オフィシャルサイト「MUあらかると」
http://www.muhoshino.com


近々のライブのお知らせ
http://www.muhoshino.com/pages/schedule.aspx


★マキシシングル「Legend~伝説~」

5月14日リリース!

ご注文受付開始!!!




 
Youtubeにライブ動画がUPされています。
「星野睦子」でご検索下さい。
  http://www.youtube.com/

  • 21 Aug
    • 茶トラってきっと優しい

      なんとなあく。 きっと、茶トラって優しいんだな、と思います。   雄が多いそうで、体も大きく、気も優しい。他の子の面倒をよく見てくれる。 なんていい子なんだろ。   うちのび助、不幸な生い立ちだったんですけどね。   人間も、猫も大好き。たとえどんなに嫌われても、その相手を嫌いに ならないみたいなんです(鈍いのかもしれないけど(^^;))   ↑我が家に来たばかりの頃。 一辺の疑いもなく信頼してくれてました。   ↑先住猫・ラステルが大好きで大好きで、終日そばを離れませんでした。   ↑最近はこんな二枚目な顔も。❤ 後姿もほれぼれ❤   茶トラ、素敵な猫です。<m(__)m>

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 20 Aug
    • 曲解説③「遠き伝説(legend)~日巫女によせて~」(保存版)

      三曲目はCDタイトルに一番近い、「遠き伝説(legend)」。 副題は「~日巫女によせて~」です。   連想される通り、通常「卑弥呼」と称される、中国の史書「魏志倭人伝」に登場する古代の日本の女王のことです。 日本人でこの名前を知らぬ方はまずいらっしゃらないでしょう。日本の伝説を曲にしたいと思っている私、この方ははずせない。   がしかし、この方資料が少なすぎる。もとより「魏志倭人伝」に数行登場するのみ。 分かったのは、どうやら歌や踊りで政を司り、神の言葉を伝えていたらしい、とのこと。 他が一切分からない。「分からない」をそのまま正直に、歌詞は出だしから…。      「遠き伝説(レジェンド)」-日巫女によせて-             詞・曲=星野睦子 アレンジ=タロット続木   1 その昔母なる国に 歌と踊りで世を治めたる   大いなる巫女がいたという   一人を指すのか 受け継がれてきたものなのか   それすらも分からない     歴史の狭間に垣間見える 伝説の女王     「日の国を守り 日の国を引く」という  神の心伝える 命をうけて… 2 三度母なる国として 生まれたる 日の本の国   同じ過ちを繰り返すのか   あるいは現世に降りられたとされる救い主   母なるこの地にその御手を…       歴史の狭間に垣間見える 伝説の女王     繰り返す時は来た 母なる国に いまその御魂が降り注がるる     よみがえれ よみがえれ 母なる国よ   思いひとつにすれば 奇跡は起こる     よみがえれ よみがえれ 太古から現世へ   それは遥かなる 遠きレジェンド   <試聴> http://www.muhoshino.com/Pages/CD.aspx   「魏志倭人伝」に記されたのは、西暦247~248年頃。邪馬台国に都をおく、倭国の女王。封号は「親魏倭人王」。   お気づきのように、私はこの「卑弥呼」という呼称がどうしても受け入れられず、日の本の巫女という意味で「日巫女」という呼称を使う事にしている。もとより中国側がつけた名前で、日本語的にはとうてい相手を敬う漢字とは言えないと思います。   もっとも、中国語としては分かりません。ラストエンペラーの「溥儀」さんのように、位の高い方に用いる漢字ではないような?というお名前もありますから。 どうも、海を渡って来る時に、漢字の意味がひっくり返ったのでは?と思うようなものが沢山ございますので。 (付け加えると、この「漢字」、発祥が中国と言われていますが、最近は逆という見方も有力。この件はまた機会があったら<m(__)m>)   付け加えるならば、その「ヒミコ」は、個人の名前を指すとは限らず、その役職を示す可能性もある。よって、代々受け継がれるもの。そのあたりも歌詞に入れ込んでおります。   そして、「分からない」にもほどがあり、ご存じのように「邪馬台国」の位置すら、未だ皆目分からない状態。 この(一応)伝統を重んずる日本において、国本の発祥らしき、その場所すら分からないという事があるのだろうか。がしかし、現に未だ特定されていない。北九州説、近畿説、「ヤマト」を冠する各地。変わったところとしては対馬説、なんてものあります。   21世紀に入った頃でしたか。ひたすらに「女性の時代」と言われたものです。「ヒミコの役割を持つ女性が沢山現れる」と。私の周囲にも素晴らしい女性が沢山いらっしゃいました。 それは、新たなる時代の到来にあたり、いわゆる「ヒミコの想い、霊性が地上に降り注ぐのだ」、と何かで聞いた。   …私はまんま歌詞にしただけですね。 星野睦子の曲群の中では「MU大陸幻想」の続編のような位置づけです。   果てしなく私は、この日本の目覚めを願い、この宇宙船地球号の正しい舵取りを日本が担当してほしいのである。 あれから約20年。日本は良くなったのでしょうか…。   そうそう。数年前ですが、ヒミコの時代に重用されていたとされる「銅鏡」について、とんでもない説に出逢いました。   青銅製で、中心にある半球が、「地球の北半球の地球儀」というのです。 こ、これは一体……。(゜o゜)   私は以下の先生の説で知ったのですが。 https://www.youtube.com/watch?v=Qr4FJwGloC8   昨年、近くに展示会が来た時に実物を見に出かけました。 古いものなので相当崩れている。はっきりそうとは言えない物も多かったですが、確かに、繊細な彫刻は、“それ”と酷似していたように見えた………。   世にオーパーツは数多けれど、これはオーパーツの粋を超えている。 一体誰が当時地球をその角度から見て、詳細を記録し、小さな球に再現したのでしょう。   もしこれが本当なら、彼らが宙を飛ぶ船で移動していたとするなら、場所が特定できないわけもうなづけるというもの。伝説が各地に残っていたとしても、仕方ない。瞬時に遠方まで移動できたでしょうから。   よくアカデミックにこだわる方は、「物的証拠を見せろ」「科学的根拠を提示しろ」と言われると思いますが、これほどの物的証拠、ありますかね……。   人類の歴史には、まだまだ知られてない事が沢山あるだけだと思います。そしてそれは、時が来たら解明されるようになっている。多分。   私も、はじめからこうしたトンデモ話を信じていたわけではない。 誰でも、何かのきっかけやキーワードに出逢い、こうした事に関心を持ってゆく(持たない人もいらっしゃるとは思いますが(^^;))。 早いか遅いかだけの話。DNAが反応する。受け入れたら楽で、しかもとっても人生楽しく、希望も持てる。!(^^)!   ま、先に気がついた者が言っていくしかないです。それが役目。(^^♪   タロット続木氏のアレンジで、もう結構長く歌っておりますが、今回晴れて日の目を見ることができました。<m(__)m>     ちなみに、日本の伝説の女性としてもう一曲、「アマテラス」をテーマにした曲もあるのですが、こちらに関しては、未完成。何度か改作しましたが、未だ未完成。   というのも、「アマテラス説」に変化がありすぎて。特に大きな変化としては、アマテラス男性説。だとしたら、訴えるものも変わってくる。確証のないものは提唱できない、と、保留中。   完成する可能性低し。タイトルだけ発表しちゃおう。(*^_^*) 「輝ける闇」です。 「天の岩戸」伝説にあやかった事もありますが。今闇のような日本ですが、その中には輝ける未来が含まれている、という意味で。     最後にこれを………。   「♪籠目 籠目 籠の中のトリはいついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀がす(統)べった 後ろの正面だあれ」                   卑弥呼(ひみこ、生年不明 - 247年あるいは248年頃)は、『魏志倭人伝』等の中国の史書に記されている倭国の王(女王)。邪馬台国に都をおいていたとされる。封号は親魏倭王。 「魏志倭人伝」によると卑弥呼は邪馬台国に居住し(女王之所都)、鬼道で衆を惑わしていたという(事鬼道、能惑衆)。この鬼道や惑の意味には諸説あり正確な内容は不明。ただし中国の史書には、黎明期の中国道教のことを鬼道と記している例もある。 既に年長大であり、夫はいない(年已長大、無夫壻)、弟がいて彼女を助けていたとの伝承がある(有男弟佐治國)。王となってから後は、彼女を見た者は少なく(自爲王以來、少有見者)、ただ一人の男子だけが飲食を給仕するとともに、彼女のもとに出入りをしていた(唯有男子一人、給飲食、傳辭出入)。宮室は楼観や城柵を厳しく設けていた(居處宮室・樓觀、城柵嚴設)。 卑弥呼が死亡したときには、倭人は直径百余歩(この時代の中国の百歩は日本の二百歩に相当する)もある大きな塚を作り、奴婢百余人を殉葬したとされている(卑彌呼以死、大作冢、徑百餘歩、殉葬者奴婢百餘人)。塚の大きさが直径で記されているところから、円墳であったと考えられる。  

      3
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 気晴らしおやつ

      先程はすごい雷でしたね。ガラス張りの我が家からよく見えました。😥今日は昼新宿に一件観劇取材に行き、仕事がたまっていたので、真っ直ぐ帰って、レシピの仕事を。ついでなのでおやつ作り。すっかり我が家でお馴染みになったダッチベイビーアイス。実は、小さいスキレットだと、火が回り過ぎ。底辺が先に盛り上がってしまい、綺麗な形になりません。温度を下げたり、天板の位置を上に上げたりしても、さほど変わらず。う~ん、まさかこうなるとは。20センチ前後のフライパンなら極簡単にダッチベイビーの形になるのに。この辺りがお菓子作りの難しいところ。結局、温度は下げられない。210度以上でないと焼けません。今日は、最後の手段として、表面が焼けた段階で、重石として、真ん中にココットを置きました。それで、なんとかかな。もっといい方法が思い付いたらまたやってみます。

      3
      テーマ:
  • 17 Aug
    • 不死身?

      はい。 何が不死身かというと、私が永年愛用しているボイスレコーダーです。 全然こわれなくて、有に10年は使っているかと。   が、今年の五月、実はトイレに落っことし(水を流した後なのでご安心を)、濡れたので一所懸命拭いて、アルコール消毒をして。 …それでもやはり電源が入らず。   仕方ないか、と、次世代を探すが、これ、といった出合いもなく数日が過ぎ、何気なく電源を入れてみたら、なんと入った。パチパチ。   この、なんたって立ち上がりの早いメカを、我々記者連中はよく使っています。取材には必需品です。   で、そのまま三ヶ月ほど正常に作動。   が、今月に入ってから、やけに電池(乾電池式)の減りが早い。1日で無くなる。んなバナナ。 私が付けっぱなしに?とも思ったが、確かに消しても、やはりすぐに残量がない、との表示。   バッテリーでもないのにこんな風になるのかな、と思っていたら、今度は発熱してる。熱い!ええっ?スマホでもないのに?😅   まあ、とにかく、もう寿命なんだろうと。電源も入らないし。そして、電池を抜いてそっとしてあげた。その日の夜にアマゾンで新入りを購入。 なんたって、我々には必需品。ライブも録る。   新入りさんはとっても小さい。⬇ 取説が英語でいまいち馴染んでおりませんが。   ところががどっこい。古株さんの方、また電源が入るようになった。   うっそ~、君不死身?😨   …ま、イマイチ正常に作動しないし、またいつ止まるかわからないので常用はさけますが。   とにかく、オリンポス製品の凄さを見せつけられた一件でした。🙇

      3
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 曲解説②「KAGUYA」(保存版)

       さて、マキシシングル「legend」の2曲目に収録されているのは、「KAGUYA」。 これは、説明するまでもないといえばないですが、あると言えば沢山あります。(^^;) ちなみに、歌詞は、一見「竹取物語」そのものです。      「KAGUYA」   詞=星野睦子/曲=野口和枝/アレンジ=タロット続木1 さやさやと さやさやさやと 風たわむれる  空へ空へと伸びゆきて 天つくばかりの竹林  いにしえにここから生まれし 童あり  どこから来たかと問う者に 月の都と答えけり  静かな海のかなたより なぜゆえ この地訪れた2 はらはらとはらはらはらと 頬つたう涙  月満つ夜を数えては ただ泣き暮らす かぐや姫  いつの日か都へ帰る 日が来ます  翁・媼(おうな)が留めしも 何も変わりはなかりけり  落とした涙のその数で この地で何を果たせたや3 きらきらと きらきらきらと 天翔ける舟  まばゆく光る金色(こんじき)は この世の物ではなかりけり  羽衣に片袖 通した刹那から   互いに言葉通わずに 月の人へと変わりしと  届かぬ思いそのままに 天人(あめひと)共に去りゆきぬ  今なお継がれる物語 解かれし時待つ missing link…<視聴はこちら>http://www.muhoshino.com/Documents/cd3_2.mp3 この、日本最古の物語「かぐや姫」。1000年以上前に書かれたとされ、作者不詳で、日本で最初のSFとも言われる謎の物語。  竹取の翁が光る竹を切ってみたところ、中から可愛い小さな女の子が。みるみるうちに美しく成長し、そのあまりの美しさに、一目見たいと家を取り巻く行列が。帝はじめそうそうたる人物が求愛・求婚に訪れる。姫は無理難題を提示し、その後求婚者たちはさんざんたる人生を送る。 唯一、帝には心惹かれたようですが、それも振り切り、姫は空飛ぶ船で月の都に帰ってしまいます。 大抵おとぎ話には何かしらの教訓なり、あるはずなのですが、ここには一切ありません。この話の意味は一体何で、かぐや姫とは何者?月の都とは真実か? 教訓はなくとも、伝説は何かを伝えています。あえてぼかして真実を隠している場合も多いものです。これは、地の人々から見ると、当時の武家同士の勢力争いという見解らしいですが。  ですがこの物語。結構隠してないんですよ。「月の都から来た」「月の都へ帰る」とはっきり言っていますし、短時間での急成長や、自分はここの者ではない、と帝の前で消えて見せたり。天からの迎えの船のUFO然とした記述や、天人の衣を着たら言葉が通じなくなる。などなど、いくらでもあります。 こんなにはっきり書いているのに、気づかない人は気づかない。見えない人には見えないのだな。今でこそ月にある建造物やミイラなどなど、月の真実が注目されておりますが。 一方で、かぐや姫が地球に来たのは、地球が流刑地で、罪を犯した償いか、いわゆる服役で来た…という説が有力です。 かくしてその罪は?これが全くの謎なのですが、推測するに男女の罪。または、天人(言葉を変えると高次元の異星人)なのに次元の低い者と交わった罪、などと言われています。 なので彼女は一定期間の禁欲生活なり聖別期間が必要で、その為求婚者を受け入れられなかった…。 あくまでも「説」です。(^^;) 私は、罪人にしては彼女は待遇が良すぎるな、と思いますし、それだと楽しくないので、彼女は地球人を一定期間リポートなり監視に来た、公務員か女子アナあたりかな、と思う事にしています。(^^♪  そして面白い事に、最近著名な方が、かぐや姫は今現在も月で生きていて、大好きだった日本を懐かしみ、ミニ富士山を作ったり、当時の家を再現して暮らしている、と講演会で話されたそうです。 これこそ荒唐無稽~~~。  …古書には、昔の方々はとても長生きとして記されている事も多いですね。 広い心で捉えましょう。太古の人々は現代人と作りが少し違う、とか、ちょっと違う生命体、と考えると、千年や二千年生きる生命体があったとしても、な~んにも不思議はないかも、と。 にしてもこの物語。どなたが書いたのでしょうね。私は、翁その人と思っています。何より、一番顛末を知っているのが翁。他に、誰が知っていましょう。 そして、タイトルは「かぐや姫物語」ではなく、「竹取物語」。竹を獲り、家具を作る事を生業としていた翁の物語なので「竹取物語」。そして、家具屋の娘だから「かぐや姫」。何も不思議はありません。 翁が竹林で見た物は、そして見た者は、一体何・誰だったのでしょう。そして、翁が即大金持ちになったからくりとは? さらに、なぜかぐや姫が降り立った地は日本だったのか…。 そんな事をず~っと考えて、いつかかぐや姫の物語や曲を作りたいと思い続けていたのですが、11年前に今のマンションに越して来た時、当時窓外が全面竹林でした。上方で竹の葉がさやさやと触れる音を聴いているうちに、さ~っと書き上がった曲がこれでした。 いつか、人類がもっと進化したら、それに沿ってこの物語の真実、真価、メッセージが、分かる日が来るのかも、と思います。 この曲も「龍の島へ」と同じく、ピアニストの友人・野口和枝様の作曲です。アレンジも同じくタロット続木氏。そしてChihiro S.氏のプロデュースで、素晴らしい曲に仕上がりました。かぐや姫の物語のように、随所にあれこれ音のトリックが隠されています。ぜひ一度聴かれたし。 この物語のように、長く人に語り継がれる曲になったらいいなと、願いを込めて…。  

      5
      テーマ:
  • 15 Aug
    • 良い夜でした♪

      こんばんは。 一昨日のLIVE。いろんな方がUPして下さって、どなたが撮って下さった のか、UPしてないのはどれか、もう分かりませんが、最後にUPさせて 頂きます。   ↑これは多分「すばる」。ギターは店主の関口マスター。 かなりロックな方でして、私のような曲は四苦八苦のようでしたが、一所懸命 弾いて下さいました。 ↑は出番の後半。「MU大陸幻想」の出だし。位置を変えました。   malieさん、巫女姿で登場。 私がラフな浴衣なもので、バを引き締めて頂くために、ご無理をお願いして 巫女さん姿で、と。 malieさんこの日も大活躍でした。ありがと~!!(^^)!   えどさん主催のLIVEは、いつも雰囲気いいですね。かなり高いアベレージ で。えどさんのお人柄によるのでしょうね。   参加された皆さんのリポートでもお分かりのように、初めてのお客様も 大変喜んで下さいまして、競演でありながら一体感があり、笑あり、 涙ちょっぴりありの、本当に良いLIVEとなりました。   この日ご参加できなかった皆さんも、ぜひまたの機会にいらしてみて 下さいな。きっと、良い夜を過ごせます。   ではでは。<m(__)m>        

      6
      テーマ:
    • 昨日はサンシャインへ

      こんにちは。昨日は沢山の方からいいねやアメブロの閲覧を頂きまして、大感謝でございます。ライブ数少ないので、久々に賑やかな雰囲気を共有させて頂きまして、とても嬉しいです。今晩にでも残り写真、アップさせて頂きます。🙇さて、昨日電池切れでアップ出来ませんでしたが、サンシャイン水族館に行って参りました。🐙何点か…。先日故郷で行ったOGA水族館がとてももよくて、また…。😊普段はすいているのに、夏休みに行った私が悪かった。大変混雑。あと、空飛ぶペンギンは7時までで、間に合いませんでした。残念!夕飯は新大久保の韓国料理店へ。お通しが多いのにびっくり。😅これ全部お通し。海鮮チヂミがカリカリじゃなくて残念でした。あと、左のジャガイモチヂミがgood。昔仕事で北海道に住んでいた事があるのですが、あそこの「いも団子」と一緒。懐かしかった。🙌

      5
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 大盛況で…❤

      大盛況のうちに、無事終了いたしました。<m(__)m>   本当に、全員が全く違う個性で、自分の世界が強い人たちでした。   主催のえどさんが「共演」ではなく「競演」で集めたメンバー。 …小心者の私には「競演」という発想はあまりないのですが…。(^^;)   上を目指すなら、そこで一番になる、という気持ちでやる事が大切 です。作品も、お客様を喜ばせることも。   いつまでたっても勉強ですね。   私は今日は全編浴衣。家から浴衣で出て、そのまま帰るという、 「靴と衣装は普段着と分ける、本番前は衣装でうろうろしない」、という 私のポリシーとは全く違いますが。今日は夏祭りの気分で。(^^;)   ↑これはマスターカメラ。   曲は、カラオケで「誓いのトーチライト」、「翼と両手」。 そして、マスターのギター伴奏で「すばる」と「Singer」。 最後はオケプラスマスターギター、そしてmalieさんの踊りで「MU大陸幻想」を。   その部分の写真、今はありませんが、後に届いたり、置き撮りカメラから、 いい写真があったら切り取ります。   あ、ご出演者、もうおひと方。 わ~、縦にならない。(^^;) ruto初出演のハギリョウさん。愛する川崎の南武線のブルースを歌って おりました。 はい。私も川崎在住です。いや、この方も良かったです~。昭和の仕掛け も各地にあって。   最後に、終演後、malieさんと。 手にしているのは拳銃…ではなく「こんちくわ」です。    

      4
      テーマ:
  • 13 Aug
    • 乱舞

      ま~、ドウモトさんの歌に、会場は狂喜乱舞。…のあとは、rutoさんが久しぶりというおがさん。自分の心をいきなりさらけ出せる人のようです。それもすごい事。皆違って、皆いい…です。😊

      4
      テーマ:
    • う~む

      四番手は、てんトコラさん。朗読…というより、これは「劇」が付きますね。内容がまたすごい。軍事論文と、シェークスピアの戯曲の組み合わせ。役者さんでもあるとの事で、すごく巧み。すごい!次がまたの~天気に明るいドウモトさん。恋夏!と叫んでおります。このギャップはまるでジェットコースター!

      3
      テーマ:
    • 素敵です

      malie さんが素敵な衣装に着替え、えどにしきさんの歌で4曲。大好評。お客様で会ったフラダンスをやりたい人続出。続きまして、杉本みつみさん。ウエスタン張りの衣装で、チャーミングな声で弾き語ってます。

      3
      テーマ:
    • スタート

      スタートしました。沢山のお客様。有り難うございます。⬆トップのえどにしきさん。フラダンスのmalieさん。まだまだこれからです。😊

      3
      テーマ:
    • リハから盛り上り♪

      今日はリハから盛り上りです。😅

      3
      テーマ:
    • プチトラ

      おはようございます。今日は朝からプチトラブル2。何の前兆もなく蛍光灯が切れる。(実は我が家は終日蛍光灯が必要)頑張ってカバーを外す。ここだけスリム電球なので、他の部屋と替える事もできない。仕方ない。買いに行くか。我が家は丘の上にあるので、街まで行くのに大変な勇気がいる。車持っていないし、自転車は関節炎になってから諦めた。もう鍵もどこにあるのやら。😅かくして、てくてく街まで歩いて、無事電球は買えた。せっかく街まできたので、たまにはモーニングセットというのを食べてみたくなった。⚪トールへ。朝セット390円という看板を見つけ、レジで、「このセットは、今日もやってますか?(日曜日なので)」と私。「はい」というので、「じゃAで」。「ドリンクは?」と聞かれ、「どれでもいいんですか?」と私。「はい」とのこと。なんか変だな、と思いつつ(セットなのに?)抹茶ラテのMを。「お会計760円です」と。えっ?やっぱり変だった。一旦払うも、やはり400円の差額は痛い。それに私は、今日は「モーニングセット」をオーダーしたかったのだ。よく聞くサンキュウセット。勇気を出して言ってみた。「ここにあるAセットを頼みたかったんですが」ちょっとレジでもたもたしたが、Aセットのアイスラテに収まり、差額も返金して頂く。私の次の人が、「Aセットのアイスコーヒー」とのオーダーで、即通じていた。…一体私の何がいけなかったのかしら…。😢

      4
      2
      テーマ:
  • 12 Aug
    • 明日、マスターのギターが聴けます

      こんにちは。明日はえどさん企画のライブ。私も歌わせて頂きますが、なんと関口マスターが伴奏してくれます。😊先程最後の練習を終え、解散致しました。見よ、この真剣な顔。😆イベントはこちら。⬇えどさん、本気のメンバー集め。バラエティに富んだ内容でお届けします。ぜひ一緒に夏休みしましょう。🙌

      6
      1
      テーマ:
    • 曲解説①「龍の島へ」(保存版)

       「解説が必要な作品なんて情けないでしょう」、と言う誰かの言葉を聞いた事がある。それも一理ある。 が、先日ある方から「どうして龍の曲を作ったんですか?」と聞かれて、満足のいく説明がまったくできなかった私は、もっともっと情けない作者であった。 …というわけではないですが、より良く理解して頂くためには、やはり誕生秘話なり、話させて頂きます。  第一回は「龍の島へ」。まず歌詞を見て頂きましょう。 「龍の島へ」詞=星野睦子、曲=野口和枝、アレンジ=タロット続木&chihiro.S1 腹に抱いたる 大いなる希望(のぞみ)  逃さぬように こぼさぬように  護り続けて来た事を 知る者は少ない…  龍の島へ 龍の島へ かつて多くの民が集まった   龍の島へ 龍の島へ あるいは海から あるいは遠い空から2 天の願いをこの世に示すべく  ひたすら時を 待ちて堪えぬき  流した涙の その数を 知る者は少ない  龍の島へ 龍の島へ かつて多くの民が集まった   龍の島へ 龍の島へ あるいは海から あるいは地の底から3 救いは天から来るのみならず  求め差し伸べる この手の先に  天の願いと人との願い 違え 違えて 幾年…    龍の島よ 龍の島よ 目覚めし者たちの 声を聞け   龍の島よ 龍の島よ 大地を蹴って 今飛び立つ時  龍の島よ 龍の島よ 翼を広げて  天宙(おおぞら)高く 舞い上がれ(試聴はこちら) http://www.muhoshino.com/Pages/CD.aspx  実は、この場合の「龍」とは、日本の事です。  誰もが気軽に口にするこの「龍」。その正体を、どなたかご存じですか?いえ、考えた事がありますか?私はとても考えます。 一言で言うなら、「架空上の聖獣」でしょうか。東洋では「龍神」と称されるように、非常に霊性の高い、善なる存在として定着しています。 ところが西洋に行くと、爬虫類系は、どちらかというと悪なる存在として認知されているようです。「レプティリアン」や、同じ爬虫類の蛇に至っては、聖書の失楽園に代表されるよう、悪の象徴として登場する事もしばしば。 映画「ネバーエンディングストーリー」では純白で、人間の良き友として登場しましたが、ファルコンは続編で見られたように、中国系の龍神のイメージだったのではないでしょうか。(顔は犬だけど(^^;))  さてこの「龍」を探す私の旅は、永年に渡りました。 ある作家さんは龍=UFOと唱え、ある研究家さんは、龍が人類の創生に大きく関わっていると強調している。DNAの件しかり、中にははるか彼方から新天地を求めて旅をしてきた一団の中には、龍の姿で宇宙を遊泳してきた者もいたという説さえ…。まぁ、「変身」の術も持っているとも言われますが。 これは一笑に伏すわけには行かないんです。現に世界中の遺跡や重要な建造物には、多くの爬虫類系の姿が刻まれ、像が残されている。「シュメール文化」然り、「イカの石」然り。 名前を失念しましたが、他天体からの彼らの旅を、そのまま口伝として詳細に伝承している部族まであります。元より人里離れた奥地に住む彼らに、なぜそんな天体の知識があったのでしょう…。 そして何を隠そう龍については、我が国日本の神話や古史の中にこそ多く記されているようです。  もしご関心をお寄せ頂いた方は極一例として、豊玉姫の出産の下りや竜宮城の話。あるいは聖徳太子が編纂したとされる「先代旧事本記大成経」など、よろしければ紐解いてみられたし。驚愕の内容です。いえ、悪い意味ではなく、むしろ全く逆です。 もうどの本だったか定かではありませんが、「生命誕生以前の地球で、龍が泥土の後乾いた地表で、地球での新たな生命の誕生を願い、自らの巨体を固い土に押し当てては回転し、その鋼のようなうろこや角で大地を耕した」というようなような記述がありました。 私はそのイメージが、何度も何度も浮かびました。龍は涙を流しながら、土を…。  だってそうでしょう。植木鉢だって畑だって、土がカチコチに固まっていたら、種をまく事すらできない。耕さないと。これは決して神秘的とかロマンチック、という事ではなく、極めて現実的な事です。その時、耕運機がありましたか?スコップを振るう人間がおりましたか? …龍のあの姿は、宇宙空間や、あらゆる過酷な環境でも耐え、そして打破するための武装でもあるのだろうか…、とまで思った。柔肌、軟体では、劣悪な環境に勝てない。 「龍神様ありがとう」、と自然に手を合わせていた私でした。  重要な事は、日本は龍と深いかかわりがあるようだということと、(龍以外にも)未だ謎は多く秘されているが、いつかそれが解明され、日本人が自覚して先陣を切って戦った時、大いなる祝福が日本を発端にこの地球にもたらされるであろう、という事である。 一日も早くその日が来てほしいとの思いでこの曲を書きました。 また、日本列島は上空から見ると、大海を泳ぐ龍のようにも見えるという事で、歌詞の出だしは「腹に抱いたる大いなる希望…」。1.2番は龍の島の過去の繁栄を称え、どちらかというとこれまでの悲願をねぎらっている。 三番のサビは「龍の島よ」となってるが、これは、いわば俯瞰した目線で、日本列島に文字通り、時は近づいた旅立つ日は近いと喚起・応援しているが、平和ボケした日本にちょっと激を入れたい意味もある。 …偉そうにすみません。「啓示型」です。自分を基準にはしておりません。<m(__)m> …こんな曲書いてる人、あんまりいませんよね。(^^;) 友人で優秀なピアニストの野口和枝さんの作曲、タロット続木氏のアレンジで、私が作曲するよりも何倍も力強く雄大な曲になりました。 後にchihiro.S氏のお力添えでさらにパワーアップし、今回のCDリリースへ至ったわけです。 ぜひ一度ご視聴下さいませ。<m(__)m> 追記といたしまして。私ごとで恐縮ですが、このCDを尊敬するある先生、こうした研究では日本屈指の先生にお送りしたところ、特にこの曲に「しばし言葉を失い茫然とするほど感動した」と、直に感想を頂くはこびとなりました。 …私の20年間余りの想いがかなった瞬間でした…。 そうした意味でも、今回リリースに多大すぎるご協力を頂いた、特にChihiro S.さん、タロットさんに、私は感謝してもしきれません。 ありがとうございました。そしてもちろん、ご購入下さった皆様、LIVEで聴いて下さっている皆さん。私のつたない歌を聴いて下さってありがとう。力足らず、なかなか伝えきれず、ここで補足させて頂いている事をお許し下さい。 そして………。きっとこのCDで全面に出している「龍神様」も、きっとパワーを貸して下さっております。(^_-)-☆ありがとうございます。 龍神様。これからも宜しくお願い申し上げまする。<m(__)m>↑これは私の竜ちゃん(^^♪ 

      5
      テーマ:
  • 10 Aug
    • 13日、rutoさんliveへ♪

      こんばんは。 今日は涼しかったですね。   はてさて、あれがあれでして(^^;)、なかなか音楽活動ができておりませんが、 いつも声かけて下さるえどにしきさん主催のLIVEに出演させて頂きます。   えどさんが本気で集めたメンバー。 私も初対面の方多し。 フラダンスあり、朗読あり、もちろん多彩な音楽あり。   えどさんがメンバー紹介もして下さっておりますので、ぜひご興味沸いた 方は夏休みしに来て下さいな。   http://ameblo.jp/utau-edonishiki/entry-12300483719.html   マスターの軽食や、吾輩のスイーツ、出ます。<m(__)m>    

      2
      テーマ:
    • モノが無くなる家

      ふ~っ!やっと今日の仕事が大体終わりました。(^^;)   ちなみに、我が家は、小さなモノがよく無くなる家です。 たとえば、イラストの下書きをしようと思うと、あれ?鉛筆がない。 消しゴムが無い。筆が無い。ペン先が無い。あれが無いこれが 無い…。   細かい絵を描く方ならお分かりと思いますが、お気に入りの鉛筆 一本、消しゴム一本無くても、仕事に多大なる支障が出ます。   私がきちんと片づけない。もしくはリビングで仕事しているのも 悪いのですが、犯人は、そう!ニャンコです。 手でもてあそべる大きさのものは、すかさずサッカーのボールと 化してしまうのです。   もちろん、一本や二本、一個や二個無くてもいいように道具は そろえてるのですが。 たとえば、私は下書きは絶対2Bの鉛筆です。これでないと微妙な ニュアンスが出ない。   常に2~3本は用意してあるはずなのに、ちょっと目を離す たびに消えていくので、ちょくちょく買っているのに、いつも探し まくって、やっと一本見つける。あるいは見つからず、仕方なく 他の鉛筆にする…が常。   きっと普段動かさない家具の下に、細かいモノが山となっている ことでしょう。   こないだも業者さんにソファを運び出して頂く際、下から沢山の 小物が出て来て、恥ずかしいのなんの…。   この二人のニャンコのサッカーの試合、なんとか減らせないもの でしょうか…。          

      4
      テーマ:
  • 08 Aug
    • 巣鴨、アーケードでミストシャワー

      こんにちは。仕事で巣鴨。アーケード街でミストシャワーが…。初めて見ました。しかも、かなり長さあり。風が強いと歩行者まで届かないのが難点ですが、でも少し涼しい。色々あるもんですね。😊

      4
      テーマ:
  • 07 Aug
    • ついに「ポー」の新作入手!

      NETで先日購入しました。 ついに…。   単行本になったら読もうと思って雑誌は買わなかった、ポーの一族40年ぶり の新作。 …あまりに早く単行本になったので、ちょと拍子抜けした感も。(^^;)   なんざんしょ、「一族の核心に触れる驚愕の新展開」とは。   今日はまだ明日〆のイラストがあるので、完成するまでお預けですが。(T_T)      

      4
      テーマ:

プロフィール

MU

性別:
地球では「女性」
血液型:
地球人の時はA型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
こんにちは、シンガーソングライターならびにパティシエ。芸能ライターにイラストレーター。おまけに自称・...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

旧ランキング

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。