国内の旅先には様々な魅力的な所が目白押しです。安田昌夫が国内の旅行のする中で、魅力的と感じたところの1つが山梨県です。安田昌夫は何度となく訪れていますが、その魅力を一言で言えば、戦国時代の歴史です。山梨県は、武田信玄で有名ですが、その息子である勝頼は悲運の死を遂げたことで有名になりました。

山梨県の中でも、武田勝頼が自刃を遂げたところは山の中ですが、武田神社周辺からもその情報を得ることができます。安田昌夫が山梨県に旅行へ行った時は、武田神社には多くの観光客が詰めかけていました。もともと武田信玄の屋敷があったところですので、様々な資料を見ることも可能です。もちろんその息子の勝頼の資料も置かれています。

ちょうど安田昌夫が行ったときには武田信玄の屋敷の復元工事をしているところでしたので、完成した後にまた行ってみようと思います。

山梨県の武田神社周辺の食べ物はやはりほうとうではないでしょうか。ほうとうは、山梨県の甲府市周辺の郷土料理として知られています。私は甲府に行くたび、ほうとうに舌鼓を打っています。かつては、味噌味風のほうとうしかありませんでしたが、専門店が様々な種類のほうとうを増やしたことで、行くたびに違う味を楽しむことができます。ほうとうの中でも、最高級と言われているのはすっぽんほうとうです。私はまだ1度も食べたことがありませんが、精力がつくことで有名ですので、仕事に疲れたら甲府に行き、すっぽんほうとうを食べてみたいと思います。
AD
旅行好きの安田昌夫は、毎回入念に計画している訳ではありません。予定が無い休日には、急に思い立って旅行に出かける時もあるのです。そのような場合には、日帰りで行ける範囲内になってしまう事が多いですが、ノープランで行く旅も、なかなか楽しいです。

時間が正確で、行し易い電車や新幹線を利用する時もありますが、安田昌夫は高速バスも利用しています。長距離バスは、事前に予約が必要な場合がありますが、日帰りで行ける範囲ならば、空席があればすぐに乗れるバスも多いのです。高速道路を走っていたとしても、バスならば普通車とは違う目線で景色を眺める事ができるので、いつも自分で運転しているような道でも新鮮な印象です。途中には、トイレ休憩がサービスエリアなどであるので、ダッシュで行動すれば、ご当地の美味しい物を購入する事もできます。最近の高速バスには、トイレ付の物が多いので、トイレ休憩と言うよりは、リフレッシュ休憩となるので、多いにリフレッシュしています。そして、バス旅行となると、電車よりも個室感が強いので、乗り合わせている人達とお話しする事も珍しくありません。

目的地が同じ場合には、どのような場所に立ち寄れば良いのか情報が貰える事も多いので、ノープラン旅行には強い味方になります。朝早い時間に出発して、夜に帰ってくれば、日帰り旅行でも十分に満喫できます。帰りのバスでは、仮眠もできるので、翌日に響く心配もありませんよ。
AD
皆さんこんにちは、旅行が大好きな安田昌夫です。私は国内・海外問わず旅行をするのが好きなのですが、今回おすすめしたいのが高速バスの国内旅行です。普段は目的地での観光・食事を楽しみたいので、移動に関しては短時間で行く事が出来る航空機・新幹線といった速達性のある手段を好むものの、今回は移動そのものを主眼に置くために高速バスを選択しました。

東京と大阪を移動するシェアは航空機・新幹線がメインとなっていますが、最近では快適に移動できる高速バスの人気が高まっています。それに加えて料金は2千円台という格安運賃から設定されており、交通費を出来るだけ節約したいという若者にはありがたい存在と言えます。私が先日東京から大阪へ移動した際のバスは、日付が変わる少し前に新宿を出発して早朝に大阪に到着する夜行バスを選択しました。これを選んだ理由としては、独立3列シートで両方のアームレストが使える・カーテンが就寝時に引かれる事で寝顔が気にならない・トイレが付いていて緊急時も安心といったメリットがあったからです。

乗車した感想としては、前後の座席との幅が取られているので脚をしっかり伸ばせて過ごせる点や、クッション性が高い座席であるので腰や背中に負担が掛からずに済んだ事で疲労感を覚える事はありませんでした。時間は掛かるものの仮眠をすれば朝から活動が出来る点も気に入ったので、今後は乗車する頻度を増やして安田昌夫の旅の楽しさを提供したいと思っております。
AD