[北部九州]輪廻の沼「-Xing-アジ&メバing(etc)」戦術&料理

基地外度:★★★★★(アジング・メバリング歴:15年以上)



ブログ内の自作釣具の設計を個人用ではなく
商用利用することは、断固認めておりません。

かわいそうな偉大なる犠牲魚たち (14種目) 完全ショア&ソルトルアー限定
※世界最強のキャロ使いが行くロード・オブ・ザ・フィッシング


<イカ>
ソデイカ 重量:5.1kg 胴長:70センチ(市場価格:10,000円-前後) 2杯目(捕獲)
(シーバス用ロッド 10ft 、エギ(墨族系)、リーダー20lbs、PE 1.0号)
・スミイカ 2.9kg
・アオリイカ 4.2kg
・モンゴウイカ 2.2kg


制覇料理:イカステーキ、イカさし、イカの一夜干し、イカソーメン、イカパスタ、イカの塩辛、イカのカルパッチョ

<小物>
クロソイ 33センチ 540g(市場相場:3000円前後) (静ヘッド(3g)、リーダーなし。ナイロン2号)
制覇料理:クロソイの刺身、クロソイのアラから取れたお吸い物
メバル 28センチ  犠牲:約30000匹単位以上
制覇料理:煮付け、燻製、刺身、唐揚、カルパッチョ、薬膳蒸し焼き、塩焼き・・・など。
アジ 29.1センチ 犠牲:約50000匹単位以上
制覇料理:塩焼き、一夜干し→焼き、燻製、燻製→ゴマかけ→揚げてスナック化、アジの叩き、なめろう、南蛮漬け、姿造り、豆アジの酢締め手巻き寿司、みりん干し→焼き、煮物、サンガ焼き、天ぷら、唐揚・・・など
キス 29.2センチ 犠牲:約5000匹単位以上
制覇料理:天ぷら(うどん用)・塩焼き・燻製・カルパッチョ・キス飯 など

<外道>
シーバス 65センチ
制覇料理:ボイル焼き
ヒラメ[1][2] (33センチ×2枚 スーパーでの相場\1,280-)

制覇料理:ヒラメの姿造り、ヒラメのヒレをから揚げ、残りは潮汁
マゴチ 25センチ 制覇料理:マゴチの活き造り
サワラ 45センチ 制覇料理:京都の味噌なんとかw
カサゴ 20センチ 制覇料理:丸ごと唐揚
赤カマス: 23センチ 制覇料理:一夜干し→焼き
青カマス: 33センチ 犠牲:約1000匹以上 制覇料理:一夜干し→焼き
マダイ:32センチ 制覇料理:鯛飯・鯛の刺身
カワハギ:31センチ 犠牲 約200匹以上 制覇料理:肝カルパッチョ、鍋
ウマヅラ:35センチ 犠牲 約10匹程度[1]


※備考 ★=伝説物サイズ
※注意:ブログ内にある自作釣具などの設計や意匠については、商用利用する事は一切認めておりません。
過去にこういう~~~~事例~~~~が起こっております。


テーマ:
さてさて、長い長い休みでした。そろそろ再起動しますよ。いやはや実に長かった。ただ仕事の影響で今は内陸部にいるため、めったに行ってないんですが。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、海や川の流れを見ていると、なんで竜巻が起きるのか分かってきた気がします。

潮の満ちひきにより、流れが生じるのですが、一方的に流れることは少ないと言えます。二つに分かれた波が交差したり、重なり合う事で、波はいったん膨隆し、重力によって崩され巨大な谷を作り、そこに怒涛に流れこみ、その周りに渦ができる。

台風と竜巻は密接に関連すると言いますが、私はこれにもう一つ条件があって、偏西風と地球温暖化、それから前線の影響も関連あると思います。

よく竜巻を起こす雲をスーパーセルと言いますが、実はこれは気象予報士の誤解ではないかと思うのです。

一流のソルトゲーマーなら流れの恐ろしさは知っていると思います。特に風が作るような高波ではなく、月の引力であったり、地震によって作られる高波長の波の事です。

この高波長の流れが、空気の流れだと、偏西風だったり、前線だったり、台風だったりとする訳です。

さらに三次元的に考えると偏西風が高度10000メートル付近にあり、気温が下がるに従い風速も増すようです。つまり、秋にかけては偏西風は加速期になるわけです。

これに台風は大型になると高度10000メートルに達するので、当然、台風と偏西風とで流れの衝突が起きます。

さらに地上に前線などの下から上に吸い上げるような流れがあらかじめあれば、これと地上から10000メートルで起きた流れの摩擦で生じた渦とがドッキングし、竜巻として成長するのではないかというものです。

これは私の脳内仮説なので、何とも言えないですが、地球温暖化、大型台風、前線、偏西風。

これらのキーワードが見事にマッチングすると、竜巻を起こせるスーパーエネルギーの存在に気づけると。つまり、スーパーセルというのは結果論であり、雲が竜巻を起こしているのではなく、流れの交差や摩擦が竜巻を起こしているということです。

ただ、この技術を人工的に作れて兵器化可能ならものすごく恐ろしいものになりそうなんですよね。下手すれば核兵器を超えるかもしれません。いや、核の力も巨大なトルネードで封殺できないかと。

これらの流れと流れが、交差し、地上から10000メートル付近で縦に長くできた竜巻が出現する。日本の場合は、アメリカと違い地形というよりも、台風と偏西風、前線による複雑な流れがおこしているではないか?

台風が偏西風への衝突と同時に、竜巻や漏斗雲の発生件数等を調査すれば何か新しい事に気づけそうですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が漁港のメバリングをするのには理由が2つある。

1つは漁港全体が明るいので、どこに着水したかが分かる事。
意外にこれは大きい。

2つは漁港にはまだ尺メバルがいると仮説立てしているためである。

相席した人がタバコやら痰やらを海に棄てて少し自分の気持ちが落ちたけど
ま、人は変わらない。携帯灰皿とかマナーの良い愛煙家とか
釣り人ではなかなか皆無やし。

ゴルフと違って釣りがマナー違反になるのは縛りの無い自由なんだろな。

で、某漁港の激戦区。

ここは、10年以上かけて通いつめたホームなんだけど。
ここ最近、アジは小型になりメバルなどの姿を見なくなった場所だ。
飛距離がアップした自作キャロを投下。
飛距離だけならエギにも負けないかも。

いつもキャストしている距離に15~18mほど上乗せしただけ。
2015_3_21

2015_3_21

ベイトはキビナゴかな? 反省点。 沈降速度がまだまだ理想通りにいっていなかった。 自作キャロのパイプが一部破損していた。 潮乗りが甘かった。 魚のバイトがやんだときのエギへのチェンジにラグあった。 相席者のハンデとして潮下に立って釣ってしまったら トレースする方向を間違えてしまった。 以上かな。ま、イカもアジもメバルも何でも釣ってやるわ。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

明けましておめでとうございます。
今年も成り行きにまかせた釣行が多かった気がする。

そのため、好奇心なるものを・・・簡単に考えてみた。

1:魚は大きなサイズ、小さなサイズとで行動が違う。
2:魚は人間の「あの手」「この手」で行動を変える。
3:魚の「リアクションバイト」は実在するのか?


1:魚はサイズにより行動が違うか?
1年目、2年目、3年目・・・・とで魚はサイズが変化する。

魚という個体は、遺伝子によって変化しない存在であったとしても。
脳のサイズにより、魚は意志を持ち、行動を変化させるのか?
という好奇心である。

これは経験でしかなく、また経験からの推測であり、
結局、答えは魚の心にある。

いかに人間が水槽に入れて魚を実験したとしても、
自然というシチュエーションを再現できるわけではない。
また、監視された状況でハイプレッシャーな状態、
はたまた、餌付けされて人間に対する敵対心を減弱させられた個体とを
比較するのも科学的にナンセンスなものだ。


2:魚はあの手、この手に反応を変える
魚は、人間がAという仕掛けを投じ、仲間が釣られた。
Aを学習した。

学習して「食わない」という判断を起こす。

人間がBという仕掛けを投じ、再び仲間が釣られた。
Bを学習した。

・・・・・
と仕掛けを変え続けることで、
全ての魚を釣る事はできるのか?
これも水中を覗かねば見えてこない。


3:リアクションバイトによる謎
リアクションバイトというのは、少し不思議な感覚がある。
なぜなら、水中ではフォールという現象があるからだ。

魚の眼を知っている人なら分かるが、
多くのフィッシュイーターは視軸が上向きである。

シーバス、アジ、メバルの多くが目線は上向きである。
これはアミなどの浮遊物がある1箇所にかたまり、
それをメインとして食っているためか。
はたまた、瀬戸内海のように小魚を食べるためか。

多くは分からない。ニホンウナギも絶滅危惧種に指定された。
ニホンウナギの稚魚は多くのフィッシュイーターの格好のベイトだった。
言葉だけがおどり、行動では日本の水産物を汚染している
この国家の国民性だけにウナギも食えない時代になるかもしれない。

そんな上目使いな魚が、「落ちるもの」を知っていないはずがない。
どういうことか?

例えば、メタルジグにせよ、メタルバイブにせよ、はたまた糞重たい鉛の玉にせよ。

水中では一定の水中抵抗がかかっている。
水中抵抗は加速度にも比例することから、必要以上のスピードになることはない。
これは空中の落下と異なる点ではなかろうか・・・。

空中の落下では、空気抵抗がかかり、これも加速度に比例する。

つまり、水中を落下する釣りの仕掛けは、
速く落下して、遅くなって、再び速くなって・・・
を繰り返しながら落下しているわけである。


と考えるならば、
魚の眼には、
いかに重たい仕掛けでも確実に物体の
「色」 「ある程度の形状」 「大きさ」
ぐらいの情報は眼から入っていることになる。

そのフォールの時点で「食えない」と判断した個体が、
釣り人のトゥイッチやジャーク、しゃくり等のアクションで
「食わない」という抑制がハズレ、
本能で「食ってしまう」という現象。

これを釣り雑誌などが「反射食い」などと紹介したが、
これにも疑問が残る。

明らかに人間の勝手な主観ではなかろうか。

魚は、フォールする物体の
「色」「ある程度の形状」「大きさ」
などの 情報はすでに仕入れていた。

脳にインプットされていたはずである。

とするならば「食えない」と判断したのではなく
「食えるかどうか分からない」と判断していたのではなかろうか?

例えば、リアクション系の釣りは、
その後、なかなか釣れ続かないという現象がある。

もし、本能で食わせていたのであれば、
その後もリアクションで本能で釣れ続くはずだ。

それが無いということは、水中にいる仲間には
「もう、アンタの手はバレバレでっせ」
と言われているのではなかろうか?

そんな事にも気づかず、
プロは堂々と一匹をぶら下げて、
どうだと言わんばかりの表情を見せている。
もしかしたら、40オーバーのメバルの群なんてのも、
実際はどこかの地磯なんかにもいて、
極端に運動学習が進化した群なために
釣れ続かないだけではなかろうか。

勝負の世界に身を置く者。
人間をモノとして扱うのがこの国の方針である。
そんな事は無いと言う人もいるかもしれないが、
それは建前で、それが本音だろう。

そのため、勝負を「美徳」でカモフラージュし、
偽りの平和主義で影で作りながら、
勝負することを男から奪い去った。

されども、どんな環境下でも男は勝負を欲している。

それは生き物の進化が勝負の歴史であった事に由来する。

弱肉強食の世界だが、同種による戦いは男の世界では必要欲だ。
魚の中でもアユの友釣りなんてのは、
この起源を下にした釣りといってよい。

メバルの友釣りもありそうなんだけど。

この魚は、稚魚を抱えていると縄張りが出来る。
その縄張り中のオスを友釣りで釣れないだろうか?
無いよな、レオン先生か誰かに開拓してもらいと 他力本願的なのも、
また日本人の悪い癖かな。

とにかく色々な事に猛省したり、 好奇心を誘われたり、
自分を見つめ直したりの日々です。

2015年もがんがりやす。 by カポコン。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



ストックしては消化
行けば釣れる。この間のアジングはそこそこ楽しかった。
ONのアタリからOFFのアタリに変わる。
そこから、OFFのアタリをかけにいける。
OFFのアタリが明確だったのは、この間紹介したBのキャロだった。

そこからキャロでOFFのアタリをとらえる仕組みを少し研究。

その後は、フロントスライドフォールするキャロの雛型を作り、
今日は終了。


そこそこ冷凍庫がパンクしかけたので、
今まで釣った鯵の一部を天ぷらにしました。
ここから南蛮漬けに出来るルートがあるからね。
下手したら冷凍庫がパンクしかける
釣る量を調整するのもテクニックかな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。