュースですが

シングルマザーの方がホームで
男性を突き飛ばして転落させた

というものがありました。



その様子は監視カメラにも映っており

その男性とすれ違う際
睨み付ける形相だったとも

読まれていました。





情なのでしょうか…

その女性は仕事帰り
待つ子供のもとに急いでいたそうで


そんな背景を聞くと
とても切なくなりました。


それと同時に
日常的に
よく見かける光景のような気もしました。




普段
すごく時間に追われ急いでいるときに
赤信号や踏切に止められてしまう

また速く進みたいのに
前の人がゆっくりだったり
後ろに全く気づいてくれなかったり…



そんなとき
どんなに
優しくて温厚と言われている人でも
イライラしたり
険しい顔になってしまう

ことはあると思います。





ただ、そんなとき
どちらかが先に
すみません
とか
ありがとう
と言えるか

言葉にしなくても
ほほえみ
会釈
できたなら

一瞬険しくなった表情もゆるむのです。






かなり以前になりますが
私が体験した話を思い出しました。


狭い道で
わたしの少し前を
スマホ片手に自転車に乗る高校生が
前を見ておらず
前から来るおじさんの自転車と衝突し
おじさんが溝に転落するということが
ありました。



おじさんは落ちたショックと
怒りと恥ずかしさからか
高校生に怒鳴りまくっていました。
(まだ溝に落ちた状態のままです)

高校生はその状況に
動揺し何もせず
立ち尽くしたままでした。



私は前に進みたいのですが
ふさがれた状態です。

ほんの一瞬戸惑いましたが
どちらも一向に進展する気配がないので


まず、おじさんを助けあげました。

また、ここでおじさんが
高校生に怒り心頭でしたが
高校生は
どうしていいか分からない様子でしたので
まずは
ごめんなさい。だよね
と高校生におじさんに謝るように
言いました。


高校生は謝り
おじさんもそれ以上は怒ることもなく
一応そこで解決しました。






私たちは


優しい人
あたたかい人
出来た人


冷たい人
変わった人
嫌な人


など
自分のフィルターを通して判断しています



でも、その人をまるこど知っていることは
ないに等しいです。



自分にとって嫌な人でも

誰かにとっての
最高に素晴らしい人
かもしれません。



私も色々な人から言葉を頂きながら
そのようなことを感じるようになりました。




そう
私が感じたこと

本当は
あたたかくて
優しい人なのです。



オリンピックで羽生くんに
心から感動し


悲しい出来事に涙し
助け合うことができる



本当に
愛で溢れているのです。



夢から教えられたこと


とんがっているときは
自分の心が疲れている

まんまるになったら
心はうれしそうに
はずんでいる



とんがっている物体が
あたっても
壊れなかったのは

相手が
柔らかくまんまるだったから。



とんがっている物体が
まんまるくなれたのは

柔らかいまんまるたちに
たくさん触れて
心があたたかく
癒されていったから。



大好きなお話
北風と太陽
を思い出していました。



いつも読んでくださってありがとうございます。
愛と感謝を込めて。
氣づきと心の解放が生まれますように。

AD