西遊旅行の労働問題についての考察

老舗の秘境旅行会社『西遊旅行』の労働問題について考えていくブログです。

ご覧頂きまして有難うございます。初めての方は、まずはプロローグをご覧ください。

テーマ:

54項目ある奥井さんの解雇理由の3番目に挙げられたのは、下記の事項です。解雇理由(1/54)解雇理由(2/54)と同様、今から5年近くも前におきたとする出来事を今更ながらに持ち出した事案です。

 

4階営業フロアにおいて、朝礼時、体調を崩したE氏が電話で会社に朝遅刻の連絡をしてきた際に、奥井氏が「病院行って診断書もらってきて」と言ったことに対して、H課長代理が「本当に調子悪かったら病院にも行けませんよ」と答えると、奥井氏は激昂し、机をたたきつけ、大声を出し、威圧的な発言を行った。

 


奥井さんは、同時期に上記のような事案があったということは覚えているようです。しかし、当時病気を理由にした遅刻が頻繁にあり、通院を理由とする遅刻についてはその証跡を提出するように社内ルールが変更された直後であったので、奥井さんはその方針に従い、E氏に指導しているにすぎません。その指導に対し、部下であるH課長代理が見当違いな意見を奥井組合員に述べたため、叱責しただけのことです。上記のような背景があるにもかかわらず、会社側はその背景には一切触れず、まるで奥井さんが一方的に「激昂した」「机をたたきつけた」「大声をだした」「威圧的な発言をした」と主張して、奥井さんの行為だけを誇張しているとしか思えません。

 

さらに、特定の事案であるにもかかわらず会社側も日時が特定できないことなどから、会社側は今まで5年もの間この事を問題視していなかったことは紛れもない事実です。なのに、なぜ、今ごろになってこの事を問題として取り上げたのしょうか?甚だ疑問です

 

■文責 東京管理職ユニオン執行委員長 鈴木 剛

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

54項目ある奥井さんの解雇理由の2番目に挙げられたのが、下記の事項です。

 

締切が守れないことの原因が他部署にあると主張する奥井氏に対して広報の入社半年の女性社員C氏が「締め切りを守らないのが悪いのではないですか」と、一方的に奥井氏に落ち度があるという反論をしたところ、奥井氏は自身が執務している4階からC氏が執務している3階におりてきて「何だその口の利き方は」などとC氏を威圧した。しかも、この行為はC氏の真横で数分間にわたり、他の同僚がいる前で行われ、見かねたD部長が仲裁に入ったものの、奥井氏はC氏が泣くまでC氏を威圧し続けた。


解雇理由(1/54)と同様、今から5年近くも前の出来事で、しかも日時も明確ではないため、奥井さんはこの事が事実か否かも含めて、まったく記憶にないそうです。ですから、もし事実と主張されるのであれば、やはり西遊旅行は証拠を示していただきたいと思います。特に、入社半年の女性社員C氏が誰か、明確にしてください。

 

また、「威圧をした」「C氏が泣くまで威圧を続けた」と西遊旅行は主張していますが、具体的に「威圧」とは何をしたのでしょうか?全く明らかではありません。この主張では奥井さんの行動について具体的説明も無く、ただ「奥井さんが乱暴だった」との結果だけを強調しているとしか思えません。

さらに、奥井さんより上席であるD部長が仲裁に入ったとのことですが、そんなに悪いことをしていたのなら、D部長は何故奥井さんの「問題行動」を止めなかったのでしょうか?奥井さんの「問題行動」を傍に付き添って見学していたのでしょうか?その結果、C氏は奥井さんのせいで泣きだした?

何とも曖昧で中身の無い主張です。

 

■文責 東京管理職ユニオン執行委員長 鈴木 剛

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

54項目ある奥井さんの解雇理由の1番目に挙げられたのが、下記の事項です。

 

派遣社員A氏が自身の送別会で、「色々とキツく言ってゴメンな」と言った奥井氏に対し、A氏は「(奥井氏から)本当に傷つけられました」と奥井氏に伝えた。閉会後にB氏が店を出てみると、奥井氏は憤慨しており、「わざわざ課長がアルバイトの送別会に出席してやったのに何なんだ、納得行かないから文句を言いに戻る!」などと大声で怒っていた。


今から5年近くも前の出来事で、奥井さんも記憶が定かではないようです。ただ、厳しく指導していたとはいえ、良く働いてくれたA氏の労をねぎらいたいと、わざわざ送別会に出席したにもかかわらず、上記のようなことを皆が居るところで言われて、逆にとても凹んだことだけは覚えていらっしゃるようです。お酒が入った席でもあったようなので、その後に感情が高ぶったのかもしれません。しかし、西遊旅行は奥井さんが道のカラーコーンを蹴飛ばしたなどとも言っていますが、今となっては真偽不明です。
 

ですから、もし事実と主張されるのであれば、西遊旅行は証拠を示していただきたいと思います。

 

さらに、この件が事実であったかどうかに関わらず、そもそも、業務時間外、かつ、事業所外のプライベートな出来事であり、さらに人を傷つけたり物を壊した訳でも無く、基本は言葉でのやりとりですから、解雇理由に挙げる程の事とは思えません。

 

この出来事でも、この後に続く“事案”とする出来事でも、一貫して会社側は奥井さんの処分などの対応を何もしていないのですから、この主張は合理的であるとは言えません。

 

■文責 東京管理職ユニオン執行委員長 鈴木 剛

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の団体交渉の結果を受け、本日、西遊旅行代理人の弁護士事務所から、回答書が到着しました。

団交から3週間近い時間的猶予がある先月末までに回答をお願いしていたにもかかわらず、結局、会社側は月内に回答を出すことができず、ゴールデンウィーク中にずれ込んでの回答でした。

中身を確認したところ、54項目にも渡って奥井さんの解雇にいたる理由とされる事案が列挙されておりました。第一印象として、よくもこんなに並べ立てたな、と感心するとともに、もし仮にこれらのことが事実であるならば、懲戒処分や書面による注意などが一切無かったことと整合性が無く、疑問が増すばかりです。

またこれだけ列挙したのだから、時間がかかって当然と考えることもできますが、会社側の主張どおり、これらの事案を理由に解雇したのであれば、解雇時点でこれらの事案は既にリストアップされていたはずで、書面にするのにこんなにも時間がかかること自体、とてもおかしな話といわざるを得ません。

 

とりあえず、この回答書の内容と反論については、今後、奥井さんからヒアリングをして、順次公開していきたいと思います。

 

■文責 東京管理職ユニオン執行委員長 鈴木 剛

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は神保町の貸し会議室にて第一回団体交渉が行われました。

私たち東京管理職ユニオンからは、担当執行委員2名と補佐1名、それに当該の奥井さんの計4名が出席しました。

会社側は、代理人弁護士のA先生、M先生、T先生と、奥井さんの上司のY部長、それに同じく部長のM部長が参加されました。

 

まず、驚いたのが会社側から一人の取締役も参加していないということです。解雇を決定したのは、確か取締役会で決定したことであるのに、その解雇の責任を持っている取締役が一人も出席せず代理人任せになっていることがとても驚きでした。

 

団体交渉の中で、会社側は、奥井さんがいかに酷い暴力社員であるかを、20項目にも渡って事例を挙げて説明していました。しかも、それはほんの一部で、100項目以上あるとの事でした。内容については、主に奥井さんがパワハラをしてきたことを挙げているのですが、しかし、証拠がほとんど無いばかりか、時間や場所、対象者が不明確なものばかりで、客観性・具体性にかけるものばかりでした。

 

そこでユニオンから、そのような行動に対して過去に懲戒処分などは行ったのか、とたずねると、なんと口頭の注意だけで書面での注意や減給処分などは一度も行っていないことが、会社側からも確認できました。会社側が事実とすることの真偽はともかく、いくら注意しても口頭だけにとどまっていて、なおかつ一部の注意に対しては、奥井さんは弁解もしてきたようですから、会社側はある意味その弁解を認めていたともいえますし、そうでなければ黙認してきたとも言えるでしょう。

 

いずれにしても、まずは会社側が言う事実がいったいどのようなものなのか、具体的に5W1Hを明らかにして書面にて提示してほしいと私たちは依頼をし、4月末をめどに回答を頂くお約束で、第一回の団体交渉を終えました。

 

■文責 東京管理職ユニオン執行委員長 鈴木 剛

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。