通訳の心得

今日は通訳頼まれとってね、ちょっと気が重い。

 

ま、でもお世話になってる方のお手助けなら仕方ない、と引き受けた。

 

時々、会合で外国からのお客さんの相手をするけど、通訳は久しぶり。

 

ところで、通訳の心得、というか、通訳のプロにとっては当たり前なんじゃろうけど、あるんよね。

 

それは、通訳ってのは、「自分」を出さないこと。

 

誰かがしゃべったことを、そのままその人がしゃべっているかのように通訳する。

 

「詳しいことは明日メールします。」と言えば、それを、

 

「彼は、『詳しいことは明日メールします』と言っています。」とは言わないで、

 

「詳しいことは明日メールします。」と、そのまま通訳する。

 

これ、当たり前なんじゃけど、感覚的には、自分がなくって、コロコロと、誰か他人の振りをする感じ。

 

パーソナルブランドの専門家的に言うと、

 

「あ~、なるほどね。パーソナルブランドで生き生きしたい、仕事の成果を出したい、とおもっている人って、こういうひとなんじゃね!」

 

要するに自分がないんよね。

 

ちょっと不思議な感覚が味わえる。

 

パーソナルブランディングは自分を作ることじゃなくて、自分を出すことなんで、答えは自分の中にあるわけ。その答えを見つけたとき、人はこんなにも変わるんかというほど変わる。

 

ということで、通訳行ってきます。

 

 

 

ホームページはこちら 

 

 

AD