• 31 Jan
    • なんとか

      寮には大型テレビ(40インチ)と重いテレビの台、後は段ボール三つ程しかないと宣っていた長男だが、ワンボックスカーに助手を付けて午前9時にまるち家を出発したが、迷った末にやっと寮に到着。 部屋の扉を開けてみれば、そこは埃と塵の国だったそうだが・・・・・。2時間かけて、足の踏み場も無い6畳間ほどの部屋の中を片づけ、掃除をし、区役所に寄って転出届をもらい、なんとかまるち家に辿り着いたのは午後4時を回った頃だった。到着した荷物は段ボール三つとはどう見ても信じられないような状況だし、こちらから宅配便で送った食料品やシャツなどはひとつも手を付けていない状態。 すごくシンプルな生活を送っていたようだな (;^_^A しかし、何の為に送ったのか・・・・・(:D)| ̄|_まあ、こちらに来てしまえばこちらのもんだ。 少しづつ調教していくとしよう(笑)

      テーマ:
  • 30 Jan
    • 暖冬

      昨日も、今日も良いお天気に恵まれたまるち地方だ。 だが、2月に入るなり軒並み雪だるまマークのオンパレードな天気予報に、悪友たちからゴルフの誘いが入る (-_-;)それも良かろう、こんな雪国では当分の間アウトドアな遊びも出来なくなるのだ。 それに、長男は撤収すべく現地に遠征している。○○の居ない間に命の洗濯でもしてこよう(笑)

      テーマ:
  • 29 Jan
    • 今朝も濃い霧で覆われたまるち地方。 百メートル先の車が見えないし、信号も近づくまで判別しにくい。何度もいうがこの時期に積雪も無くこれ程多く霧に包まれる事など経験したことが無い。長男の残りの荷物は段ボール三つ程度に42インチのテレビとその台だけだと判明。こんなことになるのなら、何もそんなにデカイテレビなんぞ買わなければ良かったのに・・・・・(-_-;)しかし、そうも言ってはいられない。 気を取り直して、どうにかして今月中に寮を引き払い、私としてはすべての物事に決着をつけてしまいたい。なので、明日にでもワンボックスカーで寮に向かうことにした。その足で区役所に行き、住民票の移動も忘れずやるように息子に伝えた。 本当は会社指定の銀行口座も閉じてしまいたかったが、しばらくは口座を閉じないように会社からいわれたらしく、生真面目な息子はそれを守ろうとしているようだ。 まあ、そのうちに用事が出来たときにでも遅くは無いだろう。 寛容の精神も大切だ。少しずつ4人の生活に慣れなければ・・・・・。  まず必要なのは、三人分の食事に慣れた妻の買出しからだな(笑) 長男が居なくなってしばらくは四人分の買い物を続けていたようだから、その逆は食事の量が減らされそうなので真剣に困るな。

      テーマ:
  • 28 Jan
    • 帰省

      丸一日待ち続けたが、深夜2時過ぎになってやっと長男が帰宅した。 待ちくたびれた私はうとうとしながら待っていたが、ひと目見ても顔つきが変わっていないのがよく分かった。取り合えず遅い食事をさせるように妻に言ってから我慢出来ずに寝室に向かった。明くる朝は、休日にも関わらず早めに目が覚めた。 先ずやった事は車に積みっ放しの荷物を家に運び込む事だ。 その後は元々は黄色だった車が虎柄になっている為、それを戻す為に洗車と冬用のタイヤに替える事。まず、近くのカーショップでタイヤを交換してもらい自宅に帰って見ると驚いた、左前輪のタイヤの空気が完全に無くなっている   ( ̄□ ̄;lll  すぐに店に電話をして来てもらった。 兎に角タイヤを持ち帰ってもらう。 何処にも寄り道せずに、高速道路にも乗らないで良かった (;^_^A  1時間ほどで修理出来たようだが、原因はタイヤを交換した時、タイヤに空気を入れたのだろうが、その際にバルブ内のパッキングが潰れ、それがムシを潰して空気が抜けたのだそうだ。 慎重な作業をしないとひょっとしたら人命に関わる事だから、もっと気をつけて欲しいものだ。私がこの店の責任者ならば、迷わずお詫びの挨拶をしに来た事だろう。 タイヤは命を乗せて走っているのだ。 不○家のお菓子はチョコに蛾が入っていようが、細菌が沢山入っていようが、直接的に命には関わりがない。如何に自分たちの仕事の重要性を認識していないかはこういった時に良く分かる。 私はこの店には二度と行かない。さて、気を取り直して洗車をしていると、後ろから声が掛かった。 振り向くと昨年からホテル「病院」に急性肝炎の為に長期逗留していた友人だった。 今日、チェックアウトを済ませて家に帰る途中なのだと明るい顔で説明してきた。長男の事の様に暗い事もあるが、こうやって友人が一命をとりとめて、また一緒に遊べるのは明るいことだ。まるち地方のお天気は何故か今日も晴れだ。

      テーマ:
  • 27 Jan
    • 安心?

      3月下旬並みの陽気に、意を決して長男の住む寮に電話を入れてみた。 電話口に出た寮母の木で鼻をくくったような応対に、とても理不尽な雰囲気を感じて腹も立ったが、会社の為に働く者だけ寝食を約束されている社員寮に、ちゃっかり10日以上も居座っている長男のことを考えると、とても抗議などする気にもなれず、口惜しかったがつい口を噤んでしまった。それでも、事情を理解し私の願いのまま彼の部屋まで電話を持っていってもらえたのは、一刻も早く厄介者に退去してもらいたい気持ちだけからなのだったのだろう。 案の定、昼まで寝て暮らしているグウタラな長男を起こしてもらった。 きちんと今後の話をするために一度家に帰るようにと本人に伝えると、土曜日には一度帰るとの確約をとれたので、思いは沢山あったがそのことを信じて余り話さずに電話を切った。何も変わってはいない。 離職した以外は・・・・・・(-_-;) 親がどんなに悔しい気持ちでいても子どもには伝わらない。 離職したこと以上に、こんな生活を続けている子どもを知る事が親にとってはとても悲しい事なのだ・・・・・。

      テーマ:
  • 26 Jan
    • 再び音信普通(不通)

      さて、今月15日で円満退社した長男だが、いろんな段取りを確かめたくて電話をするが、呼び出し音だけが虚しく鳴っていた頃はまだましで、つい先日からは電源が入っていないという事態になった。つまり、私たちがしょっちゅう電話をするものだから、電池が消耗したのだろう。妻の両親が心配して、二人で寮まで迎えに行っても良いかと申し出てくれたが、それは丁重にお断りした(汗)次男からのメールにも、いくら電話しても兄は出ないとあり、ひょっとしたら死んでるんじゃぁないの? などととんでもない事を書き送ってきたらしく、妻の落胆振りは目に余るものがあった。 こちらから車を飛ばして拉致してくる手もあるが、その先のことを考えて、じっと耐えている親の気持ちなど長男には分からないのだろう。記録的な暖冬で積雪の無いのが唯一の慰めだ。 雪が積もってからでは彼のタイヤでは帰っては来れない。

      テーマ:
  • 25 Jan
    • 銀座くのや

      昨年末に銀座に出かけた折に採寸してもらった足袋見本が送られてきた。 かなりきっちり採寸するのだが、洗濯や足によっては生地に伸び縮みもあるのだそうで、この見本を元に修正をし、同封された寸法表に具合を書いて送り返すのだそうだ。 店の職人さんはそのデータを見て、残りの足袋を作製し、今度はコハゼの部分にひらがなで私の名前を入れてくれるのだそうだ (*^_^*) 楽しみなことだが、取り敢えず送られてきた足袋に足を通してみなくては・・・・・・(笑)

      テーマ:
  • 24 Jan
    • 原稿

      さて、用意した高専の卒業文集への寄稿文をメールに添付して送った。 ほどなく返信があり、一件落着となった訳だが・・・・・。 時代は変わり、貼付したメール内容がそのまま印刷になるのだろうが、その為に横書きで22文字680字以内と規定されているのだろうと想像に難くない。この字数制限のお陰で、書きたい事が書けずに、推敲に推敲を重ね、毎回泣く泣くばっさりと文章を落とさねばならない ( ̄□ ̄;lll

      テーマ:
  • 23 Jan
    • 無線LAN

      妻の同級生であり、私のお友達でもある社長の会社製品を株主優待で頼んだところ、彼はなんとそれを無料で送ってきてくれた。 実勢価格2万4千円程のその装置は、かなりの距離に対しても安定して電波を送る事が出来るのが売りで、何故か我が家の2階までも届かなかった既存の装置を凌駕していた。 それでも20パーセントほどの感度しか出ないが、家中で無線LANを使ってインターネットを使えるのは魅力だ。 例えば、庭先や縁側、トイレの中やお風呂場でも可能なことは可能だ(笑)

      2
      テーマ:
  • 22 Jan
    • 相変わらず

      またまた音信普通になってしまった長男だが、私が電話してもチャラチャラボーイが電話しても、呼び出し音は聞こえているのに一向に本人が出る気配は無い。 退職後も1ヶ月ほどは寮に留まる事は可能だと聞いてはいたが、通常は退職1週間ほどで荷物をまとめて退去するものだと思うのだが、普通でない為に退職を余儀なくされた長男はそんなことには無頓着で、どこまでいっても額面どおりにしか物事を理解できないのだろう。 青年よ大志をもて Boys,be ambitious not for money or for selfish aggrandizement, not for thatevanescent thing whitch men call fame. Be ambitious for theattainmment of all that a man ought to be. 「青年よ大志をもて。それは金銭や我欲のためにではなく、また人呼んで名声という空しいもののためであってはならない。 人間として当然そなえていなければならぬあらゆる ことを成しとげるために大志をもて」 (北海道大学図書館報『楡蔭』No.29より一部転載 ) 私のブログに書き逃げしたかたは「青年よ大志を抱け」でなければいけないと決め付けていたようだが、自分の耳に心地よいだけではちゃんとした訳とはいえないだろう(笑)

      テーマ:
  • 21 Jan
    • やっと

      最終の新年会が終わった。 お向かいのおじいさんが亡くなり、金曜日には夫婦揃ってお通夜に出席してきた。大正の生まれだそうだが、亡くなった父と同世代だ。今日も朝から晴れ。 気晴らしにゴルフにでも行こう。

      1
      テーマ:
  • 20 Jan
    • 最近

      こんなブログでも書き逃げをする方がいらっしゃる (;^_^A 送信元を確認出来ないコメントは全て削除させて頂く。それにしても暖冬が続く。 まるち地方は快晴。気象台は兎も角、私はこの時季にこんな町の様子を見た事は無い。

      テーマ:
  • 19 Jan
    • 現地調査

      まるち地方にある経営品質協議会の現地審査が本日行われた。 経営品質についてはhttp://www.jqac.com/を参照していただければ結構かと思う。朝9時から夕方5時まで数十項目に渡る質問を受け、かなりの量の話をし、そしてかなり消耗した (;^_^A

      1
      テーマ:
  • 18 Jan
    • 寄稿文

      今年も早々と、高専の卒業寄稿文の原稿依頼が来た。 卒業式は3月16日なのだが、さすがに国立の組織はやる事が早い。 しかも、締め切りは2月2日。 原稿用紙が同封されているが、私はいつもメールで送信している。 字数に制限があるので、それがいつも私を苦しめている ┐(´ー`)┌今年のテーマは「青年よ大志をもて」だ。

      テーマ:
  • 17 Jan
    • 新年会

      1月は怒涛のような勢いで新年会や総会の行事がある。 すでに2回はクリアしているが、今日から二日続き、一日置いて週末にまた宴会が私を呼んでいる(汗) お酒は嫌いではないけれど、依る年波には勝てず、最近は外で飲むのはとても疲れる。 今日は某経済団体のOB会の総会があるのだが、その同期の会の仲間2名が今春の県議会選挙に打って出る為に、私もお付き合いで出席し彼らをサポートする予定なのだ。 雄弁な一人に寡黙な一人。 実に対照的な二人だが、一方は市議会からの転進、もう一方は親の地盤、看板を引き継いだ形での選挙なのだが、私の持ち札をいくつかに分けなければならないのが辛い。 他にも知り合いで優秀な政治家はいるのだから仕方はあるまい。 いずれにせよ、まるち地方の発展に寄与してほしいものだ。

      テーマ:
  • 16 Jan
    • 安心

      退職の為に最後の出社を終えた長男から、先日の約束通り電話があった。 心なしか声が明るいように感じたのは気のせいだっただろうか。もう何度か同期の会で送別会も開いてもらい、水曜日には最後の送別会があると云う。 それが終わったら一度車で家に帰ってきたらどうかと話をすると、案外素直に聞いていたが、本当に帰ってくるかどうかはまだ疑問〔笑)子どもが健康で元気な様子を知る事が出来れば、親もこんなに爽やかな気分になるののだなぁ

      テーマ:
  • 15 Jan
    • 本日

      長男の退社日。 今日できっちり会社とは縁が切れる。 これまでに各方面から励ましのコメントやらメールを頂き、大変感謝をしている次第。 そのひとつひとつの言葉には重みがあり、人生について考えさせられ、励まされて今日に至っている。 しかし、彼が帰ってきてからの第一声をどうするか未だ考え中(笑)

      テーマ:
  • 12 Jan
    • 電話

      今日、長男の勤める会社の人事課長から電話があった。 先方の非常に話しづらそうな吶々とした喋り方に、今回の処分が彼にとって、いかに苦渋の決断であったかが素直に伝わってきた。 聞くところによれば、息子を採用したときの担当者も彼だったのだそうだが、自分が採用をした人間に自分の目の前で退職届を書かせなければならなかった事を、非常に残念なことだと搾り出すような声で伝えてきた。 まともに会社に行かない・・・・・いわゆる職務怠慢による懲罰解雇より、自己都合での円満退社を勧めてくれたのは、彼のせめてもの好意だと感じ取れるような、そんな内容の話しぶりだった。 私の猛反対を押し切ってまで望んだ憧れの会社への就職だったが、1年ほどでその情熱は消え去ってしまったようだ。 せっかく入社した日本では数パーセントしかない一部上場の大企業だが、自分に合わないものは仕方があるまい。 こうなるだろいうということは、私の心の片隅に常に有ったのだが、実際にこうなってみないことには本人も納得はいかなかっただろう。 実に良い人生経験を積んだ彼には、もっともっと素晴らしい人生を送って行ってほしい。

      6
      テーマ:
    • 1月11日

      妻の○○回目の誕生日。 例年の如く年の数だけの薔薇の花を贈った。夜は、近所の親しくしているイタ飯屋で、特別上等なワインでその日を祝った。二人の子どもたちにはお年玉を、夫婦には発泡性のイタリアワインを年始代わりに渡した。 気を遣った奥さんは、他には客の居ないのを見計らって、子どもたちを連れて来てくれた。 上の男の子の名前は古風で、字は違うが妻の祖父と同じ名前、下の女の子も名前は今時にしては古風な名前だ。特に男の子を見ていると、もう直帰ってくる長男がまだこんな風に愛らしかった頃を思い出す。 失った時間はもう二度とは帰ってこない。

      テーマ:
  • 10 Jan
    • さすがに

      冬の意真っ最中のまるち地方、毎日雨が降り少々寒い日が続いている。 さて、長男のあまり聞きたくない話に動揺していたのか、ここしばらくは落ち着かない時間をすごしていたが、所詮本人が考え、決めて進むしか道はないし、親はあくまでアドバイザーでしかないことを自分の中で確認すると、なにか平静を取り戻したように思う。 もっとも、友人にボヤキのメールを送ったところ、すぐさま返信が届き、その暖かい励ましも大いに役立った。 ありがとう○○さん (笑) 今月中には家に帰ってくる長男のために、一度は模様替えした彼の部屋を片付けたり、車庫の中を片付けたりしながら帰還を待つことにしよう。

      テーマ:
AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

のんびりブログ
10345 位
日々のできごと
34449 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。