• 31 Jul
    • 戦利品・東京編

      銀座トラヤ製のパナマ帽だ。 色も格好も結構気に入っている。 えてして旅行先で購入した物は、家に帰ってからは手にしない場合がこれまで多かった私だが、この帽子は(多分)この夏中多分被ることになるだろう。 田舎の生活は自家用車中心なので帽子はあまり被る必要が無いのだが、それでも外に出る時にはこれを被ってみようかと思っている。 パナマで慣れたら次は中折れ帽に挑戦だ (笑) これは表参道ヒルズの或るお店でひと目惚れてしまったアイポッド用のイヤフォンだが、耳掛けとスピーカーの間の部分が削った竹で出来ているのだ。 こんな和風なテイストが気に入ってしまった。 多分、着物にこのアイポッド用のイヤフォンは粋だと思うのだが・・・・・。 靖国神社のお守り  妻の家族と私の分を買い求めた。 平日の昼下がりはさすがの表参道ヒルズもこんな感じの人出。

      テーマ:
  • 30 Jul
    • 戦利品その1

      京都のホテルにあるバーに行った時の事。 私は前回にキープしておいたボトルのウイスキーを水割りにしてもらい、妻はその月のお勧めの甘口のカクテルを注文した。 妻のカクテルグラスに別に持ってきていた中味を注いだ途端に、いろんな色に輝き出したグラスの中の氷にびっくり。 そういえば辺りを見回せば、あちこちでいろんな色に変わっているグラスが有るではないか (;^_^A しばらくして中身を飲み終えた妻は、カラカラと中身をほじくり出した。 中からは透明なクリスタルの様なものが出てきた。ちょっと恥ずかしいけれど妻のする事なので黙って見ていると、ウエイターがやってきて「洗ってきますね」と告げてそのグラスを下げてしまったのだ。 仕方なく次の飲み物を注文すると、そのウエイターがビニール袋に入ったその物体を持ってきてくれた。 透明なその物体は水分に反応して難色かに光るのだと云う。 「どうぞ、お持ち帰り下さい」 と笑顔でいう。 妻は恐縮して押し頂いたが、本当は好奇心で中味を確認しただけだったのにね(笑) 戦利品はいつまで光り続けるのだろう? 今度はこっちの方の興味が湧いてくる (;^_^A

      1
      テーマ:
  • 29 Jul
    • 東京タワー

      二日目は随分久しぶりに東京タワーに登った。 この日の東京地方の天気予報は雨か曇りだったが、強烈な晴れ男の私なので、勿論こんなに晴れてそれも予想外に暑くなった。 残念ながら極度の高所恐怖症の私は、こんな写真が撮れるはずも無く、妻にお願いして撮ってもらったが、私のいる場所はこんなところが精一杯(笑) こういったタワーでは私は決してガラス側には立てないので、壁際からかなりの望遠をかけて妻を撮影。 ↑ 実はこんな人達も取材で来ていたよ。 お笑いの「おぎやはぎ」? この後は銀座に出て「銀ブラ」と洒落込んだが如何せん暑い。 トラヤの店先でパナマ帽を見つけたので店内に飛び込んだ。 中には二人の店員が居て一人は接客中。もう一人の若い方の店員と話す。 お勧めは目の細かいいわゆる手編みの本物のパナマ帽。 その代わり値段もそれなりで20万に手が届きそうだ。 以前から手間がかかる物だと知っているのでそう驚きもしないが、今の私にはそれほどのものは必要も無いので、2万円程度の初心者用のパナマを購入した。 パナマも色合いが白っぽい物から色の濃い物まで色々だ。 日焼けした私の顔には白っぽい帽子は似合わなかったようだ (:D)| ̄|_ これでも十分に東京の日差しに対応できた。

      4
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 公式参拝

      もうほとんど自分の存在価値を失ったと自覚しているクビ間近の首相より、ひと足早く念願だった「公式参拝」を果たしてきた。 妻が取りあえず「表参道ヒルズ」に行きたいというので、羽田空港から470円を払いモノレールに乗り、浜松町の駅からタクシーでホテルに乗り付けた。重い荷物をベルデスクに預けようと思いベルマン(ウーマン)にその旨を告げる。 ところがチラッとメモを見たその娘は、どんどんと別館の方に私たちを連れて行く。何だ、別館の方に泊まるのならそう言ってくれればと思いつつもその後に続く。 「こちらです」とにっこり笑って案内されたのは「全国剣道連盟・・・・・」と受付にあるテーブルだった・・・・・(ーー;) い、いくら着物姿の私でも、君にとっての常識は着物イコール剣道なのか? その娘の勘違いを訂正し、またまた本館に戻って取り敢えずチェックインの手続きをし、荷物を無事に預けた。   早めに昼食を取ってから徐に原宿方面に出掛けた。 さすがにオープン時の雑踏のような賑わいも無く、平日の昼下がりにゆっくりと散策がてらブラブラといろんな店内を見て歩いた。中でもシックなアイポッド用のイヤホンが気に入り購入した。 妻は義理(?)土産に「丸に参」のロゴマークが入った飴を購入。 その後に、今迄行きたいと思いながらも行けないでいた「靖国神社」に行ったのだ。 私が驚いたのは、平日にも関わらず絶えず人が参拝し、付属施設の「遊就館」にも数多くの人達が途切れることも無く出入りしていたことだった・・・・・若い女性や家族連れ、そして何故か外国人さえも入場していた。 境内には小学生らしい子どもたちも一杯いて、ちゃんとした礼儀作法で参拝をしていたのが印象的だった。 タクシーの運転手に拠れば、東京の学校でちゃんと教えてもらって参拝しているのだと教えてくれた。 ←遊就館入り口に展示されている零式戦闘機 これなら彼の英霊達も安心して眠ってもらえるだろうと、安心して神社を後に出来た。 勿論、鳥居をくぐって振り返り、一礼することは忘れなかった。

      2
      テーマ:
  • 27 Jul
    • 学問のすすめ

       「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず・・・・・」余りにも有名な福沢諭吉の「学問のすすめ」の書き出しである。 しかし、一般的には「 」内の言葉だけが独り歩きしていて、その後に続く「と言えり」が抜けて解釈されている場合が多いのに驚く。実は次にはこういった文章が続くのだ。天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人皆同じ位にして、生れながら貴賎上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの者を資り、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるものあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥との相違あるに似たるは何ぞや。その次第甚だ明らかなり。<「実語教」に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとに由って出来るものなり。また世の中にむつかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむつかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心を用い心配する仕事はむつかしくして、手足を用いる力役はやすし。故に、医学、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召使う大百姓などは、身分重くして貴き者というべし。 つまり、人は生まれながらにして平等ではあるけれど、勉学に励むものそうでないものには自ずから違いの出るものであると述べているのだ。前回に北海道大学のクラーク博士の言葉の時にも書いたが、有名な名言には肝心なことが抜けていることが多い。 こういった事も息子たちにはついに伝え損なっている。

      テーマ:
  • 26 Jul
    • 干しぶどう

      子どもの頃には干しぶどうが大嫌いで、葡萄パンの中に入っている干しぶどうは残らず指でほじくり出して捨てていた。 大人になってからはお酒を飲む時にだけ、やっと少しだけおつまみ程度に食べられるようになった。 今回、錦市場で見つけた無農薬栽培の干しぶどうだが、この枝ごと・・・・・というのに妙に心が惹かれたので思わず買ってしまった(笑) これをチーズと一緒にワインでやると堪らない (~o~)

      テーマ:
  • 25 Jul
    • ムクゲ

      移植した為に諦めていたが、少しだけ与えておいた肥料が効いたのか、こんなに大きな花が咲いた。 この花は毎年夏が来ると咲くのだが、何故かまるち地方はまだ梅雨明けしていない (;^_^A ムクゲは韓国の国花でもある。 なのでホテルのランキングを現す単位はこのムクゲの花だ。 最高ランクは5ムクゲといった具合にちゃんとマークが五つ並ぶ (笑) ムグンファ(無窮花)は韓国を象徴する花で“無窮花は咲いてすぐ散る花ではなく一度咲いたら長く咲き続ける花”と言う意味を持っているらしいが、まるち家のムグンファは折角咲いても何故か早く落ちてしまう。 花びらが散るのではなく、このままボッタリ花ごと落ちてしまうのだ。

      2
      テーマ:
  • 24 Jul
    • もう

      錦の市場ではもうすでに松茸が売りに出ていた。 中国製なのだそうだが、鱧といっしょにどうぞ・・・・・とあった。季節感が年々薄れていくが、7月に鱧と松茸のしゃぶしゃぶが食べられるとは、もう何も言えないくらい変わってしまった。さて、九州地方を襲っていた雨だが、昨日は晴れたが今日は朝からまるち地方も雨が降っている。 前線が東に移動した所為だろう。 梅雨がなかなか明けない。 食べ物の季節感も気候そのものの季節感も変わってしまったようだ。

      2
      テーマ:
  • 23 Jul
    • ご飯食べ

      イチジク胡麻味噌和え鱧の白子鱧骨せんべい酢〆鰯焼き物鱧火取り太刀魚アスパラ巻き加茂茄子海胆焼きその他色々・・・・・それぞれに凝った内容の料理だった。夏が過ぎ、秋の料理が楽しみだ(笑)

      2
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 祇園祭

      この月の京都は町全体が祇園祭一色らしく、お昼にも錦市場でお神輿が出ていたが、夜の食事をしていると店の表が突然賑わしくなった。 取りあえずお祭り好きの私はカメラを持って表に・・・・・。 そこに偶然現れたのがこの集団だ。 この後の食事も満足した。 この店はご主人一人きりで切り回しているが、店内の掃除から調度品の飾り替え、料理の内容に至るまで気を遣った後がうかがえるのでわたしはいつも感心している。 最大でも8名しか座れないカウンターだけの店内は、肩も張らずに料理だけを楽しめるので、春からずっとここに通っている。

      テーマ:
  • 21 Jul
    • 京都国立博物館

      前回に引き続き7月15日から開催されている「美のかけはし」と題された展覧会。 前回は京都高山寺に伝わる「鳥獣人物戯画」がメインだったが、今回は俵屋宗達作の「風神雷神図」が目玉となっている。 子供の頃に教科書でしか見たことの無い「国宝」をこの目で見られる幸せを思う存分味わってきた 本物をよく見てみると・・・・・ 体の線はもっとくっきりしているのかと思っていたら、案外ぼんやりと描いてあり、筋肉を表す線も太いがあっさりとした線だった。 屏風も思っていたよりずっと小ぶりだった。 ま、大きさは仕方あるまい、当時の男子の平均身長は今の小学校低学年並みだったそうだから(笑) しかし、最近の私たちの京都旅行は良く良く雨に祟られるようだ(汗) 移動にも負担がかかる。食事に行くのにも雨に濡れる心配がある。 旅行にはお天気が一番のご馳走だ。

      テーマ:
  • 20 Jul
    • 有次

      京都の町をブラブラしていると、やはりここに来てしまう(笑)  今回は,来週東京に行く時の為にお土産を調達しに行ったのだ。妻の同級生の某上場企業の社長さんを頼って不良夫婦が上京の予定なのだ。彼は40代の独身(バツイチ)なので何をお土産にしようか随分と迷ったが、結局はビアカップにした。私が持っているような「銅」や「真鍮」ではすぐに汚くしてしまうのが目に見えているので、「アルミ製」のビアカップにした。写真で見るようにピカピカだ(笑)  有次ではサービスで名前を彫ってくれるので、勿論彼の名前を入れてもらったのだが、それがこの写真だ。

      2
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 夏の夜のコンサート

      このシーズンに私の常宿ホテルでは、午後8時より色々なジャンルの音楽会が開催されている。今夜の出し物は、女声合唱、男声合唱、混声合唱の三部構成。 私達が食事から帰って来た頃に丁度始まったようだ。 もっとも、ホテルにチェックインする時にはリハーサルの真っ最中だったので、かなりのハーモニーが期待できた。 次男の勤めるこのホテルは先進的な試みが行われている。 お客にも優しく、発表の場を求めているアーティスト達にも優しい・・・・・そんな場を提供しているようだ。 ロビーはすでにお客で一杯だったので、私たちは客室のある上階で鑑賞する。 私は高校、大学と男声合唱(グリークラブ)だった関係で、楽曲を聴いているうちに、懐かしく、特別な感情が沸いて来た。 過ぎ去ってしまった遠い昔を思い出す時には、甘く切ないものが心に満ちて、鼻の奥がいつもツンとなる。

      2
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 続:妻の作品

      4最近になって何故か毎日電動ろくろを回し続ける妻だが・・・・・ちゃんとそれなりに作品を仕上げているから憎い(可愛い)奴だ(笑)時々、私にも陶芸をやらないかと誘ってくるが、どっこい私にはそんな趣味は無い。 土を捏ねている位なら燻製でも作っていたほうが余程私の性に合っている。妻やチャラチャラが言うには、私は少しも一所にじっとしていない「回遊魚」型の人間なのだそうだ(汗) そういえば唯一じっとしていた趣味は「釣り」だったが、それでも岩場や岸壁ではなく、ボートで出かける海釣りだった。昭和の時分に4級小型船舶操縦士の免許を取り、すぐさま1級小型船舶の免許も取得した。 平成元年にボートを買って、チャラチャラボーイが妻のお腹に居るときに初クルージングした覚えがある。つまり、私の釣りスタイルは魚探を使って魚を見つけ、そこに竿を下ろして釣るという極めて忙しい釣りなのだ。 なので、釣れないとすぐに場所を移動してまた竿を降ろすという具合だ。私の生き方は先急ぎの人生なのかな?そういえば、今迄は次から次へと色んなことにチャレンジしてきたように思う。これが終わったらこれ。 次はあれかな? といった人生だったようにあらためて考える。結論としては、私の生き方スタイルはやっぱりマグロか?(爆)

      2
      テーマ:
  • 17 Jul
    • マクワウリ

      5月にプランターに植えておいたマクワウリの実が、少しづつ大きくなり次第に色づいてきた。 もうすぐ食べごろになると云うのに京都に出掛ける予定とダブルブッキング (;^_^A 心配の種は、実はこの実がカラスの大好物だと聞いたからだ。 トマトの実は一番に出来たその実を、カラスにやられてしまったので非常に残念だった。 彼らの食べ方は実に汚い。 クチバシで突っついただけで、後はぶん投げ状態なのだ。 それも私にはとても我慢がならない。たかが畜生なので・・・・・とは思ってみても、食べ物の値打ちには変わりがないのだからやはり腹が立つ。昨夜からまるち地方は大雨洪水警報が出ていた。 明日朝にかけても1時間に40ミリを越える雨も予想されているので、2年前の洪水が思い起こされる。 本来なら祇園祭前に京都に行く予定だったのだが、チャラチャラ君のサッカー大会のお陰で、数日伸びてしまった事が今では少し気にかかるが、まあ、また洪水になったとしても、どうせ家は何処にも逃げる事は出来無いのだから諦めるしかないだろう(笑)

      4
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 美学

      「礼に始まり、礼に終わる」が角界の美学だ。だが、あってはならないことが起きてしまった。毎日新聞中部本社の写真記者らに対する露鵬の暴行である。 露鵬は千代大海に敗れた直後から礼節を欠いた。土俵下で千代大海をにらみつけ、一礼をしなかった。さらに風呂場のガラスをたたき割り、各社のカメラマンに向かって「撮るな」と叫んで手を上げた。 (毎日新聞)相撲が言わずと知れた日本の国技である事は周知の事実であると信じている。本人は、ロシア連邦北オセチア・アラニヤ共和国ウラジカフカス市出身のロシア国籍オセット人。大嶽部屋所属なのだそうだが・・・・・れっきとした「外人力士」である (;^_^A 外国人の所謂「すもうレスラー」が活躍し出したのはそう最近の事ではない。 ハワイ勢やトンガの力士達が国技館を湧かせたのはそう古い話ではないのだ。現横綱の力士も過去には余り誉められた態度で無い事もあったが、最近ではさすがに修正された様に思う。どんな人種であろうが、どんな思想であろうが、どんな宗教を信じていようが、日本の国技である相撲を職業と選んだ以上は、日本の美学を実践して欲しいと思うのは私だけなのだろうか?日本からアメリカに渡ったサムライ大リーガー達は、アメリカ流のベースボールを実践しているから、決して「外人ベースボールプレイヤー」ではないと思うのだが・・・・・。それにしても非常に残念な事件だった。男には美学が必要だ。

      4
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 遠征

      高専サッカー部の一員であるチャラチャラボーイだが、本日から富山県高岡市で開催される北信越地区大会に出場すべく、朝からチャーターバスで出掛けて行った。 私が差入れた西瓜を持たせる為、電車を諦め、結局は私が高専まで送り届けたやったのだが、9時集合のところを、なんとか8時50分過ぎには集合場所に到着  (((((*^o^*)♪  早速息子は西瓜を入れた段ボールや、何故かカバンを二つも、よっこらしょと掛け声をかけて車から出し仲間の元に駆けて行った。 仲間でワイワイやっているのを眺めながらしばらく様子を見ていたが、忘れ物も無さそうだったので高専を後にした。 お昼頃になり、用事で自家用車の後部ドアを開けてみて思わず目が点になった。 ´´;  何故ならそこにはスパイクシューズが転がっていたからだ。 おいおいお前さん、サッカーってのは裸足で出来るんかい !! 早速、チャラチャラに電話をしてみると本人は呑気な物だ。 まるで自分の失態に気がついていないようだ(滝汗) 「お前、スパイクが座席の床に転がっていたけど、どうするんだ?」 「ん?」 「だから、お前のスパイクが車の中に転がっているぞ!」 「・・・・・」 「これで明日の試合は出られないな」 \(^o^)/ 息子に意地悪を言ってはみても所詮は団体競技だ。 仕方なく、明日の試合開始時間と試合会場をちゃんと調べてから私にメールするように指示をして電話を切った。 しばらくして電話のメール音が鳴った。  おっ、さすがに早いぞ。感心、感心・・・・・と内容を見てみると・・・・。 旅館名とその住所が載っているだけではないか (ーー;) またまた電話をかけ直す。 「おいおい、試合会場を聞いたんだぞ!」 「えっ? 宅配便で送ってくれるんでは・・・・・・」 「おい、何処の世界に今日の昼過ぎに集荷して、明日の昼前に届けてくれる奇特な業者がいると思っているんだ?」 「・・・・・」 明日は猫印の宅配便が臨時でまるち地方を出発予定だ (@_@;) ところが・・・・・ 実に恐ろしい事が判明した。 私は富山県高岡市と思い込んでいたところ・・・・・ 新潟県長岡市と判明  ( ̄□ ̄;lll 早速、あちこちの宅配便に電話。 必死の思いで捕まえ、スパイクを送る準備をした。 本日の夜に集荷して明日の9時にはチャラチャラの宿泊している旅館に届けてもらえる事になった。 今は、お金さえ払えば14時間以内に配達されると云う事実を、田舎のおっさんは知らなかった(汗) 奇特な宅配便業者は存在していたのだった _| ̄|○

      4
      テーマ:
  • 14 Jul
    • 青年よ大志を持て・・・・・

      Boy,s be ambitious ! Be ambitious not for selfish aggrandizement, not for that evanescent thing which men call farne. Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be. ”青年よ大志を持て.それは金銭や我欲のためにではなく、また人呼んで名声という空しいもののためであってはならない. 人間として当然そなえていなければならぬあらゆることを成しとげるために大志をもて” 余りに有名な北海道大学で教鞭をとったクラーク博士の言葉だ。 が、有名なのはその前段のさわりだけで、その後に続く重要な文章については知るものは少ない。 私がこの全文章を知ったのは、ふらりと立ち寄った友人の事務所の壁に張って有った張り紙を見てからだ  (;^_^A   有名な「名言」にも必ず裏(?)があるものだ。 無論、違う「名言」についても、そのいくつかは知っていたのだが、余りにも有名で,子供の頃に刷り込まれたこの言葉が、そのひとつだったとはまるで気が付かなかったのだ。 人間として・・・・・これだけでも解釈は大変難しいことだ(笑)  無限の彼方に思いを巡らせてみる。 今の世の中はこの中の「大志」だけを持つ若者が増えているように思う。 人間として当然そなえていなければならないあらゆることを、今の若者が持つことは不可能かとも思う。 私だって自信が無い (^_^.) 成しとげるべき「大志」や「希望」を私はすでに失っているのだろう。

      テーマ:
  • 13 Jul
    • 梅雨空

      以前にまるち地方は空梅雨だと書いたが、それは間違っていた。 ここしばらくの長期予報が、晴れから曇りまたは雨に変わっている。全く猫の目のようにクルクル変わる予報に呆れながらも、毎日のように恨めしく空を見上げる。 衛星を使っても予報はこの程度なのか?曇りなのに雨がなかなか降ってこないのだ。 お情け程度の雨粒がパラパラ降り始めたかと思うと人を馬鹿にしたようにすぐに止む。空に向かって  「こらぁ~なめとんかい。 ええかげんにせぃ!!」  と怒鳴りたくなるような天気だ。 勿論、曇っているので湿度が高い。 これならいっその事ざっと雨が降り、さっと上がってくれたほうが潔い。妻も洗濯物を持ってウロウロしているようだ(笑)庭の芝生の上にも正体不明のきのこが生えてきた (;^_^A

      テーマ:
  • 12 Jul
    • お礼

      私のことが ニューヨーク在住マダムのRumiさんのブログで紹介されてから、何人もの方が私の拙いブログに読者登録してくれた。おまけに驚くほどの訪問者の数(百人単位)にただただ呆然と立ち尽くすのみこの場を借りて厚くお礼申し上げる次第 m(__)m ← ふかぶかただ、その後のギャップには精神的にかなり堪える。 100人 → 50人 → 普段の数字という風に劇的に変化していくのだ (┯_┯改めて言って置くが、私は田舎に住むただのおっさんなのだ。 日常は何事もなく平穏に流れているので、皆さんの退屈しのぎになるのか甚だ疑問だが、それをご理解のうえお付き合い下せれば幸いだ。さて、来週の頭に連休を貰った次男だが、チャラチャラにメールを寄越し上洛を盛んに促したようだ。何だかんだと言っても、昨年別れた彼女の変わりも出来ずにひとりぼちで寂しいのだろう(笑)14,15日と全国大会出場を懸けた高専のサッカー大会があるのだが、どうしても行きたいと強請るチャラチャラに、優しい父親の私はおっけ~を出す。 どうせ15日からは京都国立博物館で国宝の御開帳が始まるのと、18日からは五条付近で陶器祭りのあることをこちとら先刻承知の介だ。チャラチャラを送る口実で、不良夫婦も美味しい晩御飯と目の保養・・・・・・としゃれ込むことにした。

      2
      テーマ:

プロフィール

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
12087796 位
総合月間
411511 位
のんびりブログ
37743 位
日々のできごと
106109 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。