• 30 Jun
    • あわび

      ネットのオークションで手に入れた三陸の黒あわび。私の住む町からほんの1時間以内にきれいな海があり、あわびは簡単に手に入るのだが、たまには遠くのあわびも食べてみたいと思い、調子に乗って応札した所、運良く安く落札出来たものを宅配してもらったのだ。これからは先日友人に貰ったような岩牡蠣や、他にもさざえ、あわび、雲丹、わかめ等が美味しくなってくる季節だ。我家は夫婦とも随分前から年齢には勝てずにあっさりした魚中心の食生活。今ではサシの入ったロース肉などは見ただけで途端にムカムカして食欲がなくなるくらいだ(笑)それでも、長男や次男が家に居た頃は妻が食生活には気をつけていて、たまには牛肉の時もあったが、彼らが居なくなった途端、夫婦中心の食生活になってしまった。次男が時々言っていた。 「あ~。たまには血の滴るような肉クイテ~~~」なので、先日、とうとう三男が切れた!!「おい。昨日もフィッシュ。今日もフィッシュかよ。たまには肉食わせろよな!」 <`ヘ´>はいはい。以後気をつけますです(滝汗)

      11
      テーマ:
  • 29 Jun
    • デンタルチューブ

      最近私が使い出した歯磨き粉(今は粉とはいわないよねペーストかな)。今年の初めにハワイに行ったときに買って来たものだ。私はこういったアメリカの雑貨がとても好きで、旅行先でも暇があるとドラッグストアーの探検をしているくらいだ。日本でも同じような製品は有るが、このキャップに惚れてしまった(笑)斬新で未来的だと思っている。パッケージもいい。このチューブで歯磨きしている間は幸せな気分で居られそうだ。

      テーマ:
  • 28 Jun
    • 木苺

      この木苺「インディアンサマー」は熟しだすと一時に色づき始める。人気が無いので毎年ホッタラカシだった所為か、私は勘違いをしていたようだ。毎朝、このくらい収穫できるので、妻の作ったヨーグルトの上に乗せるか、トロトロソースにしてかけて食べている。先日、ジューンベリーの枝の剪定作業をしていた時に、左指に嫌な違和感を感じた。左手を見てみると、「イラガ」のこどもがビッシリ付いているではないか(滝汗)「イラガ」をみなさん知っています? 緑色したトゲトゲで刺されるとしびれるような痛みのあるやつ。でも、今回は痛みや痺れは少なかった。 刺した虫がまだ子どもだったので毒が弱かったからだろう。すぐさま自分のずぼらを反省し、軍手をはめて注意深く葉っぱの裏側を順番に見ていく。いるいる・・・・・。今年はこの嫌な「イラガ」が居ないと安心していた矢先だった。「イラガ」のついている枝を切り、ビニール袋に入れていく。 暑いからか、葉っぱにじっと固まっていた彼らは意外なスピードで這い上がろうとする。そうはさせじと袋の口を閉じる。ついでのことと、葉っぱの色の悪くなった桜の木も観察してみた。いるいる・・・・・(^_^;)これは脚立に登らなくてはハサミが届かなかった。桜は枝を切ると、そこから感染して枯れてしまうので、慎重に彼らの付いている葉っぱだけを切る。ひらひらと顔の前を落ちていく葉っぱにひやりとする。イラガが顔に付いた日には・・・・・・想像しただけでも脂汗が出てくる。

      4
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 妻作

      妻の手製のエプロン完成。丈の長い、プロ仕様の様なエプロンだ。 このくらいのものならチョチョイのチョイで作ってしまう(笑)

      5
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 今年は何とか杏の実が10個ほど収穫できた。早速味見をしてみたが、あまり甘くなく美味しくなかった。 なのでこれもジャムにする事にした。この実をさっとお湯にくぐらせて表面を殺菌し、手で実をひねって種を出す。後は鍋で砂糖をかけて煮るだけ。 実から水分が出てくるので水は入れなくて良い。種は庭に植えておいた(笑)

      2
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 猿落し

      これが何か分かりますか?我家の縁側の板戸に付いています(笑)因みに材質はヒバで、横に黒く縞が入っている木は柿の木で出来ています。通称「サルオトシ」 という錠の一種です。この写真は戸が閉まっている状態。 柿の木のつまみを左にスライドさせると縦の木が溝に落ちてきて戸が開くようになります。昔の人の知恵は素晴らしいものがあります。

      2
      テーマ:
  • 24 Jun
    • あけび

      アケビの実が順調に育っている。見ての通り、私の親指より太っちょになってきた(笑)これからせっせと腐葉土をやろうと思う。山ではきっとそういう環境だと思うからだ。できるだけ自然で、環境にやさしい育て方をしたいのだが、アブラムシや色んな虫があけびの若い枝芽についてくるので、止む無く少量の農薬を散布している。毎年、発生する虫が違うのは地球温暖化の所為なのだろうか?

      テーマ:
  • 23 Jun
    • ブルーベリー

      いよいよベリー界の大御所の登場だ(笑)イチゴはジャムに化けた。 多分、ブルーベリーもジャムに加工される運命にあるのだろう。このブルーベリーの木は妻の弟が新築のお祝いにくれたものだ。その弟は、大学院を卒業してすぐに農林水産省に入省したとても頭の良い子だったのだ。しかし、何故かたった3年で辞めて地元に帰ってきてしまった(汗)お役人の世界の水が余程身に合わなかったのだろう。両親の落胆振りは私が見ても気の毒になるほどで、妻もしばらくは弟と口を利かなかったようだった。まあ、その後しばらくしてから農水省の汚職事件が公になり、当時の上司もかなり逮捕されたようだった。その弟は大学時代の知識を元に花卉農家となった。 トルコ桔梗や菊の栽培をしだしたのだ。しかし、それでは満足に食べていかれない事を悟り、数年前からアスパラ農家へと転進した。また、来年からはブルーベリーも作るそうで、このブルーベリーも里帰りをする予定だ。 里帰りといっても選定した枝を持ち帰るだけなのだが・・・・・。ブルーベリーは挿し木でドンドン増えるのだそうだ。私はそんな事も知らなかった (^_^;)

      2
      テーマ:
  • 22 Jun
    • ガクアジサイ

      こういったアジサイも咲いています。

      2
      テーマ:
    • 白い紫陽花

      も、咲いている(笑) この紫陽花の種類は白く咲いてから、色が変わって行く。 昔からの紫陽花は七色に変わったと言われているので、その類いの花だと思う。 地球温暖化の影響かここしばらくは雨も降らず、仕方なく毎朝、毎夕水道の水をたっぷり蒔いている。 一回に30分は時間を取られるが、大切な木や花を枯らすわけには行かない。 みなさ~ん私は田舎で頑張っているよ~~ (((((*^o^*)♪

      テーマ:
  • 21 Jun
    • 青いアジサイ

      私は昔からこの紫陽花の花が好きだ。 以前の家にも数株植えていたので、引っ越しした際にこちらに持ってきた。他にも鉢で買い求めた物も数株地上にしてある。この紫陽花にも結構な種類があり、これはかなりポピュラーなほうの紫陽花だ。花の色は土壌のPHで決まる。 青い花が咲くのは土壌が酸性の場合だそうだ。 逆に赤い花にしようとするならアルカリ性にしてやればいい。梅雨の時季に咲くこの花はじめじめした雰囲気を和ませてくれるが、今年はまだ梅雨に入っていないようだ。もうすぐ亡くなった父の祥月命日がくる。父の葬式の時も梅雨らしくなく快晴だったのを良く覚えている。それ以来毎年、庭に咲く紫陽花を持ってお墓参りに行っている。

      2
      テーマ:
  • 20 Jun
  • 19 Jun
    • インディアンサマー

      キイチゴが色づいてきたようだ。 インディアンサマーと名付けられたこの木は春と秋の二回実を付ける。しかし、我が家では余り人気がない。いっぺんに熟さないので、少しづつしか食べる事が出来ないからだと思う。うっかりすると、熟し過ぎて下に落ちてしまう(笑)

      4
      テーマ:
  • 18 Jun
    • ミシンがけ

      妻が凄い勢いで服を連続で製作中(滝汗)画面に映っているのは、今朝摘んだジューンベリーとうらしまななこさん推薦のにんにく七味    (;^_^A 一着だいたい4日ほどで完成させてしまう我妻に尊敬の念が湧いてくる。ていうか、洋裁に熱中している間は何故か我が家の食卓は貧しい ( ̄□ ̄;lll

      4
      テーマ:
  • 17 Jun
    • 柿の赤ちゃん

      周りについていた、汚くなった花びらがむけるとなかはこうなっている。もうほとんど柿の実の原型が出来ていて、このまま秋に向かって成長していくのだ。昨年漬けた柿酒を先日味見してみたが、まだまだ熟成されていないようだった。今年は氷砂糖の量を変えて、焼酎もホワイトリカーから変えてみようと思う。いずれにしろ1年に一回しかトライできない。 それが楽しいのかも(笑)

      6
      テーマ:
  • 16 Jun
    • ゴーヤ

      5月の末頃、妻と一緒に陶芸祭なるものに出掛けた。妻の趣味が陶芸になってから、その祭りに一緒に出掛けるのはこれで3回目。陶芸品も少し買ったが、私の本当の楽しみは、地元の老人会の作る手製の竹製品や箒を買う事だ(笑)今回も竹箒と小さめの籠を一つづつ買い求めた。帰りには売店で餅や寿司を買う。売店の並びでいろんな苗を売っていた。 そのなかで一つだけ売れ残っていたのがこの苗だった。ゴーヤの苗。ワンコイン・・・・・100円という安さに魅かれてつい買ってしまった。枯れても惜しくない金額(爆)そのゴーヤに花が咲いた。 初めてみる花には何となく興味を引かれる。

      テーマ:
  • 15 Jun
    • 房スグリ

      やっと色づいてきたようだ。我が家で一番かわいらしい木の実といえるだろう(笑)この実も何故か沢山出来ない。 理由は不明。 いつ花が咲いたのかも分からないのだから当然といえば当然か(汗)しかし、その実は甘酸っぱく私は大変好きなのだ。 もっと沢山食べたくて、昨年ホームセンターでもう一本買い求めたが、そちらの方も結果は同じだったのが残念だ。今年は肥料を考えて与えてみようと思う。人間辛抱・・・・・・リンボー (爆) 

      2
      テーマ:
  • 14 Jun
    • ジャム

      ジューンベリーが沢山採れたので、ジャムにしてみようとやってみた。結果から言えば失敗 (┯_┯)種が気になるのだ。 生の場合は気にならないのだが、ジャムにして種の周りの繊維が無くなると妙に種の存在が気になるのだ。ああ、勿体ない事をしたと後悔しても始まらない。又、明日採ってこよう(爆)

      7
      テーマ:
  • 13 Jun
    • グミ酒

      私の読者であるうらしまななこさんの御要望で、とうとうグミ酒を造ることにした。 庭に出るとほとんどの実が熟して真っ赤になっていた。 しかし、今年は選定をしなかった為、枝が伸び放題で実を摘むのが大変だった(汗) ちゃんとしておかないと後が大変だという良い見本だ。 繁みの中の見えない虫と戦いながら、小一時間程で熟した実をほとんど摘み終えた。 早速、さっと水で洗いザルに取っておく。 ちゃんと水分を取っておかねば酒造りは失敗する。 壜は以前使っていたものがあるのでそれを使うことにした。 作り方はいたって簡単。 壜の底に氷砂糖を敷き、グミの実をそこに入れる。 いつもはホワイトリカーを使うのだが、前回から宝焼酎「純」のアルコール度数35度を使っている。 その焼酎を壜に注ぎいれる。 蓋をしてお仕舞い(爆) 実に簡単。 後は熟成するまで辛抱。 リンボ~~!!

      2
      テーマ:
  • 12 Jun
    • カジイチゴ

      甘くて美味しいカジイチゴの実。残念な事に、花は一杯咲くのだが実にならずにほとんどが枯れてしまう。昨年は5、6個実をつけたのに今年はこの一個だけとなった。花は咲くのに実を結ばない原因は今のところ不明(汗)かなり丈夫な木で、根はあちこちに張り、色んな所から芽を出すくらいなのだが、いかんせん我家の環境がそぐわないのか実がならない。たった一つだけ成った実は昨日私が食べてしまった (;^_^A 美味しかった  (((((*^o^*)♪ また、来年の楽しみにしておこう。

      テーマ:

プロフィール

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
488018 位
総合月間
411511 位
のんびりブログ
11244 位
日々のできごと
37197 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。