• 30 Sep
    • 日曜の昼下がり

      秋空の元地元サッカーユースリーグが、妻の母校のグランドで行われた。チャラチャラボーイのチームは今のところ4勝一敗、今日の2試合が今後の成績を大きく左右しそうだった。  卒業以来2○年ぶりに訪れた高校は、妻が最初に入った新設校だったそうで、木も大きく育ち鬱蒼としているらしい。 グラウンドも昔はどう見てもガタガタだったものがきれいに整地されているらしい (;^_^A 昔のグラウンドは下からのぞくと向こう側が見えず、おまけにあちこちに兎のウンチがあったそうな(笑)2試合とも 5-1 5-2 で連勝し通算6章1敗となったチームはチャラチャラ曰くトップらしい。  私達は見なかったが第1試合で3点を挙げた彼は自称リーグの得点王。でも、この写真を見る限り敗けたチームのような気がするのは気のせいか?元気でスポーツをしている息子を見守る事の出来る幸せを一杯に感じた。

      テーマ:
  • 29 Sep
    • 蓄熱暖房機

      まるち家の暖房は主に蓄熱暖房機に頼っている。 これは安い深夜電力を利用し、夜の間にこれらのレンガに熱を貯めておいて、朝になってから熱を放出して暖をとる仕組みという、かな~りクリーンなシステムになっている。 新築間もない頃に、リコールだといってこのレンガを一度取り替えに来たが、今回のリコールは機械全部を取り替えてくれるのだそうだ。  メーカー曰く、全体の2パーセントに不良が見られるのだという説明だったが、夏前にこのメーカーのアンケート調査があり、その時には面倒なことに機器のシリアルナンバーまでこちらに書かせた経緯がある。 そんな事までさせておいて機器ごと取り替えるのだから、メーカー側ではこの2パーセントなど全く把握していないのは素人でも分かることだ。  つまり眉唾もんだな(爆) だから疑わしきは全部取り替えるという経済的な損失の多いこんな方法を選択したのだろう。 レンガを全て取り去った後こうなっていた。 この金属部分で熱を伝えるのだろう。 午前中に配達するとメーカー側が通知をしてきたのに、午後1時を過ぎて配送されてきた新しい蓄熱暖房機とレンガ。 電気屋と私は待ちぼうけを食らった格好だ。 電気屋の親子は午前中にヒーヒー言いながら2台分の重い機器やレンガを2階から運び出していたが、新しい機器1台を2階に上げた段階でギブアップして帰って行った。 運び出した機器2台分を降ろさなければならないから帰った後も大変だな。 全てを据付けるにはまだ2日ほど欲しいといっていたが、まるち家にはまだ3台の蓄暖が残っている。

      2
      テーマ:
  • 28 Sep
    • 睡眠

      最近は睡眠時間が段々と短くなり、夜中にふと目の覚めることが多くなってきた。 朝の目覚めは特に爽やかでもないが、さりとて寝足りないと感じているわけでもない。 なんとも中途半端な感じだが、これが中高年の特徴なのかもしれないと思って諦めている。 チャラチャラボーイは今日から秋休みなので爆睡中(笑) 土曜日は妻の母校でサッカーのユースリーグの試合だというのに、休み中の部活は行かないと宣言していたな。 たった一人のフォワードなのに全く頼りないチームの要だ。 私といえば10月初めから短い海外旅行に出かける。 取引先の招待旅行でハワイまで・・・・・(*^_^*) まだ何も準備をしていないが、流石にそろそろ仕度をしなければならないな。 パスポートの期限は切れていないし、国際免許証の期限も大丈夫だった。 最低限の着替えと浴衣をかばんに入れ、グルーミングセットも用意する。 それ以上の半袖の着替えは、来年に着る予定のポロシャツやTシャツとして毎回現地調達だ。 機中やプールサイドで読む予定の本はまだ買ってはいない。 そういえば、イギリスでのテロ騒ぎのお陰で、ありとあらゆる液体は機内に持ち込むことができなくなったそうだ。 例外無しとのことだが、目薬やコンタクトレンズの保存液まで駄目だと言われるとコンタクト愛用派の私としては大変に困るのだ。 すでに老眼になっている私は、遠近両用のコンタクトレンズをしているので、就寝前にはレンズをはずして保存液の中に漬けておく必要があるからだ。 何か方策を考えねばなるまい(汗)

      2
      テーマ:
  • 27 Sep
    • 着付け教室3

      今日で3回目となった妻の着付け教室。 今回は角だしに挑戦と、いつもの化繊の着物を卒業し、嫁入りに持ってきた紬を出してきた。そこそこ涼しくはなってきたものの、着物を着る時は相当暑くなるのでやはりエアコンは必需品のようだ(笑)義母と記念写真を撮影しお開きとなった。

      2
      テーマ:
  • 26 Sep
    • 訪問者

      最近になって毎日見かけるセグロセキレイの夫婦。 なかなか一緒に居ないので仕方なく画像を借りた。 この時期には珍しくない鳥だそうだが、我が家の庭がよほどお気に入りなのだろう(笑) まるち家のすぐ前には山があって林もあるので野鳥たちには住みやすい環境にあるのだろう。 まだこの鳥たちには名前は無い。

      テーマ:
  • 25 Sep
    • 初めて

      暑さ寒さも彼岸まで・・・・・とはよく言ったもので今朝などは肌寒いと思うほどだった。 起床5時50分、天候は晴れ。 昨日は数十年間の長きにわたって会員になっているが、最近はちっとも行かないゴルフ場に出かけた。そのゴルフ場では今年から電動カートを導入したのだが、その記念にと会員全員にお試し無料券を贈ってきてくれたのだ。 その期日は半年しかなく9月30日迄になっていたので、急遽一人でもプレーの出来る月例杯に参加した次第だ(笑)流石に旧知の間柄の会員さんにも多数会うことができ、やはり古巣も良いもんだと思ったが、如何せんいっしょに遊んでくれる仲間が周りにいなくなった所為で足が遠のいたのだ。1000円の割引券を出し、無料お試し券も出したので競技参加料も安くなり、おまけに昼食用におにぎり持参だったので、帰りの支払いは練習場のボール代のみとなり、生まれて初めてゴルフ場に支払った金額が「370円」となった。爽やかな秋空の天気に恵まれ、スコアにも恵まれ(入賞は逃したが自分では納得のラウンドだった)同伴競技者にも恵まれて楽しい一日を過ごさせてもらった。チャラチャラボーイのサッカー県大会はゴルフ場から10分ほどの県立高校の会場で開催されていたが、試合時間には間に合わなかったのだが、それなりに妻がメールで知らせてくれていた。前半 1-1 で折り返したが、後半に5点を献上し敗退。 残念ながら初のベスト8入りは逃したようだ。仕方が無い、又次があるさ。 よくがんばったチャラチャラ君。その夜は家族3人でお互いの健闘を讃えた残念会を近くの焼肉屋で開いた。

      テーマ:
  • 22 Sep
    • スポーツの秋

      今朝は友人とゴルフに行く。 コンサル業務の報酬未払いに関して裁判を起こされていたのだが、なんとか和解に漕ぎ着けて一件落着したようだが、結局は1円にもならなかったようだが本人は至って元気だった。 外見上は(笑) 私は一人でぶらりと行く予定だったが、気分転換にでもなればと誘ってみると本人は「行く」と答えた。 いつもは自転車で個人事務所に出かけるので、事務所までお迎えに行く。 秋晴れは続かないというが、秋の空気は美味い。

      テーマ:
  • 21 Sep
    • 名古屋帯

      初めての名古屋帯 後姿 前姿 なんとか今のところ個人授業の利点をうまく生かしているようだ、といっても今回がまだ2回目のお教室。 それでも今まで素人だった妻がこんなにうまく着物が着れるとは思っても見なかったが、この後の一人でのおさらいでは悲惨なことになったようだ(汗) いくらやっても帯が下がる、うまく形にならない・・・・・等々  着物の達人への道はまだまだ遠い(笑) この着物はあくまで練習用の化繊だそうだが、いつになったらちゃんとした着物が着れるのだろう? この日もまるち家では無縁のはずのエアコンがガンガン入れられていたが、この位にしておかないと汗だくになってしまい、着付けに身が入らないのだそうだ。 ま、仕方がないか。

      テーマ:
  • 20 Sep
    • 庭木の

      庭木の選定に庭師がやって来た。 私は夏前に植え替えて枯れてしまった芝を張り替えてもらうだけで満足だったのだが、それでは庭師達の生活に寄与しないのだろう、当然のように生け垣の選定と庭木の選定をやって帰っていった。あれだけうっそうとしていた庭だが、次々にあっさりと枝を落とされ、昨日庭に植えたばかりのような格好になってしまった(汗)

      テーマ:
  • 19 Sep
    • 筋肉歌劇

      娯楽の少ない地方中小都市に住むまるちだが、昨夜は「マッスルミユージカル」がやってきたので観にいって来た。 妻の友人の旦那さんが勤める某テレビ局が主催となっていたため、予め妻を通じてチケットを2枚入手しこの日を待っていたのだった。 7000円と高額チケットながら千人以上収容可能な会場は超満員。  内容も初期の頃と違って充分に観客に配慮された構成内容となっていた。 人間も一芸で鍛えれば素晴しいショーを作り出すことができると分かったが、海外の有名サーカスにはまだまだ及ばない。 単純なミスが随所に見られ、勿論、ショーの内容に大きな支障をきたす事はないのだが、ショービジネスは完璧に越したことはない。 2度のカーテンコールを合わせて1時間半のマッスルミュージカルは場内の大きな拍手の中で幕を閉じた。 音楽コンサートよりは少し短いような気もしたが、内容を考えればその辺が肉体の限界なのかもしれない。 会場前でタクシーを拾って帰宅。 朝方に妻と私の自家用車2台を洗車した疲れからか早めに就寝した。

      テーマ:
  • 16 Sep
    • アメリカ下院

      今朝の新聞を読んでいてひっくり返るほど驚いた。 米下院外交委員会のラントス議員(民主党)が、14日の公聴会で、小泉首相の靖国神社参拝を避難し、次期首相にも参拝中止を要請したと云う。 同委員会のハイド委員長(共和党)も、靖国神社内の展示施設「遊就館」の太平洋戦争に関する説明内容を修正すべきだと主張したとも云う。 おまけにランス議員は首相の靖国参拝を「日本の歴史的健忘症を示す最も目に余る事例」と表現し「戦争犯罪人に敬意を示すことは倫理的に破綻しており、日本のような偉大な国に相応しくない」とも語ったそうだ。 私はこの夏に「靖国神社」に公式参拝し、展示施設である「遊就館」にも立ち寄っている。  断っておくが、靖国神社は統一された組織である神社庁からも独立した日本における唯一の存在である。 神社の運営には国の補助金も税金も1円たりとも使われてはいない。  全ては氏子(主に戦没者の遺族関係者)と賽銭、寄付金などで運営されているのだ。 昭和27年4月28日に独立した新しい日本国の国会において「戦争犯罪人はいない」との認識を得て三木内閣時に靖国神社に合祀されたと記憶しているが、アメリカ人が未だにそんな認識を持っているとは全く持って無知としか言いようが無い。 そもそも戦争犯罪人とは東京裁判において責任を問われた人達の事をいうが、あれほど拙い通訳の元で裁かれた人間達は不幸だったと思う。 アメリカ人には日本の文化や歴史を理解出来る者がそこには居なかったからだ。 今の日本には「戦争犯罪人」などはいないのだ。 そして、英霊達が集まる「社」について、有名な文学者「小泉八雲」はこう語っている。 私達西洋人がtempleとかshrineとかいう英語を使っておおまかに英訳している神道上の言葉は、実際は翻訳不可能なものである。 私がそういう意味は、日本人がそうした言葉に結び付けている観念や含蓄は、そうした翻訳では伝達不可能だ、という意味である。 神のいわゆる「やしろ」は、語の古典的な意味におけるtempleであるよりは、「死者の霊の出入りする部屋」 haunted roomとか「霊の部屋」 spirit-chamber とか「霊の家」 ghost-house と呼ぶべきだろう。というのも大神ではない多くの神々は実際は霊 ghost だからである。    後略 キリスト教の国々では死者に対しては敬意を抱かないようだ。  死者が行った行為に対しては敬意を表すが、死んでしまえば塵になるだけなのだろう。 死者の魂が集団で集まる意識は無いようだ。 今の平和な日本を作る為に亡くなった人達に、誠の哀悼を捧げる事は何人にも非難する事は出来ない。 まさに私達日本人の心の問題なのだから。

      テーマ:
  • 15 Sep
    • 天気予報

      8月中に発表された9月の長期予報は、残暑が厳しい・・・・・とのことだったが、蓋を開けてみれば「秋梅雨」とでもいうような長雨の連続で、気温もぐんと低くなり随分とすごしやすくなった。 こういった間違いはどちらかといえば嬉しい誤算のほうに入るのだろうが、最新の機器を駆使してもお天気というものは儘ならないもののようだ(笑) そんななかで昨日は地元のケーブルテレビのコンペに出かけた。ここの目玉は優勝ではなく31位なのだ。 何故かと言うと「ゴルフチャンネル」が31チャンネルだからだという。 商品はハワイソニーオープン観戦ツアー+ハワイでのゴルフコンペ 差額の費用は一切要らないのだそうだ。 勿論、空港までの交通費は自分で払うのだが・・・・・。 数人の仲間に、もし31位を貰ったときには私に譲ってくれと笑いながら参加したが、結果は同伴者が5位入賞でハードディスク付きDVDプレーヤー、前組の仲間は優勝しドライバーを・・・・・私は15位入賞でシューズケースを貰った。 31位は女性が当選した。 ダブルペリア方式のハンディ算出は宝くじを引くようなものだ。 色々と小細工をしながらのラウンドだったが、結局は2打多く叩いてみても年齢ではじかれたようだった(汗) 今日もお天気は朝から晴れ。午前中に妻の着付けの個人レッスンがある。 明日からの3連休は残念ながら雨の予報だ。 もうしばらくはこのブログは続ける。

      1
      テーマ:
  • 13 Sep
    • 10月19日

      話はまだ早いのだが、私がこのブログを始めたのが2年前の10月19日だった。 その頃の書き込みを読み返してみると実に懐かしい。 2年前の秋はまるち家の庭は豊作だった事がその内容からうかがい知れるのだ。 >庭仕事の合間に目をやると庭には秋の味覚が膨らんできている。 >アケビ・柿・ザクロ・インデアンサマー(ベリー)・夏みかん・花梨・・・ >無花果はもう名残をとどめているだけだ。 >アケビは残念ながら大きな実がひとつしか付いていないが、実に縦の筋が付いてきているからもうすぐ弾けて食べ頃になるだろう。 >柿は鳥に大分やられたが、ネットをしてからは被害は少ない。 >ザクロも皮が裂けかけているからもうすぐ弾けることだろう。 >後はもう少し待たなければならないだろう。 それに比べて今年は寂しい内容だ。 アケビは花は咲いたが実が付かなかった。 柿は移植したせいか小さな実は付いたがすぐに落ちてしまった。 ザクロは実がひとつだけ。 インディアンサマーは花が咲いていない。 夏みかんも実が付いていない。 花梨も実はひとつも付いていない。 イチジクは今が盛りだ(笑) 飽き性の私が、良くここまで書き続けて来たものだと我ながら感心する。 そろそろこのブログを閉じようかと考えている。

      5
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 慈善家大国

      著名投資家のウオーレン・バフェット氏が今年6月末に、私財330億ドル(約3兆8000億円)をマイクロソフト創業者のビル・ゲイツとその妻、メリンダ・ゲイツが運営する「ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」に寄付すると発表した。 「世界最強の経営者と、世界最強の投資家」(『フォーサイト』8月号、経済報道解説ノート59)の組み合わせによる巨大財団の規模は、何と600億ドル(約7兆円)にもなるという。  国民から税を集めて再配分するのが、国家の最も根本的な役割だ。 だからこそ税制をどう決めるかは近代国家においては民主主義による代議制システムに委ねられており、「代表無くして課税無し」という統治原理が尊重されている。 ベイツとバフェットは彼らが稼ぎ出した巨万の富を税として国家に上納するのではなく、寄付→財団というシステムを使って活用することを選択したのだ。 寄付行為だからそれまでの投資や利殖とは明らかに異なる。 この民間による「富の再配分」がこれから益々広がるようであれば、国家より柔軟により多くの分野にお金を投じることができるのだ。 国家機能の肩代わりを民間がやることは、この場合、日本で行われている「民営化」とは全く違う。こういった寄付行為の税制をきっちりしておいたほうが小さな政府になりやすいと思うのだが、この日本はまだまだそういった事には慣れていない。戦後目指したのは社会主義国家なのだ(笑) 慈善が偽善と混同されるようでは、この国に未来はない。

      2
      テーマ:
  • 11 Sep
    • 毎日

      どうなるか心配だったイチジクだが、そんな心配をよそに毎日こんなに収穫出来ている (^^ゞ堪らずに、友人や懇意にしているイタ飯屋のマスターにあげてはいるが、まだしばらくは「いちじく地獄」が続きそうだ。誰か近所で欲しい人がいたらあげます。 まるち家のイチジクは甘いぞ =^・^=

      2
      テーマ:
  • 09 Sep
    • ゴーヤ

      心配していたゴーヤの赤ちゃんがすくすくと成長し、やっと私たちのお腹の中に入ってくれる程になったので、雨の合間を縫って収穫させてもらった。 ついでに「出来ちゃった」小さなトマトも収穫。もう少ししたら、「アピオス」の芋も掘り出さなければならないが、もう少し涼しくなるまでは大丈夫だろう。

      テーマ:
  • 08 Sep
    • 切ない

      山口県で起こった女子高専生殺人事件の、犯人の容疑を掛けられた研究室仲間の男子高専生が、山中で自殺した姿で発見されたそうだが・・・・・。  同年代の息子を持つ高専の教育後援会の会長である私は複雑な気持ちでそのニュースを聞いていた。これで真相は永久に知る事が出来なくなった訳だが・・・・・何も人を殺して自分の命まで絶たなくても良さそうに思えるのだ。発見を聞いた、殺された側の女の子の両親はさぞや残念だったろうし、殺した方の男の子の両親の無念も計り知れないだろう。 生きて真実を話し、生きて償いをする事を拒否した少年は何を思って死んで行ったのだろうか?本当に残念で切ない事件の結末だった。

      3
      テーマ:
  • 07 Sep
    • 着付け教室

      私が一人で着物が着れる事はすでにご紹介済みだが、妻は未だに一人では着物を着る事が出来ないでいる(汗) いろんな所を調べ、いろんな伝手を考えてみたが、最終的に辿り着いたのは地域の「シルバー人材センター」だった。教室に通うより自分の時間を優先できるし、なにより安いのだ(笑) まるち地方のような地方都市では移動手段はほとんどが自家用車。 なのでたとえ無料の教室が有ったとしても細々とした物は購入しなければ成らないだろうし、駐車場料金がかかるので結局は高いものについてしまうと思えたからだ。 ホームページから申し込んでみた。  忘れた頃に自宅の電話が鳴り、「向こうの」事情を語る女性の担当者。  そんなことよりこちらの事情を優先して欲しい (ーー;) こちらの条件を全て伝えて電話を切った。 いくら待ってもそれからの連絡が来ないので、こちらから電話をしてみると、数日後には講師「本人」から連絡があった。 その辺が組織の充実していない所以だろうが、こちらとしてはかなり面食らうような対応だった。 さて、本人との打ち合わせも終わり、当日を無事に迎えることができると思っていた矢先、「本人」から電話があった。まるち家の下見をしたが家が見つからないという・・・・・。 仕方なしにお迎えに行き、お茶をしながら妻と雑談をしたが、きちんと正装をした感じの良いおばちゃんだった(笑) 当日、男には分からない色とりどりの色んなものが置いてあるようで、まるち家では滅多に使用しないエアコンを入れてようやく手取り足取りの個人指導が始まった。今回は妻の母親も同席したようだ。 たっぷり2時間、体型の補正の仕方や半幅帯の締め方を習っていたようだが、練習しないとすぐに忘れちゃうのだろうな(笑)

      2
      テーマ:
  • 06 Sep
    • 加齢

      昨夜は私の業界内で、友人でもあるサラリーマン役員が、その子会社の代表取締役に就任した祝いの席に出席した。地方の中小企業のサラリーマンとしては恐らく最大の出世だろう。 出席者は気心の知れた者ばかりなので楽しい宴会になった。 その後、場所を移動して二次会にも顔を出したが、日付の変わらない内に帰宅した。 私はタバコを吸わない。というよりも12年前に止めたのだが、それ以来夜の街に出掛けた時は、体に付いたタバコの臭いを消すために必ずシャワーに入ってから寝る習慣なのだ。 そこそこ楽しいお酒を頂いたのですぐに眠ったようだが、変な夢を見たせいだろうか何故か朝の5時頃に目が覚めた。 のどが渇いていたので水を飲みに台所に行き、ついでにトイレにも入った。 それからベッドに戻ってきたのだが一向に眠れない。 あっちを向いたりこっちを向いたりしていたが眠れない。そのまま6時半になったので起床した。 いくらなんでも睡眠時間が4時間では流石に眠い(汗) そういえば適度な飲酒は眠りには効果的だが、過度な飲酒は覚醒作用があると何所かで聞いたような気がする。 若い頃は眠りが深いから関係なかったのだろうが、年齢が上がると眠りも浅くなるので覚醒の方が勝つのだろう。 年を重ねると肉体的にも精神的にも変化してくる。それを「加齢」というのだろうが、今まで意識していなかった「抗加齢」に積極的に参加しなければならないようになってきたようだ。

      テーマ:
  • 05 Sep
    • 思うこと

      私が読者登録をしているニューヨーク在住のマダム曰く、今からでも6畳一間でも暮らしていく自信があるとの事。 そういえば私も5年前にプチ田舎に家を建て、そこから長男や次男が就職するために家を出て行くの見送った。 そう、今は妻と三男チャラチャラボーイと三人きりの生活。 うまくいって後3年間は三人の生活が続くだろうが、その三男が家を出て行ってしまえば夫婦二人きりの生活が待っている。 家族5人で暮らした数年間は、今から思えばワイワイガヤガヤと随分楽しかったように思うが、そんな生活がもう二度とは戻ってこないのが寂しい昨今。 確かに夫婦二人では六畳一間で十分だな(笑) 日本には昔からこんな言葉がある。 「座って半畳寝て一畳」 どんな人間でも座わる時は半畳で事足りるし、寝るときには一畳有れば充分だという事だ。 本当に夫婦だけになったときには、どこかにコンドミニアムでも借りるか買うかして気ままに暮らすのも悪くはあるまい。

      6
      テーマ:

プロフィール

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
12087796 位
総合月間
411511 位
のんびりブログ
37743 位
日々のできごと
106109 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。