• 31 Dec
    • 大晦日

      今日は朝からまるち地方にしては珍しく晴れた暖かな日となった。  ゆっくり起きた私は今月の19日から急性肝炎でホテル(病院)に引きこもった友人を見舞いに出掛けた。 出掛けると云ってもまるち家から車で数分の距離しかないのだが・・・・・。肝炎患者はご飯に野菜しか食べられないらしいので、前日に無精者でも食べられそうな果物を、デパートで買っておいて持参した。中堅の土建屋の社長らしく個室にいたが、入院から2週間近く経っていたので、肝炎患者なのに良く喋る (;^_^A  一時は命も危うかったらしいが、今は快方に向かっているらしい。少し窶れて、体を見せてもらうと完全に黄疸が出ているのが良く分かったが、数値が下がってきているので、急変して正月から葬式になる事はなさそうだった。その後は、会社に行って最後のお勤めを果たし、家に帰ってきてからは昼食抜きで良く働いた。  自分の車は昨日の雨で汚れていたので洗車した。 洗面所の床にワックスを掛け、全体を清拭し、要らないものを片づけた。 その後は、家中の床をワックス掛けし、玄関先を清掃し、周りを雑巾で拭き、玄関の電灯もきれいにした。その他諸々・・・・・。  私はクリーニングマシーンとなり、疲労の極致まで年末の大掃除を堪能した (:D)| ̄|_皆さん、よいお歳を・・・・・・m(_ _)m

      テーマ:
    • 大晦日

      今日は朝からまるち地方にしては珍しく晴れた暖かな日となった。  ゆっくり起きた私は今月の19日から急性肝炎でホテル(病院)に引きこもった友人を見舞いに出掛けた。 出掛けると云ってもまるち家から車で数分の距離しかないのだが・・・・・。肝炎患者はご飯に野菜しか食べられないらしいので、前日に無精者でも食べられそうな果物を、デパートで買っておいて持参した。中堅の土建屋の社長らしく個室にいたが、入院から2週間近く経っていたので、肝炎患者なのに良く喋る (;^_^A  一時は命も危うかったらしいが、今は快方に向かっているらしい。少し窶れて、体を見せてもらうと完全に黄疸が出ているのが良く分かったが、数値が下がってきているので、急変して正月から葬式になる事はなさそうだった。その後は、会社に行って最後のお勤めを果たし、家に帰ってきてからは昼食抜きで良く働いた。  自分の車は昨日の雨で汚れていたので洗車した。 洗面所の床にワックスを掛け、全体を清拭し、要らないものを片づけた。 その後は、家中の床をワックス掛けし、玄関先を清掃し、周りを雑巾で拭き、玄関の電灯もきれいにした。その他諸々・・・・・。  私はクリーニングマシーンとなり、疲労の極致まで年末の大掃除を堪能した (:D)| ̄|_皆さん、よいお歳を・・・・・・m(_ _)m

      テーマ:
  • 30 Dec
    • 後2日

      今日は朝から沢山働いた。 家中の換気扇の掃除に洗車を2台分こなし、今度は年末のお買い物に出掛ける予定だ。明日は風呂場の掃除と床のワックス掛けが私を待っている (;^_^A 長男からも次男からも何の音沙汰も無いが、やる事だけはやっておかないと気が済まない性質なので苦労している。今年もあとわずかだ・・・・・。

      テーマ:
  • 29 Dec
    • 竹馬会

      私たち昭和2○生まれの男性ばかりで作った会は、私が声をかけて作ったものだが、会の立ち上げ以来もう15年を超えようとしている。 今日はこの会の忘年会兼例会が夕方から同じ会員の店で開催される。 会の名前は「竹馬会」 謂れは何となく想像できると思う(笑) だが、当初は20名を優に越える会員数だったが、最近では10名を前後の会員しか集まらなくなったのは少々寂しい気もするが、この年になると色々あるし、そうそう同じメンバーの顔を見たくない日も有るだろう。そういう私も前回の例会は欠席したので何も云えない・・・・・。 先日の話に出た市議会議員も県議会議員もここの会員だが、来年はここの色分けが大変だろうな。票は夫婦で2枚しかないし、会社の社員の票もたかが知れている、おまけに間違いなくその人に投票したかどうかの確証はない(笑) だが、この会の集票能力は実に高い。 まるち地方の経済の一翼を担っている企業の社長さんが多いからだ。

      テーマ:
  • 28 Dec
    • 珍しい冬景色

      先日は放射冷却のために朝の気温が下がり、まるち地方では珍しく霜柱が立った。 この地方では冬は雪が降るために、太平洋側のように冷え込んだら霜が降りるなどということは稀だし、少なくとも霜柱など私が子どもの頃からほとんど見た記憶が無い。 余りに珍しい光景だったので車を降りて写真なぞ撮ってみた(笑) 雪国以外の人には分からないかもしれないが、これが逆に太平洋側に雪が降るのと同じ感覚だと理解していただければ良いだろう。 もっとも、たった5センチ雪が積もっただけで大雪になり、交通機関に多大な影響を及ぼすだろうが・・・・・(笑) 本当に珍しく、きれいに感じる。

      テーマ:
  • 27 Dec
    • 銀座

      東京の繁華街、銀座というところは田舎に住む中高年夫婦にとっては、ある意味遊園地やおとぎの国のような場所(ところ)だと思う。 これは銀座ミキモトの前に設置されていたクリスマスツリーの下に飾られてあったお人形だが、私たち夫婦にとってはその後ろにある豪華な電飾のツリーよりこちらの方に興味が湧いた(笑) こちらはシャネルのショーウインドウの中に飾られていたお人形の中のひとつ。 よく見るとお人形さんの服はシャネルスーツのように見えるのが凄い。こういったところは海外ショップのデコレと遜色無いレベルのところまで来ているように思う。ぶらぶらとウインドウショッピングを続けていたが、最後に「銀座くのや」に行き、念願の足袋を誂える事ができた。担当の職人さんは私好みの対応で、「ピシッと作りますんで・・・・・」と言い切ってくれた。 ここのシステムは、まずお試しの足袋を一足をこしらえて、それを洗濯をしてからのちじみ具合を見ながら、その状態を付属の用紙に書き込みお店に送り、それを元にして調整し、残りの足袋を作るのだという。 6足合計で諭吉さんが2名と漱石先生が数名拉致されていったが、これだけの手間隙をかけて作ってくれれば腹は立たない。そうこうしているうちに待ち合わせの時間になり、近くにある「鮨 青木」に向かった。 嬉しいのはこんな高級店で奢ってもらえることだ(笑)  スポンサーは先日蟹を食べに来た社長さんだ。その後には夫婦とも銀座のクラブにまで連れて行ってくれた。感謝、感謝 m(_ _)m

      テーマ:
  • 26 Dec
    • 雰囲気

      国立劇場のロビーの雰囲気はこうだ。 上の時計には開演までの時間が出ている。 このロビーのあちこちで、休息時間を利用してそれぞれが持参した物や、会場内で買い求めたお弁当を広げてのお食事タイムになる事を初めて知った。 勿論、お天気だったので外の床几に腰掛けて食べている人もいたが、大勢の人は喫煙タイムだったようだ(笑) 長い間、芝居など観なかったが、やはり生の芝居は見ごたえがある。 四十七士が吉良殿の首を亡君の墓前に供えての焼香シーンなどは、会場いっぱいにちゃんとお香の香りが漂っていた。 当たり前といえば当たり前なのだが、テレビ鑑賞になれてしまった私の感性の琴線に触れるものがあったことは間違いない。

      テーマ:
  • 25 Dec
    • 元禄忠臣蔵

      さて、歌舞伎デビューの田舎の中高年夫婦は、ホテルでやっとこさチェックアウトを済ませ、午後12時に開演の国立劇場にタクシーで向かった。 最初の思いでは歩いて10分ほどの距離なのでホテルから歩いて行くつもりだったのがだ、妻が着物を着て行きたいと云うので随分待ってはいたのだが、なんと完成までに1時間近く掛かった為にそんな時間が無くなってしまったのだ (;^_^A 朝のうちの近所のコンビニに行って、お昼の用意をしておいて良かったが、開演ギリギリに国立劇場に到着した。

      テーマ:
  • 24 Dec
  • 22 Dec
    • いよいよ

      松本伊代ちゃんじゃぁないよ・・・・・(相変わらずのくだらないオヤジギャグですまそ)・・・・・ (;^_^A オラ東京にイクダ。 先週まるち地方にやって来た社長さんと今度は東京でお食事の予定だ。しかし、つい先日まで晴れマークのでていた東京地方の予報は生憎の曇りや雨に変わっている (:D)| ̄|_  なので、遠征隊の装備品が変わった(笑)傘も要るが、雨用の雪駄も準備した。  冬は晴れの日が多いと思い込んでいたが、東京も雨が降るのだな・・・・。まるち地方は今日も朝から濃い霧が出ている。 今冬はやけに霧が多いような気もするが、雪が降ったり積もったりするより数倍こちらの方が良い。でも、飛行機はちゃんと飛んでね (笑)

      テーマ:
  • 21 Dec
    • 快晴

      12月も20日を過ぎたというのに、まるち地方は朝から快晴に恵まれた。 朝方の平野部は濃い霧に包まれていたが、山の上のゴルフ場から眺める町はまるで別天地のような感じだ。 山に登ってみると、下界は霧の中でその上は青空が広がっているのだ。 かなり幻想的な風景なので、もし、仙人とか神様がいたとしたら、毎日がこんな景色なのかとも思う(笑) 業界仲間とこうやって仕事の話も混ぜながらのラウンドだが、気の合う仲間同士なので深刻な話にはならない。 昨年の今頃は、毎朝ヒーヒー言いながらの除雪三昧だったので、それから考えれば本当に天国にいるような感じだ。 どうかこのまま暖冬になって雪が降りませんように (*^。^*)

      テーマ:
  • 20 Dec
    • 来年は

      選挙の年らしい。  まるち地方では春から、市議会議員選挙、県議会議員選挙、知事選挙と続き、6月には参議院の選挙と、休む間も無く選挙が続く。   友人の市議会議員は1期限りで県議会の方に転身を表明している。  また、別の友人は父親の地盤を貰って、すでに県議会議員となっているが、彼もまだ1期なので2期目を目指して頑張っているようだ。 何故か二人とも私を頼って電話をしてくる (;^_^A どうも早々と選挙戦は始まっているらしく、葉書に紹介者を書いて欲しいとのお願いは、地盤の固い友人の方だが、転身する方の友人はさすがに、まだ言っては来ない。それもそうだ今は市議会の真っ最中だ(笑) まるち地方の将来の為に、二人とも当選して同じ土俵で頑張ってもらいたいが、こればかりは何ともしてあげられないのが残念だ。 ま、同じ土俵に上がったら私と妻とで票を分け合わなければならないだろうなと思う(笑)

      テーマ:
  • 19 Dec
    • 師走

      今年は12月も半ばを過ぎたというのに、なかなか精神的にそんな気にならないでいる。 加齢によるものなのか、単にボケてきたのかは分からないが、物事に関心が無くなってくると案外そんな物なのかも知れない。 何故か一歩引いて物事を見ているような・・・・・何か膜(レイヤー)がかかったような感じがするのだ。 この週末には東京に歌舞伎を見に行く予定だが、航空券は携帯電話の中に取り込んである二次元バーコードで搭乗可能なので、手元には航空搭乗券などというものは無い。宿泊予定のホテルも携帯電話の中にホテルから送信されてきた宿泊受付番号が入っているので、昔のような予約バウチャーも無い。 すごく便利になった反面、私のような中高年は手に何かを持っていないと不安なのだと気が付いた ^_^; 新しい携帯電話はカード決済も可能。 ナビゲーションもできる。 テレビも観れる。 ネットも閲覧できる。 搭乗券にもなる。 何でも出来る便利さは一体今までのどんなものと引き換えなのだろう?

      テーマ:
  • 18 Dec
    • 豆台風

      さて、東京の友人は若いだけあってあれほどの酔っ払い状態でも、一晩経てば何の苦も無く爽やかに目覚めを迎えたらしく、10時に宿泊先まで迎えに行くと、ケロッとした顔でやってきた。 朝は地元の武家屋敷遺跡等を案内し、昼食は名物の私たち夫婦の最近のお気に入りのそば屋まで行った。 彼は兎に角、じっとしていられない性格なのだろう、次から次へと行動に移すし、それが唐突なので凡人の私ではとても疲れる  (;^_^A どうしてもカニを送りたい相手がいるというので、地元の大手で知り合いの経営するお土産屋に案内したが、両親と息子の母親(離婚した元つれあい)の両方に送っていたのには感心した。 空港に向かうにはまだ時間が有ったので、最後に「どうしたい?」 と聞いてみると、私の自宅でお茶をしてから空港に向かいたいというので、妻に電話を入れ(この事が女性にとっては大切な事らしく、突然お客が我が家に現れる事は無い)ちゃんとお許しを頂いてから自宅に向かった。 時間まで家の中を探検し、納得して帰って行ったが、彼が帰った後の心境は表題通り小さな台風「豆台風」が暴れまくり、通り過ぎた跡の虚無感に似ているようだ ・・(´ヘ`;)ハァ・・

      2
      テーマ:
  • 17 Dec
    • 楽しい一夜

      さて、昨夜の友人とは楽しい一夜を過ごさせてもらった。自ら「お金は持ってますから」 =^・^=  と公言し、最後のバーではたまたま居合わせた女の子(自称30歳)達と半ば強引に談笑し始め、酒をおごる(支払いは当然私)飲んでいたビールは「こんなもん飲んでちゃいけないですよ」 ビールは太る原因だと、すこ~しお腹周りのふくよかな女の子に向かって説教まで始めた (;^_^A 東京まで遊びにおいでと、ご丁寧に自分の携帯番号を教えていたし、ちゃっかりその子達の携帯番号も聞いていたようだ(笑)

      テーマ:
  • 16 Dec
    • お客様

      今日は東京から妻の同級生である私の友人が、息子さんを伴ってまるち地方にやって来る。 もっともそんな関係になってからまだ1年にしかならないが、メールのやり取りをしたり、夏に上京した際にも彼に食事をご馳走になったりしているので、まあ友人の部類には入るのだろうと思っている(笑)彼はジャスダック上場会社の社長さんで、かなりの遣手と聞いているし、毎日多忙を極めているようだ。 メールによると、彼の出張は先々週はスペインだったし、先週はアメリカの西海岸からマイアミのタンパまで足を伸ばしたようだ。  彼に聞くまでタンパなどという都市のある事さえ知らなかったので、とても勉強になり、その都市の事も色々と調べて私の知識欲を大いに満たしてくれた。ここ数年は、私も弱小株主として存在しているが、彼もそのことを知っていて、いつも株価が上がらない事を気にしているようだ。 株価などと云うものは会社の実績と連動してはいないので、人気が上がれば自然と上がるものだと説明しても、彼の中では納得は行っていないのだろう。  自分が頑張れば、会社がよくなり、売り上げも良くなって株価も上がると信じているようだ。  ところが、実際は会社は毎年赤字だし、年末には下方修正ばかりだ(笑)  特に今年度は研究開発費や某社OSの変更時期にぶち当たり、お客の買い控えなどにもかなり影響されたからだと思われる。今夜は「蟹三昧」で慰労してあげようと思う (;^_^A

      テーマ:
  • 15 Dec
    • 討ち入りの日

      毎年のように書いているが、昨日は討ち入りの日。辞典によれば・・・・・元禄赤穂事件(げんろくあこうじけん)とは、江戸時代中期の元禄15年12月14日(1703年1月30日)に発生した主君仇討ち事件である。江戸城中で赤穂藩藩主の浅野内匠頭長矩が、高家旗本の吉良上野介義央に対して遺恨有りとして殿中刃傷に及ぶも討ち漏らして切腹処分となり、その後、浅野の遺臣である大石内蔵助良雄以下赤穂浪士47士が、吉良屋敷に討ち入り、主君に代わって吉良上野介を討ち果たし、その首を泉岳寺の主君の墓前に捧げたのち、幕命により切腹したという一連の事件を指す。一般には忠臣蔵の名称で特に知られる。かつては曾我兄弟の仇討ち、伊賀越えの仇討ちと並んで、“日本三大仇討ち”と称されていたが、最近はこの事件の知名度だけが群を抜いていることもあって、その語はあまり使用されなくなった。また忠臣蔵の名称は、本来この事件を基に脚色した物語ものの総称をいう。とある。そんな訳で、私と妻は来週に東京の国立劇場に歌舞伎「元禄忠臣蔵」を観に行く予定だ。 子どもの頃から忠臣蔵フェチの私だったが、ようやく本物の歌舞伎を観に行ける喜びは誰にも分からないだろうな。妻にも内緒。今から楽しみにしているが、今週末には雪の予報の出ているまるち地方だ (;^_^A

      2
      テーマ:
  • 14 Dec
    • 株主優待

      昨年に引き続きカ○メの株主優待セットが届いた。 ま、ミニマム投資だから最低のセット内容なのだろうが、これでも企業がどんな製品を作っているのかが分かる。因みに、無添加のペットボトルのお茶を作っているのはこの会社だけだと云う。 なので、スーパーに行ってもここの製品は安心して買ってくる。

      テーマ:
  • 13 Dec
    • 男前

      京都で作っていると云うこの豆腐も,やっと田舎のまるち地方のスーパーにもお目見えしたようだ。冬は困った時の・・・・・と妻に言わせるほど、湯豆腐さえあれば夕食に困らない私だが、初めて食べる男前湯豆腐はツルンとした食感で何か不思議な感じだった。個人的にはしっかり締まっている方が好きなのだが、京都ではこんな豆腐がウケるのかもしれないな。妻とその両親は京都に旅行中だが、あれだけ心配して薬まで届けたのに、頑固な義父は薬も飲まずに旅先で風邪で体調を崩したらしい(汗)  まあ、いかにも義父らしいと思うが、頑固もここまでくると大したものだ。 折角の親子の旅行が、楽しくなくなってしまうのは妻にとって残念なことだが、これも親子の縁なので仕方の無い事だろう。

      4
      テーマ:
  • 12 Dec
    • 月明り

      冬になってしまったまるち地方では、こうやって月を眺める事も珍しくなってくる。妻に呼びつけられ(呼んでもらって)外に出てみると、こんな月が出ていた。今週末には雪が降ると云う予報だが、そろそろ自家用車のタイヤを冬用のスノータイヤに履き替えねば・・・・・(;^_^A

      テーマ:

プロフィール

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
527058 位
総合月間
411511 位
のんびりブログ
12233 位
日々のできごと
39855 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。