厚生労働省は3日、国内最高齢の沖縄県の114歳の女性が死去したと発表した。厚労省は女性の名前や住所、生年月日などは家族の意向で非公表としている。沖縄県内の施設に入所していたが、容体が急変、搬送先の病院で2日午後2時40分に死去した。この女性の死去により、国内最高齢者は佐賀県の113歳、長谷川チヨノさんになった。

 米団体「老人学研究グループ」によると、死去した女性は「チネン・カマ」さんで、今月1日時点で114歳11カ月で世界最高齢だった。AP通信も昨年9月、115歳だった米国人女性が死去した際、「知念カマ」さんが長寿世界一になったと報じていた。

横粂氏、党執行部に鳩山、小沢氏の辞任を要求へ(スポーツ報知)
水上バイクの男性2人死亡、女子1人不明 千葉、茨城県境の利根川(産経新聞)
医師不足や保険制度めぐり3議員が意見―医療政策シンポ(医療介護CBニュース)
<迷惑防止条例>卑わいな言葉かける…容疑の高校教諭逮捕(毎日新聞)
<動物愛護>殺処分からペット救え 100匹と飼い主が行進(毎日新聞)
AD