East i-D(イーストアイ ダッシュ・ディー)

この秋JR飯山線飯山駅と、JR上越線長岡駅間にSLが走行~県内飯山線は44年ぶり
走行延長100㎞の超ロングコースです。
JR飯山線飯山駅と(飯山市)とJR上越線長岡駅(新潟県長岡市)間100㎞で、今年秋に蒸気機関車(SL)が運行されることになっています。

        4年前のSL走行魚沼中条駅
平成24年11月には、新潟県側の長岡駅と十日町駅(新潟県十日町市)間でSLが運行されていますが、長野県内の飯山線にSLが走行するのは、昭和47年(1972年)以来44年ぶりとなります。
秋に運行されるSLは、長岡駅~十日町駅間で運行された「C11-325」。一般客車3両をつなげて走らせる計画だそうです。
JR東日本は、すでにこの運行のため、在来線非電化区間用の軌道総合試験車(検測車)East i-D(イーストアイ ダッシュ・ディー)を使って走行テストを行ったのを始め、10月中下旬から試験走行を行う予定と言います。
44年ぶりのSL走行を「飯山線沿線の振興発展」の起爆剤とするために創意工夫をしなければと思います。

飯山線西大滝駅 SL機関士が撮影

AD

新幹線駅から一番近い稲荷神社~片山稲荷神社

徳川家康の6男松平忠輝の家臣片山主水が勧請した片山稲荷神社と言われています~
片山稲荷神社は、新幹線飯山駅から徒歩3分の稲荷社です。

この片山稲荷神社は、飯山藩主皆川広照の家臣片山主水が興したと言われています。
飯山城の初代城主の皆川広照は、徳川家康の6男松平忠輝の御附家老(養育係)でした。
松平忠輝は川中島藩に入封しましたが、皆川広照は、飯山に入り飯山藩を立藩したと言います。
片山主水は、松平忠輝の家臣でしたが、皆川広照とともに飯山藩に入り、この片山丘陵に居を構えたと言います。
稲荷明神を信仰していた片山主水は、この丘陵に稲荷大明神を祀り、伏見稲荷から社格を得て、信州一之宮と称したと伝えられています。
その後、片山主水がこの丘陵を去り、稲荷神社だけが残りました。
飯山城下の人々は、片山氏を偲び、この丘陵を片山と呼び、神社を片山稲荷神社と呼ぶようになったと言います。
現在、この片山稲荷神社は鉄炮町区の氏神様として鉄炮町の人々により守られています。
片山稲荷神社の奉納幟旗には、「信州信濃国総司正一位片山稲荷大明神」とあります。
「信州信濃総司」とあるのは、松平忠輝の家臣片山主水が勧請したことによると思われます。

なお、松平忠輝は、慶長15年(1610年)に越後高田藩主に任じられ、川中島12万石と併合して合計75万石の太守となった。

AD

万仏山三十三観音石像めぐり四番観音~4
万仏山は「飯山市瑞穂福島区」の東方約3キロにある山です。
全山がごつごつした岩山で、幾万の仏頭を集めたようだというので、万仏山と名づけられたと言います。
小管山と峰つづきの裏山にあたり、修験者は小菅と一体的な修験道場としていたと言われます。
千手観音(せんじゅかんのん)石像
舟型深肉彫立像
参道の南側にある数少ない中の一つで、人工の柱の上に立っています。
このような立派な観音石像が、万仏岩に至る参道沿いに33も建立されています。

AD