なちゅの市川綜合研究所

「別に勝たなくてもいいので、負けないこと」を志向しております。
本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報等に基づき、作成されています。
当ブログの情報に全面的に依拠することはお控えいただき、最終的なご判断はご自身でお願いいたします。


テーマ:
■<続編>配当利回り6%の記憶
昨日のエントリの続きです。確かに大型の高配当株を狙うといっても、
こと総合商社に関しては、業績絶好調の伊藤忠やコンスタントに減損
出すわりに配当はキッチリ出す住商ならともかく、商事や丸紅・物産
のような大手町方面の商社は目の覚めるような減配をすることがある
ので注意が必要です。それでも以前に比べて総合商社間で株主還元
を巡る争いが激しくなっているので、マシにはなっていると思います。

そこで総合商社を見送った場合、相対的に配当信頼度が高いと思わ
れるメガバンクやキヤノンが一つの答えとなる訳ですが、あえて変化
球でいくなら、すかいらーくあたりが良いと思います。同社は金曜日に
決算を発表したばかりですが、前期・前々期と税前利益は年率40%成長
を達成し、今期も更に15%増と図体の大きなオールドエコノミーながら
飛躍的とも言える利益成長を遂げており、PERが急低下しています。

また、大株主のベインキャピタルがまだ持ち株を売り切っていないため
40%の配当性向(今期38円配!)に加えて、株主優待制度の拡充をリリース
してきました。さすがに金曜日は高くなるかと思いますが、直近3年の利益
CAGRが20%を軽く超える成長力がありながら、配当利回りも3%水準で
更には食事券優待もあるので、配当優待利回りで4.5%~確保できます。

私は中途半端な成長株を買うくらいなら、PER13倍の同社を選好します。
全国中の個人投資家が買い支えてくれるので下値もほぼ鉄板でしょう。

まぁすかいらーくはあくまで例えですが、同社株を「ファンド売り抜け→
素人投資家専用の外食株」としてハナから投資対象から外すのではなく、
自身が熱を上げている保有株と同社株とでバリュエーション比較をして
みると、色々と見えてくるものがあるかと思います。

知って得する株主優待 2016年版

中古価格
¥836から
(2016/1/5 06:58時点)



*本記事の内容記述は一般に入手可能な公開情報に基づき、作成されています。
特定の証券・金融商品の売買の推奨ないし勧誘を目的としておらず、本記事に
基づいて投資を行い、何らかの損害が発生した場合でも責任を負いません。
このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へにほんブログ村 株ブログ 新興株へ
にほんブログ村
AD
いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。