ある休日の朝

テーマ:

朝日


ここに泊まると必ずと云っていいほど太陽に起こされる

部屋には遮光カーテンがひかれているにもかかわらず

何故か早い時間に目が覚める

気配にカーテンを開けると朝日が見えた


朝日が海を照らしながらゆっくり昇っていく

一隻の船が静かに港を出て行く

海に描かれる金色に反射する船の軌跡


おそらくは毎日繰り返されているであろう朝の光景を

一人ぼんやり眺める

そこに特別な何かがあるわけではないが

ただそれだけの行為にとても癒される


しばらくして空の雲も切れて青空がのぞきだした

さてシャワーを浴びて美味しいフォーを食べに行こう

そのためにこのホテルに泊まったようなものだから



AD

コメント(11)