横須賀《ばあちぼう》雑記

****ヨーガと本と戯れ噺****


テーマ:

酪農家長谷川健一さんの

おはなしを聞きに行きました。


会場の児童館の二階は冷房なし。

20畳ほどの和室にびっしりの人。

窓が開け放たれ

扇風機が数台まわり

めいめいが団扇や扇子で涼をとる。

懐かしい「寄り合い」の雰囲気。


最初のうちは

ぱたぱたぱたぱた

団扇や扇子が動いていたが

気づくと動きが止まっていた。


長谷川さんの話に

引き込まれていたんじゃないか。

聞き漏らしちゃいかんという気持ち。


暑いのが超苦手とおっしゃる話し手の

顔に噴き出る汗を拭き拭きの話しだもの

それもずっと立ちっぱなしで。

ということもあったかもしれない。


実際に被災された方の

生の声を聞くのは初めてだ。


映像を交えながら

3・11の自然災害、

続く原発事故=

人為的な災害の体験を語られる。


行政の認識の甘さ

そして対応のまずさ、遅さ

東電の不誠実さ

飯館村のおかれた状況

村への愛着

牛を手離す決断

家族が別々に暮らすこと

故郷を離れること

酪農家のお友だちの自殺

酪農家のリーダーとしての責務


無念さ

怒り

寂しさ

決意


福島なまりの

たくさんしゃべられてかれたのか

しゃがれ声。


映像で

村の風景やご家族やおうちや牛舎を見たので

3・11前の長谷川さんの暮らしを

想像してしまう。


なぜ

と思われたことだろう。


それは長谷川さんだけではないし

わたしたちだって

他人事ではすまされないし

よその場所のことではすまされない。


最後に

「風化させないで」とおっしゃった。


はい。


おはなしは録音したので

すべてとはいかないが

文字に起こし載せます。

なるべく早く。


長谷川さんのこと

「勇気野菜プロジェクト」のブログに

くわしくあります。



以前、

東電の株主総会に出られた方の話を

又聞きしてちょこっと書いたでしょう。

その方も会場にいらしていた。

もの静かな年配の女性。

声をかけたら

とても酷かったと怒りをこめて話される。

あまり時間がなかったので

後日、話を聞かせてもらいたいと言ったら

喜んで、とにっこり。


怒りも悔しさも

マイナスの感情は早く吐き出さなくちゃ。



昨夜21時

熱海に戻った。

南西の空に

大きな明るい半月。

見上げながら

坂道をゆっくりゆっくり上った。


頼むよ。

月に言った。

なにをか自分でもわからんが

口をついてでた。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ばあちぼうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。