2005年12月10日

F組

テーマ:スポーツ

日本は6月12日の初戦で、8大会ぶりの出場を果たしたオーストラリアとカイザースラウテルンで対戦。18日に1998年フランス大会で0―1で敗れたクロアチアとニュルンベルクで、22日にはジーコ監督の母国で史上最多となる6度目の世界一を狙うブラジルとドルトムントで顔を合わせ、前回のベスト16以上を目指す。

 F組4チーム の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本の15位に対し、ブラジルは1位、クロアチアは20位、オーストラリアは49位。

* 最悪の組ではなさそうですが、簡単ではなさそうです。

初戦のオースタラリア戦が勝負ですね。

ヒデイング対ジーコ。

6月12日まで、盛り上がるでしょうね。

どちらも外国人監督。

それが当然と感じるところがワールドスポーツ、サッカーですね。

それを考えると、野球のワールドカップもバレンタイン監督でもよかったのでは・・。


クロアチア共和国 (Republika Hrvatska)
人口 444万人
首都 ザグレブ

オーストラリア 1,971万人
ブラジル         1億8,352万人

日本               1億27.21万人


人口から言えばクロアチアの強さは脅威です。

バスケットも盛んだと言うし、ウクライナはスポーツ大国なんですね。

ちなみに、出場国人口最小国は、トリニダード・トバゴ共和国 の130万人。

福岡市の人口が140万人。





「死のグループーはアルゼンチン、オランダ、セルビア・モンテネグロ、コートジボワールが入ったC組が当てはまりそうだ。

 3度目の制覇を目指すアルゼンチンはMFリケルメを軸に才能豊かな選手がそろい、前回大会の1次リーグで敗退した雪辱を期す。ペケルマン監督に代わって抽選会に出席したトカリ・コーチは「わたしはチームの強さに自信を持っている」と強気だった。

 オランダはファンニステルロイ、ロッベンら豪華な攻撃陣を誇る。欧州予選1組を強豪チェコに2連勝するなど10勝2分けの圧倒的な成績で突破。名FWだったファンバステン監督は「厳しい組だが面白い」と、むしろ歓迎した。

 セルビア・モンテネグロは欧州予選の10試合を失点1で乗り切った堅守が武器。コートジボワールはアフリカ予選でW杯常連国のカメルーンを抑えて初出場した。大型FWのドログバは大会の目玉選手の一人に数えられる。 (共同)



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

mukimukifmさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。