取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1 5JJ と 今はアナと雪の女王好き…(笑) の ブログ

◆昔はただバイクに乗っているだけで・・・本当にそれでけで良かった自分がいたのも間違いない真実。 今の自分は?

忘れかけている あの心のトキメキを追い続けて… 走り出せ!! …るのか?


テーマ:

今となっては懐かしい想い出でもありますが、自分のYZF-R1はトラブルが多発!?してました。 今では少なくなってきたキャブレター 5JJ YZF-R1に乗る方が同様のトラブルで困った際に多少でも参考になればと思いブログに書きたいと思います。


取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-伊豆の海が広がります

                 

当時は私もブログもH.P.も全くやってませんし、その時は大変すぎて肝心な時の写真とか撮ってませんので文章が多くなりますが過去の参考文献ってコトでご理解下さい(^^)。


2006年の7月、自分のR1は『走ってるとエンジンが突然止まる』トラブルってのが初めて発生しました。ちょうどカワサキZ750に乗る弟と夜中に秩父へ走っていた時。 後ろを走っていた弟の証言だと、現象としては3000rpm程度の低い回転数でのエンブレ減速時に突然エンジンが『パン! パン!!』とアフターファイヤー!?してマフラーから炎が出ていたらしい。 で、その状態のままエンジンはストールしてしまう。


でもバイクが完全に止まる前にまたクラッチ握って繋いだりセルを回すとエンジンがすぐ再始動してたので、『ナンだ!? まっ、いいか!!』と軽~く思ってた。


実はこの数日前に自分でプラグとエアクリーナーを新しく交換していたので、その時は『作業で何か間違ってしまったのかな?』程度に考えてた。


そして自宅に帰ってからはたまに会社行くのに乗ってたけれど、ナンだか始動性が悪いか?と思っていたが大きなトラブルも無くそのままに・・・。



そして2006年10月に一人で夜中にフラっとツーリングに出て、山中湖から芦ノ湖スカイラインと椿ラインと大きな問題なく気持ちよくR1は走る。



取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-芦ノ湖スカイラインかドコか



そして熱海から海岸沿いを走り熱川温泉の『高磯の湯』へ。この温泉はモロ海沿いで500円。

取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-熱川温泉 高磯の湯

                            まずは入り口

取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-海が気持ちイイ 熱川温泉 高磯の湯

この10月に船海を見て波の声を聴きながら入る温泉は格別で酔いしれていた。

人は少なくて夜中に走っていたのもあり心地よくお昼寝・・Zzz…(*´?`*)。o○。


あまりにも気持ちよくて1時間くらい寝てた。夜は寒かったので着てきた冬用ジャケットとセーターも出発する時は暑くてマジ着たくなかったけどね・・・・



取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-観光地? お約束 高磯の湯の顔ハメ 高磯の湯

            観光地でよく見られる、顔ハメがあります

取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-ゆっくり走りながら撮影

          この後に地獄が待っているとは思いもよらずに・・・・・



取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-伊豆の空と海の青がキレイ♪


そしてしばらく快調に走っていると、思い出したかのように城ヶ崎海岸あたりでR1のエンジンがストールしてしまった。 それでも秩父の時と同じでセルをしばらく回しているとすぐエンジン始動した。その後も2~3度同じコトがあったが深く考えずに走る。


宇佐美から県道19号を上って行くとまたエンジンが止まってしまった。そして今度はセルをいくら回してもエンジンが掛からない!!


 『マジ!? 山の中で!? ウソだろ~! ヤベぇーなぁ・・・!』


と思いながらもまだ12時過ぎだったのでまだ気楽に考えながらプラグでも見るか!!と思いタンクを上げたけどエアクリーナーBOXのネジが取れずに断念。  


とりあえず宇佐美のガソリンスタンドまでR1を押して行くことに。軽いはずのR1も、ちょっとの上り坂でも意外に大変で、バリバリ伝説 聖 秀吉の


 『軽いはずのGSX-Rも、押すとなるとクソ重いで!!』

      (スズカ4時間耐久レースで転倒した時の秀吉のセリフ) 状態。


さっきの温泉でさっぱりと汗を流したのに、今度はベットリしてマス (;°皿°あせる)。 

またやっとの下り坂で押し掛けをするも全くエンジンが掛かる気配ナシ。どうなる俺?




12:50分、やっと発見した伊東市富戸のガソリンスタンドでギブ!!。 R1にもガス入れて自分も休憩。もうグッタリで自動販売機のスポーツドリンクがめっちゃウマい!!  で、1時間ほど休憩してみるとR1のエンジンはセルで始動はてなマークしたので走り出す。


熱海でプラグ買うか!?と思いつつも『大丈夫だろ』と脳内で勝手に解釈してスルー。熱海のビーチラインでエンジンが止まっても困ると思ったのでそこも観光せずスルーしてR135号を山の中へグイグイ上るも、ついに途中でエンジンがストール。

しばらくセルを回すもバッテリーが弱まってきたので、まだ場所的には近いであろう熱海のバイク屋さんでも探すコトにしてR1を押して引き返す。  


途中、スーパーカブに乗った若いお兄ちゃんが声を掛けてくれて近くのバイク屋さんを検索してくれた。 『困った時はお互い様ですから!!』と親切にしてくれて嬉しくなる。実はこの時自分の携帯の電池は既に切れてました・・・・。

そしてYZFもすぐに直る様子も無いので彼にいつまでも迷惑を掛けても申し訳ないのでお礼を言って別れる。 この時は人の優しさに本当に嬉しかったです(*^o^*)



それにしてもこの現代において困った時に携帯の電池が切れる心細さってたまらない。それ以上に相棒のR1のエンジンが掛からない心細さはもっとたまらない・・・・



そしてやっと熱海手前での急な下り坂でバイクに跨りギア入れたらエンジンが始動!! また東京方面にUターンして途中で止まってもアホなんでそのまま熱海の街へ向かい、まずは携帯用のスペア電池を購入。そしてスーパーカブのお兄ちゃんが調べてくれたバイク屋さんへ行くも休業してた ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・

ちなみに近所の別のバイク屋さんも、とりあえず歩いて行ってみるも同様に休業中。こっちのバイク屋さんって、日曜日はどこも休みなのかなはてなマーク


しょうがないので最初のバイク屋さんの前でまたR1をバラす。

取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-熱海のバイク屋さん前にて気休め修理中


今度は気合でエアクリーナーBOXを外して4本ともプラグ点火確認。電磁ポンプ確認。走れる時は全く問題ないので燃料不足とかでもない様子だけど!?

取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-熱海のバイク屋さん前にて気休め修理


 今までの状況からの素人的なトラブルのイメージは


①特に不調や兆候もなく突然プラグの点火がカットされる感じ。


②その条件は特に一定ではなくて、エンジン回転が高くても負荷が少なく普通に走っていても突然キルスイッチOFFのように点火カットでエンジンが止まる。


③休憩してちょっとマシンが冷えてくるとまたエンジンが始動する?みたな? 


走っている最中は全く問題なくパワフルに走っているコトを考えるとキャブレター等の燃料系ではなくて電気系らしい気がする?



15時も過ぎて、最終的には原因が判らずのままR1を組み立てたらエンジンが掛かってくれた。そのエンジン始動状態でシート下の電装系の配線やイグナイターユニットやリレー等を揺さぶってみて接触不良や断線を調べるも特に何かを触ると止まるなどの現象の再発は見られなかった。

逆にこれで原因が絞れた方が後々楽なんですけどね。


せっかくエンジン始動したし、このままチンタラやってまたエンジンが不動になっても困るし時間がどんどん過ぎて日が暮れてしまうのもマズイので、このチャンスに山の中ではなくて距離が稼げる有料道路で熱海から一気に東京までスッ飛んで帰った。 幸いにして帰る間はエンジンは全く止まらなかった。


実はYZF-R1の前は10代の頃からヤマハのFZR400(1WG)ファラウェイブルーに乗っていて、この伊豆方面に2度ツーリングに来たのだけれど1度目はレクチャファイアレギュレーターのパンクで充電不良で友達のXS250にタンデムして帰ったり、2度目はチェーンが切れて(これは自分のメンテが悪い)レンタカーのトラックで引き上げに来た苦~い思い出もアリ・・・・・。


取り戻せ、その魂・・・ YZF-R1-★FZR400もツーリング中によくトラブった・・ これは奥多摩ツーリング途中でアクセルワイヤーが切れてしまい、またまた道端で分解して交換している写真です。この頃からよくトラブっていたのですね・・・・



今回は自走で帰れたけど今後またツーリング先などでトラブルがあっても困るし、やっぱり直ったかどうか怪しいのでちゃんと修理するコトを決意するのだった!!


    で、最終的な原因はまた後ほど~ってコトで()あせる










AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード