※最終更新:17/1/10 更新内容:参戦決定に山の翁を追加(確定から移動)。マーリンを追加参戦済に移動


「総合目次)Fate/Grand Orderまとめ」はこちら

Fate/Grand Ordeにおいて、今後追加が確定となったサーヴァント、もしくは追加が濃厚と見込まれるサーヴァントについての総合情報ページです。
コンテンツが拡充した為、いくつかの系統ごとに分かれています。

確定情報から、過去作品登場のサーヴァント、ネット上の噂、勝手な自分の推測など、それぞれ毛色の違う情報を豊かに揃えています。

以後、こちらのページは全てのサーヴァント参戦情報に関するまとめ、目次が主となります。

追加参戦サーヴァントに関わるコンテンツ 目次とリンク)

1.参戦確定サーヴァント一覧(ソース:公式サイトや各種書籍など)
→本ページ内。参戦が決まったサーヴァントの一覧です。後述参照

2. 参考)追加参戦サーヴァント参考情報 (更新停止)
→ネット上の参戦の噂などをまとめたページ。役割を終え更新停止

3.Fate/Grand Order参戦濃厚サーヴァント(過去作品登場済サーヴァント)一覧
→各Fateシリーズに参戦したサーヴァントのうち、現段階でFate/Grand Orderに未登場の一覧。

4.Fate/Grand Order 各章参戦サーヴァント推測
→各シナリオの名称を元に、参戦すると思われるサーヴァントを勝手に予測、推測しています。

5.Fate/Grand Order 追加参戦済サーヴァントvol.1
Fate/Grand Order 追加参戦済サーヴァントvol.2

→かつて上記1に記載されていたサーヴァント。実装後はこちらに順次移動します。

6.参戦待機サーヴァント一覧
→上記の1,3を併せて、分かりやすく「将来的に実装される(可能性が高い)サーヴァントがいる」というのを一覧表にしました。

尚、全てのコンテンツにて、Fate/Grand Orderの特性上、真名が公開されているものはそのまま記載しておりますので、ネタバレ注意です。 Fate各作品を現在読み(プレイ)進めており、真名を見たくない方は閲覧をご遠慮ください。また、今後参戦するサーヴァントのネタバレを知りたくない人も、併せて閲覧をご遠慮くださ

 

【参戦決定サーヴァント(山の翁ピックアップ、ニューイヤーピックアップ)】

 

山の翁
真名:山の翁(ハサン・サッバーハ/キングハサン) CV:中田譲治(確定済)
出生・地域:中東(イラン・イラク・シリア) 11世紀頃

  Fateシリーズ登場作品:初登場

追加参戦日:2017/1/11 レアリティ:★5(SSR) クラス:アサシン

 

コメント:「初代」ハサン・サッバーハ。暗殺教団を組織し、歴代のハサンの元となりし存在。

通称「キングハサン」。

シナリオ6章7章に登場済で、シナリオの奈須きのこ先生から「FGOサーヴァントの中で、一番初めに戦闘ボイスを作ったキャラでもある。」と明言有り。

 

竹箒日記 12/14更新分の日記はこちら!

 

また、その後公式サイトに中田譲治さんの名前が追加され、その後本人よりも以下のツイートで紹介がありましたが、遂に満を持しての登場!

 

 

二刀流のセイバー
真名:宮本武蔵 CV:佐倉綾音
出生・地域:日本 戦国時代末期~江戸時代初期

  Fateシリーズ登場作品:初登場

追加参戦日:2017/1/1 レアリティ:★5(SSR) クラス:セイバー

■歴史上の人物紹介:

江戸時代を代表する兵法家(=剣豪)。剣豪といえば武蔵を思い浮かべる人も多いはず。
それというのも、宮本武蔵といえば一般的に「生涯無敗」で世間的に知られます。
これは武蔵自らの著作「五輪書」の記載によるもの。
「五輪書」は自らの兵法(=剣術)の極意を記したと言われる兵法書で、
(※尚、当時の剣術の使い手は「剣士」「剣術家」ではなく「兵法者」「兵法家」と言います。)
武蔵自身がこの書にて「20代までの間に60数戦して負けたことはない」と書いていますが、
30代以後はどうだったのか言及されていなく、「本当に生涯無敗だったのか」は定かではありません。
ただ、この「生涯無敗」に加え「二刀流」「巌流島の決闘」という分かりやすいキーワードにより、後の創作物でも色々脚色された結果、「無敗の剣豪」としての武蔵がイメージづけられました。

(広く知られる「吉岡流一門との決闘」「巌流島の決闘」については(実在したのかも含め)諸説あり、特に「巌流島の決闘」は前述の「五輪書」には記述が無い。)
武蔵の兵法は、「五輪書」によると二天一流。
名は「五輪書」の中では新免武蔵守・藤原玄信と名乗っており、Fate作中でも、この名乗りを採用されています。
「新免」は氏(=現在の姓、苗字)「武蔵守(むさしのかみ)」は武家の官位藤原は「本姓」「玄信」が「諱」です。

全てを詳しく語ると長いのですが、「武蔵守」は朝廷から賜る官位の一つで、「武蔵国(=今の東京都と埼玉・神奈川県の一部)の長官のような意味合いですが、この時代のほとんどの官名は「自称」です。よって「官名」というより「通称」くらいで捕らえていただければと。

武藏の場合は「武蔵守」ではなく、単純に「武蔵」ではないかという説もあります。

 

【参戦確定に近いサーヴァント

 

■クラス不明

剣豪の爺様
真名:柳生?? CV:??
出生・地域:日本?

  Fateシリーズ登場作品:初登場

追加参戦日:2017/?/? レアリティ:? クラス:セイバー?

■史実(小説)での人物紹介:

→ネタバレになるかもしれないので、別ページで推測を建てました。よければ参考に。

FGOネタバレ考察別冊vol.8~宮本武蔵体験クエストに出現した謎の剣豪の正体について~

 

名探偵のキャスター?
真名:シャーロックホームズ(?) CV:水島大宙?
出生・地域:(小説上の設定)イングランド 1854年頃~没年不詳(1926年以降)

  Fateシリーズ登場作品:初登場

追加参戦日:2017/?/? レアリティ:? クラス:キャスター?

■史実(小説)での人物紹介:

コナン・ドイルの推理小説「シャーロック・ホームズシリーズ」の主人公。架空の存在だが、現代でも度々映画やアニメ化され、「名探偵」の代表格として抜群の知名度を誇る。体格は痩身で身長は少なくとも6フィート(約183センチメートル)以上と長身。極めて冷静沈着な性格と、持ち前の推理力で数々の難事件を解き明かす。

Fateシリーズにおいても6章にて登場。先日公開された1.5章「Fate/Grand Order – Epic of Remnant -」のキーキャラと目される。(まだ見ていない方はこちらの公式PVを見てみましょう)

CVはPVの声から受けた印象からの推測に過ぎません。あと1、2人迷う人はいるのですが…。

 

成功しかけたワカメ
真名:イアソン CV:不明(神谷浩志さん?)
出生・地域:神代/ギリシャ神話

  Fateシリーズ登場作品:初登場

追加参戦日:不明 レアリティ:不明 クラス:ライダーorキャスター?

 

■神話上における人物紹介

有名なのはアルゴー船でコルキスの黄金の羊の毛皮を探索した冒険による。

このアルゴー号にはヘラクレスやカストールとポリュデウケス、アタランテなど凄まじいメンバーであり、見事の目的の毛皮を手に入れた。

しかし、コルキスの王女メディアを口先で騙して利用したのが運の尽き、

メディアはその後魔女となり、策謀により国王ベリアースを殺してしまった為、イアソンも国元にいられなくなり、亡命生活を余儀なくされる。

ちなみに幼年期は「勇者育成の達人」として知られるケイローンの元で育ったのだが…結果勇者になりきれなかった。

 

■Fate上での人物紹介

3章やイリヤコラボイベントに登場。

シナリオをプレイした人なら分かると思いますが、まぁ自分勝手で性格は最悪です。ワカメの系譜。

正直人間時も英霊としても本人自身に戦闘面で特筆するものはない。

敢えて、アルゴー号の主として、綺羅星の如く集まった英霊を指揮した統率力こそが武器と思われます。

クラス適正としてはアルゴー号の乗り手ではあるが、下記の通り本人が「知恵と勇気を武器に」とあり、実際アルゴー号においてもその統率力こそが勇者たる能力であった為、

実装されるとしたらサポート系のキャスターと予想されます。

果たして実装される日は来るのでしょうか…。

 


大江山の鬼
真名:酒呑童子 CV:不明 登場の可能性:「ほぼ」確定
登場作品:無し 活動時期:平安時代/日本

→すでに実装済 いずれ参戦済に移動。


坂田金時とは仇敵に当たる。(下記伝承を参照)

伝承上の活躍:丹波国(今の京都府の北)にある大江山(現在の京都府福知山市)に住んでいたと伝わる鬼の棟梁。
日本における鬼の代表的な存在。平安時代に京で発生した神隠し事件の犯人。
安倍晴明の占いによって、酒呑童子が犯人と判明すると、帝は長徳元年(995年)に源頼光らを征伐に向かわせた。
頼光とその四天王(渡辺綱、坂田金時、碓井貞光、卜部季武)、そして藤原保昌の6名は旅人に化けて毒酒を飲ませて泥酔させた上で、寝込みを襲って酒呑童子らを打ち取る事に成功。
しかし一説には首を切られた後でも頼光の兜に噛み付いていたとも言われ、「不老不死」であったとも言われる。
尚、このとき頼光が酒呑童子を切った剣が、後に「天下五剣」の一つと呼ばれ、国宝に指定されている「童子切」(童子切安綱)である。

→イベントにて追加済。近日、参戦済みへ移動。

 

 


【参戦確定サーヴァント(ソース:公式ガイドブック(末尾参照)】

■セイバー
・湖のセイバー
(真名:ランスロット? 登場作品:Fate/Zero(バーサーカーとして) CV置鮎龍太郎
コメント:フレーズとスキル構成から推測するに、ランスロットのセイバー版でほぼ確定)

→六章にて追加済。近日、参戦済みへ移動。

■ランサー、アーチャー
該当無し(全て参戦決定済)

■ライダー
・Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツライダー
真名:オジマンディアス 登場作品:Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ
CV:子安武人
コメント: 古代エジプトのファラオ「ラムセス2世」の別名。原作では非常に強力な力を誇り、恐らくギルガメッシュに匹敵する力を持つ、強力なサーヴァント。第一王妃はネフェルタリ。

→六章にて追加済。近日、参戦済みへ移動。

■キャスター
・レオナルド・ダ・ヴィンチ
真名:レオナルド・ダ・ヴィンチ 登場作品:Fate/Grand Order
CV;坂本真綾
コメント:既に本作2章までのストーリーに登場済でショップにも出ている為、ここだけは真名まま。
芸術から数学まで多岐に渡る実績を残したルネッサンスの申し子。万能の天才。
→既に追加済。近日、参戦済みへ移動。
■アサシン
該当無し(全て参戦決定済)

■バーサーカー
該当無し(全て参戦決定済)


 

 



【既にFate/Grand Orderに参戦済のサーヴァント】 

→下記、参戦済サーヴァント一覧へ移動しました。
こちらの「Fate/Grand Order 追加参戦済サーヴァント一覧」を参照ください


参考)追加参戦サーヴァント参考情報

ネット上で出回っている情報を別記事でひとつにまとめました。あくまで参考に。
別記事はこちら


【参戦濃厚サーヴァント(ソース:各Fateシリーズ作品に登場している各サーヴァント)】

「Fate/Grand Order参戦濃厚サーヴァント(過去作品登場済サーヴァント)一覧」 として、別ページに分離しました。

【Fate/Grand Order 各章参戦サーヴァント推測】

シナリオの流れを予想し、登場するサーヴァントを勝手に推測しています。単なる妄想とも言います。

Fate/Grand Order 各章参戦サーヴァント推測 として別ページに分離しました。

【既に参戦済のサーヴァント】

Fate/Grand Order 追加宣戦済サーヴァント
として、別ページに分離しました。


尚、後日、各サーバントについて、個別に登場作品を含め紹介させていただく予定です。(かなり先ですが)

また、このページの確定情報のソースとなっている「Fate/Grand Order 公式ガイドブック」についてご紹介します。
既に私も購入済ですが、以下の通り、様々なコンテンツがあり、非常に読み応えがあります。
・今回紹介した追加サーバントや既出サーバントのデータ・ビジュアル
・スキルやパラメータの紹介
・作者や制作スタッフへのインタビュー
・Fate/Grand Orderに関わる書き下ろし漫画
・「Fate/Grand OrderドラマCD 序章」「B2折り込みポスター」「ゲームで使えるシリアルコード」の3大付録
(シリアルコードで入手できるカードは、上方修正されて「フレンドポイント+75」となかなか大きい効果に。)

新サーバントについて詳しく知りたい方はもちろん、Fate/Grand Orderをプレイしている方は、買って損は無い内容かと思います。詳細は下記の公式サイトにて。

公式ガイドブック、公式サイトはこちら

また、こちらもソースとして利用させていただいた『Fate/complete material』シリーズは、現在第五弾まで発売中。
今回一部紹介した、かつてのFate/Apocryphaの没キャラ設定など、
細かい各Fateシリーズの設定が見れます。Fateシリーズファンの方はこれと、Fate/Apocryphaなどの各作品マテリアルは必須アイテムといっても過言ではありません!
尚、Fate/Zero、Fate/Apocrypha(小説版)も、個別にmaterialがありますので、そちらも興味ある方は是非。

Fate/complete material IV公式サイトはこちら
 

目次)Fateまとめに戻る
 

AD

コメント(13)