メロメロパーク
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2008-01-03 13:14:54

ただいまっ!

テーマ:感謝!

今朝、本当に今朝の4時に自宅に帰ってきた。

何でそんな時間かって?

実家に帰りたくなかったんだもん。←居場所がない&寒い&母の身勝手復活につき避難

実家は、相変わらず、ハチャメチャなんだけど、他はとっても楽しい帰省だったよ。

大晦日は、大学時代のバイト友達と徘徊。

初夢は、彼女の夢だった・・・。

引田天功の格好をした写真を見せてくれて、

「こういう格好をするのが夢だったの~。」という彼女の写真を見て、対応に困ってしまった夢。

何故か、舞台はタイ・・・。

他にも見ていたはずの夢だけど、これがインパクトありすぎて、他全て忘れてしまった。

元旦は、毎年恒例となった新年会。

高校時代からの仲良しグループなんだけど、ここ数年、仕事や野暮用で5人全員参加がない。

今年も3人。

高校生は大学生や専門学生になり、社会人になり、結婚したり、重要な仕事を任されていたりと、それぞれ成長しているはずで、新たな話題もたくさん含まれてるんだけど、ノリも楽しさも変わらない(むしろ、パワーアップ)のはうれしい限り。

実はね、

今年の年明け、私は実家で探しものしてたの。

頼まれた本を探していたんだけど、途中から昔の年賀状や手紙(携帯持つ前は文通してたの!!)、それから怪しい作品が続々発見されてしまい、懐かしい気持ちで涙というより、大爆笑で涙しながら、見ていたら、いつの間にか、自室に閉じこもっていた母が「年明けたー!」と叫ぶ時間になってしまった。←基本的に団結力も結束も皆無な家族(妹は不在)

そんな年越しで、ちょっと悔しかったのと、モノ自体がかなり笑えたので、自宅に持って帰ってきちゃった。

新年会でも話になったけど、高校時代に勉強した記憶がない・・・。

部活の記憶もない。

あるのは、バイトか遊び。

授業中も遊びの一部。

放課後も遊び、のち、バイト。

365日を3年間、みっちり遊べば、そりゃ誰でも、「よく遊んだよね~」っていう記憶になる。

色気も将来性も感じない高校時代だったけど、何回、やり直しがきいてもあの高校選ぶよね!というのが、同じ高校を卒業した友達共通の感想。←5人だけじゃないよ

だからかなぁ、よく笑うよね、みんな。

というか、私も頻繁に腹痛に見舞われるくらい、笑わされる。

そして、帰省中は、母はその笑い声で私の存在を確認するらしい・・・。

新年会も大笑いしているうちに、時間は過ぎてしまって、初詣に行ってみたんだけど、お守りもおみくじも閉店?につき、手に入れられなかった。

来年は、先に初詣だね。

年々、改良される新年会。

去年は、初詣で迷子になったから・・・。

で、その新年会の間に、小学校から大学まで濃密な時間を過ごした友達から連絡が・・・。

その後は、時間的にも会えないけど、2日なら!ということで、2日は小学校時代の友達でプチ同窓会&新年会決定!

メンバーは、私たち二人のほかに、元旦の日に友達の家にいたこれまた同級生の友達、それと、妻持ちを隠してた同級生(帰省中にマンガを貸してくれるという連絡があったので)。

女3人、男1人。

独身美女に囲まれて、ハーレム状態の既婚者男性!

彼にとっては、明らかに良い年明けじゃないかっ!!

何より驚くのが、急遽、決まったくせに毎年恒例の新年会より参加人数が多い!

帰省中の二人は休みだけど、地元で働く二人は21時まで仕事だったので、開始が22:30頃。

それまでは、友達迎えに行ったり、初詣リベンジ、ビリヤード、ボーリングなんかで、時間使ってた。

そこから、盛り上がり、終了は深夜2時過ぎ。

店を出た後も、スケボーなんぞしてしまったので・・・。

でもね、こちらも時間を忘れるほど、楽しかったの!

グラッチェガーデンのポトフは絶対に忘れずに食べてみるよ!!

今年の幕開け、こんなに楽しいこと目白押しになるとは、本当に想定外。

これは、今年こそ、想定外の楽しいことが満載、そして、貧乏神は退散、という毎日になるに違いない!

実家までお送り申した後に、首都高をぶっ飛ば・・・すことなく、自宅へ帰宅。

時計を見たら、4時だった。

ただ、深夜の首都高だけは怖かったな~。

疲れ目と眠気で、視界が悪いし、落下物処理してたり、元旦取締りのパトカーに併走されたまま数十キロを走ることになったり、暴走族に抜かれたり、大事故目撃したり・・・。

数時間に体験できる刺激じゃないよね。

それでも、無事帰宅できた今年の私は、一味違う!

こんな楽しい幕開けになったことに、感謝しつつ、転職活動、頑張るぞ~!

ひとまず、明日からのバイト(試用期間ね)、遅刻しないようにしなきゃ!

目覚ましは、4:45にセットしなきゃだね・・・。←5:30出発なの

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-12-11 14:06:06

無事、帰宅

テーマ:感謝!

いや~、タイで携帯の充電器を壊しちゃったので、旅日記も途中で打ち切り。

あのあと、後半が旅の正念場!というくらいの楽しさだったんだけど。


「シュバツァ~ン!!」しか言わないドイツ人のdonnaというルームメイトとの不思議な寮生活、半裸で気持ちよい状態となり次第に薄れる恥によりポロリ続出の授業。

授業後の徘徊と念願のビール。

一人旅らしいアユタヤ日帰り旅行でのナンパに次ぐ、ナンパで面白珍道中となったこと。

Weekend Marketでナンパされ、お金持ち一家に優遇されたこと。

一体なんだったのだろう・・・と、思うような出来事満載だった。


ちなみに、私がナンパするのも、されてついていくのも同年代の女性ばかりです。

男は、圧倒的に失敗というか、恐怖に陥ることが多いので・・・。

もちろん、素敵な出会いもあるけどね。

そして、危ないか、いい出会いかは、大体、その人の雰囲気とか目とかで伝わってくる。

危険な場合は、体全体の細胞が拒否してる感じで、逃げ出したくなる。

私の経験上、この第六感、ほぼはずれなし!

危険と隣りあわせだと、第六感が発達する!?

ちなみに、今までのストーカーも危険すぎて近づかなかった人とか、知らない人だよっ!念のため。


で、今回の出会いは、バンコクでの駅から始まる。

アユタヤに行く電車を待っていてもなかなか電車が来ない。

ペルー旅行を思い出して、1時間くらいの遅延は想定内だけど、ヒマ。

しかも、今回、急いでて、ガイドブックもない。

何を回ったらいいのかよくわからず、とりあえず、Donnaが「シュバツァ~ン」を連発するエレファントには乗って来ようくらいのプランしかなかった。

そこに、どう見ても、一人旅の女の子を発見!

しかも、持っているのは、日本のガイドブックじゃないですかっ!

声かけちゃいました。

観光できる!みたいな感じ。←すみません・・・こんな邪な考えで。

それに、一人より二人のほうが安いし、この人は楽しそう・・・。


運よく、私の第六感は的中して、楽しい道中が開始された。

さらに、アユタヤ駅からの渡り舟で、現地の女の子にチャリを運ぶのを手伝ってもらった。

お礼と微笑みで、彼女が無料ガイドをしてくれることに!

そこから、三人の珍道中が始まった。

ガイドブックに出ているような有名な遺跡を効率よく回り、美味しいご飯を食べる。

さらにさらに、チャリでは、回る時間がなくて、バイクに三人乗り!!

ええ。

レディース経験ないので、三人乗りは初挑戦です。

さらに、いつも自分が運転する側だったので、乗せてもらうのは初めて!

楽しくて、楽しくて、常に笑顔。

こんなに笑っている日もあんまりないんじゃないかってくらい、笑っている状態。

空気もきれいで、気持ちも洗われてしまっていたのかもしれない。

冗談でなく、神様にお祈りするときに、「いい出会いをありがとう!」「大切な人たちに囲まれてることに感謝!」みたいなことばかり連発する心のきれいさだった。


お互いの写真を送り合う約束をして、わずか5時間のアユタヤ観光は終了。

その後は、バンコクで食べ歩き、飲み歩き。

誘惑にも負けるもんなんです!


私がナンパした日本人の女の子ともここで一度お別れ。

彼女は、翌日帰国、私は翌々日帰国。

私の帰国前日は、オイルマッサージの練習予定だった。

んだけど、オイルコースだけ、お休み。

で、常々、気になっていたWeekend Marketへ。


ここで、こんどは、「その帽子どこで買ったの?」と現地の女の子に英語で声をかけられた。

「このマーケットでは売ってないと思うよ」とお返事。

その子は、ずっと私を現地人と思って話しているので、さすがに無印良品のセール品はこのあたりでは見かけますまいと思って、日本と答えると、日本に行ったことがあるのかと聞かれてしまった。

あとで聞いたら、本当に現地人と間違えていたらしい。

そして、その子の家庭は英語が標準語のマレー人。

英語が使えない場合に、少しタイ語が登場します。

彼女はアメリカのメリーランドでの留学と日本留学の経験があり、私はカナダとアメリカ フロリダ。

私の英語、ネイティブの人にも言われるんだけど、発音だけはいいらしいんですよ。

最初、英語が標準語の人と間違われるんです。


で、話をしているうちに、彼女の妹が私の住む家から1時間以内のエリアに12月15日から住み、看護婦として働くことが決まっていることが判明。

で、その病院からの案内が日本語オンリーで読めなくて、不安がっている母親が毎日泣いているということで、通訳することとなった。

タイ語もそうだけど、日本語も発音はどうにかできると思うの!

会話もね。

でも、読み書きは別物だよ。

難しすぎ!

だから、会話ができる人でも、書類は英文も添えてあげるのが配慮ってもんじゃないかって思うの。


その日、そのお家でお昼をご馳走になり、何故かとても気に入られ、次回の滞在はその家、もしくはプーケットの自宅にお邪魔することを約束させられました。

彼女とそのお姉さんは、私の笑顔が好きなんだって。

日本についてからも、無事に帰れたか、電話をくれる状態。

今度は、私が彼女たちの妹に恩返しをする番だね。

それにしても、こんな風に大切にしてくれる人に恵まれるけど、それがどうして、いつも独身男性じゃないんだろうねぇ・・。

ま、そういう人に出会える幸せを感謝してます!


それにしても、日本は寒い。

これから、ぶつけられた車の修理代を見積もってもらいに行かなきゃ行けないんだけど、その勇気が出ない・・・。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-28 23:17:24

「アグレッシブなニート」街道を突き進む

テーマ:感謝!

引き続きアグレッシブなニート(もどき)街道を歩んでいる。

本当は、ニートじゃないけど、全体的な響きが気に入っているので、使用。


さて、今日は、年末調整の書類を提出するために、会社に行ってきた。

ほとんど遊びです・・・。


会う人会う人に、「懐かしい顔が・・」とか、「顔が生き生きしてる」とか、「笑顔がいいねぇ」なんていうことを言われて、ちょっと変な感じ。

さらに、大量に食料やらお土産やらを頂いてしまった。

みんな私には、笑顔で話してくれるし、フレンドリーなんだけど、ちょっと職場自体の空気は悪い感じがしたな。

ギスギスしてた。

一応、上司や総務部の方々に近況を報告。

超がつくほど、驚かれ、「強運だ」と拝まれた。

「強運」は、どうなんだろうね?


私の中では、数ヶ月経過した気もしてしまうんだけど、まだ一ヶ月も過ぎてないんだよね。

実際の時間の流れと感覚の時間の流れの差を実感してしまった。

もっとビックリしてしまったのは、総務のお姉さま方のお言葉。

「mujinaはまだまだ若いんだから、なんでもやってしまえばいいのよ!そして、あんたは根っからの自由人だから、独身でこのまま生きなさい!で、いくつだっけ?」

あの~、私の年齢知ってて言ってるよね?

正直に、29歳。

「三十路まで半年きっています。」と、伝えたら、エラく驚かれた。

「あんた、25じゃないんだっけ?」

びっくりである。

私は、一応、大卒(その上、公立夜間卒なので5年制)入社で、6年勤務したんだよ!

で、4月生まれ!!

当然、数字は意外と大きいの。

直属の上司が一緒に仕事してるときに、勤続年数10年超と勘違いしていたことには、凹んだこともあったけど、これはこれで、びっくり!

ちなみに、お姉さま方と、一緒の仕事をしたことはありません。


その私に生き方を提言したお姉さまは、それが女の行き方の理想形と言い(既婚者でお子さんもいます)、もう一人のお姉さまは、結婚&出産が大事と言い張り・・・。

正直、そんなのは、もはや私にはどうでもいいなんて気持ちになっている自分に驚いた。

死期が近い・・・!?

そんなことはないだろうけど、理想も目標も大事だけど、今の自分を丸ごと受け入れることと、色々な幸せがあることっていうことを認められたら、そんなのどうだっていいんじゃないかなぁ、なんて思ってしまう。←覇気がない?


そんな時間を過ごした後は、とても大好きなお客様(まだ私も社員なので)のところへご挨拶。

相変わらず、みなさん、素敵でした。

さらに、飲みにも誘っていただいて、うれしい限り。

ええ。

私、遠慮なしに、参加させていただきました。

美味しい料理やお酒は、さることながら、お話がとにかく面白いので、あっという間に時間が過ぎてしまう。

退屈しないんだもん。

いつか、菓子折り持って、ご挨拶に伺います!

という気持ちは、十二分にあるのに、半ニートの自分自信の実力のなさに少し寂しさを感じる。


ああ、そして、昨日、更新できなかったのは、晴れて、恋愛対象外として再スタートをきった友人との飲みだった。

こちらも、もちろん、ご馳走になった。

貸しがあったのと、ちょっとはねぇ、罪滅ぼし?

むしろ、この結果でよかったんだろうな~と思うような楽しい時間だった。

ただ、たとえ、君がクリスマス・イブに一人だろうと、私がライブに行くのは、別の人にするからっ!

というのは、もちろん、宣言済み。

自由人というお墨付きをいただいても、たとえ一時でも、素敵なパートナーが隣にいたらいいなぁ、と思うもんなんだよ。

最近、うっかり遭遇してしまう昼メロのような状況は、遠慮したいし、これ以上、保坂尚希を泣かせたくないし・・・。←その昼メロでよく泣いてる


ま、「アグレッシブなニート」の称号をもらった私としては、そんな寂しい気持ちも持ちながら、今を大切にするしかないでしょ!

ということで、タイ行きに向けて、色々、荷造りはじめたよ。

今回は、明日から実家、戻ってきたら、パーティーはしご。

翌朝には、フライトという強行スケジュールを組んでしまったので、準備もあまりできそうにない。

さらに、帰国したその足でフットサル。

バスで空港に行く予定だったけど、車じゃないと間に合わないかな?

最近、運転が適当で、事故起こしそうだから、あんまり走らせたくないんだよね。

そして、ガス代とあの車の受け渡しの煩わしさ。

実家で、こっそりe-チケットを印刷してから、考えようかな。


あ・・・、そして、一人、いや二人、三人?連絡をとらなきゃいけない人物がいる。

この物忘れの酷さは一体何なんだろう?

会社で働いてた頃は、あまりにもモノを失くすので、全てに名前を書いたほど。

そして、届けてもらうか、連絡してもらう。

今回は、ケーキ焼こうと思ったら、型、友達の家に置きっぱなんだよね・・・。←今回、置いてきたのは確信犯!

型が勝手に、家に帰ってこないかな?

また、忘れ物の詰め合わせもらうのはイヤだよ~。


こんな物忘れの酷い私を懲りずに、遊びや飲みに誘ってくれるみなさま!

本当にありがとう。

たぶん、次に会うときには、私が何を話そうとしていたか忘れてると思うから、なんか話題用意しておいてください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-21 00:50:27

久しぶりに

テーマ:感謝!

何の問題なく、パソコンでログインできた!

やった!


いや、これじゃない。

久しぶりに、今も近所の同郷&10年来の友達と飲んでた。

彼は、梅雨時に飲んだとき以来かな?

相変わらずの仕事ぶり!

仕事ぶりと人格のよさには「よっ!いい男!!」と言うのだけど、ちょっと前の私のように失恋引きずりつつワーカホリックで1年で10㎏太ったのが残念。

気持ちや状況面は、実体験もあるから、そのままを受け入れるし、倒れる前に私が助けるけど、体型はねぇ・・・。

いや、元のよさを知ってるだけに、戻せと・・・。←今回、私の失恋を心配してくれて、仕事を調整してくれた人なのにひどい

一応、彼の出向期間が終了する前に、戻す決意はできたらしい。


私の体型&見た目は、そのままでいいから、新しい男早く作れと言われてしまった。

言われる前に動いてるって!

それより、自分はどうだ?

みたいな応戦が続いてしまった。

お互いの10年が筒抜け状態なので、今回も同様。

思ったより、私のダメージがなくなっていたので、いい恋で相手もいい人という結論のもと、可及的速やかに彼氏制作に入るという方向へ話題がシフトしてしまったのだ。

いや、この人も大切な人なんだけど、なんか、お互い幸せになってほしいという気持ちから、いつもこんな感じに・・。


今回、私が失恋してしまった彼もそうだけど、この人や別の友達も、そういえば、1回離れ離れになったものの、よく再会できたねぇ、という話になった。

もう、ずっと絶え間なく、連絡取り合えて支えあえる出会いも大切で、必要な人に変わりはない。

ただ、一度、離れ離れになった友達の一人が再会したときに言ってくれた一言が私は好き。

「本当に縁がある人や必要な人っていう運命の人は、一度、離れても、また出会うんだよ。」

泥沼だったら怖い・・・。

何度でも出会い、恨みつらみ・・・・。

いえ、私にはないから大丈夫!


今は、人のありがたさや出会いの大切さを学んだので、一期一会ということも大切にしている。

でもね、若さゆえの暴走は私にもあった。

っていう、話を友達としている。

ちょっと、高飛車な勘違いな対応。

まあ、二十歳前後までは「若い」っていうだけで寄ってくるから、本当の縁も見分けつけられなかったというのはあるけど。

今は、全ての出会いを大切にするように心がけてるよ!←忘れっぽいという指摘が多いので断言はできない

さらに、大切にしているのは、再会できた人との縁。

いや~、あの友達の言葉聞いたら、ないがしろにできないでしょ?

実際に、当たっていると思うし。

不思議だねぇ・・・なんて、すでにしみじみモードの三十路前。


で、ふと、

「それにしても、mujinaの友達は優しい人ばかりだね。しかも、いっぱい。俺にはいないかも・・・」

なんて、寂しい言葉を呟き始めた。

危険。

鬱の予兆!?

「少なくとも私は、大変なときは支えに行くよ!本格的な鬱になる前には病院に連れてくし!」

ちょっと早とちりが過ぎた様子。

鬱についての講義に摩り替えてみたよ。

放置すると大変だし、私も1回経験あるからさ。

基本的に、楽観的で友達に言わせると超ポジティブな私はリスクが低いと思うんだけど、それでもなったもん。

真面目で、優しく人を包み込もうとする人は危険だよ。

って、まさに!?

そんなこんなまとまりのない話題で、酒は進んでいく。


失恋したこと自体より、彼の優しさを思うと涙は出てきてしまうし、その話をするとお絞りが顔面に必要なものに変化するんだけど、他はねぇ。

仕方なさ過ぎて、前見るしかなくてさ。

前は好きの度合いが引きずる期間なんだと思っていたんだけど、そうじゃないことも体得してるし。

引きずってるのは、まだ可能性があるかもしれないという微かな期待と自分を甘やかしたいだけだったんだというのが、今はよくわかる。

そこにあるのは、相手への気持ちじゃなくて、相手の残像を加工してる作業だった。

その恋がよかったら、次の恋もいいはずだと思う。

で、次に向けて動くのに必要だったのは、決意や覚悟と勢い。


今回は、全てそろっちゃってるもん。

友人としても会い続けたいとか、不倫はイヤという結論に至ったってことは、人間として好きだから男女の関係はあきらめても関係を持ち続けたいってことでしょ?

こんな賛辞までつけられたら、次にダイブしなきゃ、このお言葉返上だよ。

次に行かないわけがない。

という別れは、過去もあり・・・その人は今も大切な友人の一人なので、迷うことはない。

最後のは、今日、友達と話してて言われたの。

「mujinaの元彼って、友達として長続きするねぇ、しかもサポートしっかり。」と・・。

うっかり、忘れてた事実だった!!

「そういえばっ!!」

と、気づいたあたりで、また忘れっぽい称号をもらった。

いや、私の場合は、男女の関係は短く、男扱いが多い・・・?と自らダメージを与えてしまった。


こんなたわいのない話で、気を紛らわせてくれたことをちゃんと感謝してるよ!

んで、今日、こんなのになるというのがわかってたから、元気に仕事できたんだよ。←下見と試食だけ


明日からは、店舗のデザインを考えるなんて、仕事にも取り掛かるよっ!

眠っ!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-14 15:27:01

AFC見に行っちゃうよ!

テーマ:感謝!

先日、母に帰省宣言したら、今日のレッズ戦のチケットがあるから、水曜日に帰って来いという。
事情が事情だし、そうできる状態なので、迷わず、帰宅日決定!

買い込んだ食材と作っちゃったご飯たちの始末だけは、課題だったんだけど、友達に連絡してみたら、食べてもらえることに!
これは、ますます人生上向きの証か!?

バ~イ!貧乏神!!

幸福の女神とともに、スタジアムへ行ってくるよ!


さらに、この間、ホームパーティーに呼んでくれた友達からは、週末にサルサのお誘いが…。
ダンス自体が久しぶりなので、体がついていけるか心配。
時間次第では、参加したいなぁ。

まぁ、とりあえず、今の最大の関心は、レッズ。
どうなるかな?

ただ、正直に言うと、実家に着いたものの、途中で寄るはずだった和菓子屋さん2軒をスルーしてしまい、軽く凹んでいる。
首都高使ったら、どこで下りたらいいかわからなかったんだもん…。
この人間ナビと呼ばれた私でもわからないなんて、首都高侮れんな。←そんなあだ名ついたこともない


更新してすぐに記事チェックしてくれた人。

うっかり間違えたスペルは見なかったことにしてね!

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。