とにかく感動がすごくて
その、総量も多すぎて
言語化するのが難しい…オーバーヒートです。

だので、とりあえず思い出したことから
ポンポンと書いていこうと思います。
大人サミットのあれこれの前に、

木の花ファミリーの生活に触れられたのも素晴らしい体験になりました。
まずはそこから書こう!😤

やっちゃん(千葉のときからの友達で、今は木の花ファミリーにいる。ゆゆと2ヶ月違いのこどものママ。)とお話していて、いかに核家族が非効率かということを話した。

木の花では、ゆゆを子育てチームやキッズたちが面倒みてくれる。
ゴハンはキッチンさんがつくってくれて、
その他にも生活に関わるあれこれを
みんなの得意なものを活かしてきちんと貢献しているのが感動。

大人サミットにも外人の方が5名参加されてたので
通訳の出来るメンバーが通訳して。
それを見てるだけで感動😭

みんなで分け合えば、みんなでしあわせ。
暮らしの中にある、あれこれを。
出来ることをサッと差し出せばいい。
そこに無理はないし、とっても、自然に。

神様はこういうふうにみんなに生きていてほしいんだろうなぁと思った。


難しいことではぜんぜんなくって、
ただ自分てあればよくって。

他の誰かにならなくていいし
持ってるものを差し出すだけのシンプルな話でこのコミュニティは完全にまわっている。

やっちゃんもけーごくん(やっちゃんのハズバンド)も
休みと仕事の区別がないんだって。
暮らしが目的。
ほんとそうだよね。
今現在の普通の仕事は
仕事と休みの区分けはくっきり。
(それが、悪いということではなくて…)


木の花のみんなは暮らしそのものが目的として生きてるのがよく伝わってくるし、
とってもシンプルに、生き物として全うだと思えた。


本当に必要な仕事ってもしかしたらそう多くはないのかもと思えるくらい。

{0BA678A0-0983-4A0B-89E3-553918012E17}
(みんなで見た蓮の花!綺麗!)


わたしはまた、自分の家に戻ったら
家事をするわけですが、家事、と一言に言っても
掃除、洗濯、炊事、子育て、色々あって、
それぞれに好き嫌いと、向き不向きがある。

家事全般、好きだけど、
子育ては、向いてない気がしている。
子育てというか、子供をあやすセンスに関してはあまりないらしいことがよくわかった😫

出来れば他の得意な人にやってほしいと思うようになった。(保育所とか)


そしたら、またわたしを取り戻せそうな気もしている。


核家族だと、一世帯分はどうしても自分たちで賄わないといけないから、
やらないといけないことが多くなる。
そして、それをやるのが、当たり前とされている世の中。

常識なんて移り変わってしまうと勉強したし、とらわれから自由になりたいので、
ここの部分についても自分たちの気持ちのいいポイントを押さえて生きていこうと思ってます。



AD