• 30 Sep
    • ついこの間までは、縁側に立つと床板が熱いと感じたのに、今では暖かいと感じるようになってきた。 季節の訪れはこうやって来るのだろう。 妻はこの時間を利用してせっせと座布団やクッションにも太陽の恵みを与えていたようだ(笑)

      2
      テーマ:
  • 29 Sep
    • 作陶2

      妻が一旦作陶を始めると私はほとんど無視される ( ̄□ ̄;lll なので、妻の目を盗んでたまにいたずらをすることにしている(笑) これを見て妻が名付けた名前は「トムくん」だった・・・・・。 勿論、この写真以外に彼の存在を知るものはいない。 この後すぐに元の土くれに戻ってしまったからだ。

      4
      テーマ:
  • 28 Sep
    • 作陶

      秋の足音が聞こえるようになって、何故か突然、妻が陶芸に手を染め出した。 一時期、狂ったようにあちこちから土を通販で買っていたので、(私は黙っているが)車庫の奥や物置の隅に大量に隠されている。 たまに覗くとカビ塗れの土が有るので怖いらしいが、怖いもの見たさで思い出したようにこうやって土を練りだす(笑) またまたこの中に私の作品が隠されている。

      2
      テーマ:
  • 25 Sep
    • 人生

      夕方、携帯のメール音。 1才下の従弟からだ。彼の父親の訃報の知らせだった。数年前から肺ガンに冒され、何度か危うい事もあったが、その度に持ち直してきた頑丈な叔父だったが、今日とうとう往生された。お寺の次男として生まれ、京都の役人として務め上げ、最後には区の福祉事務所長にまでなった人物だった。これからは父の兄弟縁者たちの不幸が続くのだろう・・・・ほとんどの人たちは70歳をはるかに超えている。 人は永遠には命を保つ事は出来ないからだ。

      2
      テーマ:
  • 24 Sep
    • 野鳥

      朝から亡父の墓参りを済ませ、チャラチャラボーイを出身中学の文化祭まで送ってコーヒーを飲んでいると、庭から変わった声が聞こえてきた。あまり見かけないその野鳥はコゲラの仲間だ。この連休の使い道をまだ決めてはいない。 お昼からは取りあえずに庭木を観察。 イラガと変な毛虫を数匹退治した。その後は気分転換に散髪し、ツタヤでDVDを2本借りてきた。 夜には大阪の同級生から電話があり、先日のお礼に送った地酒が届いたお礼の電話だった。

      テーマ:
  • 23 Sep
    • 乱れ雲

      今日の某国営放送で「乱れ雲」という映画をやっていた。私が中学生の頃に街中で映画の看板を見たように覚えている。成瀬巳喜男のその「乱れ雲」は、交通事故によって夫を喪った未亡人・司葉子が、加害者である加山雄三とあわや一線を踏み越えそうになるという、古式ゆかしいメロドラマだ。10年ほど前から昭和30年代の映画は機会さえ有れば観るか録画するようになった。遥かなノスタルジーの成せる技かと自分では思っている。今ほど人心が荒れていなくて、自動車も信号も少なくて・・・・・人々が未来を夢見ていた頃の映画には今でも私の心に響くものが有るからだ。人の夢は儚い・・・・・。

      テーマ:
  • 22 Sep
    • 秋分の日

      暑さ寒さも彼岸まで・・・・・とはよく言ったものだ。 ここ数日で朝夕の気温はぐんと下がり、妻は布団をかぶって寝ているようだ。 私は頭の上にある窓を数センチ開けてタオルケットで寝ている。 暑がりなんだな(笑) さて、明日は秋分の日なので亡父の墓参りに行く予定。 チャラチャラボーイは昨日学校の帰り道に散髪してきた。 理由は彼の出身中学の文化祭に出掛けていくため。 先日、県内の某有名進学校の文化祭に出掛けた折、ジャージ姿に茶髪を見咎められて入場できなかった事がトラウマになっているらしい (^_^;) 妻は彼に明日は墓参りを済ませてから遊びに出掛かるように念を押していた。 最近は葬式が2件続き、どちらも夫の方が亡くなっていた。 残された妻の悲嘆は想像するに余りある。 こういった状況はいずれ私の家族にもやってくるのだろう。 父が亡くなって10年が過ぎようとしているが、あの頃の気持ちはなかなか風化してくれない。 つい先日まで会話を交わした人間が、物言わぬものとなって自分の前から姿を消していくのはやはり辛い。 日々新た・・・・・ 今日もがんばって生きていこう。

      2
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 盗撮

      先日盗撮された山桃の木だが・・・・・私が仕事をしたのでここまでさっぱりした塩梅となった。ここまでやったら私の姿も分かっただろうが、そうは問屋が卸さない(笑)昨日は私中心に庭仕事をしたが、後半は妻も手伝ってくれた。 いつもそうだが・・・・・庭木を切る時には夫婦そろって切った木に「ゴメンね」と言いながらなのだが・・・・・何故か夫婦ともに体に変調をキタスノハ気のせい?

      2
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 十五夜

      お月さんがきれいだった。 雲がなくなってからの月はそれなりにきれいだったが、この月の方が不思議ときれいに感じた。今日も庭仕事をした。芝刈りに雑草取り。 雲竜柳の枝も落とした。今日は筋肉痛で辛い一日だった (:D)| ̄|_

      4
      テーマ:
    • 連休

      この連休中の天気予報は晴れ。なのでこの天気を利用して庭仕事をする事にした。 先日蜂達との闘いで切ったイチジクの枝が切り倒したままになっているし、山桃や杏、樫の木の枝もボウボウに伸び切っているので剪定が必要だ。剪定ばさみ小と大・・・・・妻がテレビの通販で買った高枝ハサミを用意する。イチジクの枝を20センチほどに細かく切ってビニール袋に入れて行く。 勿論イラガがいないか細心の注意を払う(笑)何故か蜂が枝の下に潜り込んでいて肝を冷やす ( ̄□ ̄;lllまあ、所詮1対1のタイマンであればさほど怖くは無い。 横には蜂用の殺虫剤も置いて有る。次は樫の木の剪定だ。 この木には下から見てもイラガが沢山住みついていた (;^_^A  脚立に登って剪定する。 用心の為に帽子、長袖、長ズボン姿なので非常に暑い。てっぺんだけはハサミが届かず剪定を諦める。杏は夏に一度剪定済みなので細かく混んだ枝だけを切ったが、これには大きなイラガが付いていた。最後に山桃の木の剪定だが、この木には数十年ぶりに木登りをした。 木登りはやはり気持ちが良い。剪定はさみを片手に枝を伝って登る。 細かい枝を切る。 たまに地上に降りては全体を見直す。 又登る。 まるで猿だ(爆)最近はよく妻に盗撮されるが、写真は山桃の木に登っている私だが、どうも同化していてよく分からないようだ(笑)さて、どうにか枝打ちを終えたが、当然山のように枝が落ちていた。これをまた20センチ程度に切りそろえてビニール袋に入れて行く。 腰も痛い。 午前10時頃から始めて終了したのが午後3時過ぎ・・・・・・。中高年のオヤジには相当コタエタ(滝汗) 明日の筋肉痛が怖い (:D)| ̄|_

      2
      テーマ:
  • 16 Sep
    • これが防護服だ!!

      夫が必死の思いで蜂と闘っていたのに、お気楽主婦の妻は写真を撮る余裕が有ったらしい(笑)そのことを指摘すると「心配で1枚しか写真が撮れなかった・・・・・」と宣った。もう、この頃はイッパイイッパイで・・・・・・(:D)| ̄|_この後に風呂場に直行した。

      12
      テーマ:
  • 15 Sep
    • 闘い済んで日が暮れる?

      無花果の樹にスズメバチが団体で食事に来るようになってからは怖くて近寄れなかったので、その間は無花果の実を採る事が出来なかった。 悪い事は循環するものだ。 熟した実は次から次へと蜂たちを誘い、24時間営業のファミレス状態になってしまったのだ。 朝でも夜でも蜂が枝や実に止まっている。 意を決して知り合いの害虫駆除業者に頼んで、蜂の防護服を借りた。 ドラッグストアで蜂用の殺虫剤も買い求めた。 この手の薬剤は業務用も家庭用も価格以外にたいした差は無いのだ。 さて、いよいよ決行の日が来た。 スズメバチ飛行隊VSマルチネコ特別攻撃隊の戦闘だ(笑) 防護服を着ていても下手をすると針が突き抜けることが有る。 なので専門業者は冬用の厚手のつなぎを着ているが私は冬用の作務衣を着て代用した。 防護服は上下に別れている。 ちょうどへその辺りでファスナーが付いており、パンツと上着を繋ぎとめる。 そしてヘルメットをかぶり、これも上着とファスナーで繋ぐ。 これで蜂は中には侵入不可能だ。 下はゴム長。 手袋は所定の物を二枚重ねて着用する。 剪定ばさみと殺虫剤を持ち無花果の樹にそっと近づく・・・・・。 蜂たちは一心不乱に無花果の実を食べている。 その数約10・・・・・。 戦闘は奇襲攻撃が有利な事は間違いはない。 歴史が証明している。  桶狭間の闘いの織田信長しかり。 真珠湾攻撃の帝国海軍然りだ。 取り合えず殺虫剤の先制攻撃をかける。 かける。 かける。  蜂たちは逃げる。 逃げる。 逃げる。 「いひひひ・・・・死ねぇ~死ねぇ~」 自分が安全だと確信している人間は残酷になるようだ。イラク攻撃をやったボケブッシュの気持ちがよく分かる(爆) 蜂用の殺虫剤は即効性だ。 何匹かはそのまま地面に落ちる。 止めを刺す。 右の足で踏みつける。 踏む。 踏む。  許せ、俺がやらなきゃやられるのはこっちだ。 お互いに命を懸けた真剣勝負なのだ。 蜂が逃げた隙に、今度は無花果の枝をはさみで切る。 切る。 切る。 「キルビルVol 1] の世界だ(笑)  切った枝を安全な場所まで移動させる。  う~ん。 これはかなりの重労働だ。 息が切れるし、暑い。  汗が噴出しすぐにでもヘルメットを脱ぎたい誘惑に駆られるがそれはまだ危険だ。 ひ~ひ~言いながらもなんとか全ての枝を移動させた。 食べかけの実にまた寄ってくるといけないので、全て手で枝からもいでビニール袋に入れた。 作業が終わるや否や速攻で風呂場に走りこむ。 もう我慢が出来ない。 ゴム長を脱ぐ。 ヘルメットを取る。 防護服を脱ぐ。 手袋も取る。 作務衣も脱ぐ。 Tシャツも脱ぐ。 パンツも脱ぐ。  汗だらけの頭からシャワーを浴びる。 ここでやっと勝利を実感した。 わが地上部隊はスズメバチ航空兵力を撃破したのだ。 これでやっと安心して庭を歩く事が出来そうだ。 蜂たちの冥福を祈る。  以上報告

      6
      テーマ:
  • 09 Sep
    • スズメバチ飛行隊

      あまり有り難くない話だが、庭の無花果の木に野鳥の群れがやって来た。 そしてそこらじゅうの実をほじくり引きちぎり地面に落としていった。 それはそれで諦めていた。 しかし、その匂いにつられて蜂達がやって来た。 アシナガ蜂、ミツバチ、そして一番獰猛なオオスズメバチだ。 この蜂飛行隊に襲撃されたら人間はひとたまりも無い。 刺されれば命に関わる毒を持っているからだ。 市販の蜂用の殺虫剤で一時的に蜂を追い払い、台風で軒を壊さないように枝の一部を切っておいたが、今朝になって確認してみたら余りの風の強さのため、枝の一部が折れていた。 なんとか後始末をしたいのだが、どうもスズメバチ飛行隊のレストラン状態となってしまったようだ。 朝も昼も蜂達が居る。 まるで終日営業のファミレスかバイキング状態だ(滝汗) 夕方になって蜂たちが満腹になった頃を見計らって枝打ちに行こうと思っている。 私の無事を祈っていて欲しい ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

      14
      テーマ:
  • 08 Sep
    • 台風

      台風14号(今年は昨年のように愛称はつかなかった様だ)がやって来た。 この台風は私の住む町には雨では無く風を運んできた。 夜半から家が壊れるのではないかと思うような唸りを発して突風が壁を打つ。 以前の家は鉄筋コンクリートだったので安心感があったが、今の家は木と紙と土で出来ている様な物だ。 ぶー・ふー・うーの三匹の子豚の気持ちが良く分かる(爆) それでも仕事の関係で隣県まで高速道路を使って出掛けた。 突風が吹くので車は安定していない。 現地についても風が酷く、目を開けていられないような状況だった。

      3
      テーマ:
  • 07 Sep
    • ホテル

      大阪に泊まる1日前にオープンしたホテルのロビー。新しいホテルなので、ベッドメーキングのおばさん達は忙しそうに部屋から部屋に飛び回っていた(汗)なかなか洒落た造りだったけれど、やはり部屋は狭く圧迫感があって良く眠れなかった。

      2
      テーマ:
  • 06 Sep
    • 青竹庵

      飲み会会場の大阪天満橋にある大乃屋「青竹庵」の前庭が余りに素敵だったのでパチリ。 座敷はこの部屋しかない。 後はカウンターとテーブル席が3つほどのこじんまりした作りになっている。 給仕をしてくれた女の子は看護学校の学生のバイトだという。 ハキハキしたなかなか好感の持てるキャラだった。 これなら将来看護師になっても患者さんはとても癒されるだろう。 しかも、出身は今回の幹事と同郷の丹後だという。 残念ながら親戚ではなかったようだ(笑) がんばれ学生。 日本の将来は明るいぞ!!

      2
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 防災

      9月1日は防災の日だった。 私の住む町は1年と少し前に大きな水害にあった。 自宅の周りの水田も水没。 道路も冠水し、折角の日曜日なのに何処にも出かける事が出来なかった。 仕方なく、愛車(自転車)で周りを偵察に出掛けた。 すごい水圧でギアを一番低い設定にしないとうまく進まないほどだった(汗) しかも、泥水なので前の道路状況が分からない。 段差があっても分からない。 なので何度か危険な目にあった。 写真は歩道から車道を写したものだが、歩道を歩く人たちの膝まで水が着いていることが分かるだろう。 この写真は自宅の近所の様子を写したものだが、手前は全部水田だった所だ。 一見池のように見えているが決してそうではない(笑) これはお昼ごろに写した写真だが、水かさは夜の7時過ぎまで増えていった。 当時はかなり引きつっていたが今では遠い思い出・・・・・

      4
      テーマ:
  • 04 Sep
    • 美術館ハシゴ2

      場所が良くなった割には人気の無い国立の美術館を後にして今評判になっている京都市立美術館に向かった。こちらは日曜日だと云う事もあり人気の企画「ルーブル美術館展」だ。入場券を買うが入り口から早速入場制限だ(笑)しばらく待って中に入るが、案の定入り口で大渋滞 (;^_^A 展覧会慣れしている私は最初の渋滞をパスし奥に向かう。 興味がない絵や混んでいる場所はスルースルー・・・・・。混んでいる時は仕方がないのだ。 それにしても大阪の美術館はエライ違いだ。結局は早めに出てしまった。 時間のある時にまた来ようと思ったからだ。展覧会はやはり気の済むまでゆっくりと過ごしたいものだ・・・・・。

      2
      テーマ:
    • 美術館ハシゴ1

      昨夜は楽しい飲み会を終えて今日は美術館のはしごをした。 大阪中の島にある国立の美術館・・・・・ここが完成するまでは万博公園の中にあり、交通の便がとても悪い場所にあったが、まあマシな場所に変わったものだ。中に入って見てびっくりしたが国立美術館らしく監視員の人数が半端ではない(笑)地下に展示室があるのだが、1階の入り口にまず受付の女の子と警備員。エスカレーターで下に降りるとコレクション展2には7名の監視員。 企画展にも8名の監視員。 それに観賞券売り場に2名。インフォメーションに1名。もぎりに2名の配置。 男性警備員も3名。なんと日曜日にも係わらず客の数より多い (爆)

      テーマ:
  • 03 Sep
    • 大阪

      午後の列車で大阪に行く。久しぶりの都会だ (笑)ほんの数時間を共有する為に電車に乗りホテルに泊まる行為は論理的ではないかも知れない。妻の勧めで、日曜日には大阪にある国際美術館と京都にある市立美術館に寄ってから帰ろうと思っている。次男は勤務中で会えないだろう・・・・・・。

      4
      テーマ:

プロフィール

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

ランキング

総合ランキング
525596 位
総合月間
411511 位
のんびりブログ
12355 位
日々のできごと
39930 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。