講演会

テーマ:
先日のこと。

東松島の仮設住宅へマッサージに伺って以来
仲良くさせてもらっている優さんが
講演会で愛知は豊橋へ来ると聞きまして

こんな機会はなかなか無いので豊橋へ!
講演会前に待ち合わせて豊橋カレーうどん。




相変わらずの美味しさでした。



講演会は四人の方が順番にお話されました。
優さんは2番手。





1番手は仙台で教員をされている方でした。
防災教育の担当でおられ、かつ熱心に取り組まれ
その成果はたいへん興味深いものでした。

また、ご自身は『家があるからうちは良い方』と言われましたが
紛れもない被災者である先生の体験談は心に響きましたし

子どもたちへ熱心に防災教育をされた結果、
なんとテストの成績まで上がった!
というお話も面白かった。

自分で考えて、行動して、交流して、体験して
それらが子どもたちの成長に繋がったんですね。

『言われたからやる』ではなく
『自ら考えて動く』という経験が
勉強に対する『やらされている感』を変えたのかなという気がしました。

実はにわとこ、おじ・おばのほとんどが教員。
誰か誘えば良かったと思いました。

震災直後、避難所になった学校で
先生がたは運営にもはぼ携わるわけで。

どんな問題があったのか、効率的な運営とはなにか?
のお話もありましたから。


防災教育の一環だという
避難所運営ゲームは、特に興味深い。
子どもも大人もやってみるべし、だと思いました。

まず運営はしなかろう。と思われる立場の人こそ
ゲームででも体験しておくことで
運営側の気持ちを多少汲めるようになるはずですから。

そうなれば、有事のとき
運営は益々スムーズになる事でしょう。





さて、2番手は我らが優さんです。

震災前に引きこもりだった優さんは
のちに仮設住宅の自治会長になった。

その変化の、1番はじめのきっかけを聞きました。

東松島は地元ではなく
転居で来て何年か、の優さんは
避難所でも特に顔見知りがおらず
はじめは教室の入り口の外にいた。

中にスペースがないわけではないけど
皆壁に固まるので真ん中しか空いてない。
だから、入らなかった。

→これ、すごくわかります。
真ん中に入ってなお誰とも喋れないよりも
最初から外にいた方が気楽。

でも数日後、優さんに
『さっきのおにぎり、もらえた?』と
たずねてきた女の子がいて。

話してるうちに『とにかく入りなよ』と
教室の中へひっぱりこまれたそうです。

それをきっかけに、喋らざるを得ない状況になり
人見知りも少しずつ変化して
様々な背景から自治会長に。
(めちゃはしょりましたm(__)m)

震災では、辛いこと嫌なことあった人がほとんどだから
これはちょっと言いにくいんだけど…と前置きし

『私には、震災後、良いことたくさんあったな、とも思うんです。』
と言ってました。

そこへの突破口を開いたのは
ちょっと強引かもしれなかった女の子。

心が内側に向いてしまっている時って
それくらいの力が必要なのかもしれないな。


他にも優さんの避難体験なども色々聞けました。

防災用品の充実もいいけれど
最後にモノを言うのは直感だ、って。

安全なのはどちらなのか?を判断する直感力。
おとなもこどもも同じですね。





3番手は主宰の方のお話でしたが
頭が疲れて来ていたのかちょっと記憶がありませんm(__)m
すみませんm(__)m


そして4番手。
名古屋駅のでっかいビルの最上階にオフィスを構える会社の代表さん。
自己紹介はそびえたつビルの写真と、ギラギラな会議室の写真でした。
その時点でもう、ちょっと萎えた。

会社概要なんかいらない、会社の理念や、あなたの背景が知りたいよ。
そう思いました。

パワーポイントの使い方やアレンジにこなれ感。
事前に撮影した映像も混ぜたりして、使いこなしてらっしゃるんだな、という印象。

でもね。
何が言いたいのかわからないんです。

冒頭のテーマは
『現状を知る』でした。


最後の結びから推測するに

学ぶことが何につながるのか?
その面白さが伝わらなければ子どもたちの気持ちは、
モチベーションは上がりませんよ。
教科書どおり教えてるだけでは足りませんよ。

という話だったように思うのですが。



話はまず、学校で勉強したことが社会に出てから役にたっていますか?
という質問から始まりました。

"無作為"に選ばれた取材相手の映像が流れます。
『役に立っていないですね』
というコメントが最後まで続きます。

「役に立った、という人は一人も居ませんでした。」
と、円グラフまで出て来て説明されました。
重ねて"無作為"を強調されました。


でもね。
あのね。

取材人数、300人なんですよ。
もちろん、ある一定数を占める意見ではあると思うんですけど。
ちょっと少ないな、と思いました。

無作為と言えど、取材を頼めるということは何らかの繋がりのある人だと言うことです。
それがたった300人であるなら、極端なことを言えば、考え方の傾向が取材する側に近い可能性は高い。

例えば、FBの友達、友達の友達、くらい迄の中で1番盛り上がってたかのように見えた候補者が、選挙では結局通らない、というあの事象のようなものです。繋がりのある人達の中での意見の多数決は、たとえ人数が多くても、必ずしも全体の多数決とイコールとは限らない。


そのあと
この取材結果をもとに、取材対象が口にした
『因数分解』『微分積分』『古文』『漢文』『連立方程式』というキーワードを出し


会場へ「これらが役に立ったと言える人、いらっしゃいますか?」
と投げかけられました。


私は固まりました。
役に立った???

質問の意図がわからなかった。
パフォーマンス的な質問としか思えない。
教員の方も多いなか、かなりの揺さぶりです。

決められたシナリオの上で誘導される恐ろしさ。
本当は、意見を言いたかった。けれど……


習った事を、例えばそのまま使用していなくても
形を変えて役に立っている気がする、、
とは思ったのですが、なんとなくで、、、

そもそも質問自体、何かがおかしい気がする。
と思いつつ、うまく言葉が出て来ず。。。


古文、漢文は、漫画『ちはやふる』を読むうえで
覚えていなくても、うっすらとした記憶が少し背景の理解に役立ったし!
とは思いつつ言えず。
それだけでも言えば良かったのかな。


今落ち着いて考えれば

そもそも役に立つかどうか?ということ自体
公の学校教育においてそれだけが重要とは言えないのではないか?
役に立つ事ばかり教わるとするならばそれはもう
専門学校なのでは…

とも出てくるのですが。。


会場では「連立方程式に関してだけは、役に立つと言えます」とハッキリおっしゃった方もおられましたし、「全部役に立ってますよ」と言う方もいたけれど、やはり役に立っていないと言う人もおられました。


話は『印象に残った授業を覚えていますか?』という論点に移ります。
取材によるとほとんどの方が◯◯実習、林間学校などを挙げたとの事。
通常授業の印象は出てこない、と。

通常授業をとことんマイナスの方向へ持っていくなぁ。。。
でも300人でしょう???

今すぐ思い出せないのが本当に悔しいけど、
印象に残った授業、絶対にあるはずなんだけどなぁ、、
悔し過ぎる。

と、この辺りで嫌になってきて
会場から逃げ出したくなりました。
聞くのも疲れて。
でも、なんとかこらえて。


そして、今でしょ!の林先生を例に出し
勉強の面白さが伝われば成績も上がる。
それが伝えられなければ生徒の興味はわかないですよ。
というような事をおっしゃった上で

「そういう先生はいないんですよ、今の日本には。」と。

は(゜〇゜;)?????

たった300人のアンケートで全てを理解したように語るなよ、と思っていたけど

ついに日本までまとめて語るわけ?!しかも断定?!全部見たの?!
いや、見とらんやろ!無理やろ!

と、心のなかで自分が暴れだしました。



さらに、次に出された例は東日本大震災の大川小学校。
校庭に集まった生徒と先生が、裏山に登る判断をせず
津波にのまれてしまった。

裏山へ登る道の写真を出して(しかも晴天の裏山。当時は積雪。)
「この坂ですよ?険しくないんですよ。なんで登らなかったんでしょう?どう思いますか?」

益々質問の意図がわからなくなりました。
何を引き出したいのでしょう?
この件は、ニュースでも有名な話ですが
決して一面的な視点では語れないと思います。

それは教員をされている方なら尚更
答えに窮するのではないかと。

ましてや会場参加者の多くはおそらく
東日本の被災を経験した人間ではないし
その件に関して十分な予備知識や調査経験があるわけではない。

その小学校の当時の現状、背景もわからない。

そして、壇上には実際の被災経験者のお二人がいらっしゃる。

その状況で、こういった質問に誰が答えられますか?
何を求めて質問されたのかも、本当にわからなかった。



もし子ども自身に判断力があったとしても、先生の指示なしでは動けない。
仮に先生が登るべきだと思ったとしても、上長の指示なしでは動けない。
学校の内側にも問題がある。
教員の方の意見も出て、結局そんな話で落ち着いたような気がします。


それにしても何故、この小学校の件を持ち出したのだろう。

知るべき、議論するべきテーマの
ひとつではあると思うのですが

そもそも
伝わる授業とは何か?のお話ではありませんでしたっけ…?

唐突過ぎて、脈絡などまったく感じられず。
私の読解能力が足りなかったのでしょうか。。


そしてラストはその大川小学校の画像
(亡くなった子どもたち、学校全員の写真など)
とともに、心にしみる歌が流されて終わりました。

歌はとても良かったし、悲しくもなりました。
繰り返してはいけない、前例から学ばなくてはいけないとも思いました。


けれど、ふと思うわけです。


「で、結局一体何が伝えたかったの?」

(たぶん)子どもたちに伝わる授業を!
と説いたプレゼンテーション。

私にはまったく伝わってきませんでした。

会場の反応を見ても、はてなマークは出てました。
大人ですから、拍手はされていましたけど。
雰囲気は感じます。


そして最後には、何も意見出来なかった自分への
悔しい気持ちだけが残りました。

言いたいことは山ほどあったのに。
言葉にすることができなかった。
心には暴れ龍だけが残って、お腹がマグマのように熱くなりました。





その夜、予定があったのでそこへ自転車で向かい
とにかく強く息を吐き続けました。

なんだか少し、スッキリしました。
ヨガしてて良かった。
対処方法が思い付くからです。





こうやって後日頭で整理しつつ
推敲を重ねながら文章を書くことは
好きだし
わりと得意分野のような気がするけれど


現場で沸き起こった気持ちを
その場で伝わる言葉にするのは苦手です。
まだまだスキルが足りないなぁと思う。。。


自分に意見する気概があれば
もっと実りある時間になったかもしれない。

混乱や衝突をおそれて
なかなか勇気が出ませんでした。


4番手の方に対するイラダチなのかな?

そう思っていた自分の中の暴れ龍は
冷静になってみると
何もできなかった自分へのイラダチでした。






次に瞬発力が求められるとき
少しは飛び出せる自分でありたいです。





久しぶりに長々と書いてしまいました。
最後までお付き合いくださりありがとうございました。
























AD

/photo of yesterday 今日から足助では 🎎中馬のおひなさん🎎 写真は 昨日出店していたバンバン堂さん @rojiura_bangbang_dou 土人形いっぱいで 撮りたいアングルだらけでした✨ 期間中は 年齢層高めのお客様が多いそうですが 土人形って、独特の魅力があるので どんな世代の人も楽しめそうですよ 3/13くらいまで開催のようです おすすめー! ・ ・ 本日2/11(土) にわとこお休みいただきます ご来店をお迷いだった方には ご迷惑おかけしますm(__)m 北の方からはるばる豊橋へ来る お世話になったあの人に会いに🚉 久しぶり過ぎて高まる 一緒に豊橋カレーうどんを食べて 講演会も聴く予定です ・ ・ 明日2/12(日)は😁 にわとこ通常営業9:00-22:00です ご予約お待ちしてます 余裕あります (11:00以前は前日予約にて承ります) 冬のおすすめ ITAIWAN70もぜひ! #にわとこ #竜美丘 #竜美丘コートビレジ #岡崎市 #愛知県 #台湾式足つぼ #タイ古式マッサージ #頭つぼ #小顔コルギ #小顔トックセンコルギ #トックセン #TokSen #オイルトリートメント #足助町 #足助 #中馬のおひなさん #ろじうらのカフェバンバン堂 #asuke #toyotacity #土人形 #えべっさん

Aya Miyamotoさん(@ayatoco.niwatoco)が投稿した写真 -