瀬木の民宿

戸狩スキー場誕生秘話〜⑰ 「イロリで煮炊きするのはだめ。設備を整えた調理室でなければいけません。」
太田村のスキー場づくりにとって。昭和34年は画期的な年になった。
懸案のリフトづくりは、資金難に悩みつつ少しづつ進んでいった。
資金作りの方法として、「戸狩観光協会」の他に「戸狩観光株式会社」をつくり、その株式を民宿農家に出資してもらうことにしたが、喜んで出資してくれるものが一人もない。
一戸2万円を予定したのだが、発起人の福沢裕文や高橋勇士が頼んで歩いてもみな嫌な顔をする。
「2万円って、たいきんだからなぁ」
と言って、少し考えさせてくれと言う返事ばかりだ。
そこで発起人の者は2万5千円づつを持ち範を示すことにした。
大問題発生! 民宿をやるにも営業許可がいる〜保健所の説明会
こうしてリフト建設に苦心惨憺しているところへ、降ってわいたように新しい難問題が起きた。
それは7月の暑い日のことであった。
飯山の保健所から通知が来て、民宿をやるにも営業許可がいる。その説明会をやるから、関係者は支所へ集まれ。という内容だった。
みんなは軽い気持ちで支所へ出かけていった。
何も本格的な旅館をやろうとしているわけでなく、広い農家の部屋を利用してスキー客を泊めるだけのことだから、営業許可と言ってもほんの形式的なことだと考えているからだ。
会場の支所には、もう保健所の係員が3〜4人来ていた。
説明が始まる。
図に書いた説明は細かい。
「お客さんに出す食事をつくるところ、つまり調理室はこうしなければなりません。」
と言うところから始まり、説明は便所、洗面所など話は細かい。
しかもそれは、こういうように改善しなければ許可しません。と言う強制なのだ。
話が進むうちに、農家の人たちの顔色が変わってきた。
もし、その通りにするとすれば、ほとんど家を建て直すくらいのことになるし、もちろんそれに要する資金は多額なものになる。
一通り説明がすむと、会場は騒然となった。
「イロリはいけないんですか。」
保健所の係官が答える。
「イロリで煮炊きするのはいけないんです。食べ物を作るにはキチンと設備を整えた調理室でなければいけません。」
これはショックだった。

つづく
 

AD

 

戸狩スキー場誕生秘話〜⑯ 「こうなったら、もう後には引くわけにゃあいかないぜ。トコトンやって見よう。」
 太田村五荷にあるスキー場へのスキーリフト建設の話は、少しづつ煮詰まっていく。
東京の運動具店の松本さんは、大変好意的でいろいろ力を貸してくれる。
とはいっても、資金を全部松本さんにオンブすることはできない。
自分たちでも2百万円は調達しなければならない。
「200万円なぁ〜。」
それは昭和34年のことだ。
当時の生産者米価は1表3万902円だから、2百万円という金は米にすれば約5百俵に当たる。ミノという有力な現金収入減を失ったこの村の農家にとって、それだけの資金を出すのは極度に難しい。
しかし役員の中には積極派が多い。
「こうなったら、もう後には引くわけにゃあいかないぜ。トコトンまでやって見よう。」

連日の相談で、結局、話は2百万円を株式の形で募集することに決まった。
そして、8月リフト建設予定地の測量をすることになった。
地形から言って、リフトをつくることができるかどうか調べてみる必要があるからだ。
こんな時には、役員が総出動して働く。草を刈り払い石を除き測量を手伝う。
汗を拭きながら誰かが言う。
「リフトが出来たらお客が来るぞう。来すぎて困るくらいにな。」
みんな笑顔になる。
それは願いだが、まるきり根拠がない話ではない。
この年の一月、太田の民宿には合計千人近くのお客が入っているのだ。
11月10日、リフト建設予定地で、地鎮祭が行われた。
いよいよリフト建設の第一歩は踏み出された。

つづく

AD

鍋倉山は、新潟県と長野県の県境にある関田山脈の山です。

北西に隣接して黒倉山があります。

豪雪地帯で、8m〜10mの積雪があるため、関田峠を越えて新潟県上越市を結ぶ主要地方道は半年以上閉鎖されます。

鍋倉山は、豊かなブナの森に覆われており、日本一太いブナと言われる「森太郎」と名づけられたブナがあります。

交通止めが解除され、残雪の中に芽吹くブナ林、ブナの根明け、霧のブナ林などを見ることができます。

 

AD