• 30 Mar
    • 明日

      長男がこの家を出て行きます。 彼の人生の新しい門出を祝いたい気持ちでいっぱいです。

      テーマ:
    • 感謝

      妻の実家の父母が訪ねてきてくれた。 子供達3人に入学祝いと就職祝いを持ってきてくれたのだ。ついでに彼らの伯父さんの分も持ってきてくれたようだ。 昨年末にあげた夏みかんが美味しかったらしく、又欲しいと言ってくれたので、庭に周り5ヶほど捥いであげた。 気が付かないうちに庭の木々も芽を出してきている。なかなか咲かなかった藪椿の花が咲き始めた。 もう春の実感がある。

      テーマ:
  • 29 Mar
    • ここしばらく

      長男は新しく買ってやったパソコンにハードディスクに録画したデータを詰め込むのに余念が無い。 どうせ仕事でも使うだろうとメモリーを1メガまで上げた物を買い与えたが、そのパソコンにテレビ機能が付いていたらしい(汗) ハードディスク容量は80ギガだからかなり詰め込んで居るようだ。 試しに昨夜本人に聞いてみるとかなりの量が詰まっていると答えた。 もう全ての面で諦めの気持ちが私の心のほとんどを占めている。  彼には今後1年間の相部屋での独身寮暮らしが待っている。 生まれてこの方他人とは暮らした事の無い我が侭な息子にとってはかなりのストレスになるだろうと想像する。 今のうちなのだ。 今はそっとしておいて気持ちよく送り出してやりたい。 それがせめてもの親心だ。 だが、本人はそんな事には気付かないのだろうなぁ・・・・・。

      1
      テーマ:
  • 28 Mar
    • 少しずつ

      長男の部屋が片づいてきた。 あれだけ母親に言われればいくらずぼらな息子でも少しはやるだろう(笑) 何を言っても後2日でこの家を出ていってしまうのだが、本人にもまだその自覚は無いのだろう。 そういう親の私にしてもまだ実感は湧いていない。 「出て行く」と「出て行ってしまった」では現実感がまるで違う。 数日前から初めての手紙を息子へ認めている。 恐らく最初で最後の手紙になる事だろう。 まだまだ未熟な息子をこの社会に送り出さなければならない無念は沢山ある。 それを知らないで行かせる事は出来ないのだ。

      1
      テーマ:
  • 27 Mar
    • あゆ

      昨夜はおらが町にやってきた歌手「浜崎あゆみ」のコンサートに家族で出掛けた。 チケットは4人分しかないので勿論次男はお留守番。 家族の誰もがフアンでもないし、特別観に行きたいと思ったわけでも無いが、これが勢いと言うものなのだろう。本当のフアン達が知ったらきっとしかられることだろう(笑) 知り合いのお陰でアリーナ席を確保できた。 実際なかなかの良いところだったが、こんなコンサートの場合は逆にありがたくは無い。 理由は一度でもこういったコンサートに行った人には容易に想像が出来るだろうが、オープニングから案の定総立ち状態 (;^_^A 何度も言うが、歌の歌詞さえ知らない罰当たり家族だ。 舞台装置がチャッチイ等と陰口を叩く。 後で分かった事だが、舞台装置がさえないのには理由があった。 つまり、彼女自身が全ての効果を生み出しているのだ。 自慢ではないが、生腕、生足、へそ出しの若いシンガーのコンサートには生まれて初めて行った。 若くてキュートな女の子がダンサーと共に歌い踊る。 そして色んな衣装にお着替えする。 数えただけで9回も変身(爆)した。 それだけでいいのだ。 他に何もなくても聴衆は満足だ。 無論、私たちには音の暴力だと感じた。 三男などは音の圧力に負けて気持ち悪いと言い出したほどだ。 兎に角うるさい。大音響。 (┯_┯) たまらなくうるさくて途中で嫌になった。 良かったのはギタリストの「よっちゃん」ぐらいかな・・・・・(爆) 帰りの渋滞の中で心に誓った。 あゆあゆのコンサートは二度と行かない。

      1
      テーマ:
  • 26 Mar
    • 春の雪

      仕事で山の方に出掛けた。 下界でも雪は降っていたが、山の方に登ってみると流石に雪がうっすらと積もっている。 とっくにスノータイヤは外してあるぞ(滝汗)見えないカーブを曲がるときやトンネルの出口ではヒヤヒヤものだ。 こんな時季に雪が積もるなんてなかなか無い。 そして、今朝起きてみてびっくり。 うっすらとだが雪が積もっていた。 山の上なら分かるが、里でこんなに遅く雪が積もるのは本当に珍しい。

      1
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 昨朝

      次男が突然帰ってきた。 私が用事があって帰宅していた時に、突然妻と一緒に帰ってきたのだ。 つい先日京都で顔を見たが、出先ではなく我家で見る子どもは特別だ。 早速、兄弟でゲームを始める。 お前らそれだけかよ(笑) 夜は久しぶりに家族全員で出掛けた。 次男の好きな天婦羅を食べに行った。

      テーマ:
  • 24 Mar
    • 今日は

      三男の登校日。平成17年度新入生入学手続き・・・・・とある。 何の事はない。 入学金の納入。 入学に係わる書類の提出。 教科書、入学用品の購入等々・・・・・。入学準備の日だ(笑) これが済むと後は4月8日の入学式を迎えるだけだ。 その日は教育後援会の総会の日でもある。 今から少しづつ緊張していくのだろう。

      テーマ:
  • 23 Mar
    • 最近

      気温が高くなっているようだ。 昨夜は寝室のオイルヒーターを切って寝たが、今朝はベッドを離れるときも寒さは感じなかった。 年寄りにはありがたい。 暑さ寒さも彼岸までとはよく言ったものだ。もうそこまで春がやってきている。 次男から連絡があり、やっと転入届を区役所に持って行ったという。確か期限は昨日がぎりぎりだったはずだ。 住民票を取らなければ、運転免許証の住所変更も出来ない。 また、会社にも提出しなければならないかも知れない。 何にでも対処出来るようにしておくことを教えたつもりだ。 その次男も明日明後日に帰ってくるという。 正月以来、我家で家族全員が集まる。

      1
      テーマ:
  • 22 Mar
    • 連休明け

      穏やかな朝だ。 それでも天気予報では週末にかけて雪が降ると言っている。 暑さ寒さも彼岸までというが、毎年異常気象の連続だ(笑) 昨夜は久しぶりに長男、次男と食事をした。 私と一緒に居るときはほとんどしゃべらなかった長男も次男と良く話をした。 こういうときはやはり年子の兄弟だと思う。 二人を目の前にして酒を飲んでいるといかに自分が幸せなのか突然実感できた。 二人とも間も無く就職してお互い別々の道を歩んでいくが、自分の方が成功するのが先だとライバル意識をもう出している。 息子を持つ親で良かったとしみじみ思った。 まだまだ世間知らずだが、ヤル気だけは有るようだ。 私は子ども達に言う。 まだまだ伝えたい事や伝えきれない事がいっぱい有るけれど、もうすぐ社会人になってしまう。気持ちよく送り出したいので、これからも我家の子どもだという自覚を持って生きていって欲しいと・・・・・。

      テーマ:
  • 21 Mar
    • もう一つの墓参

      今日は長男を連れて亡くなった私の母の墓参に京都まで行くつもりでいる。 本人は亡くなった私の父の相方が、自分たちと血の繋がっていない他人である事をまだ知らない。 私なりにずっと悩んでいたが、就職で家を離れて行く長男には事実を伝えておこうと思った。 父の相方は五月の連休過ぎに手術をする。 後縦じん帯骨化症という病気なのだ。 この病気になると、固くなったじん帯が首にある神経を圧迫する為、手が痺れたりするが、酷い時には神経を切ってしまい、半身不随になる事も有ると言う。 私の勧めでなんとか2年ほど頑張ってもらったがとうとう本人が根をあげたようだ。 父を手術の医療過誤で亡くした為に、私は手術に対して変なトラウマを持ってしまったようだ(笑) もし、今回の手術が不幸な結果に終わってしまった場合でも、彼には我が家の長男として冷静に行動して欲しいと言う私の願いから京都行きを決めた。 逆に私の身に何かあった時にも彼にはそれなりの責任が生じる訳だ。 後になってから「なんで教えてくれなかった」とは言われたくは無い。 私が昔、亡くなった父をそうやって責めた事が有ったからだ。 真実を伝える事が常に正しい事だとは思ってはいない。 だからこそ今まで子どもたちには父の相方を「おばあちゃん」だと呼ばせている。 親元を離れて行く長男には、いつか真実を伝えなければならない時が来ると思っていた。 それがいつになるかは私にも分からなかったし、今がその時なのか自信もない。 けれど、もう決めた事だ。 昔の事でも有った事は事実なのだ。

      2
      テーマ:
  • 20 Mar
    • お彼岸

      ゆっくり起床。 亡くなった父の墓に皆で参ってきた。 父の相方、妻、長男、三男、そして私。 次男は結局帰ってこなかった。 長男が父の相方を迎えに行っている間に、三人でお墓の掃除をし雑草を取る。 掃除が終わってしばらくすると長男達がやってきた。 ろうそくに火を点し線香に火をつける。 私から順番に参る。 勿論その後には父の相方、長男と続く。 次はお寺の山頂近くにある父方の祖父、祖母のお墓にも参る。 私はこの墓参という行為が好きだ。 見ず知らずの人たちがお互いにごく自然に挨拶を交わすからだ。 まあ、そういう人たちは私より年上の人たちばかりなので、こういった習慣もすぐに廃れてしまう運命かもしれない(笑) こういう美しい日本の習慣は是非子どもたちに伝えたいと思う。

      テーマ:
  • 19 Mar
    • はるうらら

      午前6時半起床。 朝から穏やかな天気だ。 長男は昨夜のうちに謝恩会だといって近くの温泉旅館に出掛けて行った。 三男は卒業生の集まり(クラス)で昼から出掛けた。 出掛けたといっても私たちが会場まで送って行ったのだが・・・・・(笑) それから夫婦で近くのショッピングセンターで買い物。最近はこの辺りは建築ラッシュで色んな建物が出来ている。 運動不足の解消にストレッチボールを買った。 これはかなり効くらしい。 家に帰り。 私は今までのデジカメ画像の整理をした。 少しプリントした。  現在、デジカメデータは外付けハードディスク2台に落としているが、危険なので1テラバイトのハードディスクを新たに注文した。 もうすぐ配達されると思うが、これだと万が一ハードディスクがクラッシュしてもバックアップが残るので安心だ。

      2
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 卒業3

      いよいよ今日は長男の卒業式だ。 彼が生まれてこの方20年と10ヶ月間一緒に暮らしてきたが、この卒業を契機に他県に就職して我々親子は本当に離れ離れになってしまう。 普通であれば(この表現は好きではないがこの場合は仕方がないかな)とっくに他県の大学にでも行っていて、もっと早くに親子は離れていただろうに、この子の場合は地元の高専に5年間通ってくれたお陰で、長く同じ屋根の下で暮らせたと思う。 本当はそれだけでもとても親孝行な子どもなのだが、私はとても欲深い親なので彼に対しては不満だらけだった(笑) 生まれたとき以外は大きな病気もせず、怪我もせず、順調に親元で育ってくれた親孝行な子どもだ。 おじいちゃんにもおばあちゃんにも父親にも母親にも望まれてこの世に産まれてきた私たちにとって最初の子だ。 出産が二日掛りだったので産まれてすぐに入院させられ、この手で抱くのに2週間近くも待たされた子だった。 幼稚園の入園式、小学校の入学式、中学校の入学式・・・・・それぞれの運動会、卒業式・・・・・。 色んな思い出を私に与えてくれた子どもだ。 しかし、そんな子ももう少ししたらそんな思い出を与えてくれない所に行ってしまう。 この子をビデオ撮影するのは恐らく今日が最後になるだろう。 外では朝早くから雷が鳴っている。 5年前にあった中学の卒業式は大雪で、私の車が動かずタクシーで駆けつけた(激汗) この子の卒業式は本当に天候に恵まれない(笑)

      2
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 就職祝

      次男の卒業式の帰りにデパートに寄った。 こちとら田舎のおっさんだ。地元にはデパートがひとつだけあるにはあるが、私に言わせればそれは五十貨店にもならない三十貨店でしかない。 しかし、都会のそれはやはり百貨店だ (^^♪ まず接客態度からしてまるで違う。 私は旅行用のブレザーを買った。 田舎のデパートでは扱ってもいないメーカー。 デパートのネットで注文も出来たが、初めてのメーカーなのでサイズが心配だったのでそこで買い求めた。 次は本命の長男の買い物。 少し社会人らしい財布を買った。 妻は小銭入れの付いた物を買えというので、かなり探したが、皮製のもので適当なものが無かったので「吉田カバン」の布製の物を買った。 もうひとつ、妻では気づかないだろう名刺入れも買った。 これは外国製品で表が布で裏が皮になったものを買った。 帰宅して長男の呼び、買ったものを渡した。 包装を解き、しばらく眺めてから一言「問題ないから使う」 小さい声で「ありがとう」とおまけのことば。 (@_@;) はぁ~~~せっかく都会に行ってまで買ってきてやったのにそれかよ~~~(汗) 親は本当に疲れる商売だ(爆)

      2
      テーマ:
  • 16 Mar
    • 入学祝

      三男の入学祝に何を買ってやろうか考えたが、結局は実用品に落ち着いた。 PCなら学校でも使うし、長男にも買ってやった覚えがあるから妥当だろう。 私はずっとマック派だが、時代の流れには逆らえず、職場と自宅にも1台づつウインのマシンが置いてある。 自宅にも3台のマシンが有線LANで繋がっているが、長男が居なくなるからまだまだ余裕がある(笑) 取りあえずネットで調べてみる。 ウインのマシンはバイオと決めている。 特に理由は無いが今までのマシンが歴代全部ソニー製だったからに過ぎない。 そういえば我家はソニー製品で溢れている (^●●^) テレビ・DVD・プレステ・CDプレーヤー・デジカメ・ビデオ・携帯電話・ロボット・PC・・・・・改めて使っている物の多さにびっくりだ (激汗) さて、ネット上のソニースタイルで探せば、他に無い組合せで自分のマシンが選べるのが特徴だ。 CPUも選べるしハードディスクの容量も選べるので便利(笑) そこそこの組合せで注文。 4月上旬に届くらしい。 ネット上の買い物は楽チンだ。

      6
      テーマ:
  • 15 Mar
    • 卒業2

      今日は次男の通う学校の卒業式だ。 朝一番の列車に乗り大阪に向かう。 卒業式の会場は入学式と同じ大阪城ホールで行われるらしい。 遠いので出席は止めておこうとも思ったが、「入学式に来なくてもいい」と本人が言ったくせに後から「来てくれなかった」とすねた子どもの顔が浮かんだ。 それに、彼にとっては最後の卒業式だ。 今までは子ども達全員の卒業式に出席してきた。幼稚園も小学校も中学も高校でさえ時間を作って出掛けたものだった。 どんなに遠くてもやはり行こう。 妻と二人で出掛ける。 これから社会の荒波の中で苦労していくことだろう。学生としての最後の息子の顔を忘れないように見ておこうと思う。

      2
      テーマ:
  • 14 Mar
    • 卒業生合唱(学年の歌)

      "Dream" 詩・曲 平成14年度入学生 僕らの見る夢は果てしない 大事なのは知らないドアをたたくこと いつも笑えるとは限らない それでもみんながいれば強くなれる ひとりで進むのは辛いから パズルのかけら集めて強くなろう みんなの力会わせ 僕らの願いかなえられるように 僕らが信じるのなら 必ず未来は輝き続けるから 夢をにぎったまま支え合おう 大事なのは心の扉をひらくこと かなえられる夢だけじゃないから だからみんなが必要なんだ 希望という翼はばたかせ 勇気を出して一緒に飛んでいこう みんなの力合わせ 僕らの願いかなえられるように 僕らが信じるのなら 必ず未来は輝き続けるから 学校では毎年の新入生に学年の歌を作らせている。

      テーマ:
  • 13 Mar
    • 今朝は

      冬に逆戻りだ。 昨夜から降っていた雪が積もり、春の雪景色となった。 外に出てみると雪が足元で「ギュッ ギュッ」と鳴る。 粉雪で軽い雪だ。 庭先で椋鳥の夫婦が遊んでいた。

      テーマ:
  • 12 Mar
    • 昨日

      昨日は三男の卒業式だったし、次男の引っ越しの日でもあった。 私の体は一つしかないので、止むなく卒業式に出席した (;^_^A 電話で次男に連絡を取る。 夕方にはまだ大阪だという。 京都に着いたら電話をしろと念を押しておいたが、夜遅くなっても連絡など来ない。 しびれを切らして電話をしてみると、もう引っ越しも済んで寝ていたらしい(激汗) おいおい、こっちは心配しているのだから電話くらいしてこいよ ( ̄□ ̄;lll 朝目覚めると無性に次男の顔が見たくなった。 このまま車に乗って行こうかと思うほどだ。 子どもたち三人に対して均等に愛情を注ぐのはやはり難しい。

      2
      テーマ:

プロフィール

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
12087796 位
総合月間
411511 位
のんびりブログ
37743 位
日々のできごと
106109 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。