2006年09月22日(金) 23時25分42秒

女の華

テーマ:育児

今日、近所の公園脇をベビーカーで

とろとろ歩いていたときのこと。


ブリコは買ったばかりの赤い靴をはいて、

ベビーカーの後ろからチョロチョロあんよでついてくる。


そのとき、前からおばあちゃんがよたよた歩いてきた。

よちよちブリコと、よたよたおばあちゃん、

思わず正面衝突しそうになる。


慌ててブリコに駆け寄り、

抱き寄せた。

「ごめんなさい」

とおばあちゃんに謝ると・・・


おばあちゃん、なんともいい笑顔でこう返してくれた。


「女は子育てしているうちが華よ、がんばって」


なんだかじ~んときてしまった。


出産してからというもの、専業主婦を続け、

家と近所が精一杯の行動範囲だった私。

なんとなーく世間から取り残されているようで、

いつも多少の寂しさとものすごい焦りを感じながら過ごしてきた。


でもそっか、今必死に過ごしている毎日は

人生の長い目から見たら、「華」なのかあ。

通りすがりのなにげない一言だったけれど、

すっと心が軽くなった気がした。


おばあちゃん、ありがと。

私もいつか老女になったら、近所のお母さんに向かって

言ってあげようっと。


その一言があるだけで、

子どもと過ごす毎日がこんなにも

楽しく幸せに感じられるんだもんねえ。








AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006年01月30日(月) 18時20分13秒

デコポン

テーマ:育児

今日八百屋に行ったら、

デコポンが3つで1000円で売っていた。

1年ぶりに見るデコポン。


昨年の春ごろ、

私はこのデコポンにはまりまくった。

ちょうどつわりが終わって、

徐々に食欲が戻り始めていたころ、

水分のあるさっぱりしたものであれば、

なんでもかんでも口にしたかった。


ある日、八百屋に並んでいるデコポンを見かける。

それまで、一度も口にしたことがなかった。


表面がしわしわしているし、

デベソみたいなヘタも気持ち悪い。

果物として見た目が麗しくないので、

なんとなーく敬遠していたのだ。


ところが、八百屋のおじちゃんが


「これはうまい!まずかったら返していいよ~」


と歌うように言うので、

あれよあれよという間に乗せられてしまった。

しっかり5つものデコポンを抱えてうちに帰ったのだ。


そして一口食べてみる。

その瞬間、デコポンと大恋愛に落ちた。

衝撃的だった。

今まで食べた、どのかんきつ類よりもオイシイ!


それからは3日とあけず、八百屋に通った。

5つで500~600円。

それを1、2日間で消費する。

おやつにしては、まあまあだろう。


ところが。

それから日がたつにつれ、

デコポンの値段がどんどんつり上がっていった。

デコポンの季節が終わりを告げようとしていたのだ。


季節外れの割り高いデコポンは、

もはや敵も同然。

私を散々虜にしたくせに、

高価になることで、今度は私を突き放す。


私は八百屋のレパトリーを広げた。

つまり、安いデコポンを求めて、

隣町まで歩きながら、

いくつもの八百屋を覗くことにしたのだ。

今思えば、ヒマな妊婦だったな。


けれど、安いデコポンはまずい。

高いデコポンはうまい。

この原理はどうしても崩れようがない。


デコポンが3つで1000円になったところで、

私の恋は終わった。

もう手が出ない・・・・

そして、おなかがどんどん大きくなるにつれ、

デコポンの記憶は葬り去られていった。


今日、1年ぶりに見かけたデコポンは、

やっぱり見た目が気持ち悪かった。

それでも、あのザラザラした表面を見ると、

妊婦だった当時を思い出す。


もう1年もたっちゃったんだなあ。

なんだか呆気にとられてしまう。


私にありったけ貢がせたデコポン。

今年はブリコと一緒に、

ガブリと噛んでやるからね。

あ、まだ無理か。







AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年01月27日(金) 23時16分20秒

病院にいってきた

テーマ:育児

昨日の朝、早起きして

ブリコの診察を受けてきた。

午後から仕事のダンナも、

寝ぼけ眼をこすりこすり、

一緒に病院までついてきてくれた。


月曜ほどではないにしても、

やっぱり大学病院は混雑している。

人がいっぱいの待合室なんかいた日には、

ブリコがいつ風邪をもらいやしないかとヒヤヒヤしてしまう。


昨日受診したのは、顎歯科というところ。

手術をしてくれた先生が、

ニコニコ笑って待っていてくれた。


ブリコを私の膝に乗せ、

先生のほうに向けさせる。

これまでの診察のときは、

緊張気味でおとなしくしていたブリコだったけれど、

今日はなぜかリラックス。


先生に向かって


「アーアーアー」


となにやら大切そうに話していた。


しかし、声がでかいよ、ブリコ。

先生の話し声が聞こえないのだよ。


鼻の詰め物をとり、

さらに鼻下に張ってある茶テープもとる。


鼻の穴の形や、

鼻下の手術跡を確認した先生は一言、


「非常にいいですね。

経過は良好です」


と言ってくれた。

今日からもう、ガーゼと茶テープは

しなくてもいいらしい。


ブリコ、

3ヶ月ぶりにふたつの鼻の穴を

大活用できることになった。


診察を終えて、外に出ると

太陽がぽかぽか照って

とても気持ちがよかった。


なんとなく家まで歩いて帰ろうということになり、

20分近い距離を

のんびりとベビーカーを押しながら歩き出す。


眠そうなダンナさんは、


「お昼は天ぷらうどんにしよう」


と相変わらずのうどん好きを披露する。


ブリコは、ベビーカーの中でぐっすり。

冬のぽかぽかを浴びて、

気持ちよさそうに眠っていた。


平和なひと時。

出産から今まで、猛スピードで走ってきた気がしたけれど、

今日、この時間に

なんだか小休憩してるな、私。


今度は5月末にまたこの道を通る。

次の診察のときは、ブリコは10ヶ月。

どんな顔をして、

この病院への道を歩いているんだろう。


今よりもっと歯が生えてきてるかな。

おしゃべりが上手になってるかな。


ブリコの成長を想像すると、

なんだか無性に楽しくなる。


親ばか、再び、炸裂。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月26日(木) 01時06分11秒

手術から3ヶ月

テーマ:育児

明日、1月26日は、

ブリコが手術した日から

ちょうど三ヶ月目にあたる。


前にも書いたとおり、ブリコは口唇裂を持って

生まれてきた。

生後、三ヶ月になったとき、

近所の大学病院に10日間入院し、

唇の披裂部分を縫う手術をした。


それから始まった茶テープを張る生活。


唇から鼻にかけて縫い跡がついているため、

紫外線にあてないよう、医療用の茶テープを

鼻の下に張る。


手術跡というのは、長い時間紫外線にあたると、

赤く残りやすいらしい。


そして、右鼻に詰めている丸いガーゼ。

これは、口唇裂があったために、

片方の鼻の穴の形が悪くなってしまったので、

軟骨を元の形に戻すためのもの。

これを毎日、お風呂上りに詰め替えていた。


そして、明日、その大学病院に受診しにいく。


手術後の経過を見て、

良好であれば、鼻のガーゼは取れるらしい。

ブリコ、このガーゼをめちゃくちゃ嫌がり、

毎回換える作業には手間がかかっていた。


少しずつよくなるブリコの傷跡を見ていると、

こっちも少しずつ気分が落着いてくる。


明日が待ち遠しいな。





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年01月24日(火) 10時38分50秒

歯?

テーマ:育児

昨日ブリコと遊んでいた時のこと。

いつもどおり、指をつかまれ、

ブリコの口の中に入れられた。


ムシャムシャなめ始めたその矢先。

私の指先が、何か固いものにカチッと触れる。


びっくりして、

ブリコの唇を無理やり開き、

下歯茎を観察してみると・・・・・


出てました出てました。

米粒よりも少し小さいぐらいの

白い歯が二本、

ほんのわずかに顔を覗かせていました。


よーく見ないと気づかないけれど、

やっぱり歯だよな、これ。


そっかあ、6ヶ月ってもう歯が生え始めるのか。


ブリコの日一日の成長は心底うれしい。

と同時に、だんだん赤ちゃんを脱していくその過程が

なんとなーく残念に思えてしまうのも、

正直なところ。


面倒くさいのう、親心。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年01月21日(土) 15時19分48秒

初めての雪

テーマ:育児

朝カーテンを開けたら、

真っ白い景色が目に飛び込んできた。

うおー。

予想通り。


今日雪が降ると聞いて、

前々から楽しみにしていたのだ。

窓からでも分かる、この積雪ぶり。

ここ数日間の期待を決して裏切っていない。


さっそく布団からブリコを引っ張り出し、

だっこして窓を見せる。


夏生まれのブリコは、

雪を見るのが初めて。

窓の外を埋め尽くす白いモノに、

どんな反応を示すか。


わくわくしながら、腕の中のブリコを見ると、

床に落ちているお気に入りのおもちゃに、

視線を奪われっぱなしの様子。


重い頭を下に向け、

身を乗り出して床のおもちゃを取ろうとしている。


おーい。

いいのか、雪だよ、雪。


やっぱり0歳児には

この風流さは伝わらないのかしらん。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年01月18日(水) 22時35分11秒

手袋、未使用

テーマ:育児

週末、デパートをほっつき歩いていたら

GAPでセールの真っ最中。

どれどれ。

ブリコの防寒アイテムでも買おうかしら、

と覗いてみたところ、


あった~。

こんなにぴったりなモノ、発見。


まさに、手袋が欲しくて探していたので、

思ってもみない収穫だった。

しかも、セットで帽子までついている。


手袋


これで1980円。

もとの値段より1000円安い。

よく見ると、花柄の上にビーズがついていて

なかなかかわいい。


100%アジア顔のブリコに

さぞかし似合うだろうとうれしくなり、

支払いを済ませ、さっさと帰ってきた。


布団にでれ~っと寝転がっているブリコに

さっそく帽子をかぶせてみる。


すごい。

少しの隙間もないくらいにぴったり。

これはこの冬いっぱいしか持たないな・・


それでも十分。

だってかぶりものをしているブリコ、

いつも以上に丸々と見えて

かわいいんだもの。

んふ。


お次は手袋。

これがメインなんだから。

散歩に出るたびに、ブリコの手が冷たくなっているのを

とっても気にしていたのだ。


「ほーら、

そのちっちゃいおテテにはめまちゅよ~」


われながらキモイなあ・・・と思いながらも、

思い通りの買い物ができたことで舞い上がってしまった私。


ぎゅぎゅぅぅうう・・・


は?

ぎゅぅうう??


ビックリして見ると、ブリコの手が

ぜんぜん手袋に入っていなかった。


ブリコの手はいつの間にか

「ちっちゃいおテテ」ではなくなっていたらしい。

6ヶ月サイズの手袋が入らないまでに

しっかり大きく成長していた。


あ”~~~


がっかりしている私を

不思議そうに見つめるブリコ。

知らないうちに、すくすく育っているんだねえ、赤ちゃんって。

当たり前のことに

いまさらながら感動してしまった。


手袋は結局、一度も活躍することがないまま、

タンスへとしまわれた。


ヤフオクで見かけたら

誰か落札してね♪



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006年01月14日(土) 18時08分21秒

あら、もう新年

テーマ:育児

遅ればせながら

新年あけましておめでとうございまーす。


気づいたら3週間近く、何も書かないでいました。

久々にこのページに来てみてびっくり。


なにやら妙なトラックバックが多いこと。

さっそく年明けから(っていってももう14日だけど)

お掃除をしました。

そして、残念ですが、

当分トラックバック機能は停止することにしました。

手を抜いていても、きれいなブログでいるために・・・


新年の抱負。

それは今年こそ、このブログを3日と空けず

続けていくこと。


・・・・・

かなり難しい抱負を設定してしまいましたが、

がんばります。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年12月20日(火) 22時44分18秒

父娘、水入らず

テーマ:育児


先週日曜日、結婚式に行ってきた。

小中学校時代の友人の式で、

私のときも遠路はるばる来てくれたので

絶対に行こうと楽しみにしていた。


ただ挙式の場所は横浜。

自宅からだと1時間以上はかかる。

ダンナが面倒を見るとはいえ、ブリ子が心配。

かといって、他に方法も無いので、

結局ダンナに色々と世話をお願いして、

電車に乗った。


なんだかんだいって、ダンナはブリ子と

2人きりで一日を過ごしたことがない。

私が買い物に行くとか、病院に行くとかの

数時間程度であれば、

これまで何度かお願いしたこともあったのだけれど、

それですら多少手こずっていたようだ。


なのに今回は丸半日。

哺乳瓶の洗い方やオムツの場所など

メモを残してきたけれど、本当に大丈夫かしら。


何かあればすぐに携帯に電話するという

約束で、私は式に出席した。


10年ぶり、20年ぶりの友達に

何人も再会し、あっという間に楽しい時間が過ぎていく。

中華料理を口に運びながら、時折ちらっと

携帯を確認するけれど、ダンナからはいっこうに連絡がない。


意外に問題なく

子守りができてるのかな?


式が滞りなく終わり、

2次会へ参加するという友人たちと

名残惜しい気持ちで別れ、

ひとり、帰りの電車に飛び乗る。


結局まったく電話がなかったけれど、

2人とも無事だろうか。

寝ぼすけのダンナが眠りこけて、

布団ごとブリ子を潰したりしてないかしら。

なーんて、ありえない可能性まで

考えたりして、気持ちをじりじり焦らせてしまう。


式場からきっかり1時間30分後。

「ただいまー」


家のドアを勢い良くあけた。

「おかえりー」

とても機嫌よさそうなダンナの声が。


お。

大丈夫そう!


家に入ってみて思わず笑った。

布団周りに散らかった、お尻拭きにおむつ。

くしゃくしゃになったティッシュにブリ子のおもちゃたち。


そのなかで、カバーオールの下をはだけて、

おむつと太ももをむき出しにしたブリ子が、

ダンナの膝の上で、ミルクを飲むのに夢中になっていた。


苦労したんだろうなあ、この様子じゃ。

っていうか、洋服、きちんと着せてやれよ・・・


でもまあ、2人とも、おつかれさま。


その後聞いたところによると、

ブリ子はときたま、キョロキョロあたりを見回して、

私の姿を探すような素振りを見せていたらしい。


「だから気を紛らわせなきゃと思って、

絵本を4,5回読んだでしょ、

DVD一緒に見て踊ったでしょ、

おむつ替えたでしょ、

ミルク飲ませたでしょ、

なかなか大変だったよ。」


だそうだ。


キョロキョロするブリ子もかわいいけれど、

その我が子と踊ったダンナもなかなかになかなかだ。

がんばってくれたなあ。

思わずにっこりしてしまう。


「で、なんのDVD見て踊ったの?」


優しい気持ちで聞いてみると


「マイケルジャクソンの『スリラー』!」



・・・・・・え。










いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005年12月06日(火) 16時02分34秒

そそるクリスマスツリー

テーマ:育児

100円ショップでクリスマスツリーを買ってきた。

ツリー本体と、てっぺんに飾る星と、電球10個。

これで300円。

安い。


確かに少しだけ安っぽい気がしないでもない。

それでも、電球を点すと

あらあら、不思議。

幻想的なイルミネーションが

ツリーのしょぼさを完全に包み隠し、

見るものをサンタの国へいざなってくれるのであーる。


私は本来、こういう飾り物には

こだわらないタイプだった。

でも今年はブリ子がいる。

かわいいブリ子のために、家の中にも

楽しいクリスマス気分を充満させようと思ったのだ。


夜。

さっそく電球を点してみる。

ブリ子の寝る部屋に置かれたそれは、

冷たい窓辺で淡く光り、

ブリ子の目を釘付けにしている。


なかなか寝ようとしないので、

「こら、やっぱり見ちゃダメ」

と勝手なことをいいながら、

ブリ子の目を手で覆ってみた。


それでも、ブリ子は

手の隙間を探して顔をブンブン振りながら、

ツリーの明かりを見よう見ようとする。


赤や青や黄色の電球は

0歳児でもワクワクさせるのだろうか。


けれど、

ツリーのせいで

ブリ子の目があまりにランランとするので、

仕方なくツリーをカーテンの後ろに隠すことに。


見るものを奪われたブリ子は、

手足をバタバタさせていたけれど、

やがて

「アー」

と一声鳴いて(泣いて?)、

深い眠りへと落ちていったのだった。


クリスマスツリー、ちょっと早すぎたかな。

そそる値段だったから悪いのよ。

ねえ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。