後は野となれ山となれ

お仕事のこと、普段何気なくあったこと、気が向いたことなど、今の自分をありのままに書き綴る、ゆる~いブログです。

お仕事のことや、しょーもないこと、ふと思ったことや感じたことなど、その日のたわごとをゆる~く書いています。


ふつーのペタ、大歓迎です。ピグも少しだけかじっているので、そちらの方もどうぞ♪


※アメンバーさんは何度か自分と絡んだことのある方(?)に限らせていただいています。ゴメンナサイ。

NEW !
テーマ:

障害者福祉従事者として、このニュースは見過ごすことができません。

ネットでは色々と話題になっており、一部では「クレーマー」とも評しているところもあります。


まぁこのことが「クレーマー」なのかどうかは別にして・・・

クレーマーのことだけにフォーカスが当てられると段々本題から離れてしまう部分があるので、あくまで今回の件だけについて。


やはり公共性のあるものなので、「車いすの方は無理です」というのは、ちょっと配慮にかけるかな。

障害者差別解消法で言う「合理的配慮」が不足しているというところですよね。これ、外国だったら普通に対処している案件じゃないのかなと思います。特に訴訟大国のアメリカだったら、クレーマーであることも想定したうえでの対応ができているんじゃないかな、と思います。


「ホームページに(事前に連絡をと)書いてある」という人もいますが・・・

じゃすべての人がホームページに目を通すのか、というとそうでもないですよね。何でもホームページに書けばいい、っていう話でもないですよね。さっきも言ったように「公共性」のあるものであれば、まずは配慮ですよね。最初から昇降機を用意していれば話は済むものを、用意できていなかったからそういう対応をせざるを得なかったんですよね。仮にLCCだからと言ってそれが免責されるものでもなく、そういう点では「合理的配慮に欠ける」と言わざるを得ない。言われてから用意するくらいなら、最初から用意すればいいだけなのに。そうすれば、こういった無用なトラブルは避けられたと思いますし。


やり方が適切だったかどうだったかは検証の余地がありますが、むちゃな要求ではないと思いますよ。

電車やバスがごく当たり前に使えるのと同じように、飛行機も同じように使う考えがあるのは当然の話。そもそも「事前に連絡してください」というのも、考え方によっては「障壁」とも捉えかねません。そういった視点も障害者差別解消のために必要なことなんだと思います。


ただ・・・何でもかんでも「権利」というのも違いますからね。

同じ土俵の上で話をするのが必要なことであり、必要以上に権利者意識を行使するのもどうなのかな・・・とも思います。クレーマーと捉えかねられないような対応は必要だと思いますし、発言力のある人が色々というのは、思わぬところで角が立ちます。そして何でもかんでも「当事者が言うのだから」というのも、ちょっと違う気がしますからね。ちゃんと対等な立場で話をして、何かを訴えるのであれば客観的事実・・・そういう対応をされたという言葉だけでなく、もっと客観的に、誰が見ても「違うよね」と言い切れるものが必要だと思います。本人の言葉だけだと、見る人が見れば「クレーマー」と言われかねないので、誰が見ても正当に評価することが必要なんじゃないかな、と思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の仕事だけをやっていればいいのですが、色んなところに目を配るのも自分の仕事。

パン工房では今日から新商品の発売をし、こんな天気にもかかわらず全部のパンが完売。


ただ、自分としてはちょっと不満なところも。

それはお客さんの引き込み。始まった時に比べれば随分とお客さんが来るようになったし、お祭りに参加することで少しずつ認知されるようになってきました。しかし依然として聞かれるのは、自由に入っていいのかということ。要は「入りにくい」ということです。


たしかにのぼりこそ出しているけど、とてもパン屋があるとは思えない場所。

知っている人じゃないと入れないというのも、理解できます。今の時代Facebookとかできればいいけど、自分が今まで働いてきたような小さな法人じゃないから、そう簡単にできるものでもありません。


そこで、うちの施設の前にバス停があるので、そこの壁(もちろん、うちの施設)を活用。

壁にラミネートした文字を張り付けて、一気にお客さんを呼び寄せることを計画。他のスタッフも忙しそうなので、ちょっとだけ余裕のできた今の時間を使って自分がやることに。やり方は単純で、Wordで1文字ずつ印刷して、ちょっと利用者さんにデコってもらい、ラミネートをして壁に強力両面テープで張り付けることに。


今日の作業は、ラミネートまですることに。

最初は自分がラミネートをするつもりだったけど、他のスタッフが「やりますよ」とのことだったので、お任せすることに。しかしラミネートの調子がいまひとつで、何度やっても途中で引っかかってしまいラミネートができないことに。そこで自分が色々と調整をしながらやってみると・・・3回ぐらいでできることに。その後も途中で引っかかるものの、うまくバランスを整えてラミネートをかけることに。そのうち、途中で引っかかることなくできるようになり、また他のスタッフに任せようとすると・・・やっぱり引っかかることに。


結果的にすべてのラミネートを自分がやることに。

どうもコツが必要だけど、他のスタッフがやると引っかかることに。とりあえず、うちの中で機械モノの取り扱いは自分がやっており、他のスタッフからもそこは一目置かれている自分。ただねぇ・・・なんで機械に気を遣わなくちゃいけないんですかね。どこが悪いのか、途中で分解することも考えたから、機会も「やばい」と思ったのでしょうかね。本当に、聞き分けのない子。まだ機械なら自分も対応できるみたいですが、女性の扱いはまだまだ苦手なもので・・・ハイ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

といっても車の話ではありません。

車はこの前乗り換えたばかりですから。10年間は乗り続けるでしょうね。


乗り換えようと考えるのは、iPad。

今のiPadでも十分に役割をはたしてはいるのですが、最近CMで流れている「音声も録音」というのがかなり気になっています。


というのも、ここ最近「記録」に色々と悩んでいます。

普段の電話や訪問面談の時は紙で十分に対応できるのですが、会議になると追いかけるのが大変です。さらに、ここ最近は会議に集中できずに睡魔に襲われることも。決して寝ているわけではないのですが、時々意識が飛びそうになることもがあるので、そうなると記録が非常に困ります。


要は、保険がない状態なんですよね。

そこに今のiPadのCMが流れているのですから、興味を持つのも当然かも。ただ今のiPadとiPhoneが10月まで支払いが残っているので、本当に乗り換えるのであればその支払いが終わってからのこと。そこまで緊急性はないので、今すぐに乗り換えるつもりはありません。


ただ、録音もできて紙のように記録ができるなら、いいですね。

もちろんWordやExcelを使うことも考えていますが、一番いいのはWordで録音ができれば最高ですね。その録音データをもとに必要に応じて文字起こしをすればいいだけですから・・・って、完全に楽な方ばっかり進んでいます。


もっとも、ちゃんと休むときに休めばいいだけの話。

疲労の解消に努めているけど、現実はそうでない状態であり・・・早く寝ろって話ですよね、ハイ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
▼わたしのねこのタイプは…
 
 
 
 

決して「小悪魔」っていうタイプじゃないんだけどなぁ・・・
まぁ周りが見えなくなるのは注意しないといけないのかもしれませんが・・・(^▽^;)
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

土曜日。一般職員は休み。

相談部門の職員と役職付きの職員は出勤。午前のプログラムも中止。


ここまでやったのは、自衛防災訓練のため。

訓練も通常の訓練ではなく、消防署に来てもらっての訓練。本来であれば平日に実施できればよかったけど、消防署の都合により今日行うことに。


自衛防災訓練なので、すべて自前でやって問題はありません。

ただ、施設がオープンして本格的な訓練は一度もやったことがないので、自分たちで決めた手順が果たして適切なものなのかを確認してもらい、必要に応じて指導・助言をもらうことが目的でした。


で実際にやってみましたが・・・自分、何もできませんでしたね。

今までも働いていた施設では自営訓練を何度もやってきましたが、今の職場の規模で仕事をするのは初めてのこと。何となくはやっていましたが、消防署の方が来ての訓練になると・・・もう、オロオロしてしまいました。訓練でオロオロしてしまうのは、初めてのこと。正直、自分自身もこの方法が正しいのか自信が持てないんですよね。法人のマニュアル通りには行うけど、それが本当に正しいものなのか。


結論から言えば、見直しが必要です。

そもそも、火災現場を突っ切って火災報知盤を見に行くなんて、ナンセンスな話。そこまでしなくても自分の事務所の中にはサブの報知盤があるのだから、それを確認すればいいとのこと。で、火災が起きたら遠慮なく火災通報装置のボタンを押せば構わず、館内放送も火災のボタンを押せばOKとのこと。火災を知らせることも必要だが、それ以上安全な場所に避難させることが最優先事項。そして火元ができるだけ遠くに逃げること。建物の中より建物の外へ、車いすなどで移動が難しい場合はベランダや踊り場などに出れば、それで構わないとのこと。とにかく外に出れば、あとは消防署の人が救助に駆けつけるとのこと。


訓練のマニュアルを作るときに、色々とこねくり回すようなことがありました。

でも実際はそんなことなく、基本に忠実に沿えばそれで構わないんですよね。もちろん出火場所がどこになるかで避難誘導方法も変わってくるけど、大原則さえ守れば消防計画としては問題ないとのこと。なので、今の消防計画はもう一度見直し。また、理事長と色々とこねくり回す必要が出てきます。面倒。


ただ、やっぱり専門家の目でやるべきですね。

今回の訓練は本当に必要な訓練ですし、こういった訓練は何度も繰り返し行うことが重要であることを、改めて実感しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いつもなら25日が給料日だけど、今月は今日が給料日。

25日が日曜日なので、繰り上げての支給ですね。


給与明細を貰ったときは、何か堅いものが入っていることに。

何が入っているのかと思ったら・・・住民税の決定通知書。今年から紙が変わったみたいです。


それにしても、またお給料から引かれます。

管理職手当がついたことで健康保険・厚生年金の控除が多くなり、管理職になったことで残業手当がなくなり、そして住民税が引かれることに。残業手当に見合った手当が支給されることなく、お給料はどんどん減っていくばかり。


こんなに引かれると、ちょっと支出の内容も考えなくてはいけません。

特にギターとスポーツジム、考えないといけないかも。どちらも続けておきたい気持ちはあるけど、入ってくるお給料は決まっているので、その中でやりくりをしなければなりません。残業代が出ていればまだ違うのかもしれないけど、それがなくなった以上はそれで考えなければいけません。管理職手当がついた分を差し引いても、今までよりお給料は約7万円近くの減収。ここに住民税が加わり、約8万円近くの減収に。今まで残業していた分に対して見合った補償があればまだいいのですが、それがないので相当にきついです。


こういう現実を目の当たりにすると、また気持ちが落ちますね。

色々と自分の中でモチベーションを持ちながら続けようと思ってはいるのですが、ちょっと最近はまた辛い気持ちの方が少しずつ大きくなってきています。


とはいえ、自分の立場上なかなかそういうことを言えない部分もあります。

自分を騙すわけではないのですが、自分のことだけを言っていられる立場ではないので、どこでその釣り合いを持たせるのか、どうやって業務改革をしていくのか・・・悩ましいところです。


お金のことをあまり言うものではないのですが・・・萎えるなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

29年度に入って、3か月が経とうとしています。

そんな中、自分は依然として自分の立ち位置が見つけられずにいます。見つけられないというか、どう立って行けばいいのかがに悩んでいます。


決して自分が望んで選んだ道ではないものの、そんなことは言ってられません。

冗談ではそういうことを口にすることがありますが、実際はもっと自分も自覚をもって行動しなければいけません。かと言って何か意識してやってしまうのも逆にプレッシャーになってしまうので、そういうこともしません。


ただ、今の自分の動きが期待されている動きになっているか、自信がありません。

「部下がいる」という現状もちゃんと認識できていないのかもしれません。そもそも「部下」という感覚を持ちたくないのが本音。一緒に仕事をしていく仲間であって、立場は形式的についているものと思いながら仕事をしています。


でも今の自分は、それじゃいけないのかな。

今までは自分の仕事をすることだけに集中していたけど、もうそんなことが言っていられない状態。相談支援だけでなく計画相談、就労支援センターの業務も見渡していかなければならない。さらには施設全体の運営にも関わっていかなければならない現状に、自分の意識が追い付かないです。


きっと自分の中には「こうあるべき」という像があるのかもしれません。

それは自分が今まで経験してきた中で、上司に当たる人がどのように動いて来たのかを自分なりに理解して現状に合わせてみようと思っているのですが、その現実との差が埋められない部分で苦しんでいるのかもしれません。


とはいえ、これは自分だけではありませんが、あまりに仕事の量が多いです。

今までの本来業務をやりながら、新たに加えられた業務を限られた時間の中でやっていくには、限界があります。もう少し今までの仕事が分散できるようになれば、今自分に期待されている動きに近づくことができるのかもしれませんが、どう考えても自分の仕事を分散できる人がいません。それ故、本来業務ばっかりにかかりきりになってうまくいかないんですよね。意識改革は必要ですが、これをこなしていくは、辛いなぁ。今のこの状況を分かち合える人がいればいいんですけどね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月は計画が少ない・・・と思っていたら、もう後半。

進んでいるようで進んでいない計画。今日も計画に時間を割くことはあまりできず、それ以外の業務をする時間が多かったです。もう今の立場上、それは仕方のないことですが・・・しんどいですね。


色々な業務をしている中で、介護者支援事業について相談を受けることに。

当初予定していたゲストスピーカーが折り合わず、他の方を紹介されたけどその方にお願いしてよいだろうか、との相談。最初に想定していた人は市からも役割をお願いされている方だったのでそれなりにいいのかなと思っていたけど、紹介された方に関しては自分もよくわからないのが現実。


そこに同僚が来て、そのことを相談。

すると同僚からは「ここに無料で話してもらえる人がいるじゃない!」とのこと。


「ここ」というのは・・・自分。

えーっ、自分???そんな大それたことできないですよ。自分が話すなんて、おこがましい。役割的にそういうのを担わなくちゃいけないのかもしれませんが、それにしても自分が人前で話すなんて・・・イヤイヤイヤ、考えられません。


この職場に来てから、本当にいろんなことをしています。

ボランティア講座で障害のことについて話したり、地元ケーブルテレビのコミュニティチャンネルに出演したり・・・挙句の果てには自立支援協議会の委員になり、さらには副会長までやる始末。こんなこと、やるなんて思ってもいませんでしたし、自立支援協議会については今すぐにでも降りたいです。


自分、そんなに目立ちたくありません。

あくまで「縁の下の力持ち」に徹する方が自分の性分に合っていますし、影武者・スーパーサブ的な役割の方が自分の力を一番発揮できるというのは自分でもわかっています。だから自分が表に立って何かするというのは、自分の能力からは離れているものです。


ただ、同僚としては色々と場数を踏ませたいのかな、とも感じています。

自分がこれから成長していくためには、そういうことをたくさん経験させて成長させようとしているのかな・・・とも思っています。だけどなぁ・・・自分が話すのはちょっとなぁ。タダですら仕事が終わらないのに、ここでその役を受けたら・・・あぁ、眠れないかも。睡眠負債、どんどん増えていきます、ハイ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

スマホでamebaTVを見ていたら、ひふみんの将棋が流れていました。

いや、簡単にひふみんなんて言うのも、失礼ですよね。


今日の投了、そして会場を去るまで、すべて計算しているのだと思います。

感想戦もせずに、投了をして、足早にタクシーに乗って会場を後にする。何も言わずに・・・ではなく、ちゃんとTwitterで述べているんですよね。


イヤ、最後のお礼をTwitterで述べるなんて、こんな77歳はいませんよ。

自分が初めてひふみんを見たのは、アウトデラックスで。もう、大爆笑でした。でもそれって奇天烈な面白さではなく、なんか人間味の溢れる面白さだったんですよね。


負けず嫌いだけど、認めるところは認める。

それは藤井四段の初対局相手をしての感想で、ちゃんと認めているんですよね。だから今日の対局も色々と考えたうえでの、最後の散り際まで考えた上での最後の振る舞いだったんじゃないかなと思います。


さっきも言いましたが、77歳でTwitterを使えるなんて、いませんよ。

うちの母親にも見習ってもらいたい。これくらい、できて欲しいですよ!


ちょっと脱線しましたが、間違えなく伝説の人です。

プロ棋士としては引退になったと思いますが、ひふみんという存在はこれからも続いて行きます。きっと現役を引退したことで、もっといろんなことができるんじゃないのでしょうか。もちろんその中には将棋の普及活動もあるし、テレビでの活躍もより多く見られるんじゃないのかなと思います。


これからもひふみんの活躍、期待しています(=⌒▽⌒=)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎週月曜日は、全事業所をつないでの全体会議。

この会議自体は大きく荒れることがないけど、問題はその後の会議。


その後の会議は、保険請求の返戻などについて確認する会議。

その中で医療保険の請求状況について確認をするけど、どうやら大元のところで資料がちゃんと整っていない状態。さらに今日が初めてこの会議に出た人が説明をしたのか、たどたどしく声も小さい状態。その状態に理事長が「はっきり話しなさい!」と怒りの状態。言われてすぐできればいいものを、なおもマスクをつけたまま話すもんだから、理事長としては「マスク外しなさい!」とさらに怒りが。挙句の果てが、資料がちゃんと整っていない状態を理事長の前で露呈をするものだから、怒りは最高潮。


怒りの理由、わかるにはわかるんです。

全事業所をつないでやっているのに、ちゃんとやるべきことをやっていない、伝えるべきことを伝えていない、教えるべきことを教えていないことに対しての「怒り」なんだと思います。結局医療保険についての確認は後日行うことに。その後の介護保険関係では他の事業所がお粗末な対応をしており、それも理事長の逆鱗に触れることに。正直自分のところにもとばっちりが来るかな・・・と思っていましたが、それは避けられました。辛うじて介護保険関係はそれで終わりましたが、荒れるときは荒れる会議です。


まぁ理事長が怒るのも、無理はありません。

やるべきことをちゃんとやっていれば何もないのですが、それをしていないから怒るのであり、また仕事をなおざりにしているから怒るのです。だから、怒られても仕方ないのかな・・・と思う部分はあります。


ただ・・・この場で激昂するものが良いかと言えると、それも微妙。

こういう場だからあえて言っているのかもしれませんが、当事者としては吊し上げを食らった、としかの印象しか残りません。何が問題があったのか、そこにフォーカスされずに怒られたという事実だけしか残らないと、当事者は嫌な思いしか残りませんよね。そこのフォローが足りないのが、またここの課題だと思います。こういうやり方がいいのか、悪いのか・・・それはなかなか判断に迷いますね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。