ロウソク募集します〜*

テーマ:



宮城県亘理町で、地元のイチゴを型どったストロベリーキャンドルを製作されていた『アゲイン亘理』さん。


右矢印以前の記事はコチラ♪



すでに仮設住宅から出られ、それぞれに新しい生活がスタートしたため、団体として前向きな解散となりました。



その後。。。



そのメンバーのお一人が、同じ亘理町で活動する『佐藤さんのお地蔵様』さんを応援する形で『佐藤さんのお地蔵様ファンクラブ』を立ち上げ、りんくるの活動にも何かとご協力頂いておりますが。



先日『熊本の方のお役に立つのなら』と、商品の売上金をお預かりしました。
熊本支援に繋がることをしたいという思いに賛同してくださり、どんなに私も心強かったか。。。



亘理で活動する作り手さんの想いと共に、責任をもって阿蘇災害ボランティアベースZENさんへ送らせていただきたいと思います。
ご協力ありがとうございましたガーベラ



そのファンクラブの代表の方が、現在、ロウソクを集めております。



『これから日本中の何処でもおきておかしくない自然災害に、何かしらの支援の手助けになるのなら、苺がその役割の一端となるように手を繋ぎたい』



その想いをカタチにするべく、キャンドルづくりをスタートさせたとのこと。
売上の一部は、熊本への支援金となります。



自宅に眠っている不要なロウソクありませんか?
(ひらめき電球仏壇に飾るような白いロウソクです)
集められたロウソクは一旦溶かしてから、イチゴの形に仕上げていきますので、少しでもご協力頂けたら大変助かります。



問い合わせ、送り先についてはこちらへクローバー

メールmt.f.1026@gmail.com  
りんくる山尾まで照れ



皆さまからのご協力お待ちしておりますクローバー


(まだ芯が入ってないキャンドルですあせる)
AD

仙台まちさんぽカレンダー

テーマ:


イラストレーターの佐々木洋子さんと、お世話になっている手すき和紙工房『潮紙』さんが手を組んで作られたカレンダー。
発売は10月からとなっておりますが、予約の受付が始まったそうですキラキラ



仙台生まれ仙台育ちの方にはもちろん、県外に暮らす仙台好きな方への贈り物にもいいかも♪
月ごとに仙台の風景が変わります照れ



詳しくは、潮紙さんのFBをご覧下さいね♪
限定100部で〜すひらめき電球


右矢印ココをクリック♪


ちなみに、これは、今我が家で飾っている潮紙さんのカレンダー。



いつも頂きもののカレンダーばかり使っていたので、貧乏性の私にとっては買う時ちょっと勇気がいりましたけど(笑)



飾ってみると、またこれが味があってイイ感じラブラブ
和紙のもつ雰囲気が好きだなぁと思いながら眺めてます照れ


AD


ご無沙汰しております〜



台風が続いてるなぁ〜と思いきや、外国では大きな地震が起きたりと、何かとニュースから目が離せない日々が続いておりますが…
皆さんはお変わりなくお過ごしでしょうか。



今月は出店販売を控え、秋のイベント準備期間とし、水面下で地味〜にモゾモゾと動いてる最中ですが(笑)



会報を見た会員さんなどから、商品をご購入頂く機会も多くピンク音符



以前、熊本支援ということでご案内させて頂いたおれんじ村のクッキーについては、「今度のお祭りで使いたいから早速注文したょ〜」とのご報告も届きましたおねがい



札幌の会員さん達は、仲間内で『穴子パーティー』(略してアナパー(笑))を楽しまれたようです生ビール






穴子はもちろん、野々島産キラキラ
おれんじ村のクッキーも並べてくださいました〜




出店販売をお休みしてる状況でも、作り手さんが作ったものや商品が動くということは、本当に有り難いことですねあせる



また、富山で販売協力をしてくださってる『ティエン・コム・ベトナム』さん、神奈川県 奥田様、宮城県 熊井様からもご寄付を頂いております。



皆さんのご協力に心より感謝……
いつも本当にありがとうございますガーベラ



AD



お盆も終わり、台風も通過〜
なまった身体を動かしに外へ出たけど暑いのなんのって……苦笑あせる



でも…
東北の夏は、やっぱり短いかも。



栗は着々と大きくなり、紅葉が色づき始めてました。
「暑い暑い」と言ってられるのも、あと僅かかもしれませんね。




*******************************


熊本地震の発生から月日が経つにつれ、まだ一年も経ってないのに報道が少なくなったなぁと感じるけども。
ネットを通じて、現地でボラ活動してる人達の様子を見てると、まだまだ大変な状況にあることが伝わってきます。



そして、前へ進もうとしてる人達や、いろんな形で応援してる人達がいるということも。。。



東日本大震災の時のように、手仕事をすることで「気持ちが紛れる」「作品を通した出逢いが嬉しい」「日々の励みになる」という方がいらっしゃるようだったら応援したい。
そう思い、情報を探していたら下記のような記事を見つけました。




(以下、HPより)

2016年春

「熊本地震」により、大きな被害を被った南阿蘇村に住む私たちは、南阿蘇村の復興と自分たちの生活再建のため、前を向いて歩きだそうと立ち上がりました。
そして、皆で話し合い、出来ることから始めようと、手作りノートカバー(A6ノート付き)を作り始めました。
売り上げの一部は被災者への義援金として南阿蘇村に寄付致します
私たちはもとの美しい南阿蘇村に戻るまで、一生懸命がまだします。
皆様の暖かいご支援を心よりお願い申し上げます。

南阿蘇がまだすプロジェクトスタッフ一同





『がまだす』は『がんばろう』の意味だそうで、カバーには丁寧に刺繍された『みなみあそ』の文字が照れ
柄もそれぞれ異なるようですょ♪



ちょっと手にとってみたいなと思った、そこのアナタピンクハート(笑)



プロジェクトを立ち上げるに至っての想いや商品について記されてますので、良かったらこちらも覗いてみてくださいねおねがい



南阿蘇がまだすプロジェクト
右矢印ココをクリック



野々島へ行く機会はあれど、毎年恒例の花火大会に参加するのは、実は今回が初めてのワタシあせる



「え?去年いなかった?」
「いえ、いません汗(私の生き霊か?笑)」



そんな会話をアレコレしながらみんなで準備(笑)
準備も整いお祭りスタートです爆笑



なんといっても、我ブースの目玉は、島でとれた穴子を使った300円の穴子丼キラキラ
そして、島のお母さん達手作りのきゅうり一本浸けキラキラ
あっという間に穴子丼は完売となり嬉しい悲鳴が爆笑


子供達に大人気のダーツ星
リベンジを果たそうと何度も挑戦する少年や、彼女に格好いいとこ見せようとして彼女の方がイイ結果を出してしまった仲良しカップルさん等々(笑)



最後は景品も少なくなり、お金はとらず、遊びたい人はどうぞ!無料ティッシュもどうぞ!の叩き売り状態でした(笑)



花火が始まる時間に合わせて、船から降りるお客さまも増えていきます〜
盆踊りも、ブースも大賑わいルンルン



定期的にボランティアで来られてる青山学院大学の学生さん達も、盛り上げに一躍かってました〜
目がキラキラして元気いっぱいチュー



うちの売上にも貢献してくれたんですょ♪
帰りの船に乗る間際、わざわざ声をかけに来てくださり嬉しかったなぁ〜♪
また、いつか島で会いましょうねおねがい



そして、花火大会の開幕花火
島にできた災害公営住宅からもバッチリ!



花火を眺めながら……
なんだかわからないけど、ちょっと涙が出そうになりました。



うまく言えないのですが……
あったかい雰囲気の花火なんですよね。
ほんと、穏やかな気持ちになります。



震災後も花火大会を続けたいという島の人達の強い想いに少しでも協力できればと、
ほんの僅か還元してきた香り袋の売上も、こんなにあたたかくて素敵な時間に繋がってるのだと思うと、今まで活動に関わらせてもらって本当良かったなぁと幸せな気持ちになりました。



「感動した!」って言ったら
「首は疲れっけどな」と、島のMさん(笑)



うん、ずっと見上げてるから、酔っぱらってたら確実にひっくり返るな汗(笑)



でも…
ひっくり返ってもいいから、また見たいなと思わせてくれる大きな花火でした。



私にとっては、これが最後の花火。
素敵な時間を本当にありがとうございました。