大人サミットのシェア②!
囚われについてのシェア。

囚われから自由になること。

{7ABA5099-9082-480A-9708-5C7963847064}



わたしたちは毎瞬毎瞬生まれ変わっていて、それは呼吸をしていたり細胞分裂を繰り返していたり、新陳代謝をしていたり、一瞬たりとも同じだったことはない。


地球も、1日で170万キロ宇宙を移動していて、毎日毎日違う場所にいる。

それは地球だけでなく太陽も、他の惑星も、宇宙も一瞬たりとも同じだったことはない。


宇宙のルールは変化変容変態すること
だから、


とらわれたり、固執したりした時点で
宇宙のルールから外れてしまうんだそうです。


それが、生きづらさや行きづまりを生む。



それで、

考えてみれば今ってほとんど囚われの中で生きているようなもので、
常識や教育や、現代を生きるうえで必要とされていたもの。
それは二元的発想。
思考回路も
得か損か、善か悪か、正しいか正しくないか。
全部二元的。



あたらしい時代には
三次元的な視点が必要。
(見えないものを見ること。見えてない世界も含めて『ある』という感覚)

そういう視点は、
囚われから自由になっていないと得られない。


自分の気に入るもの→正しい
自分の気に入らないもの→間違っている

という風にみんな正義を定義してる

この、自分の共鳴するところが正しいと思っていることは、自我でありエゴ

だので
正義を叫んでいるうちは戦争はなくならない、ということなのだそうです。


自分が正しい(≒優れている)と思った瞬間に争いがうまれるムキープンプン


だから、自分の視点から離れて物事を見ることができるかどうかが平和への一歩。

(なるほど…。
夫婦ゲンカとかもお互いの正義を主張し合う戦争だもんな…びっくり



その、良い悪いを超えたところにいかないといけない→三次元的発想


囚われ、という漢字は出口のない部屋に人が閉じ込められていますが…
囚われから自由になって門を開くと、閃きという漢字となって、
天からは真実が降りてきて、自分の内側からも真実が湧き出るようになる。
{64B43DB8-AEBE-4BF3-AF76-2F1CED5F56F1}
(字まで下手で申し訳ない…)


銀河の冬至を超えて、光が射してくると
今まで見えなかったことがどんどん見えてくる。


この宇宙は毎瞬毎瞬変わり続けているのに、今までの当たり前と思っていたことが
通用しなくなるのだって自然のこと。

わたしたちも
どんどん新しくなっていい。


本当はみんな気づいていて、
囚われの枠の中で飼い殺されるような感覚に抵抗を感じて
それが生きづらさだったり
病気だったり
不調和みたいなものとして
漠然と感じてるような気もする。


とっとと囚われから自由になって、
天の意思とともに生きたい!


本当に世の中のためにはたらける人になるために、自分の中の枠や争いの種は
もう責任を持ってクリアにしたい。


全部こだわって、囚われてるからだよね。
心の中に争いの種がムクッとうずくのは…。
現象の奥を見ようとしないと。
それは頭で考えるんじゃなくて、
自分を超えて、エゴを超えて観察したい。
そう心がけることからはじめよう。
ほんとうに響いた。
日々反省!









AD