先日優勝させていただいた「セミナーコンテスト広島大会」で、ワシは「異文化コミュニケーションアドバイザー」という肩書きで、言葉に頼らないコミュニケーションについて話しました。

 

コミュニケーションのアドバイザーを名乗った以上は、実はコミュニケーションに関して、それなりの覚悟と、それなりの経験があるわけですよ。

 

たとえば、しゃべること、書くことは、

 

短ければ短い方がいい!

 

言葉は何かしらの「意味」「概念」を伝えるためのキャリア(乗り物)なんよね。

 

だから、言葉が長いということ自体には何にも意味が無いわけ。

 

1人しか乗らないのに大型バス必要ないでしょ?

 

同じ者を運ぶんじゃったら、乗り物は小さい方が(短い方が)いいよね。

 

ま、これに、芸術性とか、そういう要素が絡んでくると、ちょっとは無駄な部分も配慮しないといけんのですが、基本は、

 

言葉は短ければ短い方がいい!

 

であるから、ワシのブログ記事は短いんです。

 

長い文章が書けないわけじゃない。必要なら長くなる。

 

でも、必要ないから、できるだけコンパクトに書くわけ。

 

この気持ちは、読む人、そう、あなたのことを考えるからでもあるんよね。

 

貴重な時間を割いてワシのブログを読んでくださるあなた。

 

その時間をできるだけ無駄にしたくない。

 

それに、長い文章って、ワシの場合は、読む前から萎えてしまう。

 

そう思われないように、できるだけコンパクトにするわけですよ。

 

ということで、今日もこの辺で終わります(笑)

 

 

 

ホームページはこちら 

AD