23日午前10時40分ごろ、東京・永田町の首相官邸で、郵便受けに不審な茶封筒が届いているのを職員が発見した。警視庁の爆発物処理班がエックス線検査したところ、乾電池2本とリード線が付いたモーターが確認された。警視庁は何者かが爆発物に似せて送り付けたとみて調べている。

 麹町署によると、封筒は東京23区内で22日に投函(とうかん)されたもので、あて名は「鳩山総理大臣様」と書かれていた。差出人は都内の男性になっており、実在する人物かも含め捜査している。【酒井祥宏】

【関連ニュース】
仙谷担当相:首相官邸内に執務室 首相との面会頻繁で
鳩山首相:親が自殺した遺児と官邸で面会
在日米軍再編:普天間移設 官邸、鹿児島・徳之島に「密使」 移設先、最有力案に浮上

医療ツーリズム、国家レベルのプロモーションを―経産省の報告書(医療介護CBニュース)
舛添氏は「瀬戸際外交、人心は…」自民総務会長(読売新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
首相動静(4月15日)(時事通信)
コンテナをシャトルに収納=山崎さん、主要任務終了(時事通信)
AD