小沢幹事長は17日の定例記者会見で、初めて政治倫理審査会へ出席して説明する考えを明らかにした。

「もうすでに、出席を明言という報道があるが、どこでも言ったことはない。言った覚えはないが、出るのが嫌だというわけではない」と、小沢氏。

「政治倫理審査会に出る理由は薄くなっているが、それはそれとして自分自身が出席しているのを拒んでいるというわけではありません」と、話した。

なぜ政倫審に出席する理由は薄いのか。政倫審は、1985年、ロッキード事件1審で田中元首相の有罪判決が出た時、衆参両院に設置された。当時の小沢氏は自民党議院運営委員長だった。小沢氏自身はこう言う。

「政治倫理審査会というのは、私が議院運営委員会委員長の時に各党合意で作ったもの。(国会議員が)捜査の対象になってないが、いろんな形で疑惑を持たれた場合に、その政治家が趣旨弁明をするというのが背景」

小沢氏の場合は、疑惑だけでなく、すでに強制捜査を受けた。

「政治倫理審査会以上に厳しい捜査があった。その結果が不正なヤミ献金ももらっていない、その他の実質的犯罪も何もないということが出たわけですから、政治倫理審査会に出る理由は薄くなっている」(小沢氏)

だが、この日、小沢氏は、それでも政倫審に出て弁明することは、やぶさかではないとしたのは、検察の捜査で一度は不起訴処分となりながら、検察審査会による「起訴相当」の議決が影響している。

今月にも開催が見込まれる政倫審の内容が注目される。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果
亀井金融担当相「単純な消費税アップは経済の井戸からす」
GARMIN、Bluetooth内蔵の新型PND2機種を発売
民主党 特別編集

湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
九州訴訟でも救済案示さず=B型肝炎訴訟で国側―福岡地裁(時事通信)
<NPT会議>日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価(毎日新聞)
<中国産ワカメ>産地偽装容疑で徳島の水産業者を逮捕(毎日新聞)
旭山動物園、入園者増へ市長自ら“なにわ作戦”(産経新聞)
AD