久しぶり

テーマ:
生活に困窮している友人の不動産屋を誘ってゴルフに行った。  以前はバブリーな生活をしていたが、数年前に破綻した第二地銀のあおりを受けて、自宅も競売に掛かったのだが、その時はうまく知恵を働かせて今でもそこに住んでいるものの、個人の財産という物はほとんどない。

失うものが無い生活は気楽だと本人は笑っているが、実際は借金の山(ほとんどは未納の税金や保険料らしい)だし、私なら完全に凹んでしまうような状況だ。  そういう意味では彼の性格は羨ましい。

そういう彼を誘ってみると、プレー代を出してくれるなら・・・・・との返事だったので、出すから出て来いと切り返すと案の定やって来た。

その他の悪友達と1,5ラウンド遊んで帰ったが、帰ってすぐに彼からメールが入った。「 ありがとう」の言葉は友人同士の仲でも礼儀正しく、娯楽の少なくなった彼を誘って良かったと思った。
AD