2006-01-26 05:19:54

夢・・・・

テーマ:ブログ

来るはずのないもの


もう会うこともない人々


過ぎ行く遠い日々


夢は枯野に帰ってゆくのか



   冬の国から 南の国へ 便りが届く


   壊れた夢に しがみつかずに 早く帰れと


   夢はまだ 覚めてないから しばらくここにいる


   覚めてないのに 覚めた振りして 無理に出す返事


   幻よ 早く 消えてくれよ


   乾いた笑顔は 僕には似合わない


             泉谷しげる: 『寒い国から来た手紙』




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-24 08:56:20

逮捕・・・

テーマ:ブログ

堀江さんが逮捕されてしまった


異例の速さと世間では言っているようだが


どうだろう



彼とは


2度ほど顔をあわせたことがある


言葉を交わしたことはないが


「今日、堀江君きてたよね・・・すごいんだよ彼。」


なんぞというう言葉をかつての同僚たちが


交わしていたのを覚えている



なんとなく残念ではある



が、しかし、


○新たな価値の創造


もしくは


○新たなマーケットの創出


という精神が


<ベンチャー魂> であるならば


「買収」「買収」で組織の肥大化のみを


自らの企業価値に置き換えてしまった


堀江氏の誤謬は弾劾されねばならないだろう


決して逃げも隠れもできない窮地に落とされてはいるが


立ち直りのための絶好のチャンスでもあろう


・・・・・・・・


などと、悠長なことを言っておられるのも今のうちである



時がたてば


今回の一件で


大損ブッコイタ株主連中が


『株式投資はあくまで自己責任』 という大前提などかなぐり捨てて


迫ってくるはずである


それから、逃げとうせることは


到底考えられない


ご苦労さん、お疲れさん


と言う言葉しか浮かんでこないのが現実である



いずれにせよ かつての「堀江君」は


現代の経済社会(株式社会?)


の法律と倫理のはざまの


深い陥穽にはまり込んでしまったことには間違いあるまい



あまり君ほどの能力がなくても


しかし、世の中の倫理・道義を健全にわきまえている成年男子であれば


それは、けっして陥ることのない陥穽なのに・・・
























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-17 05:52:32

魔坂・・・

テーマ:ブログ

やはり


『マサカ』 は、あったのである




ここまで快進撃をつずける 株式相場


俗に言う、『IT』銘柄の一方の雄


ライブドアに激震が走った



相場においては


ことの真偽が問題なのではない


報道されてしまっている以上


「疑いがもたれている」と言う事実が一人歩きしてゆくのである



そこで問題となることは


報道されている内容が


相場にどのような形で反映され


どの程度の影響があるのか


と言うことの一点のみである


もうすでに


本日唯今においては


ライブドアが滑ろうが


堀江社長が転ぼうが


そんなことはどうでもよい過去のことなのである



相場においては


過度の感情移入は


敗北の原因となりかねない



冷徹なものだけが


勝ち残ってゆくのである




不肖高橋


本来は むしろ


滅び行くものへの哀惜の念やみがたいタイプの人間であるが


致し方ない


今回は


心を鬼にして


ことに処したい



繰り返そう


相場とはそういう場なのだ



























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-13 10:03:02

テレビ番組シリーズ②

テーマ:ブログ

現在、NHK朝の連続テレビ小説:『風のハルカ』にはまっている。


正確に言えば、


『風のハルカ』それ自体ではなく、


主人公の


『水野ハルカ』 にはまっている。


そしてもっと正確に言えといわれれば、


『水野ハルカ』それ自身ではなく、『水野ハルカ』 を演じている


<その女優> にはまっている。


はまっている割には、


<その女優> の名前を知らないと言うのはいかがなものか?と、問うてはいけない。


いいのである。


名前などしらんでも、ファンはファンなのである。


何故ファンなのか?と問われれば


そういう聞かれ方には、わからんのである。


どこがよいかと問われれば、


う~む、


①清純そうなところがよい


②ハツラツトシタトコロガよい


③髪形がよい (・・・・現在の巻上げではなく、ストレートヘアの頃の髪型である)


④しかしながら、イヤリングもチャーミングである


主な理由は以上の4つになるか


そこで


では、①~④のなかで、どの理由が一番であるか?と問われれば、


迷うことなく④を挙げたい。


誰がなんと言っても④を一番に挙げたい。


もともと、イヤリングの似合う女はヨイノデアル


それだけでものすごくオンナをカンジさせるのである。


理由はよくわからんが・・・



ということで、


現在、『風のハルカ』の『水野ハルカ』を演じる<その女優>にはまっている。



そいえば、彼女は、英会話の学校のポスターのモデルになっていたような気もするが・・・



英会話でも習うか・・・・・・?























いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-12 10:01:40

テレビ番組シリーズ①

テーマ:ブログ

正月早々、一番に見た番組の中で


本も印象深かったのは


『志村けんのバカ殿』 であった


中でも、


①優香の『バカ姫』


②柄本明の『大食い』


この二つは笑えた



①優香の正月挨拶:「あまけして、おでめとう」

  これには、小3の息子と二人、腹を抱えてワロタ


②柄本明;「かけそば」あらため「かけさしみそば」、


  これもまた、秀逸であった



見てない人には、ナンノこっちゃさっぱり分かれへん、というところであろうが


それもいいのである


我々にとっては、面白かったんである




ところで、わが家の周辺の住民の間では、


各ご家庭において、


『志村けんのバカ殿』と『クレヨンしんちゃん』は


幼稚園および小学生の子女・子息には見せないんだそうである。


ま、家庭内放送禁止!みたいなものであろう


(ちなみにわが息子に聞いたら、『バカ殿』は毎回欠かさずに見ていると言うことである。いわば、皆勤賞である。エライ!!)


たしかに


番組中、いくつか (いくつも?)、


「観るに耐えない」、いやむしろ「見せるに耐えない」

      (例えば、志村けん扮するバカ殿が、誤って、己の股間のイチモツを湯たんぽのアナッポコに入れ      てしまって、外れなくなってしまったシーン・・・等・・・他にもいっぱいあった・・・etc)


部分があったことは、否定できない事実ではあるが


子供のうちから、しかも、早いうちから


できる限り、品性下劣なものも


子供には見せておくべきであろう


特に男の子は、大きくなって大人になってからは


いずれにせよ、清濁併せ呑まねばならぬ修羅場が


少なくとも人生一度は待っているのである


くれぐれもそのときに備え


親は、こころして息子たちを


正しく育て上げねばならぬのである



よって、わが家においては、これからも


『志村けんのバカ殿』は、バンバン見せる


『クレヨンしんちゃん』の映画が封切られれば、ドンドン映画館に連れてゆく



全く持って、息子の将来が、この上もなく楽しみである



以上

















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-11 08:44:37

テレビ・・・

テーマ:ブログ

最近、テレビ番組を見る機会が急激に増えた



考えてみると、このブログにおいて、テレビ番組についてのよしなしごと


と言った視点で論じたことがないことに


いま、ハタと気がついた。


思えば、朝早く出て、夜は遅くまで仕事、かつ大量の飲酒を心がけてきた以上


テレビなど見て面白がっている暇などなかったのである。


全く持って、いやはや・・・全く・・・の人生であった。



ところで、そもそも、ヒトはなにゆえに人生において、テレビを見るのか?



先ほど、ふと『面白がってるヒマ』などとい言う言い回しをしてみたが


単純に言って、テレビとはもともと「面白い」ものである。


では、『面白い』とは、もともとどういうことに由来しているかというと、


日本神話において、天照大神が閉じこもっていた天の岩戸から姿を現したときに


そこの集まったストリップ見物の八百万の神たちの顔(面)を


天照大神(太陽)が白く照らしたと言う古事による。


これが、『面白い』という言葉の語源である。


もともとは、皆でひとつの同じものを『観る』という行為をさしているのであります。


しかるに、現在の各家庭においてはどうだろう?


一部屋に一台のテレビなど当たり前、パソコンだって一人一台当たり前である。


みんなでヒトツのものを見るなんて状況は考えられんのである。


つまり『面白い』状況などありえないのである。


かかる状況においてこそ、


不肖高橋、一言物申し上げたいのである。


子供部屋で一人こそこそとファミコンをやっとるソコの中学生!


グラウンドに出でて、皆とともに白球を追いかけよ。


そして泥だらけになって、夕暮れ遅くまでぶったおれるまで汗を流せ。


ぶっ倒れたまま、皆で見つめる砂塵の彼方のあの夕焼けが、どんなに美しいことか!



安アパートで一人コタツに潜り込んで、下らんサスペンス番組でも見ているソコの青年!


街に出よ!書を捨てて待ちに出よ!


行くところが無ければ、新宿歌舞伎町に行け。


なすところなく、さまよいあえるモノたちの集う酒場に紛れ込め。


猥雑で無意味な喧騒の中にこそ、君の安住の場所があるはずだ。


来るか来ぬかわからぬ明日を夢見る若者たちの、


得体の知れぬナニモノかが、あの紫煙の彼方に見えるはずだ。



?・・・・・・・ここまで書いてきて、文脈がやや錯乱状態にあることに気がついてしまった。



論旨を戻したい。


はたして、テレビは面白いものなのかどうか、もしくは、現在のテレビ番組に面白いものはあるのか?


明日より、本格的にその検証に入りたいと思う。



以上










いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-06 05:20:32

視察・・・

テーマ:ブログ

高校3年になる上の息子が今年ナント受験である。


かねてより、「教育に金をかけるつもりナシ」、「塾なんか行かずともヨシ」、

「義務教育を過ぎたら自分の好きにしてヨシ」、

「どうか男は男らしく自分の信ずる道に生きよ」とか何とか言って育ててきたが、

今回、センター試験というものを受けるという。

義務教育ではない「大学」に行きたいという。

しかも、T大に行きたいという。

見上げたものである。

立派なものである。

いやしくも息子自ら決めたことである以上、素直に応援してやりたい。


と言う事で、昨日、当方極めてヒマなので、誰ともなくドライブに行かんか~と誘っていたら、

上の息子が、「ちょっと気合を入れるためにT大を観たい」、とのたもうた。

不肖;「その心意気や壮とす」とすかさず賛同、衆議一決、即刻二人して東名高速を一路東京へ。

時に午後1:45。(・・・・・・ちなみに、全く同じ愚行?を昨年2月にもやっておる)


午後3:00、ナビの予告どおりにT大に到着。

もともと「観に行く」だけが目的だったので、いざついてみたら、何もやることがない。

息子はそれなりに気合が入って、面白がっておるが、当方極めてヒマである。

仕方がないので、医学部および病院周辺のトイレなどに入り、T大生と、いわゆる連れションなんぞをしているうちに、はたと、売店を見つけた。

しかも、そこには、『T大学土産 T大学饅頭』というのぼりが立っている。

さっそく、なかにはいってたずねると、ありました。

饅頭10個いり、お値段;消費税込みで2,100円。

ゲッペイと栗饅頭みたいなものが各5個ずつ入ってのこのお値段です。

う~ん・・・いささか高い、といわざるを得ない。

いささか高い、といわざるを得ないが、不肖、<土産>というものに極めて弱い。

その手の名のつくものを目にしてちょっと迷うと、約3秒以内にはほとんど間違いなく買ってしまっている。

あと、<スーツ・ネクタイ>にも弱い。これも迷うこと3秒以内で買ってしまっている。

あと、<自動車>にも弱い。これも迷うこと3秒以内で決めてしまう。

いつぞや、ある車を購入したときなど、妻に「コンビニでものを買うみたいにそんなに簡単に決めていただきたくない」と、モーレツに抗議されたことがあった、と記憶しているくらいである。

それとあと、<電化製品>にも弱い。

特に弱いのが<パソコン系>。これには特に弱い。

・・・・・・・・・と、ここまで『弱い』ものを列挙してみて、意外な事実に気がついた。


実はここに上げられたもの、すなわち、<土産><スーツ・ネクタイ><自動車><電化製品><パソコン系>であるが、これすべて、不肖がおのおのの商品について<全然知らんモノ>ばかりではないか。


いいかえれば、買うか買うまいか迷ったときに自ら判断することを可能にするだけのその商品に対する「商品知識」を不肖が兼ね備えていない商品ばかりなのである。


それゆえ、スーツや電化製品・自動車は、店員の勧めるものを勧められるままに購入してしまうのである。

じつは、迷うことすらしていないのである。

当たり前である。知らんもんは迷えないのである。


よって、男らしく迷うことなく3秒以内に決めてしまい、男らしく関係各方面からのご批判を真正面から正々堂々受けて立つこの人生なのである。


・・・・・話がだいぶそれてしまい、何が本論であったか・・・いささか心もとなくなってしまった。

本日は、いささか『いささか』という言葉が多いような気がするが、単なる気のせいだろうか?


T大学視察後、直ちに湯島天神に急行したのであるが、本日はチト、いささか長くなったので、その件は後日ということで、これにてお開きにしたい。



以上




















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-05 07:09:59

ラーメン博物館

テーマ:ブログ

昨日


何年振りであろう


ラーメン博物館に行った


ま 正確に言うと


新横浜ラーメン博物館である


かつてまだ30台の昔 飛込みで 新規受注を果たした


かつての顧客である


昔は不肖の客であったが


今は不肖が客である


堂々と 心行くまでラーメンを楽しんでもヨイノデアル


全然OKである



と 言うことで


今回は 福岡県代表;『福ちゃんラーメン』を食すことに・・



不肖としては 本当は 和歌山県代表;『井出商店』のとんこつしょうゆか


熊本県代表;『こむらさき』の濃厚とんこつ味を食したいと思っておったが


小学3年の息子のたっての願いなので致し方なく


正調とんこつ博多っ子ラーメンになっちゃったんである



待つこと45分


紅しょうが・ゴマ・黒胡椒・にんにくチップ、


いずれも超タップリ入れての一気食いであった


一日、誰と会うということもないので


にんにく臭プンプンでも


一向に構わないのである


おかげで大変うまかったのであるが


おかげで大変太平楽な日々を過ごしておるので


ちと 体重が気になりだしている


人生の過去最高体重59kg超えでも


イッチョ 目指して見ようかとも考えている


テーマは<ラーメン行脚>にデモしようかと思ったが


幾人もの先人たちがやっておるので


甚だ面白くない


よって 本日より


暇に任せて この種のテーマを考えてみる



以上




















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-04 08:00:47

新春を寿ぐ・・

テーマ:ブログ

皆様 あけましておめでとうございます


愈々2006年の始まりである


新年のご挨拶とは 普通は1月1日という決まりになっているのであるが


不肖、本年の元旦を妻の実家;山口県は宇部市の老父母二人の旧家で迎えたのである


なんといっても『旧家』であるので


パソコンというものがないのである


よって 新年のご挨拶が本日と相成ったしだいである


なにとぞご了承いただきたくお願いするしだいである



しかし、しかしである


田舎の飯のなんとうまかったことか


そもそも実家の最寄り駅は JR宇部線;常盤駅


駅のホームから 眼前に瀬戸内の凪いだ海が見渡せる風光明媚な土地である


新鮮な瀬戸内の魚介類が不味かろうはずもなく


山口産の牛肉は言わずもがな


みかんなど食べ放題


また、義母の作る五目寿司の美味さ


義父の作る漬物で朝から軽くご飯3杯はカタイ


小学3年の下の息子と今回は二人旅であったが


合計6kgは太ってしまいましたね



イヤー


住むならやっぱ<田舎>である



などと考えているうちに


2006年1月4日である


世間では「仕事始め」


相場は「大発会」


愈々始動するのであろうが


不肖 本年度はいまだ始まらぬ


ゆるりと


福井県永平寺において座禅デモするか


四国88箇所巡りデモするか


いずれにせよ


雲水にでもなろうか



ま ひたすら 風まかせではある







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。