毎年恒例のとうほく蘭展。
宣伝もあちらこちらで見かけるので行かれた方も多いと思いますが……


ワタシは今回が初めてあせる
入場料がかかるものは尻込みしてしまうんです(笑)


でも……
花に詳しくない私でも、わぁ〜って興奮する会場でしたおねがい




中でも興奮したのはこちら♪
近くで見ると、試験管(?)のようなものに、一輪の花が挿してあるんですょ〜


アートだわぁ〜カナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら
美術館にいるような気分でしたおねがい




花を楽しみつつ、ワタシの目的はコチラ(笑)


ブースはバラバラなのですが、作り手さん達が出店販売してるんですカナヘイハート


お雛祭りにふさわしい吊るし飾りや、お花柄の商品も色々〜




皆さん、明るい笑顔で、お客様との会話を楽しまれてました♪




イベントは明日まで開催ですカナヘイ花
夢メッセへお出かけの際は、是非、復興応援ブースにもお立ち寄りくださいませカナヘイうさぎ


AD


商品が届いた会員さんが、UPしてくださいました〜カナヘイ花


亘理町で活動する作り手の佐藤さんや、発送手続きされてる「佐藤さんのお地蔵様ファンクラブ」さんにもご報告させていただきますね♪


いつも応援ありがとうございますつながるうさぎカナヘイハート

AD

表示板



津波被害があった地域を運転していると、電柱や建物などに見つけることができる『表示板』



津波の到達地点と高さを知ることができます。



今年もまた、その表示板設置者の募集記事が、河北新報に掲載されてました。



設置費用は県が全額負担。
申込みは24日まで。
県防災課のホームページで申請書を印刷し、同課宛に郵送、または持参する。
連絡先は同課022(211)3175。



ちなみに。
多賀城市内では、上記の表示板の他に別の表示板も設置されてるんですょ。



意味合いは同じだけど、設置したのは災害科学科のある多賀城高校の学生さん。



表示板は大きな道路だけではなく、人通りの多い細道にも設置されてて。



あの日この街にいなかった人でも歩きながら意識することができるので、私のような転勤族にとっては、当時を「知る」きっかけの一つともなってます。



AD

南天九猿〜*

テーマ:


ふうせんかずらの種を使った
『南天九猿』


難が転じて苦が去る……
という意味あいがあり、縁起物として飾られる方も多くいらっしゃいます。


ワタシもその一人ですけどねてへぺろうさぎ


先日お邪魔させていただいた仙台市若林区で活動されてる『手芸の会』の作り手さん宅では、正面を向いたお猿さんが並んでました〜カナヘイきらきら




壁にも色々手作りの作品が〜♪





同じ形でも、生地が変わると別の作品に生まれ変わるから面白いものですね♪


チクチクと縫いながら、生活にも彩りを添えていく。。。
素敵なことですよね照れ


ん〜……私も久しぶりに針をもちたいあせる


と、思いましたが。


その前に、部屋の片付けが先だ汗と、自分にガッカリしたワタシでしたショックなうさぎ



まずは、第一弾として。


先日の『りんくるの会』で完成した蝶と桜のオーナメントを、Gallery・Shinさんへお届け〜


ギャラリーでは、吊るしに繋げていく作業が始まったようです♪


贈り物としていただいた折り紙の吊るし飾り。



その場で、早速一本分を吊るしていただきました♪
ありがとうございますカナヘイきらきら


ここから、徐々に徐々に、蝶と桜が繋がっていくのですね。


次にお届けできる時が楽しみでもあります照れ