no movie no life

・・・映画を見て思ったことをツラツラと。ネタバレです。

かなり昔に書いたのも。


テーマ:

何かは、いつも「三丁目」の街角からやってくる。まるで寅さんがふらっと団子屋に帰ってくるかのように。


1作目は、親子・擬似親子の関係がクローズアップされていた。淳之介と親、淳之介と茶川、ヒロミと母親、鈴木オート親子、鈴木オートと六子、六子と母親、「アクマ」と亡くなった家族・・・。だが今回は親子ではなく夫婦や男女の関係がメインに描かれていたと思う。


また、前作で出ていた喪失感は薄まっている。しかし、発展や豊かさの一方で、「これでいいんだろうか?」と自問する大人たちがいる。戦争で死んで行った友人たち、厳しい現実に夢や希望が薄れてしまった心・・・人間の迷いや弱さ。でも、人は1人では弱くても寄り添って生きてゆくことで、何かしらの道を見出してゆけるのだろう。


「お金より大切なものがある。」と豪語した茶川が賞を金で買おうとしたことは皮肉だ。しかし、彼の欲しかったものはその向こうにある3人で暮らす生活。賞は目的ではなく、手段だったり、自分が動き出すきっかけなのだ。たとえ金で賞が買えたとしても、やはり人の心は買えない。見えない指輪や渾身の小説、そういったものが心を打つんだよね。


吉岡秀隆演じる茶川の情けなさっぷりは相変わらずうまくて、声の裏返り方なんか絶妙。淳之介役の須賀健太くんは子役とはもはや言いにくいほど成長していて、足は長いし声も低くなっていた。やはり前作はこの子が引っ張っていたと思うが、今作では鈴木オートの子どものほうを主役級に据えた感じかなあ。夕日に映える風景を見て発したセリフには思わず笑ってしまった。そういや小日向文世と三浦友和は「遠くの空に消えた」でも共演だったねー。


そういやうちも「三丁目」。(笑)


★「ALWAYS 三丁目の夕日」(05・日)レビュー



ブログランキング に参加しています 


ALWAYS 続・三丁目の夕日―もういちど、あのときへ。 (小学館文庫) (小学館文庫 (や2-5))/山本 甲士
¥580
Amazon.co.jp



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

カオリさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。